« 見るお薬、話すお薬モード | トップページ | 流石に甘くないな;モード  »

2007年10月27日 (土)

タミ子さんはすごいなぁwモード

 何やらニコ動の「歌ってみた」関係でタミ子さんなる方が最近人気のようで。聴いてみると確かに凄い。あの使い分けもしかして本業の舞台俳優さんとかでしょうか;

 I_Wantが公式ソングだと知ったのもいいかげんショックでしたが、最近ニコ動プロどころかエキスパートクラスの人随分混ざってるよなぁと、だいぶびっくりです。こんなに凄い人いっぱいいて趣味だけでぽいぽい作品発表しちゃうの見ると、もはや世の中に自分の居場所ないかのような錯覚をッ!(って元々歌手になる気はないし動画編集もやらないけどw)

 で、そのタミ子さんがキラメキラリの「東京特許許可局許可却下どっちか」で豪快に噛んで困ってたのを聴いて面白かったんですが(笑)、自慢ではないですが私は初回一発で一緒に歌えてしまいました。外国語の歌もそうなのですが、ああいう「字面だと一見困難なもの」は、「音として再現」というアプローチをすると実は簡単なのです。古い言い方で声帯模写、現代用語だとサンプリングですね。聴いたとおりを口で表音すればいいのです。ダイレクトにコンバート(笑)するのが難しければ、「こう言ってるように聞こえる」を文字で書き出しちゃうとか。語学学習でよくカタカナ書きしますよね?あれと同じ~。ニゴたんもあそこは「ときょぅときょきょかきょくきょかきゃかとちか」って促音とか端折ることでリズムにのせちゃってますよね。

 この方法は美空ひばりさんがジャズを歌う時に使った手法なのだそうです。あの人は大天才ですから、デモテープ聴いてそのまま一発録りというそれこそ神憑り的なことができたそうですが(英語を話さないのに洋楽を完璧に歌うわけですよ、音として完璧に記録した上で自分の中で咀嚼して)普通の人でも応用が利く考え方です。上手に歌いたい人は言葉から離れて音に集中してみるといいかもですね~。タミ子さんは十分すぎるほど上手いですが。

 そんなわけでタミ子さんのマイリスト。今後も頑張って頂きたく(笑)。

|

« 見るお薬、話すお薬モード | トップページ | 流石に甘くないな;モード  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見るお薬、話すお薬モード | トップページ | 流石に甘くないな;モード  »