« DoCoMoから投稿テストモード | トップページ | V603SHのその後モード »

2007年10月30日 (火)

携帯変えましたモード

 MNPなので番号はそのまま~。新キャリアはDoCoMo。メアドはぜろすりのメアドの@以降をDoCoMoアドレスに。以上関係者向け(笑)。

 販売奨励金廃止で端末高くなっちゃう前に、最後の機種変更をしておこうと思ったわけですが(端末価格の上昇に見合った通話料になるキャリアは1つもないという認識なので。あれならSBMのホワイトプランでさえ高い)、結局SO903iTVとSH903iTVで迷って後者にしました。前者が1円、後者が1780円。前者の方が新しいけど、なんか機能しょぼかったので;

 今日お店に行ったら買うつもりだった黒が欠品になってたので白/シルバーのものにしました。これもまぁ悪くないかなーと。当初迷ってたP903iTVの無骨さと比べるとすっきりしてますが、でもまぁサイクロイドのヒンジ分のでかさは。まだサイクロイド部分を薄くする対策入れる前の端末だからこんなもんかなと。デザインは結構気に入ってます。サブディスプレイがハーフミラーなとこがイカス。にしてもこれほどストラップが似合わない端末ないなぁと;。

 同じSHなのにボタン配置がぜんぜん違うので最初だいぶ戸惑いました。DoCoMoからSBMに行った人でシャープ機買った人は、取り回しが楽で驚いたんではなかろーかと。これ、慣れの問題以前だよ;DoCoMoが使いづらい。あと、どのタイミングでパケがどんだけ飛ぶかわからないのがものすごく怖いです;SBMはメールまわりがわかりやすかったもんなぁ…。どこからどこまでお金かかってるのかわかりにくいことこの上ないなーと;これはauでも同じなのか。基本料金の値下げでばかり騒いでパケ代を安くする気がさらさらない各社の動向に呆れつつ、WILLCOM契約しといた方が結局安上がりという皮肉な状況に苦笑いです。どんどんパケは使わせるサービス展開ばっかりなのにね~。

 とりあえず付加料金なしのプッシュ配信型のサービスが好きな私としてはワンセグとiチャネルでわりと安定、です。最初の1ヶ月は様子見で。にしてもワンセグの番組表拾うのにパケ使うってデフォルト仕様はわけわからんなぁ;携帯の代金って5千円超え当たり前なの?それちょっと変だよ;

 しかし料金目当てでDoCoMoに移ったのもまた事実であったりします。理由は単純で、私は手帳持ちだから。手帳割引で最も強力なのはDoCoMoのハーティー割なのです。他社は他キャリア向け2割しか引かないけど、DoCoMoのは元々区別がない。無料通話分減額して通話代も減額ではなくて、無料通話分そのままで通話代もそのまま。基本料金半額ってのは余所と同じ。繰り越す奴なのでDoCoMoが便利です。あと、細々とした付加サービス(例えばiモードとか留守電とかね)まで半額なのはDoCoMoだけだし、一番でかいのはあらゆる契約事務手数料が無料なのがDoCoMoだけ。これは凄い。

「料金半額はこれから当たり前になるじゃん」とする向きもいるかも。そうです。そうなんだけど、拘束されるでしょう?一定期間。DoCoMoとSBMの手帳割引は拘束要素皆無です。いつやめてもいいし、いつMNP行使してもOK。今回妙なタイミングでSBM抜けましたが、それについて違約金とか全くなしです。前から言ってる通りauは拘束入るんで、結局通常の個人向けサービスの方が安くなりました。ようするに、障害者目線だと「何も社会福祉に貢献してない会社」です>KDDI だから端末の良さ認めてるけど契約してやんない。

 で、契約事務手数料ゼロって何気に凄くて、例えば健常者さんがMNPで1円端末買ったとしますよね。MNP手続き料金2100円と移転先キャリアの契約事務手数料だいたい3150円くらい?は必ずかかるので、実際には端末価格5千円は切らないことになります。今回私は契約事務手数料払ってないので、MNP手続きの2100円と端末代の1780円しか払ってません。1円端末だったらそれこそ2101円で済んでしまった計算です。健常者さん計算だとお金貰って契約してるのに相当するわけですよ;びっくり。いやしかし、こういうマジックの有り難みも販売奨励金消滅でもうすぐなくなっちゃいますが。

 しかし今回これだけ安上がりにそこそこの端末にできたので有り難かったです。イオンのお客様感謝デー万歳ですな(笑)。ただ、マイクロSDは流石に持ってないので調達せねば…と頭を痛めております。うーむ。

|

« DoCoMoから投稿テストモード | トップページ | V603SHのその後モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DoCoMoから投稿テストモード | トップページ | V603SHのその後モード »