« ホワイトデー (今日のテーマ)モード | トップページ | 円高は個人輸入の好機なれどモード »

2008年3月14日 (金)

もしもこのままドルが下がったらモード

 そろそろ対策来るよなぁ来ないなぁと思ってたら、対策しようにも日銀の首脳人事固まってないこともあってか状況に対しなし崩しになってて、一向に介入の様子見られず。おやまぁ。

 てなわけでまさかの100円割り込みに突入しました。相場の話なので私たち一般人が購入する額は手数料が乗っかるのでまだ100円にはなりませんが、外貨預金や直接両替を行うとして、十万円分を換金する時に100円/ドルを切る状況(ようは1000ドル買うのに十万円かからない状況)が日銀の介入前に発生したら、慌てて銀行に走ると思います。

 経済界の認識は多分110~115円台の間での推移が理想ではないかと思っているので、今回は多少時間がかかりそうですが、口座に寝かしとくよりはいいかなぁと。ただ、100って数字はただの区切りで、日本円を基準に相場は動かない(特に今はサブプライムの問題でドルの基準国が自爆してるとこなので)ですから、底が見えないのが難点ですね;。日銀が介入してなお対策しきれないほど今回は酷いという話もありますし、95年に記録したドルの最安値は79.75円/ドルの時の状況をよく覚えていないんですが、ここまで米国が後手に回った記憶がないんですよね;もうちょい様子を見てみようかと思っています。

 とはいえ、10万円程度では仮に100円/ドル以下で手数料コミで換金できたとしても110円/ドルまで回復した時に日本円に戻して儲けって1万円以下なんですよね;定期預金と比べたらはるかにいいですが。株は企業に口出しするために買うもんだと思ってるので短期投資とかは考えません。

 おとなしく個人輸入を考えるくらいにしておいた方がいいのかもですね。

|

« ホワイトデー (今日のテーマ)モード | トップページ | 円高は個人輸入の好機なれどモード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホワイトデー (今日のテーマ)モード | トップページ | 円高は個人輸入の好機なれどモード »