« Pinky:St.はドールたり得るかその2モード | トップページ | 今回のドルパアフターモード »

2007年8月27日 (月)

適職だけど現内閣はなぁ…モード

 前岩手県知事の増田寛也さんが総務大臣に就任。全国から大変惜しまれつつ知事の座を離れられてから※わずか数ヶ月で電撃的に入閣となったわけですが、確かにポスト的にものすごく適任とは思われるものの、どのみち長くない安倍政権下というのが残念でなりません。次の体制下で採用されればもっとストレートに実績を発揮できただけに。まあ、実務を開始し、各自治体(東京以外:P)との連携がはっきり見えてくれば、次の内閣でも総理は増田さんを指名せざるを得ないでしょうけど。実力も求心力もハンパねぇですから。どんな人物なのかは就任会見を見た感じで全く知らない人にも印象として伝わったのではないかと思います。あの人のいいところは政治屋かぶれしていないところ。

 一応与党に雇われたものの、政権交代が仮にあってもそのまま継続してポストに残るフレキシブルさが増田さんにはあると思います。民間起用で大臣になった人物が次の衆院選でいつの間にか与党の候補になっていることがありますが、増田さんはたぶんそれは受けないのでは。あえて議員バッジつけずに納得が行くまで続けてくれるものと期待しています。

 まあ目の付け所はいいけど、他がグダグダなんで;登場のタイミングはいまひとつかなぁ。ただ、地方自治に関わるシーンに早く復帰してほしい思いは強かったので、嬉しいです。地方自治改革を語らせたら今日本で五指の中でしょう彼は。間違いなく。

 現内閣はお披露目ということで(笑)、地方分権等地域格差是正問題について末永く関わって頂きたいです。しっかりしたオピニオンを自前で準備できる人間が少ない内閣において、恐らくはスタンドプレーまでも期待できる強力な人材だと思うので。就任、おめでとうございます。

※全国知事会において圧倒的な存在感を持っており、会長選では勝てなかったものの支持者がとても多い人物でした。地方自治を語る上でキーパーソンとして「知らないとモグリ」的な存在です。実務上では「ただの東京の田舎者」石原某なんかよりずーっと存在感があったわけです(笑)。県知事でありながらその影響力は全国区だったので。

|

« Pinky:St.はドールたり得るかその2モード | トップページ | 今回のドルパアフターモード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Pinky:St.はドールたり得るかその2モード | トップページ | 今回のドルパアフターモード »