« 調子が悪い時は雑記で気分転換モード | トップページ | 一応寒くなってきましたモード »

2007年10月17日 (水)

この期に及んでまだ薬増えるモード

 病院に行ってきました。軽く経緯説明をしてセルシンと痛み止めだけ追加してもらうつもりが、明かに神経衰弱状態にあるのをあっさり見抜かれて、朝飲みのセパゾンが1日3回に増えました。ネットだと伝わらない(ので自作自演とか思われてるかも;)ですが、私はメンタルの方調子崩してると声が出ないんでした。声量にして普段の1/3以下?ほとんど囁いてる程度に。同時に大きい音への耐性がなくなるので、TVを見ながら食事とか、でかい声で話しかけられたりとか、できなくなります。音への対処は攻撃性をはらむので、家の中では家族とほとんど話さなくなりますし、街で大声でだべりながら歩いている奴を見て危なくケンカ売りそうになったりと(当然体力落ちてますから無駄に怪我するだけです)相当やばいです。

 なんかガチで精神病だこりゃと苦笑いしつつ、とりあえず服用量は増やして週末までになんとかするつもりです。好きなことしてれば気も晴れるかも知れない。

 会計待ちしてたら母校の制服着たかわいい系の女の子がうたた寝してました。処方箋落としたりしちゃってたので手の上に載っけてあげたりしつつ、「なんとまあ無防備な;普通きれいな子ほどガード固いのに」と思ったり。無事に会計終えるまでおそらく十数期離れているであろう遠い後輩であるその子を見守っていたら、あらびっくり会計同時でした。ほっとしつつ、「そういや私も高校の頃制服でここ通ってたなぁ;喘息とかで」とちょっと昔を思い出したり。母校は電車で隣町なので、病院から行くのは大変なのです。私はいつも早退で午後から行ってました。

 見舞いでしょっちゅう病院に縁があるのもなんですが、自分の事の通いで病院に縁深くない人が羨ましいです。物心ついて以降という範囲でも、3ヶ月以上病院の世話にならなかったことがありません。(大学在籍中に奇跡的に3ヶ月持ったことがありましたが、通常持って1ヶ月でした。今は隔週でメンテナンスです。許可頂いてずらしてリミット3週間)

 このブログをよく見て下さっている常連さんの中に、たまに感想を下さる方がいらっしゃいます。その方が先日の「薬を切らすとまずい」という話に「そうですね」と同意して下さってて、先の見えない、あるいは生涯つきまとうかもしれない「投薬」の苦しみを持った方が身近にもいるということは案外多いのかも、と思いました。なんとも;。

 ふと生き死にの話を考えたりもしましたが、健常な人に猛烈に痛い(たぶん誰かの死を精神的支柱にしてる人はこの話すると図星さされてキレる)話になるのでやめときます。こっちに転がってくる人間が増えるのが本意でないのはプロフィールに書いている通りなので。自分に対して錆びたナイフのように嫌な傷がつく言葉の刃を使う人間があまりに多かったせいで、どんな言葉が効率的に人を斬るかまで察しがついているというか、正直に言うと私も言葉で人を殺せる立場になってしまっていて(無意識でなく確信的に行えます)。対象を追い込む術を自身を実験台に覚えてしまったから。言葉は選ぼうと思います(苦笑)。わりと諸刃ですし。

 鬱々としながら、ある人から今年の誕生日に頂いた小説を読んでいたらいろんな意味で面白くて、なんかやめられなくてバスの中でクライマックスになった続きを歩きながら読んでしまいました;いかんいかん、車に関わってる以上交通事故は駄目だ。気をつけよう。

 暗い文面ご容赦です。

|

« 調子が悪い時は雑記で気分転換モード | トップページ | 一応寒くなってきましたモード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 調子が悪い時は雑記で気分転換モード | トップページ | 一応寒くなってきましたモード »