« 意外と忘れてる;モード | トップページ | 横Gってスゴイモード »

2007年2月16日 (金)

反Adobe派DTP勢力最後の砦?モード

 上記は他社製品からの乗換え版です。詳細サイトはこちら。うちの常連さんならお馴染みであろうソフトであるCorelDrawを中心に、Photopaintなど熟成が進んだツールをがっちりまとめて定価でも5万円以下、というソフトで、向うに回して勝負している相手はなんとコレ。

 価格差は冗談ではないです。Creative SuiteといえばAdobeの定番のごった煮で、これはその安い方(!)です。フォトショ・イラレ・インデザインのCS2とVision Cue・Bridge・Stock Photosの統合商品。印刷向けにまとめてみました、というパッケージです。
 対するCorelDrawX3はCorelDrawを中心に、フォトレタッチの影の定番というかCorelDraw買わないとついてこないけど実はめっちゃ使いやすい「穴馬」CorelPhotoPaint、それにビットマップ→パス変換最強を謳うツールCorel PowerTRACEとCorel CAPTURE、そしてデジイチ派の人には必須のRAWデータ管理ソフトPixmantec RawShooter essentialsがついてくるという内容です。

 Adobe系の方が圧倒的にユーザーが多いので、Corelに傾(かぶ)くとPainter以外は独学になっちゃうんですが、昔はじめてAT互換機を買った時プリインストールで入っていたCorelDrawがとてもわかりやすく印象が良かった…というかPhotopaintの使い勝手の良さが「なんでリカバリディスクにまとめて入ってんだよ、使いたいよこれ」とそのマシン(コンパックのプレサリオでした)が壊れた時に私が超ごねたほど素晴らしかったという思い出のソフトで(笑)、いつか導入してやるぞーとずっと思っていました。

 先日も書いたかもしれませんが、パスコントロールとビットマップに関してはFireworksという究極のシームレスツールを既に導入済みなのですが、あれはWebパブリッシング用っぽいので紙出力も想定してPDFを出すとなるとそろそろDTPかな、と思い始めたせい。ようは会の本とかの出版物向けです。今までWordをフルオブジェクトで使うという乱暴な手法でやってきましたが、ビットマップのパス変換とかやらなかったせいで普通Officeでここまでスワップしねえだろ(笑)ってレベルのメモリ負荷がかかっていた上、この線が曲がればデザインが映えるのに…みたいなのができなくて、結局それもFireworksで高解像度画像作ってオブジェクトインポートして縮小とかそんな感じでしたから。

 まあWordが言われてるほど悪くないのは、そういう乱暴な使い方でもソフト側が自発的に落ちないとこ。メモリ管理が甘くて落ちるのはOS側。フリーズはしないけどね。Wordを固めて切りにくる。Wordで今まで9冊出したし、私はパソコンスクールでMOS(当時MOUS)受験する人に教えることができる程度にVBスクリプト以外のWordの機能は一通り知ってるけど、バカ正直にWordの機能に付き合うのは間違い。あれは必要な紙の枚数改行を空打ちして、位置関係切り離すためにオブジェクトを背面に設定して、後は全部シール貼るように処理するのが正解。この使い方に耐えるだけでも立派だよ?凄く早くDTPばりのドキュメント作れる。貼り付けるオブジェクトを一時退避させるためのドキュメント(私はパレットって呼んでる)を並行して開いておいて、よく使うテキストボックスはそこからコピペするといいし、オブジェクトはコピペするとページ内の元あった位置に入るから、最初から写真とかは縮小をパレットでやって、挿入したい位置に置いてからコピーして本文にペーストかければいいです。ただ、2文書分のバッファはシステムドライブにものすごい負荷かけるので、Cドライブの容量が少ないとアウトですけど(^^;。

 と、ちょっと横道でWordの擁護をしてみたけど(笑)、今作ってる本の容量だともうマシンがWordではいっぱいいっぱいになっちゃって。それでDTPやれるソフトに鞍替えを考えたわけです。私は早くからFireworksを選んでたあたりで周囲には知られてるかと思いますが、当然自費で入れたソフトしか使わないので、Studio8導入で大分無茶をしましたがこれ以上は無理っぽいです。だもんで反Adobe路線継続でおそらくCorelDrawはそのうち導入すると思います。Office2007からWordだけ買って、うちのメイン機で使うってやり方もアリですが、ちょっと飽きてきたし。それなら1万足してPhotopaintつきの環境入れて、Fireworksで補いきれない部分をなんとかしましょうか、と。そんな感じです。

 OpenOfficeとかでもオブジェクトメインのドキュメントは作れるだろうし、Acrobatの印刷モードで出してやれば結果は同じになるだろうから、それもアリなのかもですが、ちょっとパスで遊んでみたいのもあるんですよね。そんなわけでCorelDrawを今あえてオススメしてみたいと思います。

|

« 意外と忘れてる;モード | トップページ | 横Gってスゴイモード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 意外と忘れてる;モード | トップページ | 横Gってスゴイモード »