« 見に行きたかったよーモード | トップページ | 不毛な空中戦モード »

2007年3月30日 (金)

ゲリラ戦的プロモーションと成果モード

 YoutubeやStage6で、アイマスを中心に360関係のムービーが結構上がってて好評なのは各方面で周知かと思いますが、今のところ各ソフトメーカーもMSも何もこの件で動いてはいません。それどころかMS日本のXBOXオフィシャルブログでアイマスのTouTube動画が取り上げられているほどです。

 双子のとかちwやらさまざまなスレスレ(いろんな意味で)演出のイベントやら、アイマス関係の人気が凄いことになっていて、うまいこと宣伝になってる気がします。昨日XNEWSさんがデジタルARENAさんの記事を紹介していますが、とりあえず現時点でアイマスは5万本行ってるそうで、アイマスをギャルゲーのくくりに入れるのは微妙に抵抗ありますが、女の子を前面に出したゲームの中では「PS2のマーケットを含めても」現状のヒット作レベルに到達しています。発売前にmixiの360アイマスコミュで「キミキスが5万本だったから、それを超えたら大成功ですね」みたいな話をしてましたが、この調子だと達成しそうです。

 知られないと凄さはわからないわけですから、映像が流れることで中身が知れるのはもちろんプラスでしょう(だからMSは黙認方針なのでは)。しかし、各種動画サイトで伝わらないことがまだまだあります。まず、HDTVがどれだけ画質がいいかということ。(結構普通のTV程度に考えてる人いますよね。地上波放送の水準で考えて。ただ画面でかいだけだと思ってる。断言しますが別物です。ソースになる映像自体でD4以上対応のパネルは化けます)そして、その環境で動作できる360ないしPS3の実機映像がどれだけ綺麗かということ。作品にもよりますが特にアイマスはあのダンスが実際には60fpsで動いてるわけで、キャプチャ映像だと本当に綺麗な動きや細部の描写なんて全く見えてないことになります。ようは実機買って遊ばないと本質には触れられないわけです。

 もしかしたらその「本当に凄いのはオリジナル環境で見た時」という自信があるから、各種動画サイトの映像は黙認なのかもしれません。ただ、それらのサイトで見てるだけの人が「ブラウン管でPS2」程度の絵を想像してるとしたら、そのギャップは埋めないといけないと思います。360の什器で使ってるモニタはゴミみたいな奴なので;BRAVIAをおごってるPS3の什器に全然敵いません。出力してる絵のレベルは同等で、タイトルの充実度では明らかに360なわけで、これは勿体無いと言う他ないでしょう。

 なんかするたびボヤかれるし実際どうかと思う日本MSのXBOXプロモーションは現状そんなわけで「果報は寝て待て」状態に突入していますが(苦笑)、もう一押しを狙うなら什器の刷新をメーカーの費用で行って、他機種のプロモーションに使うことだけ禁止すべきではと思います。今の什器なら置かない方がマシ。それほどモニタが酷いです。店によっては他機種ゲームのプロモーションDVDの再生機に使われたりしてるそうですが、下手すりゃそのソフトの売れ行きも落ちるんじゃないかと思うほどですもんね、現状;
(ちょっと余談ですが、360関連商品で黒字を出せるか出せないかで、ショップの経営手腕がモロバレだと思います。市場の理解度とかね。上手く展開できてないお店は他機種でも相当なデッドストック抱えてる筈です。市場読みができてないってことですから)

 とりあえず新旧問わず、話題になったもののオートデモ(DVDではなく、実機でドライブするタイプのもの)を作って、今のようにダッシュボードを経由させて無駄時間を作るのではなく、常時動かしておくのが良いのでは、と思います。私が家電屋さんならそういうディスクがあれば360をハイビジョンTVのデモ用に逆に使うけどなぁ。映画が綺麗になるよりもずっと説得力あるんだもの。あえて操作はさせないで「商品ではこの映像があなたの操作で動きます」とでもテロップ入れておけばいいでしょうし。(Fabが更新されれば問題解消でしょうが、光学ドライブを積まずデータはUSBマスストレージ供給するデモ専用モデルを準備すれば、熱暴走という無様も極力回避できるかと思います)

 ゲリラ戦でも仕上げはやっぱり真っ向勝負になると思うので、革命を起こすならその準備はしないといけないですよ。競争に意味はないと思っているクチですが、そうでない人たちを納得させるなら、制圧とまで行かずとも自治区独立くらいはやってみせてほしいもんです。

 最後にもうひとつ余談。XBOX公式ブログで取り上げられたアイマスのムービーはあずささんのエクササイズウェアでのポジティブ!ですが、私はあれ見て別の意味で驚きました。かねてから振付師など本業のダンサーさんの身体の動きのキレの良さには驚かされることが多かったのですが、たぶんアイマスのモーションアクターさんはその手の人たちが係わってるはずです。腕足の長いあずささんだからわかりやすいのですが、身体のキレ、特に足さばきが素晴らしいです。「♪ググっても仕方ない」のあたりで、ぱっと広げた脚を閉じて次の動きに移るというステップの流れがありますが、プロのダンサーさんがやる足さばき、そのまんまです。レッスンしてるとはいえアイドルがいきなりここまでやるもんなのかなぁという野暮は抜きにして、何気に振り付けも凄いことになってます。振り付け覚えるの流行ってるみたいですが(笑)、ポジティブのステップは運動してない人だと無理っぽいです。人体には上半身というものがありましてw、そっちで働くイナーシャを相殺しながら身体全体を特定のポジションやテンポで静止させないといけない。そういう芸当ができるのはプロ並みのトレーニングあってこそだと思います。前に冗談でアイマスダイエットというネタを書きましたが、どうも本当にできちゃいそうですね、本気で再現するとなると。ぶれを許容しているうちは楽ですが、そういうの出さないように追い込んでいくと途端に重運動になります。

|

« 見に行きたかったよーモード | トップページ | 不毛な空中戦モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見に行きたかったよーモード | トップページ | 不毛な空中戦モード »