« 7月第2週の検索ワードモード | トップページ | 弄られキャラが夢でしたモード »

2007年7月16日 (月)

7月第2週の検索ワードつづきモード

 風邪で寝込んじゃって続きが遅れましたー;いつもの後半戦ですが、分割します。(今後ローゼンメイデンパートは分割掲載にしようと思います)それでは続きです。ローゼンメイデン関連は基本的に前の週を読んでないとネタついてけないかもです(宣伝)。

○SD真紅
「そのままだと真正面を向いたときの瞳が怖いとよく言われるわ;お迎えしたけらい達は撮影の時顔の角度に気をつけて頂戴」

○SD真紅 着替え
「翠星石と比べるとマスターが衣装だけ手放す率は少なくて、ほとんどが通常服のままだと聞いたわ…。えっ?以前着替えている写真を見た?ぶ、ブラウスとニーソックスだけですって!?(真っ赤)マスターは寝首を欠かれないように注意なさい…(ふるふる)」

○SD 翠星石/SD 翠星石 お迎え
「というわけで先週に続きマスターさん探検第二回ですぅ。今週は嵯峨 悠さんの『まいったナ~Blog』の5月13日分、『翠星石・お迎え』ですぅ」
「以前お迎えした子がまだ未組み立てで、実際にSDを扱うのは一人目だそうですが、こちらで再三検索があったような苦労はなく、お洋服はきれいに着せられたそうです」
「ただ…ありがちデスが、やっぱりピタっとウィッグを忘れたそうですぅ;もー、ボークスはちゃんと最初からつけるですぅ;両面テープだとウィッグにも糊がつくから、あとでえらいことになるのですぅ;」
「ロング級のウィッグの扱いは初めての人には辛い筈だよね。お疲れ様でした」
「ヘッドドレスつけるとなりゃなおさらですぅ、よく頑張ったですぅ!」
「コメントに興味深い話題が出ているね」
「ふむ、3本ロッドになっていたデスか…ロングのカール系ウィッグだとよくロッド割れはあるのですぅ。向きが一緒なら1に戻して2デスが、左右逆向きなら向きが合ってる部分でまとめるですぅ」
「ストレートロングやスーパーロングの新品でも髪は結構荒れているから、ウィッグスプレーはあった方がいいかもしれないね」
「まとわりつきが気になるならSDのメンテナンスキットでまとめて買っちゃうといいですぅ。ウィッグ用ミストとピカっとキレイ、そして櫛がセットデスよ?」
「これを機に眠っているもう一人の子も起こしてあげて下さい」
「お邪魔しましたですぅ!」

○sd 蒼星石
「翠星石のマスター取材のついでにボクのも取材してもらったら…ほとんどオークションの出品でした…うっうっ(泣)」
「もー、泣くなですぅ、蒼星石はプーリップで大人気じゃないデスか!」
「それはそれで嬉しいけど…」
「ちなみに蒼星石のマスターはほとんど女性ですぅ。早速別ボディにしているか、またはお着替えさせているかという感じですぅ。モテモテデスね蒼星石!」
「あの…ボク…女の子…」
「ボクっ子はそういうポジションですぅ!真くんを見習うですぅ!」
※アイマスの真くん、アーケード版の女性Pはほとんど真くんプロデュースだったという噂を聞きました(笑)。

○プーリップ 蒼星石 お迎え
「嬉しいことに、今まで発売された姉妹の中では真紅の初回を除くと一番長期間定価に近い値段で取り扱ってもらいました。皆さんがそのお値段で買って下さったお陰です」
先週あたりから8千円台になったですぅ。それでもまだ真紅以外では一番高価デスよ?お店はまだ強気ですぅ。もしかすると真紅に続いて二人目のネット完売あるかもデスね~」
「そういえば、コミケやワンフェスに行く人は、カタログでジュンプランニングが出ているかチェックしてみるといいかもしれないです。真紅を買い逃した人、まだチャンスがあるかも」
「コミケに出てなかったら10月のドールショウですぅ」

○プーリップ 水銀灯 半額 通販
「す、水銀党員なら定価で買いなさい定価で!!山猫でさえ定価で買ったのに…ブツブツ」
「ちなみにAmazonの特価分は完売したみたいです。楽天の豆魚雷さんやでじたみんさん、あみあみさんには残っているかな…私も買おうか?」
「めぐには…その…私が……なんでもないわ(照)」
「えっ、私がどうしたの?(にこにこ)」
「そ、そうそう、でじたみんで翠星石は半額よ。いいざまね、人気投票1位さん。ふふっ」
鞄もでじたみんさんが一番安いみたいです

○水銀灯 プーリップ カットに失敗
「ちょっと!水銀党員っっ!!(涙)」
「あら、山猫さんからメッセージよ。『素体ごと送料着払いで引き取ってくれるならウィッグつきで即本体+ヘッド送ります』だそうです」
「先着1名みたいよ。あぁでも、山猫のとこのは最初からウィッグにテープが貼られてて、少し髪は乱れてるって言ってたわ」
「岩手からの発送なので、送料分で購入したと思える人はメールでご連絡下さいとのことでした」
「…タダで取引されるっていうのもなんかムカつくわね;それと!水銀灯じゃなくて水銀燈!」
「まあまあ、会話で聞いている分にはわからないんだし」

○きらきー プーリップ
「東京おもちゃショーで発表になったそうだけど、どこで調べてきたのかしら?」
 オヤヂの萌えブログさんの7月2日のエントリ
「…世の中には凄い妻子持ちの殿方がいるのね;人間は奥が深いわ;」
 参考になりました~。ありがとうございます>砂糖小野路さん

○ぷちパーティー 翠星石/ミニドール 翠星石 お迎え
「今どこでも千円切ってるですぅ;Amazon!いくらなんでも81%offは引きすぎですぅ!(806円)」
「(くすくす)」
「い、今笑ったの誰デスかーッ!!オモテ出やがれですぅ!!キーーーー!!!」
「ど、どうしたの翠星石;」←笑った本人。80%offで828円
 :
「な、なんか激しく黒い面を見ちゃったのかしら;あの双子セットでちょうど1600円ちょいなのかしら~、Amazonなら送料無料なのかしら!」

○ぷちパーティ 真紅 通販
「な~ぜか真紅だけ一番最初に出て品薄になるんデスよね~」
「当たり前よ、主人公ですもの。Amazonではマーケットプレイスのプレミア品しか残っていないわね」
「他所でも見ないですぅ」
「山猫が実は持っているのだけど、見せてもらったら最初から両足首が抜けていたわ;マイルストンしっかりしてちょうだい;」
「山猫はAmazonシュリンクすら切ってなかったデスねー;」
※Amazonシュリンク:箱の中で暴れないようにかけてあるビニールパッキングのこと。柔らかい箱だと隅が潰れるので評判が悪い。

○翠星石 ぷにコレ
「また…」
「翠星石、ちょっといいかしら」
「し、真紅、目が怖いデスよ?検索なかったのは翠星石のせいじゃないですぅ;」
「何のことかしら?私はクッキーの味見をしてほしいだけなのだわ」
「(ど、毒殺されるですぅ!)」

○翠星石の衣装の布地
「な、なんとか生きて戻ったですぅ…布地デスか?たぶん皆も想像していたと思うのデスが、緑色部分はベルベットですぅ。蒼星石の青部分も同じですぅ。…確か真紅もそうだったような~…」
「ボクらは結構昔作られたドールだから、当時ある布になるよね」
「光沢のある布は当時はシルク系、例えばサテンくらいだったように思うデス」

○ぬいぐるみ 作り方 ローゼンメイデン
「先週末翠星石のぬいぐるみの代金請求メールが来て、山猫は不意打ちダウン状態ですぅ。それはさておき、ぬいぐるみを作るなら、まず簡単な形から作れるようになっていって、とりあえずは顔と胴体の形を作れるようにするですぅ。あとはその外側に、フェルトとかを使って髪や衣装をつけていくデスよ。顔は本当は刺繍がいいのデスが難しいので、アイロンプリントにしてみるのも手ですぅ」
「立体縫製を上手にやりたいなら、クレーンゲームのプライズ品のぬいぐるみを参考にするといいよね」
「そうですぅ。UFOキャッチャーが流行ったおかげでキャラぬいの技術が向上したというのは事実だったりするのデスよ。コストダウンのための工夫が入ってるので、参考にするのはオススメですぅ」
「髪の毛に毛糸を使ってもかわいいんだよね」
「幻の名作プライズ、ママレードボーイぬいぐるみで使われた手法ですぅ」
「山猫さんはまだ持ってたね;」

○翠星石 BMW/翠星石 クーパー
「FORZA2の話題デスか?確かペイントを一度描き上げてしまえばどの車にも貼れた筈デスが、翠星石を描くならボディ色にブリティッシュグリーンがある車を選ぶとレイヤーを減らせると思うですぅ。この2台だとクーパーが違和感ないデスね。緑色のBMWって見たことないデスよ?設定色にはあるのデスが~。翠星石的にはオアフ島で乗っていたロータスエスプリV8がオススメですぅ」

○すごい水銀灯 超ドリフト
「検索ワードの方がよほど凄いと思うわ;FORZA2好きの水銀党員のしわざかしら?」

○雛苺 猫に
「飲み込まれる、ですぅ」
「そ、そんなことないのー!ねこさんとはなかよしなのー!むー」

○雛苺かわいい
「ほえ…そういうこと言う男の人には気をつけて、ってトゥモエに言われたの~」
「あらら~;世知辛い世の中ね~;」
「柏葉心配しすぎだって;こいつら人間よりよっぽど凶暴だし」
「ヒナは違うもん!」
「…チビチビ、今何と?」
「聞き捨てならないわね…」
「これはおしおきかしら~?」
「み、みんなおちつくの~;」

○翠ジュン
「この検索ワードが毎週来るということは、まだ諦めちゃ駄目ってことですぅ…それにしても…」
「…ん?なんだ?翠星石。じっと見て」
「(はぁ…)相手がニブいと大変デスよ~;」
「そうよね~、ジュン君の鈍さはアイマスのプロデューサーさんに匹敵するわよね~」
「の、のり!びっくりさせるなですぅ!」
「社会的立場はともかく、姉の私が言うのも変だけど、ジュン君結構かっこいいもの~。もてて当たり前よ、うん。お姉ちゃん競争率高くて心配~…」
「…のりのブラコンも相当ですぅ;(ついでに本当にやばい相手はのりな気がするですぅ;)」
「やだ翠星石ちゃんってば!そんなこと…あるけど…(色っぽい眼差しでジュン見つめ)」
「そこで無闇にフェロモンを発揮するなですぅ!卑怯デスニンゲンはっ!」
「えぇ~;」

○こな銀
つか蒼「あ、銀ちゃんだ、銀ちゃ~ん、おっはよ~」
こな銀「(きらりん☆)あら、翠星石さん、蒼星石さん、ごきげんよう。きゃら~ん」
翠・蒼『ぁぁ~』←びみょーな唸り声
こな銀「まぁ、蒼星石さんったら、リボンが曲がっていてよ」
つか蒼「あ、ありがとう」
かが翠「きしょっ;」
つか蒼「銀ちゃん、どうしちゃったの?急に」
こな銀「はい、このところ少々、ストロベリーパ○ックにハマっておりまして」
かが翠「そっちかよお前はっ!」
こな銀「おっほっほっほっ」
 :
こな銀「真紅さん、ごきげんよう」
みゆ真「あぁ、水銀燈さん、ごきげんよう」
こな銀「お変わりなくて?」
みゆ真「えぇ、おかげさまで」
つか蒼「(わぁ、流石真紅ちゃん、同じ言葉遣いなのに全く違和感がない…というか銀ちゃんの言葉遣いに疑問持ってない)わたし、ほんとにごきげんようって挨拶する人はじめて見た!」

 しまったこのシーン長い!w後略。

○love rozen maiden としひろし
「みんなー、ちょっと集まって」
「どうしたデスか?」「どうかして?」「なにかあったのー?」「何ー?」
「今日はみんなに言っておきたいことがあるの…もしこれから、うちに水銀燈ちゃんが遊びに来ても、物置から鉄ヤスリを持ち出したり、キッチンから長ネギを持ち出したりしちゃ駄目ですよ~?」
「言われなくてもそんなことしないけれど;何かあって?」
「長ネギ持って水銀燈に何するデスか?」
「それは知らなくていいの~」
「のり~、その後ろに持ってる本なに~?」
「うふふ、ひ・み・つ♪」
 :
「(久しぶりにちょっと真紅をからかってみようかしら…)あぁら皆さんお揃いで」
「あら、水銀燈。ちょうどのりが貴女の話をしていたの。ヤスリとか長ネギとか、さっぱりだわ;」
「え゛ま、まさか」
「あ、あの、水銀燈ちゃん、ごめんね、読んじゃった、これ」
「(ぼっ!←瞬間的超赤面)(ぶしゅー←頭から湯気)そ…それは…」
「柄にもなく真っ赤になってやがるですぅ」
「ひっ、す、翠星石!あなたまさか私に…」
「?…何おびえてやがるですか?;」
「み、みんな何か隠してるでしょう!」
「そんなことないの~」
「どうしたんだ?具合でも悪いのか?」
「(こ、怖い!マエストロの視線までなんだか怖く感じる!ここにいては危険だわ!)じ、持病のひきつけが…失礼するわっ!(びゅん!)」
「ドールでもひきつけ起こすのか;」
「…すんごいスピードですぅ;」
「何がしたかったんだろうね;」
「で、のり、その本は何なの?」
「ごめんね~、みんなには見せられないわ~」

 みんなには見せられないLove続編恋する惑星、絶賛発売中(笑)。

○雪華綺晶 ドイツ語
「アニメ3期の1話のサブタイトルになると思うですぅ。まだちょっとわからないですぅ;知ってる人いるデスか?」

○このXって奴はなかなか見所があるですぅ
「そうなのですぅ!縮小でニュース少ないかなーと思ってたE3デスが、どっこいBLINGING IT HOMEで大盛り上がりですぅ!」
「新規発表のタイトルも多かったけど、既発表タイトルの完成に近づいたバージョンの出来も素晴らしいよね」
「発表が早すぎたんじゃないデスか?と思っていたロストオデッセイも、かなり仕上がってきてたですぅ。去年のショーやデモディスクで見せたのはごくごくほんのさわりのしかも未完成状態だったことがわかったですぅ。ものすごく長そうデスよ?」
「ボクは発売が近づいてきたHalo3の映像にどきどきしたよ~、アービターとチーフが一緒に戦うシーンがあるんだね!」
「β遊んだ範囲ではちょっと心配な部分もあったデスが、やっぱりキャンペーンモードはもう凄く楽しみですぅ!ダイジェストで見た範囲で展開が想像できなかったデスから、相当長いと思うですぅ」
「本当に倒すべき相手が誰なのかすらまだわからないままだけど、どうなるんだろうね」
「う~、早く遊びたいですぅ!そうそう、話によると噂の高信頼性新基板、ファルコン搭載の360は、どうやらHalo3リミテッド本体が最初になるみたいですぅ。今年後半出荷の通常モデルもたぶんこの調子だとファルコンになりそうデスね。別にリングオブデスが起きても修理無料だからいいのデスが、HDMI標準はちょっと魅力ですぅ」
「リミテッドエディションの本体はエリートより変わった色だけど、翠星石としてはあれはどうなの?」
「ちょっとシブすぎるかなーと思ったデスけど、限定には弱いのデスよ~」
「お金大丈夫?;」
「う゛っ。ギリギリまでねばってみるですぅ;」
 :
「そういえば、ずっと史実戦だったCALL OF DUTYが、4になってついに現代戦になったね」
「ですぅ。しかも、近年起きた紛争がモチーフかと思ったら、どうも違うようですぅ;」
「核を使われたっぽい描写があったもんね;」
「あのシリーズの良さは、昔こんなに無意味で悲しい争いがあって、仲間があんなにあっさりと死んでいく中で、戦争の愚かさを学ぶ事ができたことだと思うのですぅ。…4をやると、そういう感受性が逆に鈍ってしまうんじゃないかと心配ですぅ…」
「でも作品としての完成度は流石定番シリーズだけあって凄そうだったよね」
「それはそうデスね。似たジャンルだと今回2回目の出品になるEAのARMY OF TWOもすごいデスよ。TPSでグラフィックがギアーズオブウォーに追いついてるのはあれくらいかもしれないデスね」
「あとは…エースコンバット6はもう体験版が出ているね」
「面白いのデスが、細かい演出や飛翔感は旧XBOXのエアフォースデルタIIや360のOverGの方がもっともらしいですぅ。エスコンは派手派手デスが、逆にそれがゲームっぽさになっちゃってる感じがしたですぅ」
「ボクは字幕が出てるのだから、通信は英語でよかったんじゃないか、って思ったよ」
「そうそう、『This is not drill! repeat,this is not drill!』とか言ってほしかったデスね~」
「たぶん製品版では選べるんじゃないかな」
「そうデスね~。にしても体験版のファイルサイズが小さくてびっくりしたですぅ」
 :
「LIVEアーケードはどう?」
「ファイルサイズ拡大の発表が出てから、パッケージウェアと比べても遜色ないレベルのもの新作が増えた気がするですぅ。いろいろ楽しみなのはあるデスよ」
「早速ゴールデンアックスをやってたよね」
「360にしてから初めて操作で困ったですぅ;あのゲームはレバー2回入れが要デスからね~。でも体験版は難易度低いデスよ」
「今回発表なかったけど、PSPからEXITが移殖されるってほんとかな?」
「みたいデスね。あれはすごくカッコイイのですぅ!買っちゃいそうですぅ」
 :
「日本のメーカーの動向とかは?」
「コナミはあいかわらずしゃあないですぅ;日本でもソフト出しやがれですぅ」
「カプコンはここに来てデビルメイクライ4を思いっきり押してきたよね」
「あれは仕方ないのですぅ。ライブラリが出来上がってるのが360だけだから…PS3をデビルメイクライのために買ったニンゲンはちょっと気の毒デスね」
「光栄のフェータルイナーシャも結局360が先だね」
「ライブラリのあるなしでこれだけ違うのデスよ。そういう意味ではシェア以上のアドバンテージが他機種に対してはあると思うですぅ」
「ナムコに至ってはビューティフル塊魂を360オンリーにしちゃったし…」
「ナムコは先週説明したような事情があるデスからね。PS3は本数が見込める余程の大作しか作れない状況っぽいですぅ。まあ、鉄拳やソウルキャリバーを作る過程でいくらかライブラリもやると思うのデスけど、アイディア勝負の単発モノはそれらが終わってからになると思うですぅ。それまでは360オンリーのタイトルがぽんぽん続きそうですぅ」
「あ、そういえば、もう日本では出てるトラスティベルが…」
「エターナルソナタデスね。北米版の声優さんも声きれいなのですぅ!ポルカの声は必聴!デスよ!北米版に字幕つき、で遊んでみたいと思ったくらいですぅ」
「アニメ寄りなネタだと、UBIのナルトが噂以上に凄いよね」
「あれって本当に北米で作ったんデスかね~?だとしたら凄いですぅ!もう洋ゲーなんて言葉は死語デスよ。演出から何からまるっきり国産ですぅ。しかもすごくお金かかった」
「PVの歌も日本版のOP曲だったもんね」
「日本で売らないの絶対勿体無いデスよ!版権の都合とかありそうデスけど…」
「版権の都合といえば、ガンダム無双が…」
「日本では無双オロチだけで誤魔化すんデスかねー;実際に動いてるの見たらかなりよかったので残念ですぅ;」
 :
 :
「や、野蛮なのだわ!でも…(ちろ←モニター見てる)…凄く面白そう;」
「おっ、トニーホークシリーズの新作かぁ。へぇ、自分で地形作れるのか…ってそれどんだけ遊ばせるつもりだろ;」
「8の国内版も欲しいけれど、こっちもローカライズしてほしいわ」
「今までトニーホーク作品はこの企画で紹介しなかったとこ、今回わざわざムービー出してるから、もしかしたら売るんじゃないか?」
「だといいわね…」
「で、やっぱりBGMはクラシックにするのか?」
「も、もう!だから笑わないでって言ってるでしょう!」
 :
「うーん…」
「どうしたのジュン?厳しい顔をして」
「TDUに少し首を突っ込んだ時も思ったけど、やっぱりリッタークラスのスーパースポーツバイクは強敵だな」
「PGR4の話?」
「うん。僕は4輪派だから、本気で競るならこのムービーみたくロードゴーイングフォーミュラやLMPレベルでないと厳しいかもしれない。どんな勝負になるのか想像できないけど、とりあえずこの挑発されたら負けられないって思うだろうなぁ;」
「レーシングカーよりバイクが速いように見えるのだけど、それほどなの?」
「コーナーでは確かに4輪が安定しているけど、直線立ち上がりや加速は2輪はF1並みかそれ以上だから。サーキットなら抜きどころもあるかもしれないけど、PGRは市街地戦が多いし。厳しいかもね」
「でも、やるんでしょう?」
「もちろん」
 :
 :
「…」
「……」
「…ねえ、めぐ」
「黙って、水銀燈。こういうのは気合いよ、多分」
「…」
「…」
「やっぱり無理よ、気合いだけで英語のレポートの内容を理解しようだなんて」
「た、確かに私は病気のせいで学校に行ってないけど!英語は行けば話せるようになるって聞いたことがあるもの!きっとそのうちわかるわよ!」
「もう、好きになさい。私は寝るわぁ…」
「むー。……(むにゅ)」
「きゃ!な、何するのよ!」
「どうせ私は英語なんてできませんよー」
「だから最初から…」
「頑張ってみたかったんだもん…外の世界を知るために…」
「(はぁ)だったら日本語からでもいいでしょう?」
「水銀燈の意地悪、いいもん。もう寝るっ」
「しょうがないじゃない…私も日本語とドイツ語しかわからないもの;」

 今週の翠星石さんXをおおいに語るE3編+めぐさんはTGSを待て、完。

 今後は後半にドールネタも全部まとめちゃうつもりです。
 来週分までやってから一ヶ月お休みに入る予定。
 それではまた。

|

« 7月第2週の検索ワードモード | トップページ | 弄られキャラが夢でしたモード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7月第2週の検索ワードモード | トップページ | 弄られキャラが夢でしたモード »