« ミニチュアの日 (今日のテーマ)モード | トップページ | 申し訳ありませんっ;モード »

2008年3月 2日 (日)

「これ以上のもの、今もう撮れないと思う」モード

 L4U、ちょこっと楽器プレイやってみて「振り回されるけど練習すればできなくもない」という結論になりつつ(あれって1ラインで来るからかえってややこしいですよね、複数ラインで分けてくればそれだけでめっさ簡単になるはず、同時押し無いし)、組んであったユニットで1つずつ、ユニット選択から直で飛べるそのユニットのベストエディットの曲を作るのに没頭してました。

 やっててわかったんですが、前作でどうしてもやりたかったけど間が悪く言えば面倒、良く言えば別な方に没頭しちゃうんでできなかった、私が本当にやりたかった事って、まさにこのライブのコーディネイトだったんだなーと痛感しました。3人の歌詞によるパート分けやユニットの組み合わせによる声のバランス、それと歌自体とのマッチング、その後でカメラワークとフェード組んで、いい感じになるまで調整してみる。凄く楽しいです。カメラさん結構左右向きが気まぐれなんで(あと、複数人歌ってる時MIDからUPで指定するとどっち撮るかはアナログ操作しないとCPU任せになります)何回も同じ構成で再生して、これだ!ってアングルが出た時は格別です。

 で、今うちから上げてるのは、ほんと偶然の産物ですがちょっと自信作です。当分他のユニットでは保存できないなぁ(笑)。りっちゃんゆきぽやよいのシュバルツシルトノワールで「ポジティブ」ですが、偶然出てくれた視線とかアングルとかあって(ゆきぽアップの手前にりっちゃんが重なってどアップになってますが、瞳と口を閉じた顔が見られてきれい)なんか同じもの二度と撮れないなぁって気がしてます。HDで記録できる媒体があればよかったんですが;

 環境がある方は是非見て頂ければ。マイミクさんとか関係者さんでフレンド組んでない方は、このブログのプロフィールにゲーマーカード貼ってありますので、申請して頂けると嬉しいです。

 シュバルツシルトノワールはいい衣装ですよね~。揺れるし(笑)。

 そういえば特典ディスクを見て、「団結」PVで「ナムコの人いいなぁ、開発機だとゲーム中不可能なアングルとか人数とか出せて;」と思いました。凄くよくできてると思います。
 アニメの方はいろいろ諸問題で話題になった(笑)「もえたん」のチームそのまんまですが、決して作画クオリティ高くないのにやっぱり「原作ベース、本声優」ってだけで凄く安心して見られました。水瀬財閥のヘリに対潜哨戒装備がついてたのが気になりましたが(笑)。普通のアニメにしても、お芝居に違和感がないですよね。りっちゃんはちゃんとりっちゃんだったし、他の皆も。アニメ化、大丈夫だなぁ。噂通りTV化されてもこれなら行けそう。(今回特典作成にあたって、「初アニメ化」という言葉をナムコは使いました。ゼノは公式に無関係な作品となりました。めでたい)
 で、アレンジAにまともな曲が少ないなぁと思ってたら、有料のBには結構いいのがたくさんあるのね;ハズレの方が少ない。したたかだなぁ畜生(笑)。

 にしても、「この歌のこの部分のステップを見てほしい」とか、「この子は実はこの歌のこの部分でこんなにいい声で歌ってる」とか、部分的に見てほしい部分を引っ張りながら構成組んでいくの凄く楽しいですよねー。前作あまり遊べなかったけど、他の方のプレイを通じて自分がどれだけ一所懸命この作品の楽曲を見ていたのか、昨日の実績消化と今日の編集でよくわかりました。自分的には「ググっても仕方ない」2回のステップの違いは絶対見てほしい部分です。

 はるるんと美希は一人ずつだと少し弱いけど、重ねると凄くいいハーモニーなんですよねー。プラスでもう一人混ぜるとさらに良く。はるるん茶美希りっちゃんのユニットでやってみた太陽のジェラシーもオキニです。太陽のジェラシーはセンターが3人分入れ替わるので、そこはソロでカメラMIDで設定するとなんかいい感じです。ってゆうかりっちゃんの汎用性の高さにびっくりです(笑)。あまり他の子の声と干渉しない。

 やってみたかった事がダイレクトにできてとても嬉しいので、ゲーム的に微妙に薄い気がするというかこれが前作と同価格は明らかにきつい、というのは気にしないことにします(笑)。

|

« ミニチュアの日 (今日のテーマ)モード | トップページ | 申し訳ありませんっ;モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミニチュアの日 (今日のテーマ)モード | トップページ | 申し訳ありませんっ;モード »