« 「今、この気持ちをあえて言葉にするなら」モード | トップページ | 引き続き旧箱モノとアイマスをいじるモード »

2007年10月11日 (木)

明確な進歩とやればできた(できる)事モード

 プチコプターを360で起動してみたのをきっかけに、段ボールに入っていた旧XBOXのソフトをいろいろ発掘してみました。動かないのがまだまだたくさんあるし、エミュレートにしくるソフトも起動確認済みリストの中のソフトにいくつかあるのですが、動くソフトを遊んでみるとやはり360のワイヤレスという環境の扱いやすさに唸ります。旧XBOX入れてわりとすぐにホームシアターシステムも入れてたので、そこそこいい音で聴いていたつもりでしたが、現環境のヘッドフォンにして(5.1chの定位は失われたものの)今まできこえていなかった音までクリアに出るようになって、最初からこっちにしとけば安上がりだったかも、とも思いました(苦笑)。

 で、当時3機種で出て突出して綺麗だなぁと思っていたXBOX版ソウルキャリバー2が、今見るとぜんぜん普通で結構がっくりきたけど音響がここまで素晴らしかったのかという面では唸ったとか、おまへはソフト買いすぎ放置しすぎだ(笑)というのがいくつかあったとか。テレネッツァとかギャラクシーエンジェルとかJフェニックスとか、今お店で買えば千円くらいですが、当時どれもほぼ定価で買ってシュリンク切ってないですよorz。ぬまにゃんの半分は無駄遣いでできていますと言われても仕方ない状況(笑)。

 そして何やら変な方向に勢いがついたので、久しぶりにHD DVDプレイヤーを起動してみました。XBOXの画面だって相当綺麗な方ですが、やはりHDMI接続でMPEG4 H.264ハイビジョン素材はとんでもないです;うちにあるHDのディスクのうち「夜桜」はツインフォーマット(DVDで再生すればSDで、HD DVDで再生されればHDで再生される)ですが、HD DVD上で強制的にSD側を再生することもできるので試すと、もうなんというか;家庭用プリンターと商用高画質印刷の差というか、インクジェットと昇華的な差があります。BRでもHDでもいいのでとっとと普及してほしいところですが。

 で、ここでアイマスを取り出して起動して、総合ランキングを上から眺めていったらいつの間にか2時間も経っていて(笑)。このソフト、ネットに繋げてあってカタログ全部DLしてあれば自分で遊ばなくても十分楽しめます。これもヘッドフォン換えてから初起動だったので、「こんな音まで鳴ってたんだ;」と驚いたりしましたが、とにかくあの高画素に加えてアーケードではわざわざ手作業で消していたと思われるモーションキャプチャー時のぶれが故意に残してあることで生まれる「動きの質感」が素晴らしいです。主にステップ踏んでる時の各関節の動きと、手の方だと手首と指先の動きにその傾向が顕著です。よーく手首を見てると止める時にぶれるのね。アーケードだとばきっと止まるとこで。
 キャラ選びやユニットの組み合わせ・衣装・曲と、パート分け・カメラワーク次第でもうわざわざPremireで再編集しなくてもとんでもないものになるので(そして画質はHD。ソフトフォーカスとかかかる場面で唸ります)上位ユニットは見てて楽しいですねー。プラコレ版、遊ばないでこれ見るためだけに買っても価値があると思います。

 実はアーケードのアイマスで最初にステーション見た時には随分驚いたのですが、それどころじゃないですもんね(笑)。ステーションみたく放送形式で自動でユニット紹介してくれるモードがあればそれつけっぱなしにしておくと思います。続編があるならお願いしたいところです。

 ところで某アニメ制作会社のデータが流出した件で信憑性はともかく少なすぎる予算が浮き彫りになりましたが、併せて作品作るごとにどれだけの額が制作に関与しない会社に天引きされてるかも浮き彫りになりました。半分以上みたいです(ぉ。昨今の悪事を聞くにつけ私設軍隊があるなら即時某大手広告代理店を制圧する意向が強まる一方ですが、このへんHDでネット配信を中間マージン取らせない仕組みでやれば同額予算でずっといいものが作れるという事でもあるなぁと。

 上前をはねられたくなければ直接流通に変えてしまえ、というのは360LIVEArcadeでも言われてることで、米国では既に映像コンテンツ販売も360でやってます。(元々エリートはそれに対応するための機械)120GBでは足りない気もしますが;ネット経由オンリーで徹底的に中間マージンを廃するビジネススタイルは一度やってみるべきではないかと思いますね。今まででもPCでやればできたことですが、いわゆる「専用機」であるゲームコンソールでそれをやることで録画という抜け道を限定的にできるというメリットもあるわけで、検討に値することではないかと思います。

 本当の意味での制作費は上げられるし、それでも今までより総コストは下がる筈ですから、償却のためのソフトウェア販売も「日本だけ異常に高価」と言われてるところいくらか是正できるのではという期待もあります。PS3で配信してBRで売るというスタイルにしてPS3は次世代AVセンターにしてしまうという考え方もアリですよね。PS2との互換切ったことでPS3はゲーム機としての道を諦めたように見えますし。

 機械作る側がどんなにいいもの作っても、コンテンツ作成側にグダグダがあると駄目というのはよくわかってる事だと思うのですが;とても勿体ない。カネの流れを正す風潮は政治の世界だけでなく経済分野全体において行われるべきだと思います。てゆうかさっさとあれこれHD素材で売ってくれ!ってな感じです。

|

« 「今、この気持ちをあえて言葉にするなら」モード | トップページ | 引き続き旧箱モノとアイマスをいじるモード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「今、この気持ちをあえて言葉にするなら」モード | トップページ | 引き続き旧箱モノとアイマスをいじるモード »