« バカヤローの日 (今日のテーマ)モード | トップページ | みみこのたび・関東編2モード »

2008年2月28日 (木)

ついつい旅先で撮っちゃうものモード

 いやぁ、子供の頃ばっきばきに鉄だったんですが(笑)、今でもコレ見るとついつい…

Ef641000
 もー、機関車(電気機関車とディーゼル機関車)大好きなんですよー。鉄道車両全般好きではありますし、新幹線も好きですが、なんてのかなー、機関車には独特の迫力というか、動力に特化しているという点に「力がその場所に凝縮されているかのような」存在感を感じるのですよー。JRになって以降の洗練された車両も好きですが、国鉄時代に製造された無骨な車両の方が好きかもしれません。

 私は岩手で生まれ育ったので、直流系の青い電気機関車はずっと憧れだったんです。黒磯より北では基本的に電気機関車は交流系の赤になるので、ブルートレインを牽引する車両というイメージがあったEF65-1000をはじめ、EFで始まる車両には今でもドキドキします。写真は立川駅で待機していたEF64-1000です。正面は65に似てますが、側面がぜんぜん違うんですよねー。横から見て前後でシンメトリ取れてないデザインが好きすぎです。あと、正面下向きに作業灯がついてるのがイカス。

 今回の旅では大宮から上野の間を30年以上ぶりに在来線で移動したのですが(そうです、東北新幹線の開業当初に新幹線リレー号に乗って以来です)EF210(通称・桃太郎)を見られたのでちょっと嬉しかったですよー。東京駅付近で見るのはEF66-100が多いですもんね。

 分割民営化で車両が各社別々に製造されるようになってから、「違う場所に来た」という実感を鉄道の車両から感じる部分が以前よりさらに強くなったように思います。気にしなければただの移動手段ですが、こういうの気にすると「ああ、旅行してるなー」って思いますねー。

|

« バカヤローの日 (今日のテーマ)モード | トップページ | みみこのたび・関東編2モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バカヤローの日 (今日のテーマ)モード | トップページ | みみこのたび・関東編2モード »