« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »

2007年10月7日 - 2007年10月13日に作成された記事

2007年10月13日 (土)

アンテナ合わせの鬼モード

 友人ヲサがスカパー!のアンテナを設置すると言っていたので、「手伝うからアルカナハートやらせれ」と言って行ったんですが…。行ったらディッシュは既に取り付けてあって、あとは線の取り回しだけという状態。ダイソーでそのへんの用品買うの付き合って、配線作業をぼーっと眺めてたんですが(途中アルカナやったりしつつ)とりあえず線繋がって電源入れたらコンバーターのショート。で、おかしいとこはすぐわかったんでそこだけアドバイスして電源入れたら、なんかch200が普通に映る。

 ソニーチューナーでレベル24~26。へ?マジすか?と思いながら202でレベル取ったら27~29(笑)。貴様何者だ(笑)>ヲサ 聞けばコンパスとか特に使わずに、家の向きが真南だからと判断して添付資料にある盛岡の角度で合わせただけだとか。電気店でもその方法でやってぶっちゃけあんな高利得出ないんだけど(^^;。パーフェク映ってもスカイ外してたりするので、その調整の手伝いに来たつもりだったのに、完全に肩透かしでした。つか、モニタリングなし無調整で2衛星セットアップできたって初めて聞いたよ(笑)

 流石ヲサ、電波の受信は得意だなっ!と思いつつw。

 で、アルカナハートで対戦してきました。まっこまこぼっこぼこにされましたorz。フルボイスになってにごたんの台詞がよく聞こえて嬉しい感じです。神依様vsリリカだと真くんvsやよいたんなので(声の印象残ってていい感じ)好いですな。アケでは対戦しなかったんですが、いかにCPUが手を抜いてくれていたかよくわかりました(笑)。アケでばきばき決まってた技が人相手には出ません(ぉ。個人技の奥が深くキャラを1つに定めない方が面白いゲームなので、珍しくヲサも(アケではフィオナ・きら様あたりだった気がしましたが)全部使ってみていましたねー。リリカと舞織さんを初めて使ったようですが、ちゃんとコマンド表読みながら試したらリリカが大分いい感じだったようです。

 ふと気づいたこと。フィオナに斬られてごっすり減っていく時のあの感覚にどうも既視感あるなぁと思ってたら、思い出しました。ありゃサイバーボッツのソードマンそのままですがな(笑)。外観が微妙にプリンセスクラウンで中身ソードマンな永遠の14歳って一体何事ですかw。立ち弱でとどめを刺すと相手は真っ二つなので注意(ならんて)。いろいろ元ネタの話をおっさんゲーマー二人でしてたんですが、「リリカがマキシマムスパイダーでこのはがストライダー飛竜のアレ?」とかその手のネタ多すぎて技試してると格ゲー知識検定の世界に突入するという別な面白さが。そのうち素で「リリカのクラックシュートがさー」「美凰のバーンナックルがさー」てな感じに(ならない)。

 アケで全キャラ終わらせてたものの(ストーリーモードは残念ながら6人だけ)まだ研究するとこあるなぁと思いつつ、しかしPS2を繋ぐモチベーションまでは引き出せませんでした。やっぱ格闘は多少のラグ覚悟でLIVEArcadeでやりたいというのが本音です。

 そういえば私が蒼穹紅蓮隊の開発者公認スコアアタック大会で1面の全一を叩き出したTV(ワイドが出たばっかりの頃の日立製)が先日壊れたそうで、REGZAのZ2000の32型になっていました。配線まわりの無駄なカバーがなくなり、端子数も増えて扱いやすくなってました。リモコンの応答もよかったし、インターフェースも全体に向上してる感じです。お値段私がZ1000買った値段の3万も下だったそうで、ちくしょうと(笑)。でもまぁ、もうZ1000使い始めて1年経ってますから、そうなっちゃうかとも思いますね~。ネックは足のでかさ。足のサイズがZ1000程度なら37Z2000にできたなぁと思いました。それだけ足の大きさが違います。地デジの番組表をさくっと出してOOを予約してみたら「何それネットと繋いで番組取得してるの?」と。ギャップが!(笑)←パーフェクの試験放送から観てたんでEPGの存在が当たり前の人の反応

 チャンネルチェックしてたらTBSチャンネルが観たくなっちゃったので、私も今のパック解約して(デジオもう聴いてないし;)よくばりに移そうかなぁと;AT-X解約しないので千円ほど高くなるけど、携帯の契約見直しつつ月2~3回しか使ってないWILLCOM解約してしまおうかと;。WS003SHの後継が本決まりになったら再検討するとして、12月中旬で2年なので、それまでに新型出なければそのタイミングで解約かなぁ;総務省の迷惑決定のせいで端末価格上がる前に携帯だけでもMNPで安く乗り換えてしまうつもりです。

| | コメント (2)

2007年10月12日 (金)

引き続き旧箱モノとアイマスをいじるモード

 ふと思い立って「今メガドラのソフト入れてる棚からソフト撤去して、旧XBOXのソフトと入れ替える」という行動に出てみました。ラック組んで入れるつもりで段ボールに一時待避させてたつもりが、機材の増加でラックが組めなくなり(^^;現状ほとんどのソフトが段ボール箱の中だったのですが、いろいろ引っこ抜いて整理したら段ボールを1つ減らすことができました。部屋はますます散らかりましたがorz。

 で、自分の持ってる旧箱のソフトを色々試してみてますが、対応してるのは一部にすぎないなぁと少々悲しい気分に。ド定番で押さえられてないのも結構あります。しかし対応してるのは以前試した時より動作向上しているものもあったり、後発で対応したものは再現性が高かったりと、当初互換を謳わなかったにしては上出来と見られるものもあります。

 昨日試したものではギルティギアXX#Reloadが。流石に当時のモニタでなく今のフラットパネルのフルスクリーンだとドットが大きいですが、動作に問題はなく2D格闘好きには十分オススメできると感じました。結構穴ですね(笑)。360を買う気があるアケ系のゲーマーさんは中古ショップで早めに押さえておくといいかも。LIVE対戦も対応してるみたいです。流石に人はいませんでしたが;(逆に言えば今なら貸し切りかもですね)
 あと、なんかムキになって遊んじゃったのがSegaGT Online。めんどくさいゲームなんですが(笑)ドラゲーとしては結構走りやすい方なので、なんか2~3時間頑張ってしまいました。
 あとはジェットセットラジオフューチャー。これはゲームは起動せず、アドバタイズ(長い)を眺めただけですが、これまた「まんま実機じゃん?」というレベルの再現度で素晴らしい。途中の女性MCに合わせてガムさんがグラインドしながらスイッチスタンスやジャンプをするカットが相変わらずえらいかっこいいです。

 一応上記3本は「360のソフト」と考えて購入してOKなように思えました。参考まで。

 

 ついでにアイマス話。またランキングをぼんやり見ていたのですが、昨日時点で総合1位のユニットが素晴らしいです。765プロ制服って何気に動きに映えるのでいい衣装ですよねー;侮れないです。ものすごく意外だったんですが誰が着ても似合う(とかちでさえw)。タイトミニということで佐賀県方面の方に好評ではと思ったりしました。

 で、最近モーションを注視するようになったのですが、3人まででユニットが組めて1人がリードという構成なのは周知かと思います。で、リード以外の動きをじっくり眺めてて驚いたんですな。基本左右ポジションの人(2人ユニットだとリード抜けという構成のダンスになるので、ユニットは奇数で組んだ方が映えます)はほぼ左右対称のダンスをしていますから、位置変えなんかの特殊移動以外は同じモーションだと思ってたんです。違いました;ちゃんと3人とも違う振りやってます。一番わかりやすいのはポジティブ!のサビ、「ググっても仕方ない~」の2回目のとこのステップです。あそこのステップというか足捌きは「軽く膝を折って足をくっつけた状態から軽いジャンプで足を開いてそのままリズムにのってまた足をくっつけて次のステップへ」なんですが、1回目は3人ともこの通りです。2回目のこちらから見て右(ユニットから見て左)の担当だけステップ違ってて、足を開くとこまで同じなのですが、そこで足を戻す時右の人だけ足がクロスするように(次に繋げる難易度をわざわざ上げてます。ものすごく目立ちます)ステップします。そこから先、曲終了までの流れるような重心変化も見物です。ソフトを持っている人は一度トリオでポジティブをやって、ノーアピールでずっと引きカメラでダンスを見てみるとよいでしょう。

 浮かれ気味で遊んでいた頃と違って、今見ると細かいところがしっかり見えて(聞こえて)きますね。雪歩さんが声量少ないのはキャラだからそうだろうと思いつつ、実は一番声量ないのはデコ助伊織だと気づいてちょっと驚きました。雪歩・伊織だとウィスパー系ユニットになってしまいます(^^;。声量押し系はとかち・りっちゃんあたりでしょうか。歌唱力影響しない勢いのある歌で映えます。そしてあずささんはソロ向けでまっすぐはゲーム中はあずささん専用だろうと勝手に思ってます。(真くんには合ってない気が…)
 伴奏ではやたら豪華なストリングスが素敵だなぁと思いますね~。

 トゥーンシェーダーなのにポリゴン的な硬質感をまるで感じないあたりが凄いなぁと今更ながら思います。ここ2週間ほどアーケード版を見る機会が多かったせいかもしれません。

 

 360がらみということで(笑)ONAさんちの「はこ☆すた」が更新になっています。かがみんが制服のままあんなことになっているあたりにONAさんのパッションを感じつつ(笑)、私の周囲のオーナーでRoDになった人はみんな横置きだったという衝撃の事実を証言してみたりします。私は縦ですがRoDまだです。ディスク傷はドライブメーカーの不備ということもわかってて、縦横は関係ないようですよ。

 横が放熱いいと言われてるのは縦にすると下面の穴を塞ぐから、なのですが、熱というのは上に逃げるもので、ひとところに止めず自然排気ですぐ抜けるのを促すなら縦にした方が発熱場所から熱気を遠ざけるには適していると私は考えるのですが(HDDが邪魔だという気もしますが、一応縦置きの場合上部下部ともにボディ側面にも穴は空いてますから。横置きすると下部…縦置き時の左側面の穴を塞ぎます)空調の専門家のヲサあたりそのへんどう見ますかね。

 そして米国ではもうFalcon本体出回ってるそうですよー。どうしよう、買い換えて安心してデッドラやりたい気もしますが(笑)、PS3があんなことになったので、互換機能残してる60GBモデル押さえたい気もしてるんですよね;うぅ、今年はいろいろありすぎてほんと貧乏だ…。

| | コメント (11)

2007年10月11日 (木)

明確な進歩とやればできた(できる)事モード

 プチコプターを360で起動してみたのをきっかけに、段ボールに入っていた旧XBOXのソフトをいろいろ発掘してみました。動かないのがまだまだたくさんあるし、エミュレートにしくるソフトも起動確認済みリストの中のソフトにいくつかあるのですが、動くソフトを遊んでみるとやはり360のワイヤレスという環境の扱いやすさに唸ります。旧XBOX入れてわりとすぐにホームシアターシステムも入れてたので、そこそこいい音で聴いていたつもりでしたが、現環境のヘッドフォンにして(5.1chの定位は失われたものの)今まできこえていなかった音までクリアに出るようになって、最初からこっちにしとけば安上がりだったかも、とも思いました(苦笑)。

 で、当時3機種で出て突出して綺麗だなぁと思っていたXBOX版ソウルキャリバー2が、今見るとぜんぜん普通で結構がっくりきたけど音響がここまで素晴らしかったのかという面では唸ったとか、おまへはソフト買いすぎ放置しすぎだ(笑)というのがいくつかあったとか。テレネッツァとかギャラクシーエンジェルとかJフェニックスとか、今お店で買えば千円くらいですが、当時どれもほぼ定価で買ってシュリンク切ってないですよorz。ぬまにゃんの半分は無駄遣いでできていますと言われても仕方ない状況(笑)。

 そして何やら変な方向に勢いがついたので、久しぶりにHD DVDプレイヤーを起動してみました。XBOXの画面だって相当綺麗な方ですが、やはりHDMI接続でMPEG4 H.264ハイビジョン素材はとんでもないです;うちにあるHDのディスクのうち「夜桜」はツインフォーマット(DVDで再生すればSDで、HD DVDで再生されればHDで再生される)ですが、HD DVD上で強制的にSD側を再生することもできるので試すと、もうなんというか;家庭用プリンターと商用高画質印刷の差というか、インクジェットと昇華的な差があります。BRでもHDでもいいのでとっとと普及してほしいところですが。

 で、ここでアイマスを取り出して起動して、総合ランキングを上から眺めていったらいつの間にか2時間も経っていて(笑)。このソフト、ネットに繋げてあってカタログ全部DLしてあれば自分で遊ばなくても十分楽しめます。これもヘッドフォン換えてから初起動だったので、「こんな音まで鳴ってたんだ;」と驚いたりしましたが、とにかくあの高画素に加えてアーケードではわざわざ手作業で消していたと思われるモーションキャプチャー時のぶれが故意に残してあることで生まれる「動きの質感」が素晴らしいです。主にステップ踏んでる時の各関節の動きと、手の方だと手首と指先の動きにその傾向が顕著です。よーく手首を見てると止める時にぶれるのね。アーケードだとばきっと止まるとこで。
 キャラ選びやユニットの組み合わせ・衣装・曲と、パート分け・カメラワーク次第でもうわざわざPremireで再編集しなくてもとんでもないものになるので(そして画質はHD。ソフトフォーカスとかかかる場面で唸ります)上位ユニットは見てて楽しいですねー。プラコレ版、遊ばないでこれ見るためだけに買っても価値があると思います。

 実はアーケードのアイマスで最初にステーション見た時には随分驚いたのですが、それどころじゃないですもんね(笑)。ステーションみたく放送形式で自動でユニット紹介してくれるモードがあればそれつけっぱなしにしておくと思います。続編があるならお願いしたいところです。

 ところで某アニメ制作会社のデータが流出した件で信憑性はともかく少なすぎる予算が浮き彫りになりましたが、併せて作品作るごとにどれだけの額が制作に関与しない会社に天引きされてるかも浮き彫りになりました。半分以上みたいです(ぉ。昨今の悪事を聞くにつけ私設軍隊があるなら即時某大手広告代理店を制圧する意向が強まる一方ですが、このへんHDでネット配信を中間マージン取らせない仕組みでやれば同額予算でずっといいものが作れるという事でもあるなぁと。

 上前をはねられたくなければ直接流通に変えてしまえ、というのは360LIVEArcadeでも言われてることで、米国では既に映像コンテンツ販売も360でやってます。(元々エリートはそれに対応するための機械)120GBでは足りない気もしますが;ネット経由オンリーで徹底的に中間マージンを廃するビジネススタイルは一度やってみるべきではないかと思いますね。今まででもPCでやればできたことですが、いわゆる「専用機」であるゲームコンソールでそれをやることで録画という抜け道を限定的にできるというメリットもあるわけで、検討に値することではないかと思います。

 本当の意味での制作費は上げられるし、それでも今までより総コストは下がる筈ですから、償却のためのソフトウェア販売も「日本だけ異常に高価」と言われてるところいくらか是正できるのではという期待もあります。PS3で配信してBRで売るというスタイルにしてPS3は次世代AVセンターにしてしまうという考え方もアリですよね。PS2との互換切ったことでPS3はゲーム機としての道を諦めたように見えますし。

 機械作る側がどんなにいいもの作っても、コンテンツ作成側にグダグダがあると駄目というのはよくわかってる事だと思うのですが;とても勿体ない。カネの流れを正す風潮は政治の世界だけでなく経済分野全体において行われるべきだと思います。てゆうかさっさとあれこれHD素材で売ってくれ!ってな感じです。

| | コメント (0)

2007年10月10日 (水)

「今、この気持ちをあえて言葉にするなら」モード

「『もう、ゴールしてもいいよね』かな」orz。

 予想していたとはいえこうもさくっと状況にハマるとは。なんというか燃え尽き症候群状態でございます。「先週の検索ワード」が木曜まで延びるなんてのはもうどうしようもない感じなので、今週掲載文は潔くお休みすることにします。その代わりというわけではないですが、書きやすいあたりをなるべくネタにしてみようと思っています。

 HS盛岡閉店でここまでモチベーション下がるとは;予想以上です。

 そういえば閉店記事を最初に載せた時コメントを下さったtyr105さんからメールを頂いていたことに、なんと残念なことに最終日終えて帰ってきてから気づきました(/_;)。申し訳ないです。7日8日とメールチェック一切していなかったんですよ~;。これに関しては言い訳不能です、ごめんなさい。しかし、tyr105さんにも最終日足を運んで頂けたようで、個人的にとても嬉しく思いました。このブログを見て閉店を知って、という方がいて、同じように最終日ないし前日にいらっしゃったとすれば、同じゲーマーとしてこんなに嬉しいことはありません。

 最後の2日の個人的かつネガティブな感想に、神経や目がきつくて、そろそろアーケードゲーマーとしては駄目なのかな、というのがありました。液晶キャビネットで縦画面対応※の筐体ってのが以前からの筐体と同一価格帯で出てきてくれて、それのアプコン回路が優秀でないとゲーセンに長居はきついかも。ブラウン管を脱却した生活から既に1年が過ぎてて、ブラウン管だらけの場所実はきついということに気づきました。あれー;(東京でHeyとか行っても、流石に丸一日はいませんからね)
 反射神経を要するゲームがさっぱり駄目になりつつあることもあり、もうゴールかな、というのが本音です。

※今気づいたけど縦にすると画面サイズ次第では色再現おかしくなる?>液晶

 もちろん家庭用は続けると思いますが、ゲーセンで遊ぶのは特別な時だけになりそうな気がしています。アルカナハート2次第という気もしますが(笑)。全脳トレーニングをたまにやりにいくお店は、ゲーセンって感じのお店じゃないですからねー;

 やっぱり落ち込んだ部分が一番の要因ですな~。高所得で都内在住なら、銀座のクラブ通いして政財界にパイプ作りなんて下らんことしてる時間にガンガンHeyに行って同好の士と交流を深めるとこなんですが;その見込みはありません。れぅ~。

| | コメント (0)

人が育ちゲームも熟すモード

 うかつ。先週の検索ワードは水曜に、と言っていましたが、遅れそうです。全部プチコプターがいけないのですっっ!!

 月曜に高揚感と寂慮の思いがごちゃまぜになる中、家庭用ゲーム専門店のワゴンセールでソフトを購入しました。XBOX(初代ね)のソフト、プチコプターです。

 評価がさんざんだったので(笑)、初代XBOXのソフトの本数ならぶっちゃけ中古屋に勝ってると言わざるを得ない私ですら手をつけてなかったソフトだったんですが(^^;、このソフトを買おうと思わせる出来事が先々月・先月と続けてあって。ヤンマーの産業用無人ヘリコプターのパイロットさんたちとお話したこと、そこで操作の説明を受けたこと。そして国後帰りの船でヘリコプターのパイロットさんの一家と出会ったこと。この二つの出来事があってから、「そういえばこんなソフトあったなぁ」と気になりだしたのでした。

 ヘリコプターはあらゆる乗り物の中で最も操縦が難しいと言われている乗り物です。ラジオコントロールの模型でも同様です。定点に静止するだけでもとんでもない技量を要求します。(大気をローターで下に送ることで揚力を得ているわけですが、大気密度は温度などの条件で常に変化しており、操縦条件は一定ではないのです。そして、一般的にローターは単一の方向に回転しています。となると当然軸トルクが発生しますから、それをテールローターなどで相殺することで空中での姿勢を保っているのですが…そのテールローターもまた大気を蹴っているため、実際にはテールローターを用いたメインローターの基本的な軸トルクとの誤差解消はパイロットの仕事になります。最近は技術が随分進んで、こういった部分を自律的に考える機体が出てくるようになりましたが。そのおかげで産業用無人ヘリコプターの需要が飛躍的に伸びています)プチコプターは実在機をラジコン的に、かつ後方視点で飛ばすというちょっと変わったソフトです。操縦を簡素化するモードが入っていますが、それは上記軸トルク誤差の解消だけで、操作の困難さはそのまんまです。(まともに飛ばせる奴が少なかったので評判悪かったんだと思います・苦笑)

 で、このソフトは360でも動いてくれるので、「今なら楽しめるかも…」と思いながら購入して、昨夜なんとなく起動してみました。で、案の定「んがー!難しい!難しいですよあずささん!」とか思ったわけですが、何故飛ばせているのかもあまり理解できないままアドベンチャーモード(一戸建ての家の部屋や廊下などに隠された☆を集めて、☆10ごとにアンロックされるドアの先にある次の部屋でまた☆を探してを繰り返して、最終的に家全体から☆100個集めればクリアというモード)をやってみたらなんかドはまり。気がついたらクリアしてました(笑)。旧箱のソフト360でクリアしたの初めてだよ(^^;。指示された内容をこなしていくミッションモードはまだクリアできていませんが、そちらもなかなか面白いです。

 正直さくっとつまづいてやり直しの繰り返しなので、結構マゾいバランスです(^^;。でもなんか妙に達成感があります。メインローターやテールローターが何かに当たると破損、メインローター破損で墜落となりますが、もう何度落ちたか覚えてないです。これに達成感を見出せるようになったのは、このソフトが発売された2002年から今までの間に、ヘリコプター操縦の世界選手権の番組を見たり、世界のヘリコプターのドキュメンタリー番組を見たり、そして昨年初めてヤンマーの無人ヘリを見て感銘を受けたり、ということが重なった結果で、出た当時の私にとっては単にストレスなゲームだったんじゃないかと思います。実機ベースでいろいろ機体が出ますが、マニアでないとにやりとできないし(笑)。「うお!R-44キター!」とか言ってるような人でないとあんまり楽しくないと思います(^^;。

 いやでも自分が5年かけてヘリコプターフェチになったおかげで、980円で新品のこのゲームが買えてしかも満足したというのは、結構面白い構図ではないかと思うのですが。ゲームははじめにプレイヤーありきですからねー。人が後から追いつくというのは稀なことかと思ったのですが、こういう構図は気づいていないだけで意外と皆にあるものかもしれません。ごく簡単な例では「自分で車を運転するようになったら急にグランツーリスモよりXBOX系のドラゲーが面白くて仕方なくなった」とか、「近しい人の影響で釣りを始めたら、釣りのゲームにすっかりハマるようになってしまった」とか。

 近年趣味が増えたという人は、関連性のあるゲームをチェックしてみると意外といいものに当たるかもしれないですよ~。

 まあそれはそれとして、さっさと書くもの書こうよ(笑)>私。

| | コメント (0)

2007年10月 9日 (火)

そして我が家でも世代交代モード

 私が寝ている間に(笑)、WALKの長山店長さんがeKを納車して下さっていました。母の持ち物なので、一連の説明は私が横にいない方が母は真面目に聞くだろうと思い;あえて立ち会わなかったのですが、結局トゥデイは長山さんにお任せしたので(競技に使うなり、そっち方面でいじりたい人に譲るなりお願いしますとしておきました。興味がある方は右リンクの法人カテゴリの「WALK」をクリックして、問い合わせてみて下さい)、私の手元には置かないことにしました。(駐車場の提供を申し出てくれたヲサすまぬ)

Ek
 ちゅーわけでこれが母の新車です。eKワゴンMリミテッド、5MT。最下級グレードの特別仕様ですが、ABS以外はなんでもついてますね;試乗記で4ATのMについて書いたほぼそのままです。脚がいいんで安心感がいいし、エンジンの回り方がすごく綺麗で(あまり言及されないけど三菱の軽のエンジンっていいですよね)フロアからだいぶ伸びてるけど私や母の腕の長さだとまだ遠い(笑)シフトは決まりは凄くいいです。伸ばしてあのストロークだと短くすると物凄くばきばき決まってそう。48馬力ですが重さは感じないですねー。2速発進も軽々ですし、街乗りで5速で減速してもぜんぜんぐずりません。母がATアレルギーであるが故にさんざん探して最終的にこの車になったんですが;これは当たりだったと思います。ただ、eKもやっぱり最下級にしかMTはなくて、パワースライドドアモデルは選べませんでしたし、メーターはセンターでタコメーターはなしですが。でもまぁ、タコメーターなしでも大丈夫だなぁ、これは。

 転がしてみると結構大きいなぁって印象あるんですが(アイポイントのせいでしょう、トゥデイは物凄く低かったし)運転は凄く楽。アンチロール特性と舵の切れでむしろトゥデイより引き締まり感あるので(三菱はこういうとこ凄いよ。いやほんと)運転は本当に楽でした。特別仕様車のいらない特典でリヤのグラスエリアがスモークドなんですが(^^;車庫入れも楽でした。初見でこれ楽勝だったんで、バックカメラでWeb検索してるような皆さんはeK買いましょうっていうか買いなさい(笑)。↓

Yose
 これでも5cmも開いてるけどね。

 リヤウインドウから後ろのコンクリート見えないんで、流石にドアは開けましたけど;リヤ下見るミラーあれば車内で完結ですな。

 お値段は諸経費コミで100万切ってます。すんごいですよ;ABSつけても100万切ってたくらいの値段ですもん。オーディオはビルドインでCDとMD対応ですが、うちMDレコーダーないです(笑)。困ったね。ドアミラーや各窓電動は当然、エアコンにロックのリモコンと快適装備はひととおり。軽って高くなったなぁって印象あったんですが、こういう穴なクルマもあり。Mリミテッドは東北三菱さんの限定仕様ですが、メッキドアミラーとオーディオ、ドアスピーカー、グリルあたりが専用です。うちの母は「私の最後の車」と言ってますが、これから乗る人にもおすすめですね。MT扱いやすいんで、AT嫌だけどそんな気負った車でなくていいって人にも薦められます。本体安いから、メーター気になるならDefiのHUDつけてもいいのだし。※我が家ではその予定はありませんw

 私も久々に新車欲しくなりましたよ。やっぱオドメーター2桁(デリバリーディスタンス)の車はいいなぁ(笑)。

 そしてトゥデイと過ごした頃にあったいろんなことを思い出したりしました。楽しい車だったなぁ。ビートより再入手の可能性低い車体なので、もう乗れないでしょう。私の最初の車だっただけに感慨深いです。最後に相応しいステージで活躍してほしいと思いつつ。

 てゆうか14年でまだ4台目でしかもそのうち2台一緒って車歴浅くないかわし(笑)。250台オーバーの運転歴の裏にはこんな事実もあったりとか。

| | コメント (0)

たくさんの、ありがとう。モード

 ハイテクセガ盛岡の閉店を見届けてきました。なんか、今はただ余韻に浸ってる感じで、最後まで清掃もメンテもいつも通りだったので、明日から開いてないのが信じられないほどです。

 閉店告知の張り紙を記念に頂いてきました。閉店アナウンスを終えた店長さんに「お疲れ様でした」と握手を求めたところ、「17年間の最大の功労者はそこにいるT君だから」という言葉が。

 それを聞きたかったんですよ、店長さん。ありがとう。そして、たとえリップサービスだったとしても、よかったなぁ、たぬ。本当にお疲れ様でした。これからは普通に友人という関係だけど、よろしく頼むよ。

 店を後にして、街のど真ん中でヲサと鯖ちゃんと3人で自販機の前でジュースで乾杯していると、向かいのゲーセン・サンシャインの店員を長く務めるT野君と仲間たちが。「もう閉店しちゃったんすか?まじすか!?」と。「これからどこに集まるべ」ってな話でしばし盛り上がりました。店の中で常連さんたちともしてた話ですが、もう市内に「ゲーマーなら一度は顔を出す」って店、なくなっちゃったんですよね。逆に言えば、盛岡でゲーマー名乗ってる、ないし名乗ってた奴なら、必ず一度は行った店でした。

「それ考えたら、もっと人集まってよかったんじゃないすかね?」というT野君の言葉に概ね同意だけど、T野君の友達の「でも俺、今朝店に入った時、混雑してる店見てすげー感動したっすよ。久しぶりに見た」という言葉にもうなづけました。閉店までたくさんいたしね。

「絶対一度は会ってるっすよね、俺ら」という話もあったし、「これからもどっかで会うっしょ」という話もありました。そして、そのことを口にする皆の心に永遠に残る共通のアイコン。それが「元ハイテクセガ盛岡の客」。

 あの店の客だったってだけで話題になるし、うちとけられる。世代も立場も居住地も超えて。最後に凄いプレゼントを貰った気分です。失うだけじゃなくて、ちゃんと最後に大きなものが残りました。それを実感できたのが、嬉しかったです。

 これまで運営に関わった関係者の皆さん、そして常連なりたまに来るなり遠征で来るなりでお店に来た皆さん、みんなに感謝です。素晴らしい思い出をいっぱい、いっぱい、本当にありがとうございました。なんか、アーケードゲーマーでよかったなぁ、自分。悲しいし寂しいけど、他の軒並み潰れた店の最後と違って、きれいにフィナーレを迎えられたので、複雑な感じだけど幸福感もあるし。メーカー直営店がこんなふうに終わるの、珍しいかもしれないですね。

 これからの事はこれから考えることにして。

 今はただ、「楽しかったなぁ」と。

 そしてもう一度。ありがとう、ハイテクセガ盛岡。

続きを読む "たくさんの、ありがとう。モード"

| | コメント (2)

2007年10月 8日 (月)

また、どこかで。モード

 ハイテクセガ盛岡バーチャロン・オラトリオタングラム大会FINALに出場してきました。詳しいレポートは後日改めてですが、とにかく楽しかったです。1998年発売の作品なので、前作OMG時代を入れると余裕で10年以上あの店でバーチャロンをやっていたわけですが(1度として途切れることなく。お店からオラタンはなくならなかったし、私はこの地を離れなかった)、当時高校生だった仲間たちも今や社会人で、地元でずっとやってきたプレイヤーは私含め本当にわずかでした。

 でも、最後の大会に17人のエントリーがあり(言い出しっぺのにんじん君が「辻仕合のつもりだったよ!」と言いつつ即興でトーナメント起こしてくれたあたり流石と思いましたがw)北は札幌、南は東京からわざわざエントリーがあったという凄い顔ぶれでした。でも、見知った人ばかり。何年かぶりで、「5年ぶりくらいじゃないすか?」と言われたりもしたけど、「そんな経つかぁ」と思った程で。皆少し老けた(笑)。でもそれだけ。皆一度は戦っている、ないし戦いを見ている相手ばかり。

 そして各地に散ってなお現役だったり、引退してもたまにやってたりで、皆「なんだよ当時とスタイル変わらねえじゃん」ってのが最高に嬉しかったです。ここのところ対人戦をやっていなかったので、あのとんでもなく懐の深いゲームの1割程度にしか触れずにいたところ、7割くらい久しぶりに見たり触ったりした感じでした。

 大会は裏トーナメント(最弱決定戦w)含めおおいに盛り上がり←いかにもっともらしく負けるかがアツかったですw。負け側もそれぞれに上手いんで最後だけ超ガチ、その後近くの居酒屋で行われた宴もおおいに盛り上がりました。近況報告だけで十分楽しかったし。宴会から参加の人もいて、20人くらいになったのかな?これでももちろん全員は揃わなかったのですが、人づてに誰某の消息は、なんて話を聞いて感慨深かったり、いろいろでした。

 宴会後も辻仕合をやってたのですが、最後にいわが乱入してくれて、今まで見たことない程本気でやってくれて(ただし1セットw)ストライカーに触れもしないという驚きの状況になって、思わず「最初からそれでやってくれw」と言ってしまったんですが(ずっと勝ちを譲ってもらってばかりだったから。本気でやれば勝てない相手なのは私がよくわかってる)、そこでふと、地元で多忙だったいわと遊べなかった時期に何故かわざわざ二人して秋葉のゲーセン行ってオラタンをやったのを思い出しました。そして。

 この場所はなくなってしまうけれど、オラタンがある場所さえあれば、いつかまた戦えるんだ、ということを再確認しました。札幌かもしれない。仙台かもしれない。東京かもしれない。あるいはもっと西かも。彼らがお互いを覚えている限り、どこかでオラタンが稼働している限り、必ず対戦はできる。

 ハイテクセガ盛岡の2つのVS筐体オラタンはどこかに売却されると聞きました。筐体を潰されるわけではありません。どこかでまたロケされると信じています。もしかしたらそこで過去に戦った相手同士、また相まみえることもあるかもれません。

「また、どこかで」。帰り際に、当時高校生だったプレイヤー君が言いました。
 私たちは実際に、時間という壁を越えて、再び戦うことができました。
 未来を信じられる気持ちになる、いい言葉だと思いました。
 だから私からも、かの店から巣立った全てのオラタン仲間に一言。

 また、どこかで。必ず!

 最後に。にんじん君、現住所古川なのにw主催から宴会の幹事までよくやってくれました。たぬもしばらくは休むって言ってるし、盛岡来るならついでにまた誘ってね。私は故あって暇がお仕事(なわりにあんまし暇じゃないけど;)だから、みんなで戦れる場所、頑張って探しておくから。なんなら一関でふかちゃん拾って一緒に古川行くしね(笑)。

| | コメント (0)

2007年10月 7日 (日)

Vistaのソリティアに地獄をみたモード

 WindowsがVistaになって、見た目や取り回しが大きく刷新されましたが、地味に大変更入った部分があります。それはプリインストールのミニゲーム。記憶が確かならあれってWindows3.1の頃からさして変わりないままXPまで来てた気がするんですが(追加はありましたが)今回はそれらが画面や演出など一新されています。

 で、問題はその中のソリティア。システムが若干賢くなって、特定条件下を除き、まあまあの確率で手詰まりを自動認識するようになりました。しかし問題はその処遇。ソリティアってもともとランダムなカード配列なので、絶対的にクリア不能な配置になることがあり得るゲームなわけですが、詰まると「あなたの負けです」と表示されます。

 …誰が誰に負けたの?;プレイヤーが運命の女神か何かに?

 負けって言葉がやたらムカツクんで再トライしてしまうんですが、4時間とか遊んでクリア率出してみるとこれが酷くて(苦笑)。デフォルト設定で1割ってとこです。100回遊んで10回クリアできてれば「いいほう」。物凄いストレスです。昨夜「次クリアしたら寝よう」と決めて始めたら朝になっていたという(本当に)。いや、単に私の運の悪さもあるのでしょうけど、この引きの悪さの異常さに加えて「負け」ですよ。なんつーか担当者を鈍器でアレして構いませんかという感じです。

 MSぐらい技術あるなら、カードを配る段階で手詰まりになる・ならないを判別して、手詰まりなら再構築してクリア可能な配列になるまでセットアップを続けるルーチンを入れることも可能だと思うんですけどねぇ…それなら勝敗という表現も納得できるんですが。

 操作性自体は劇的に向上しているのですが、心なしか前の方がクリアしやすかったように思います。Windowsのオフィシャルテキストにはゲームの項目もちゃんとあって、講師の人によってその部分ルール教えるか教えないか違うと思うんですが、今回のソリティアはとても教えられそうにありません。講習の時間内にクリアのデモできないもの。(マインスイーパー教えるのだって一苦労なのに・苦笑)

 とりあえずこれはあんまりなので;言い回しだけでも訂正してほしいところです。

 ところでバックギャモンとかデフォルトで入ってると嬉しいんだけどなぁ。妙な子供向けのゲームより誰でも遊べるものを入れて欲しかった感じです。「OSのプリインストールアプリに何期待してんだか」って人もいるかもですが、世の中にはらきすたのみゆきさんみたいな人もいるわけですし!(力説)

| | コメント (2)

残るは今日明日。モード

 いよいよ今日から私の思い出の地、ハイテクセガ盛岡のラスト2デイズです。2日間とも昼頃入りでぼんやり遊んでるつもりなので、旧知の方は見かけたら声かけてやって下さい。

 閉店までいる予定なので、今週末分の「先週の検索ワード」は水曜あたりになると思います。(何故かここのところアクセス激減してるので、先週より対象ワード300件ほど少ないんですが;)

 それではかの地に集いし人々にとって最高のラストになることを祈りつつ。

| | コメント (0)

« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »