« 職業で衰退する文化モード | トップページ | 現在の進捗(10日)その1モード »

2007年8月 9日 (木)

現在の進捗(9日)その2モード

18時現在:
 しーくれっとぷろぐらむあくてぃべーと。とらんすふぉーめーしょんびぎん。(きゅーいカシン!)

 CTさんの原稿が2/4ページ入稿。勿体無いので残2の仮稿だけでも!という意向を伝えた上で、これより本誌のデュプリケートを全工程の最後にシフトするモードにスケジュール変更します。てゆか、まだ編集ぜんぜんなので(笑)、普通に1日は出るんですが。

 具体的にはとりあえず編集を続けてCTさんの残りページをいつでも差し込める状態で元データ待機→コピー誌編集開始(X本から。表紙以外全カット納稿済み)、に並行して、CDラベルデータ作成→バックナンバーのデュプリケとラベルプリント開始→今号のラベルプリントを先に。さらに並行してちょっと面白い道具が手に入ったのでそれで仕入れた動画の編集とコンバート(取材も少々)。それぞれのタスク終了した順にBJPM本の作業を割り込ませつつ、X本の出来上がりページをさくさく印刷。最終的には本誌デュプとサンプル出し&BJPM本印刷を同じくらいのタイミングで、の予定。最も押した場合、コピー誌の製本は上京してから行う予定(笑)。

 生きろ!CTさんとヲレ!

 ちなみに「面白い道具」の正体はコレ。S1ISの重量がちょうど耐久重量の500gぴったりだったので、車のフロントウインドウに装着して試しにビートを振り回してみたら多少ぶれるものの吸着力は全く問題なかったので、走行映像が撮れるようになりました。

 でも窓にぶら下げるとカメラはさかさま。当然動画もさかさま。写真なら反転一発だけど動画でそれどうよ?って思ったらTMPEGENCにはとりあえず反転なし。どうするかと思ったとこで「あ、RAにPremireStandard入ってんじゃん」と思い出したわけですな。モーションJPEGをTMPEGENCでWMVにして、Premireで読み込んで反転。出力にWMVがないのでDVかMPEG2経由でTMPEGENCで再びWMVに。とゆー段取りです。

|

« 職業で衰退する文化モード | トップページ | 現在の進捗(10日)その1モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 職業で衰退する文化モード | トップページ | 現在の進捗(10日)その1モード »