« だから最初からこっちを出せと!モード | トップページ | 密林の奥で何が!?モード »

2007年7月 3日 (火)

天才とは「愛すべき馬鹿」の事かもしれないモード

関連リンク: Fiat ScienceXArt ドライビング アート プロジェクト | アトリエ.

 レオナルド・ダ・ヴィンチが車で画を描く。聞いてもちょっと意味がわからないかもしれない言葉ですが、FIATが最近グランデプントのプロモーションのために始めた企画で、ようはGPSの航跡でダヴィンチの絵画を再現するというものです。

 最初にこの企画の話を聞いたときは「またうさんくさいことを;」と思ったわけですが、3枚の画のうち2枚が完成して、GoogleMapの航空写真上にルート描画されるさまを見て唖然としました;本当に関東にモナリザ描いてます。愕然。

 当然、事前に相当なルートスケジュール設定をやったのだと思いますし、一発の一筆書きではないとは思うのですが、このルートを割り出した時点で既に彼らの勝利です。

 ふと、Garminのトラッキングの最小スケールって何メートルだったっけ、と思いました。広い牧草地とかなら事前にトラッキングをウェイポイント山ほど打ち込んでナビゲートかければ絵にできるかも、とも。

 でも今回のは「道」という固定されたキャンバスの上に描いたのが凄いわけで、企画担当の皆さんは天才と言わざるを得ません。

 壮大かつ感動的なお遊びですが、エコカーでやればもっとよかったね、とも思いました。しかしFIATにその技術力がないのが泣けるところで、エコカーを持つ会社にこのセンスがないのがもっと泣けるところです。ううむ。

 モナリザは良かったんですがウィトルウィウス的人体図がいまひとつだったので、九州地区の作品に期待します。今日から描いてるはず。九州にお住いの皆さんは応援したげて下さい。

※補記:関連ブログとおまけの動画が馬鹿すぎて(最大級の賛辞)吹きます(笑)。必見です。

|

« だから最初からこっちを出せと!モード | トップページ | 密林の奥で何が!?モード »

コメント

 3日からなのか・・・・
私自身、ビートで露骨にうろつきまわっていた
処を走っているようなのだけど、何が出来るの
やら?

 今日は姉の住む町を通るようだけど(^^;
何はともあれ、当分ウオッチしておこう。
 

投稿: がこ | 2007年7月 4日 (水) 00時09分

たぶん「描ける地区」をリサーチした上で実行してると思うので、わりと面白いものに仕上がるのではと期待してますよ。太平洋ベルトにあたる地域ならどこでも道路は密なわけですが、その中からわざわざ選んでるわけですし。

使用した車は懸賞に出すそうです。当たるといいなぁ(笑)。グランデプントは結構好きですよ。(でもほんとは3DrのMTがいい)

投稿: ぬまにゃん | 2007年7月 4日 (水) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« だから最初からこっちを出せと!モード | トップページ | 密林の奥で何が!?モード »