« 「…くる!」モード | トップページ | Wii愛い奴めモード »

2007年2月13日 (火)

可変機体に大切なことモード

 それは一般のメカデザインと一緒で、「変形することの意味」。

 人型である意味については以前ロボットについて論じた時に概ね書いてしまった気がするので今回は割愛するとして、他の形態を考えてみることにする。
 航空機形態の有用性は以前書いたとおり。浮かぶ方法はさておき(ここ、つつくと長いから)前面投影面積が減ることで少なくとも大気圏内では空気抵抗の減少が期待できるし、あらゆる空間において機体通過に要する空間の広さを圧縮できる・弾幕に突っ込む折被弾率低下が期待できる・スペースデブリ接触やバードストライクの確率が減る、といったメリットが考えられる。関節を固定してしまうことで、設計によっては機関部からメインウエポンへのバイパスがスムーズになるだけでなく稼働エネルギー消費を推進と武器に集中できるというものもあるかもしれない。低抵抗デザインは水中型への転用でも有効だと思われる。

 車輪がついたものはどうか。実は一度平坦なデザインの車両型を組んだことがあるが、友人ヲサからもらった一言は「これ、車輪取っちゃって航空機型にしちゃった方がよくない?」だった。ヘビーガーディアンにあったトレーラーのような、作業車両ライクなものなら意味があるかもしれない。タイヤの場合は相当する部品があり再現の自由度は高い。問題はクローラーの場合だ。

 クローラーのパーツはBJPMに深く首を突っ込んだ方ならご存知かと思うが、同人ランナーのT2ランナーにある。T2ランナーのデザイナー氏が今何をやっているかはT2ランナーでぐぐれば一発なので興味を持った人に詮索は任せるが、とりあえずT2ランナーのクローラーは「素のクローラーの上に普通にボールジョイントがドカンと乗っかっている」(転輪できねえじゃん)「サイズが2種類ありいずれも小さい」(長い方がA1ランナーの3穴2穴の棒と同じくらいの長さ、短い方がP0ランナーの3連結で羽だの剣だのハサミだのになるパーツの中央部品と同じくらいの長さ)という特徴がある。

 さて、クローラーは移動手段としてはきわめて遅い。何のために必要なものであるかというと、主に広い設置面積を利用した踏破性能と荷重分散、そして安定性の確保が目的である。デフォルトレシピの機体は4本クローラーの戦車が人型に変形するというものだった。最近過去に購入したランナーを適当に切り離して組んで、T2ランナーの「これ以外用途ないっぷり炸裂の部品の数々」に頭を抱えたのは最近書いた通りだが、武器の類に不足を感じた…というか同人ランナー時代にはあった銃器類が市販ランナー化した折一時的になくなったので必然性を感じた…後にGSD2・3で公式に補充されたが…ということもあり、それはまだよしとして、「このクローラー転用するのか;」と考えた時、素で数時間悩んだ。意味が見出せないのだ。低重心化はタイヤでも可能だし、射撃安定性は人型の方が上だろう。実際の戦車の戦い方において「砲身だけを出して射撃する」という方法があるが、人型が存在する戦場で待ち伏せ戦が成立するだろうか?射撃位置を高めるという研究は陸軍系の戦闘車両で最近よく行われているが、実際に人型陸戦兵器が投入された場合、既存兵器に対するアドバンテージは高い位置からの射撃が可能である、という点がまず前面に出ると思う。ようは地べたに戦車型になってへばりついてるうちに、走るだけの機動力がある人型に見つかったらアウトだ。というわけで(ナリがあまりにも好みでないこともあり)デフォルトレシピははなから組まなかった。ちなみに戦車形態が非常に軽そうで、さぞ高速で走る戦車なのだろうなと思ったが、それはまあいい。

 しかし折角買っていたのに使わないのも腹立つなぁと思い、トルク稼ぎの方向で、コンバイン風というか重機風というか、縦方向にかさのあるころんとした小型のクローラー系…例えるならヴィーゼルのようなものの砲撃型という方向で組んでみた。(もちろん変形するものを)しかし箱型変形する機体のメリットである「おそらく駐機した時に体積を食わない」という要素以外に残念ながら理由を見出せるものにならなかった。しかも人型でない形を重視した結果、きわめて自立しにくい機体になった。勿論これは私のデザインが悪いのであって、T2ランナーの作者氏に非はない。いっそガンタンク状態でと思ったら腕が前に出なくて実用性がない。泣けた。

 かくして、T2ランナーのクローラーは私のイマジネーションでは扱いあぐねる部品であることがわかった。パーツから逆算という手段は普通取らないので見えていた結果ではあったが、とりあえず確かなのは可変機体の場合より「部品の汎用性」が要求され、その場合「他の何でもない単一指向性の造型部品」はとてつもなく高いハードルになることがはっきりしたように思う。BJPMオフィシャルのランナーでもハニマチ(C1C2)の人間部分が最も不人気なので分かるとおり、ブロックトイに求められるのはやはり「イマジネーションをかきたてる汎用部品の数々」であることを再認識させられた。ついでにカッコで完結しない兵器としてのロボットの存在意義も。

 とか言いつつ意味もなくバイクに変形するロボとそれに乗る変形しないロボという電人ザボーガーかあんたというモノも過去に作ったりしていたのだが(笑)。しかしまぁあれは「車輪にもなるパーツ」がたまたまあったから実現できたことで、今回のように部品の都合に振り回されることは一切なかった。困ったのは武器がないことだけ(笑)。

 箱に入った部品を眺めつつ繋げていくのは楽しい。ギミックを仕込むとなればなおさらであるが、その基本になる部品にはあまり振り回されたくない。どんな部品がどの方向に可能性を広げるかという思索はとんでもない想像力がいると思う。そのあたりみこしろさんの才能が開花した部分だと思う。ワンフェス後に有志とみこしろさんでオフ会をやるそうだが、仮に参加できたとしても私から出せるアイディアはそうないと思う。ただ、ギミステ1のランナーだけでは少し不足を感じるのもまた事実なので、過去ランナーからのピックアップ、ないしそれが不可能であればブラッシュアップによる新パーツ化なども積極的にやってほしい。機体の出来不出来は自分次第だが、イマジネーションの発芽条件にはやはりパーツ形状も含まれると思うので。最近1体だけ随分久しぶりに無変形機を作ったが、やはりBJPMの場合「あらびっくり!可変機なのにさっくり自立!」というあたりが面白さだと思ったので(無変形機は自立して当たり前だと思う、サイズ問わず)過剰な固定イメージのパーツは求めないというかむしろ拒否するものの、より多彩で汎用性のあるパーツを、とは思うところなので、頑張って頂きたい。

 そうそう、これは全く個人的な用件だが、可変機を作る上で絶対のこだわりが1つだけある。「差し替えや切り離しをしないこと」。正直武器すら持ち替えはさせたくないくらいなのだが、流石に剣持ったままの変形は自由度下げすぎだと思ったので(^^;、そこは妥協した。

|

« 「…くる!」モード | トップページ | Wii愛い奴めモード »

コメント

運動公園前の某おもちゃ屋でJ-BJ2箱買ってキタ。
トイざらすのほうが安いけど時間の都合寄れなかったので。
GSD1メインで遊び倒してたせいか使いたいパーツが色々と無くて頭を抱えております。想像力枯渇の危機か!?

品質に関しては最初GSD2に近いかな?と思ったけども組む段階で『全然別物』。うまく表現出来ないけどランナー触った時最初に感じたのは、手に吸い付く感じというか粘る感じがした。BJがあっさりはまるのに保持力がすごいねこれ。やっとブロックトイになったと言うべきか。

BJPM時代のP0とA1ランナーは汎用性高いパーツが多いので復活して欲しいですが。
(一部のパーツだけ別ランナーに組み込まれていたので同じランナー構成でP0、A1は出る事は無いと思われますが)

投稿: ヲサネコ | 2007年2月13日 (火) 23時02分

テストショット(ギミステ社のページにあるあのどピンクの機体)をいじらせてもらった時、抜けた部分を戻す感覚がなんてんだろ、今までいじってたBJPMが「ざらっと」戻るとするなら、J-BJは「するっと」入るんだよね。普通摩擦高い方が保持力ありそうだけど、J-BJの方が外れにくいし任意の状態で止まりやすい。素材だけであんなに違うのかと思うよねぇ。

なにげにC1だかC2だか忘れたけど、BJだけ2mm弱?くらいの感覚で2方に出てる部品、あれ結構いいので欲しいかも。あとP2の六角形は絶対欲しいな。現行のJ-BJはインナーフレーム要素が強くて、シェルにあたる部品の絶対数がまだ少ないから、例えばP0の翼剣部品だったり、A1の幅広の腰っぽい部品だったり、そういった「単体である程度幅を稼げるもの」が欲しいかも。

ここんとこA1とP0~2、一部C1C2だけで組んでたので、J-BJの最初は厳しそうだよ。たぶんコンテストの結果見て過去パーツからのピックアップ部品決めるんじゃないかって気がするんで、その意味でも頑張ってみないと。

イベント限定でいいからキャラクターランナーもまた出してくれないかなぁ。いや、頭だの胴だの使わないんだけど、同色のハニマチそれぞれの太腿組み合わせるとトールギスのような美しいラインの足になることが発覚したので(笑)、太腿だけ欲しい。クリーチャーデザイン用のパーツが多いのだし、脚腕向けも有機的なのが欲しい感じだけどね。

投稿: ぬまにゃん | 2007年2月14日 (水) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「…くる!」モード | トップページ | Wii愛い奴めモード »