« 愛情のコストパフォーマンスモード | トップページ | 1000番目の記事モード »

2007年6月27日 (水)

小手先の極みモード

 どこぞの総理とその取り巻きが、年金問題の責任を取って夏のボーナスを返上とかいう話をしてましたが。
 その総理が功を焦って議案強硬採決のために国会の会期延長を強硬採決(頭痛いな書いてて)したツケで参院選が伸びて、その日付修正で地味にえらい額が選管の経費として計上されました。選管の支出は当然税金からです。

 さて、総理の自己満足のツケで出ていく国費と、返上された夏ボの合算ではどっちが上でしょう?

 安倍の坊やと取り巻きは夏ボと言わず任期中の給与全額返上しやがれって感じです。でなきゃ本当に責任を取るなら今このタイミングで衆院を解散して参院だけでなく全体について民意を問えと言いたいところ。

 つか、「何事も人を使えば金かかる」って事が見えてない時点で支出をコントロールする立場に相応しくないと思うんですが。世襲系の議員、全員似たようなもんだけど。

 ああいう小手先に騙される有権者も相当ですが、毎度の事とはいえ全くやれやれです。

|

« 愛情のコストパフォーマンスモード | トップページ | 1000番目の記事モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛情のコストパフォーマンスモード | トップページ | 1000番目の記事モード »