« 科学考証の違和感モード | トップページ | 好きな刺身 (今日のテーマ)モード »

2008年2月17日 (日)

幕切れは意外と呆気ない。モード

 ついに東芝が折れちゃったみたいですね。
 HD DVDは事実上終息決定。私はモニターテスターでしたから、HD DVDがどのような固有機能を有していてそれがどのように優れているのかをよく理解しているつもりですが、やはり録画まで視野に入れると結局は容量です。で、再生機と録画機が別仕様というのはひどくナンセンスな話で、利便性を考えると結局は録画機の都合を優先せざるを得ないという理屈もよくわかります。

 ただ…これはよくわからないままにBR!BR!と叫んでる皆さん全てに問いたい。本当にBRで大丈夫ですか?仕様の都合上ディスクにエンターテイメント性は存在しない点やツインフォーマット(同じディスクでDVDプレイヤーでも再生でき、それぞれの要求水準の性能で再生される)ができないという、HD DVDに対するディスアドバンテージを抜きにしても、BRのメディアの信頼性って万全といえるレベルに本当に達してるんですか?ぶっちゃけ何の不安もなく買えますか?私は正直微妙です。再生専用メディアすら長期間持つ気がしない。それに、HD DVDが発表から最終仕様まで短期で決着したのと比べて、BRは随分前から出てたのになかなか確定しなかった。公表されていない点を含めると、たぶんまだ各メーカー間で若干の仕様差があるはず。再生機としてはロケフリステーションとして使えるPS3という優秀なマシンがあるけど、録画機はいまだ買いの機種が存在しないではないですか;東芝はもうHD DVD仕様のヴァルディアを完成させちゃってたのに。

 なんとなーくですが、あるタイミングでいきなり「やっぱりHD DVDのが良かったんじゃ?」ってんで有名タイトルがガツンと品薄になりそうな気がします。元々数出てないし;。特に国内のNHKがらみのツインフォーマット系や、パラマウントのフル仕様ディスクのタイトルは駆け込みで捌けそう。って撤退表明しても予定にある商品は出るでしょうから、予約さえしておけば買えるとは思うんですが。

 とりあえずNHKから出る「かぐや」のディスクと、国産アニメでは数少ないタイトルになるエクスマキナは押さえようと思います。後に必ず評価されると信じて。

 ま、プレイヤーただだったしね(笑)。BRのソニーのCMの矢沢永吉さんの言葉が至極ごもっともだったので、願わくば一度BRの枠を再構築して、フォーマットとしてのブラッシュアップとシステムアップデートの余地を共通項目として各社認識した段階で仕切り直して再発進してほしいところです。BRも今のじゃ駄目でしょ。どうして東芝がBRに行かなかったのかをコンソーシアムとして聞いて、それを反映させないと後悔が残ると思う。

 特に記録用が今すぐにでも欲しい気はするのですが、はっきりとした仕様確定と参加各社の共同声明が出るまでは怖くて買えないです。値段もまだまだ高いし。皆言ってますが、東芝がBRをやってくれるなら東芝のを買いますよ、やっぱり(苦笑)。

 スカパー!のH264対応の新STBが来年なので、それとの絡みも気になります。やっぱり年内は無さそうだなぁ…

|

« 科学考証の違和感モード | トップページ | 好きな刺身 (今日のテーマ)モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 科学考証の違和感モード | トップページ | 好きな刺身 (今日のテーマ)モード »