« とりあえず夢を見ているようだったモード | トップページ | 久々の出品モード »

2007年3月22日 (木)

暴れる瞳、モード

 というわけで視力が急に心配になった私、施設で計ってもらった時若干右が見えづらかったし、今朝起きたら右ぼやけすぎ状態で少々慌てたので、眼科に行ってきました。左右の視力差が生じてる気がしたので。視力合わせないと深視力テストやりづらいので、場合によってはメガネ新調するつもりだったのですが…

 で、病院についたら何故か右の方が見えるようになってて、実際無愛想な看護士のねーちゃんに言われるまま輪っかの数々を見てたらなんと右視力がずっと良くて左が足引っ張って左右視力が右視力より低いという最悪な(今深視力やったら絶対わけわかんない自信あります)矯正視力結果が出て、しかもこれ以上調整が効かないと言われました。無視して平気なレベルの左の弱乱視を補正するくらいしかすることないと。

 なんだよこのねーちゃんいい加減なこと言ってんじゃねーの?とか(愛想のあまりの悪さに)思ったわけですが、先生(すごく面白い方)も「そうね~、これじゃちょっともう補正できないんだけど、その不安定さに心当たりない?」と言われたので普段どおりの事を言ったら「深視力検査前はパソコンとか控えた方がいいよ」と言われました。ベストだと左右目1.2で揃って両目だとそれを超える可能性があるようですが、その状態を任意には出せないので;困ってしまいました。とりあえず気休めにビタミン目薬を処方してもらいましたが;「話を聞いた感じコンディションが不安定すぎるから、今メガネを作ると肝心な時に逆に足を引っ張るかも」まで言われてしまったので、お手上げです。パタ。

 いやほんと高性能義眼早めにお願いできないか;>ドク
(電子義眼は第一人者さんが志半ばで亡くなられて研究が止まってた筈なので、誰かにやってほしいとこなんだけど…。白黒の荒いドット絵程度が限界だったみたいだねぇ)

|

« とりあえず夢を見ているようだったモード | トップページ | 久々の出品モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« とりあえず夢を見ているようだったモード | トップページ | 久々の出品モード »