« 「その他」な車モード | トップページ | 屋根上の散歩マスターモード »

2007年3月 5日 (月)

お子さんのいるヲタ夫妻の皆さんへ、モード

関連リンク:New's Network(の中の、Comicの「イヌーイさん」その12から。

 自分たちの趣味を子供にもわかってほしいという親御さんは多いと思います。でも、その事に執着するあまり見失ってる部分、ありませんか?

 えんえん続いている「子供連れコミケ行き」の是非に関する論争ですが、私は当然反対派です。コミケに限らずドールショウやワンフェスでもそうだと思うのですが、そもそも子供に見せてはいけないものが多すぎるし、ブースや展示品を台無しにすることがあるし、人間に限らず哺乳類の子供の泣き声というのは危機を伝えるためにとんでもなく耳障りで聞こえやすい音域になっている=泣く即迷惑、という大人の側の都合と、今回ニューさんのまんがで新夏タンが幼少期味わったトラウマと全く同じ状況が展開し得るという子供の側の都合があります。興味のない雑踏が好きな子供なんていません。

 泣いてなければ興味があるから大丈夫だと思ったら大間違いです。幼い子ほど伝える言葉を多く持たないわけで、遺伝傾向次第では泣く事でストレス発散ができない子供だっているんです。

 どんなふうに育つのか、何に興味を示すのかは親の影響を受けがちというかほとんどそうだと思うのですが、できれば道徳的に許される範囲内で子供の好きなことをさせてあげて欲しいです。幼少時の体験が、将来に大きく繋がるのだから。親御さんには生み出した命を守る責任はありますが、その命の行く末を決める権利まではありません。違いますか?自分たちはどうだったでしょうか?

 ただ、間違えた時にだけ、それは違うと言ってあげればいいのだと思います。どうして違うのか説明できるだけ親が大人になっていることも大事です。(ヲタさん夫婦に限ったことじゃないというか、これはむしろ一般に多い事例ですが;)

 昨今流行のきざしでこの手の文化はサブカルチャーを脱したと言う人が多いですが、確かに表面的部分での浸透はあるにせよ本質的な部分ではまだ私たちは外側なのだということを意識しておかないといけません。楽しい思い出だけ残せるのならそれにこしたことはないですが、子供たちが目にしたものの中で影響を受けるとき、ミスリードをして人格形成されたら?と思うと恐ろしいです。(中高あたりでエヴァンゲリオンに接してしまった世代に社会通念と著しく乖離した倫理観を持った層がいます。また、これは最近某シューティング絵描きさんとの話題で出た話ですが、人格形成期(~23歳あたりまで)を終えてない子供たちの「選球眼のなさ」を食い物にしてる市場があるせいで、本当にいいものが出てくる基盤が完全に冷えてしまったという二次的被害もあります)

 暗黙の了解の一線をあえて踏み越えることに快楽を見出すという、正直「名は売ったけどやってることは外道も外道クサレ外道」ってクリエイターが増えてる昨今、年齢層向けはともかく(てゆうかジャンプ作品も完全に商業主義徹するあまり逸脱した部分ありすぎで、とても「少年」に読ませられないけど)私たち向け(苦笑)には触れないよう注意してあげる目とか、大事だと思います。昔の作品を見せるのはいいと思うんですよ。ド直球だから。若干シブい子供になりますが(笑)、倫理観を損ねることはないと思います。

 私たち中間世代より上が手本を示さず、ただサブカル脱却を狙った弊害でもあると思うのですが、ネットというインフラの相乗効果もあって、だいぶ目も当てられない状況になってきたように思います。

 乗り物や洋服といった直接的なカルチャーへの興味はどんどん後押しして構わないと思いますが、人格形成に係わるフィクション(=嘘)についてはちゃんとフィルターかけてあげないといけないですよ。どんな形であれ、ね。その生命が人格形成期を過ぎて成熟した後で後悔してもしょうがないし、そもそも後悔なんてできないわけですから。自分と同じ存在を育んでいるんだという自覚のもと行動してほしいです。そしてできれば人格形成のキーとなる人物として、いい友人を見つけるようにと言ってやってほしいです。人間の価値って「素晴しいと思える仲間が何人いるか」で決まる気がしますから。

 

 固い話はこれくらいで、ニューさん怒涛の12ページ更新!イヌーイさんは完全にギャグだと思っていたので不意打ちにびっくりでした。「特に日本では」っていう新夏タンの台詞が事情わかりすぎ。ニューさんすげー人ですよ。「人に気づかせないのが本当の優しさ」とは某お笑いタレントさんのおばあちゃんが残した名言でもありますが、ゆいちゃんがカッコ良すぎですよ。思わず涙ですよ(/_;)。微妙に存在感失ってる主人公イヌーイさんにも涙(笑)。
 もー総集編は絶対買わせて頂きます。1の再販と一緒に。

|

« 「その他」な車モード | トップページ | 屋根上の散歩マスターモード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「その他」な車モード | トップページ | 屋根上の散歩マスターモード »