« 自分に正直な方のページは面白い、モード | トップページ | モバイル機でもこれくらいはモード »

2007年9月15日 (土)

intel945Expも結構頑張るなモード

 おとといの夜、急に思い立って夏コミで買った同人ソフトを無謀にもTZに入れてみました。ご存じの方も多いかと思いますが、TZの唯一と言っていい泣き所はビデオまわりです。いわゆるチップセット内蔵というやつで。モバイル向けのintel945Expressというチップセットのビデオ機能を使っています。(ビデオ以外:CPUはCore2DuoU7600、メモリ2GB、OSはVistaBasic)

 あまりまともに動くことを期待していなかったのですが、意外やばっきばきの3D処理が入る1本以外は普通に動きました。重くなった1本も遊べない程でないというか、十分面白くて「速いマシンで遊べばさぞ楽しかろう」と思いました。(ゲーム以外だと重いの2本だけありましたが)

 動作検証も含めてだったのですが、はじかれたソフトは1本もなしです。XPまでの対応が多いなか、ほぼ全てVistaで動き、パッチを当てたものは途中落ちもしていません。

 残念だったのは、これはハード(TZ)側の問題なのですが、モバイルノート用の液晶というのは解像度がそう高くないので、解像度変更時に比率変更追従をする機能がモニタ側にありません。(この状態もドットバイドットと言うんだろうか・苦笑)VGAならVGAの解像度分の面積しか使ってくれないので、まるでゲームがニンテンドーDSです(笑)。(ワイドならPSPって感じ(^^;)縦はXGAと同じ768ドットですが、横が1366ドットあるので;。ソフト側でXGA対応してもらえれば横が黒いだけで済みそうなのですが。

 遊んでみたソフトは以下の通り。
○QUALIA(神奈川電子技術研究所
 背景のワイヤーメッシュの処理が360の超有名タイトル「ジオメトリウォーズエボルブ」に似ていますが、このゲームではそのメッシュの動き(セルオートマトンという技術だそうです)は「水圧」を示していて、水を払うボムと水を吸引する圧縮トラップの2つを使って通常の状態からそれを乱すことで敵にダメージを与える、というゲームです。
 なんだか理屈がわかたようなわからないような状態で遊んでいましたが、それだけに目論見通りに事が運ぶと非常に面白いです。TZだと重いので時間がかかりますが、あまり気にせずハマっていました。

HELLSINKER(RUMINANT'S WHIMPER)
 CTさんの強いオススメで購入してみました。なるほどこれは凄いかも。ちいちゃい画面で遊ぶのは大変でしたが(笑)、動作はサクサクです(デフォルト設定)。ルールよくわかんないまま遊んでるのでまだ2面とかですが、なんとなく遊んでるだけで楽しい、なんというか嫌味のない作りがとても好みです。自キャラのデザインと音楽をもうちょい練り込めばアーケード置けるんじゃないかと本気で思いました。

○シスプリガントレット(D5,)
 コミケ行く度買っていましたが(笑)、この度ようやく最終版になりました。全く問題なく動いています。(作り始めの頃の想定スペックを超えているせいだと思います(笑))
 有名なタイトルなので特に書くことはないですが、衛が出てこないのは花穂と戦っちゃいけないからですよね。夫婦だし(ぉぃ。

○ローゼンディアデムC72テスト版(いちごしとろん
 データを集めてらっしゃるようでしたので、後程報告しようと思っていますが、大丈夫というかもっと負荷かけてもいいよ状態です(笑)。それこそXGA拡大処理とか入れていただいてもなお足りそう。テスト版ということで敵はうさぎと各ドールだけ、それぞれのドット絵もまだやっつけ、段幕も大雑把でしたが、現段階で入れてる要素はきちんと機能しています。このままのシステムだとゲームとしては薄くなっちゃいそうですが…

 以下はゲームではないのですが。

○おまもりんごさん/おまもりんごさん2(hirahira.net)
 WMP9以降用のビジュアルエフェクトです。ニコ動で超有名なので説明不要ですね(笑)。初代の方はうちではパッチを当てないと落ちちゃいました。(元々Vista対応ではありません)パッチ当ててからは問題なしです。りんごさん大暴れです(笑)。初代は比較的軽いですが、2の方は流石に重いです。二人動かすのは大変ですねー。あ、どっちも全画面だとスローになります;だいたいVGAくらいかもうちょいくらいのサイズで使うとうまく動いてくれます。2のコイさんとりんごさんの存在感のギャップのものすごさが(笑)。激しく踊るりんごさんをうっとり眺めるコイさんに上級者向けの百合を感じてしまいました(ぇ。コイさんのお部屋に貼ってあるりんごさんポスター欲しいなぁ。
 こちらの思惑と無関係に進行するあたりは以前GRに入れていた「春日歩の通販生活Final」と同じです。

 同人ソフトってハイスペック環境前提に作りがちなのですが、世に出回ってるハードの既に7割以上でしたっけ?実はノートPCなので、動作検証全てに行うのは勿論無理でしょうけれども映像面で少し負荷が軽く、画面モードで上下がXGAに合うようだとより受けるものが出せると思います。今回に限らずですが「いやいや、そこまでスペック必要ないでしょ」って推奨値を記載してるサークルさんは結構多かったです。それは勿体ない。マーケットとしても自作機はあさっての方向なわけで。サークルなのですし、一人くらい人柱でモバイルノートとか買ってみませんか?と思ったりする私です。(そしてVAIOしか薦めないw)

|

« 自分に正直な方のページは面白い、モード | トップページ | モバイル機でもこれくらいはモード »

コメント

 おまもりんごさん2はやはり買うべきですか買っとくべきですかw 初代でいきなり歯ギターを見てしまって盛大に吹いてしまった思い出が。出掛ける直前に針落して迷わせるのが楽しくてねぇww でも2が重いというのは難だなぁ…

ヘルに関してはテストプレイヤの一人でしたってのもあるんですが(w)しばらく放ってたら恐ろしくバケててw 独りでこれだけ出来ればもうなんも言えませんですよ。無条件降伏。…製品版まだ開けてないんですけどね;;(流石にガッツリやるには時間ナサ過ぎ)


ちなみに某東方格闘2はちょっと古めのオンボードだと死ねます。ウチだと背景をヘタに描画しようとしない分ノートの方が軽く動くという有様;

投稿: c | 2007年9月15日 (土) 23時23分

おまもりんごさん鮮血の誓いで寝てしまうのにおはよう朝ご飯でヘッドバンキングだったので吹きましたともw。コイさんとりんごさん、完全に別次元の生命体なので(笑)、コイさんを気に入るかどうかで買いかどうか決まるかなーって感じですな。

ヘルとか(「とか」てw>わし)作者さんに「解像度縦軸追従の画面モードできませんか」とかお願いしてほしいなーと思ったけど次の記事のとおりついカッとなって自己解決したのでまあいいかと思いつつも旅先でふと遊びたくなったら困るなぁともオモタ!
ヘルは2ボタン押しで動かせるアレを360パッドとかの右スティックで動かせるようにしてもらえるともっと楽しいだろうなーと思いました。

今んとこ一番稼働時間長いのは上記ではクオリアで、理由は単純1回のプレイが長いせいです。(タイマー見た感じ、本来の1/3程度の速度で動いてるっぽい;)でもあれ攻略かなり考えさせられるので面白いっす。いいビデオ使ってる人には絶対オススメのゲームですな。

格闘といえばスペック的にはちょっと前の渡辺系とか簡単に動いちゃうレベルな筈でありますが、Vistaなんでレガシー互換大丈夫かなぁってーのがありまして。むぅ。

投稿: ぬまにゃん | 2007年9月16日 (日) 04時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分に正直な方のページは面白い、モード | トップページ | モバイル機でもこれくらいはモード »