« もうすぐメンテ入りモード | トップページ | お花見 (今日のテーマ)モード »

2008年3月26日 (水)

忘れた頃に3日目モード

 あははー;もう一ヶ月経ってしまいましたがー。先月のWF上京のフォローです。概ね「みみこのたび・関東編2」の通りなのですが、一応前後含め、もうちょい詳細に。
 前日、ドクター六角(にわぞのそら博士。以後ドク)と解散際に「今週土曜出番だったから、明日半ドンだけど、午後からどう?」と声をかけてもらったので、「ああ、明日は首都圏の外側廻るけど、たぶんそう時間かかんないからメシとか行こう」という話に。彼は研究職でとんでもなく多忙な日々を過ごしている身なので、わりと久々だったのでこちらも楽しみにしてました。

 で、3日目。ドクに言ってたのと逆回り(笑)でスタート。(当初は神田→上野→大宮→横浜→立川→神田から秋葉原の予定だったのです)ホテルはわりとのんびり出発。ちょうど来た中央線快速が立川終点で、時間が時間のわりにちゃんと座れたので、ちょっと危ないかなーと思いつつもほとんどの行程ぐっすり寝てました;。ホームにEF64があって結構エキサイト。もちろん見るのは初めてです。(特殊用途機関車なので、行くとこ行かないと見られないのです)

 改札を抜ける前にTZを開いて、事前に調べておいた店舗情報をもとに改札を出てボークス立川SRへ。ちょっと奥のエレベーターまでのアクセスがわかりづらかったけど、フロア着いちゃえばもう間違えようがありませんでした;駅前の並びのそこそこの広さの小売り系テナントビルに入ってましたが、1フロアの半分以上店舗ですよ;これは凄い。ちなみに他のお店は楽器屋さんだけ。クリエイティブな空間って感じでなんか好きですね、あそこ。
 実は帰り際に出口わからなくて迷ったほどでした(笑)。広い店舗なのにみっちり展示してるんで、迷路みたいなんですよ。思わずレジスタッフさんに「出口、ここですよね?」って聞いてしまったという(笑)。
 ちなみに事情を話したらスタッフさんが「あー、実はここ(立川)から大宮に直通っていう電車があるんですよ。新幹線に接続するためなんですが。駅で聞いてみてはどうですか?」と親切に教えて下さったのですが、駅で聞いたら「その電車は夕方だけなんですよ」とのこと。残念。にしてもあの場所から大宮に直通ってものすごい便利だなぁ。仮に立川近辺に住むことになって、実家に帰省することがあるなら確実に使いそう。

 というわけでその時間は電車なかったので、プラン通り南武線で武蔵小杉まで。立川出てすぐの西国立、矢川、谷保あたりの駅周辺の景観が適度にさびれててものすごく気に入りました。あのへんの住宅情報誌配ってないかなぁとか思いましたです。あのへんは外周寄りなわりにさまざまな接続があるんですね。ちょっと面白かった。神奈川側に入ってから少し雑多な景色になっていまいちでしたが。
 で、武蔵小杉で東急東横線乗り換え。で、ものすごくマナー悪い男性客に隣座られてえらい不快な思いを。なんででしょ、鉄道関連で関東で不快な思いするのは決まって神奈川県内です。降りるときも最寄り出口からそいつが出なかったせいで(わざわざこちらの進路を跨いだ)危なくこちらが転倒するとこでした。優先席座ってればよかった。クボタン持ってたら鳩尾突っ込んでたね(怒)。

 前に横浜に来た時はローゼンメイデンのファン感謝祭の時でした。わりと前だと思ったのですが…まだ同じような工事をしてました。なんだかなぁ。でもおかげでわかりやすくて、目印のナムコのお店に抜けるのが簡単だったので、横浜SRまではすぐでした。横浜SRではご当地ヒーローのお話で盛り上がってきました(笑)。少しおなかがすいてたんですが、まあもうちょっと動こうと思ってそのまま湘南新宿ラインで大宮へ。電車乗る前にちょこっとドクと電話で話したら「なんか順番違くね?(笑)」と言われて「ごめん(笑)逆順だ」と伝えて、これから大宮に向かう旨を。あっちは所沢方面なので、埼玉県内で落ち合えるかな?という話だったのですが…

 長椅子の隅の席に座れたのでなんとなく安心してまたうとうと。気がついたらもう埼玉県入ってました。なので湘南新宿ラインがどのようなルートで走ってるのか今日現在理解していません;。しばらくして大宮着。で、TZ開いて何度も地図見たんですが、大宮SRの場所がどうしてもわからない。しばし途方に暮れました;。サイトの地図だとわからないんですが、地図上のビルの側面側に入り口があるので、あれでは気づかないです。要改善。
 で、最新の店舗だけあって「おお、デッドストック引っ張ってるなー」と感心する品揃えを眺めつつ撮影をしていたとこでドクから電話。所沢から大宮出るのが意外と大変と判明したので、秋葉で落ち合おう、ということに。宇都宮線で上野戻り、そこから秋葉原へ。こっちが先に着きましたがそう時差なくあちらも着いたんで、Hey!の並びにあるソフマップで合流して、アキヨドで買い物をした後UDXの中のすずやにとんかつ茶漬けを食べに。以前も一緒に来たんですがお気に入りのお店で、そううるさくないし、ご飯と漬け物とキャベツがおかわり自由だし、なにより美味しいのでお気に入りなのです。長居しても店員さんがぜんぜん嫌な顔しないので、食べながら長話するにもとてもいいお店。

 で、話し手に廻ることが多いおしゃべりな私も、この日はここ暫くのドクの研究の話に聞き入っていました。たぶん秘密な部分ある会話だと思うので、一応「医療工学分野の話」とだけしておきますが、これがもう面白くて(笑)。「なんか俺2部署に0.5人ずつ配置されてるらしいよ!」とか凄い話に(笑)。技術的な話や展望もとても興味深かったです。本人曰く、給料は決して高くないし多忙だけど、設備は間違いなく日本で最新だから、使わせてもらってると思えばチャラ」とのことでした。
 特に可笑しかったのが電気工事士資格の話。壁埋め込み式のスイッチ(照明でよくあるやつですね)を実験でどうしても制御しないといけないけど、あんなに簡単な工事でも資格が必要だから自分たちでは直接タッチできない(個人ならこっそりちゃちゃっとやっちゃうとこなんでしょうけど(笑)、国の研究機関の事業ですから、そういうとこルーズなのは許されないわけです)ので、どうすんべ、と思ったとこで「サーボだ」という話になったそうで。ラジコン詳しい人ならわかりますよね。あのサーボモーターです。埋め込みスイッチに被せてサーボでスイッチングさせるモジュールを開発して制御、という段取りにすることで電気工事士資格を回避したのだそうです(笑)。「なんでもロボットかYO!w」とだいぶウケました。工事士資格取る話にボスから予算面でOK出なかったとかで;いやーそれ部品代のが高いぜ?(笑)って私は言ったんですが、まあ確かにサーボ使った方が汎用性は高いですな。ワイヤレスモジュールはいろいろあるし、ドクは赤外線モジュール使うの上手いんで、面倒はぜんぜん無かったようです。伊達に理学博士なわけじゃない、というわけです。なんでそんな学者先生がこんな年金暮らしとダチなのか話すと長いのですが(笑)。

 他にも立体モノを組むのに新素材でトライするプラン(まだナイショ)を実物で見せてもらってその話なんかをしてました。昔できなかったこと、素材のコストダウンでできるようになったのですが、あれは印刷と溶剤の親和性が検証取れれば凄いことになると思います。今WFとかで特定のジャンルで活躍してる皆さんが、WFのメインストリームに近づくための技術、とだけ説明しておきましょう。現状の生成品の精度はきわめて高く頑丈で、これはジャンルによっては造形ベースにめっちゃ役立つぞ、と思いました。

「俺も一応相応になったんで、あとはぬまにゃんだよな」って話をしてくれたのは嬉しかったけど(ドクと私は誕生日たった5日違いのまるっきりタメなのです)、難しいなー(笑)。でも確かに仲間内は相応に皆偉くなっちゃった。出会った頃には想像できなかったですがな、みんながこんなふうになるなんて。「なんかオレだけ怠け者だよw」と言ったら「頼むぜぬまにゃん時間※w」と言われましたです。「あのブログの更新量なら食ってけるだけ余裕で書けんじゃん」と言われたものの、採用されないことには(笑)。とはいえ、やっぱ時計をまともに動かさないと駄目か、とりあえず。

 その後もう一度アキヨドに付き合って、小物を仕入れた後秋葉原駅で解散。神田に戻って、もうバス発まで3時間切ってたので普通の時間区切りでいつものネカフェでくつろいで、ホテルで荷物を回収して東京駅へ。眠りに落ちるの早かったんですが、目が覚めるのも妙に早くて困りました;←前日まで3時起きだったせい。

 盛岡はぴりぴりしたいかにも氷点下の寒さ。でも二日目の朝より全然マシでした;とりあえず駅で立ち食い蕎麦を食べて、家族に迎えに来てもらって帰途につきました。
 買い物旅行のつもりがすっかり人と会う旅行でしたね、今回は(笑)。
 お金あまり使わず、でもとても楽しい旅でした。

 次は来月6日のドールショウです。そのままネカフェ泊にチャレンジしつつ7日もぶらぶらする予定。お風呂に入りたくなったらセントラル行って昼間に!(笑)←あそこの地下浴場は現地勤めの皆さん御用達のサウナ付き銭湯みたいな感じなのです。1200円だったかな?

※ぬまにゃん時間:例えばです。自己申告で納期が2007年の12月末の原稿があったとします。上がってないとします。その場合、今日はぬまにゃん時間で2007年12月117日です(笑)。元ネタになった「今月中に書く」って言ってた話、確か1997年か1995年の9月末だったような気が…もう計算できにゃいw。私がらみの特殊用語が多かったので、以前私のホムペにはぬまにゃ語辞典というものが存在しました。Wikiとか出てくるずっと前の話です。

|

« もうすぐメンテ入りモード | トップページ | お花見 (今日のテーマ)モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もうすぐメンテ入りモード | トップページ | お花見 (今日のテーマ)モード »