« 褒め殺しネガキャンてのも珍しいwモード | トップページ | 達成と限界と不満モード »

2007年5月22日 (火)

トランスポート完了モード

 TDUですー。マップ埋まった、手っ取り早く何ができる?と思った時、真っ先に思い浮かんだのはトランスポートでした。30中11残っていたので一気に片付けちゃおうと。

 トランスポートの対象になっている車種は、主にGクラスの旧車・クラス問わずプライスレス展示(後の特典)であるコンセプトカー、A~Bクラス車がメインです。高価なAクラス車をひととおり試せるのは、慢性的に金欠になり気味のこのゲームではいい体験かもしれません。(本気で攻めて事故っちゃっても、リトライかければいいだけですし)

 で、既に持っている車種が多かったので終盤消化した分は経験済みの車両が多く楽だったのですが、最後が。別に狙ったわけじゃないんですが、メルセデスSLRマクラーレンで;いやぁもう全然ダメ。私がメルセデスの乗用車部門大嫌いということを除いてもほんっとにダメ。何度やっても事故るんで、諦めてパーフェクト捨ててがすんがすんぶつけながら「とにかく1秒でも早くこの車から降りたい」一心で終わらせました。パーフェクト狙いやめたらわりとすっとしました。メルセデスオーナーなんかに媚売るタチかぁ?とか自分でも後から苦笑いでしたし;

 ご褒美はムスタングGT-Rコンセプト。まず車検通せないであろう、シート1つだけ内装なし、たぶん保安部品もなしのムスタングです。クラスD。これもトランスポートの対象でしたが、結構悪くない走りをします。

 で、「試せる」と書きましたが、トランスポートは一般車両との混走になります。ここで一番見えてくるのは、ワインディングが絡むレース・TTで効いてくる中間加速性能とハンドリングや足つきです。追い越しの加速とレーンチェンジがスムーズな車は、中低速区間が絡むチャレンジで有効であるという、ごく簡単なベンチマークになります。素性のいい車だと、単車線対面走行の道路でも比較的高速からの追い越し~復帰がスムーズです。加速が悪いと追い越しに入ろうとした瞬間に対向車線に車が見えたら戻らないといけませんし、ハンドリングが足とちぐはぐだとレーンチェンジでふらつきます。直進状態に復帰しづらくてオーバーステアでコースアウトしたり、カウンター当てた結果逆側にドリフトしたりと、この部分がダメだと他のミッションでも苦しい思いをします。
 自分に合う車が必ず見つかると思うので、単に運ぶだけでなくリトライ覚悟で一度くらいはお遊びをしてみてもいいでしょう。「フェラーリばかり素性よすぎて気持ち悪い」とか思うかもしれませんが(笑)。確かにそうとはいえ。

 トランスポートの検索が先週多かったので、おおまかにコツらしきものを終了記念に書いてみます。たった30ミッションですが、参考になれば幸いです。
・とにかく他車の動きに注意
 CPUはわりと自己中心的な走りをしています。よく見ているとわかりますが交差点でしょっちゅう事故ってます。あれは優先道路側の通行を無視して入ってきたり、直進車がいるのに無視して右折したりで起きています。…まぁ、実際の路上と一緒です。CPU同士で事故られる分には一向に構わないのですが、ブレーキングが間に合わない距離で多重衝突を起こされたり、交差点で自分に突っ込んできたりはシャレにならないので;「こいつはぶつかってくる」くらいのつもりで慎重に。複車線塞がれても我慢です、そういう時は右側に寄せて停止してしまうのも手。表示エリアからいなくなれば状況が変わることもありますし、実は後方からの追突や接触はゲージ減少の対象ではありません。
 うそウインカーにも注意。レーンチェンジするフリをしてしない車もいます。中には避けてくれるつもりがこちらが移ったのでやめるという親切さんもいますが、主にトラックが「できないことを試みて」ウインカーを出します。あくまでCPU車は「実際に動いてから」対応して下さい。
 にしても、パトカー同士でもしょっちゅう事故ってますが、ちゃんと切符切れよとか思っちゃいますよね(笑)。

・登り坂とその終わりに注意
 小さい登りでも怖いです。ようは坂が切れて下りに転ずる時が危ないのですが、向こう側が見えないだけでなく、ジャンプが致命傷になりやすいです。勿論空中では操作はできませんし(なので、他のチャレンジではこういう場所では進入角度を考えて飛びます)、着地時の戻りグリップであらぬ方向に滑る可能性が高いです。間違って飛んだらまずアクセルオフを。ジャンプした時点で減速するのにアクセルオンしてると回転数は上がるので、結果トラクションが抜けます。そうなるとまずスピン。
 上り下り関係なく、坂では曲げにくくなります。急ぐ旅ではありませんし、坂では車間距離を取ってゆっくり走るといいでしょう。ちなみに車両後方視点で走っている場合、後方から車両が接近すると俯瞰ぎみのアングルに変わります。低速走行時の参考にして下さい。(たまにえらい飛ばす車がいきなり発生するので)

・ナビに従う義務はなし
 レースで言うならチェックポイントにあたるのはゴールだけなので、実は目的地につけるならナビに従う必要はありません。目的地付近の地理を把握していて、間のルートも知っているのであれば、自分の走りやすい道を選んだ方が距離が伸びても結果的に早い場合もあります。これはチェックポイントが少ないレースにも言えることです。
 特にトライアル系やフリーライドの場合、ナビは交通規則にバカ正直に従っていますので、一方通行路の逆走などは考慮していません。(一方通行が中央分離帯つきで存在するエリアで、ちょうど反対側を目的地にセットしてみれば、ナビがいかにバカなのかわかります。フリーライドの時なんて全くアテにならないほどです)逆にレースの時は最短を結ぶので、いきなりトラフィックつきの一方通行路を逆走させられたりしますし。
 トランスポートの消滅条件は「完走」なので、途中で終了してしまえばやり直しができます。ミッションによっては自分の好きなルートを選べば随分楽になるかもしれません。

 一見凄く儲かるように見えるトランスポートですが、実は最高でも一回$149998しか稼げませんし、全体数は繰り返しになりますがたった30です。あまりトランスポートをあてにせず、レースで稼げるよう早めにチャンピオンまで実績を上げることを勧めます。

 それにしても、「気をつけて乗れよ、ハンパない馬力だからな」と言われる車に限って馬力ないのはどーしたもんでしょうか(笑)。思わず毎度吹いてましたw。とはいえ、それも終了です。トライアルミッションの中では一番楽なトランスポートですが、残ってるのは…
 煮えちゃわないようになんとか頑張ります、トホホ。

|

« 褒め殺しネガキャンてのも珍しいwモード | トップページ | 達成と限界と不満モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 褒め殺しネガキャンてのも珍しいwモード | トップページ | 達成と限界と不満モード »