« 新年早々地味に体調やばいモード | トップページ | この価格差まで来るとせつないなー;モード »

2007年1月 4日 (木)

ぼんやり雑記モード

 コメントは来週地元に戻ったらまとめて返しますので少々お時間下さいねー。

 なんとか病院には行けまして、ついでに夜行バスのチケットも確保してきました。抗生剤を変えたら汗がどっと出たので、どうも体内で新たな戦争勃発のようです。この微妙に蓄膿状態で頭ぼんやりのまま東京行って、ちゃんとお教室こなせるんだろうかと微妙に心配に。リンパ腺も顔(副鼻腔)も押しても痛まないので、思ったほどひどくはないみたいなんですが。あ、そういやMS-IMEにひよりっぱなしで十数年ですが(笑)、久々に違和感ありましたよ。「鼻腔」が「びこう」でないと出ない。「びくう」でしょ?広辞苑引くと後者は医学用語ということになってますが、例えば病気の名前言う時「副鼻腔炎」を「ふくびこうえん」と言う奴はおらんだろうし、そもそも鼻腔って病気にでもならない限り話題にならんでしょうに。であれば普通医学用語をそのまま使うよねぇ。違和感ありまくりです。

 ところで、今号含め、「赤い車の会の本」の動画は全てXBOX360経由でTVで見られます。「フォーマット的にはOKだよなぁ」と思いつつ試してなかったんですが、今日なんとなく今号のマスターを360に入れてビデオ>複合メディアディスクとしたら、フォルダ検索して階層化せず収録動画全て一元でリスト化されたので、そのまま普通に再生手順取ったらふっつーに見られました。32型の画面でQVGAの動画が大写し(^^;。

 そんなわけで最近は録画してる番組のうちWMVで記録する比率を増やしてるんですが、いかんせんDivXと比べるとやたら時間がかかるのが難点。1パスCBRで攻殻機動隊SAC2の総集編をエンコードしてみたら、8時間半かかりました;他フォーマットからハードウェアエンコーディングでWMVにしてくれるボードがあるなら今なら買いそうです。360経由で見ると拡大でもきれいなんですな。PCで見るよりは。

 そういえば秋葉原だといくらかメディアが安いかな…月曜のドールショウ後に寄ってみて、700MBのCD-Rの100枚(もしくは50枚)スピンドルが安かったら買ってこようかな。で、夏コミの時期になってきっとまたスリーヴが無いって慌てるんだきっと(笑)。夏頃にもうちょい安く地元で買える可能性もあるけど、CD-Rの値段はそろそろ底値っぽいので悩むところです。(その前に夏コミに受からないといけないわけですが…油断禁物)

 話はがらりと変わって政治のお話ですが。政治家というお仕事がいかに売名に気を配る仕事なのかってあまり知られてないですよね。去年のあしやの人形祭に某外務大臣が来て、すっかり「太郎君はそういう人なんだ!」と勘違いしちゃった人が大勢いたようですが、違います。あれはたまたま本人出向いてましたが(スケジュール空いたんだと思う)、議員って基本的に顔見せ外遊だのなんだのが本業と言っていいお仕事なので、スケジュールの空きに国際規模の催事があれば外務大臣であれば当然出向きます。で、本人が行けないことでも、対外的な部分に係わることには代理人の出席、ないし本人名義で花輪を贈る、なんてのは徹底的にやります。そこから票稼げるから。去年国後行った時も、内閣から1人と外務省から1人いかにも田舎を毛嫌いしてそうな方々が来てましたが、墓参団向けに太郎君の花輪がご丁寧に2つ(2ヶ所分)届いてました。その他にも自衛隊の駐屯地祭とか行くとえんえん右寄り政治団体の祝電の朗読や代理人コメントありますし、およそ国政や対外に係わる行事には何かしら絡めてくるのが彼らなりの普通の根回しなようです。左右関係なく地方自治だと民間目線での交流とかに時間割くのは票稼ぎの上で当たり前なので、その延長にあることだと思えば別に悪いことでもなんでもなく、妙な裏金使うより余程健全な選挙活動だと思います。ただ、ここでそのまんま一見善意に見えるたむけの花などをストレートに解釈しちゃいけません。本人が来なかったということは、別な所で当然何かやっているわけです。「何に出て何をペンディングしたのか」というプライオリティがこの場合彼ら政治家を計る尺度になります。大臣クラスともなれば関連行事への何かしらの関与は当然で、言葉を貰った程度で喜んでては昭和の政治そのまんまです(笑)。

 で、話は北方領土の領土分割案に繋がるわけですが、太郎君現地に出向いた事一度もないですよね;。みくしでこの件「地下資源が云々」って話が出てて気持ち悪かったんですが;個人的にはあの美しすぎるほど美しい自然はそのままにしてほしい(事実、あの場所はレッドデータブックに載る生物の宝庫)ので、いっそ千島列島は日本が領有権を主張するエリアのその先に至るまで世界遺産化してしまうのが最も穏便な解決策ではないかと思っています。何も知らない連中が露助だ何だ言いますが、少なくとも米国よりは日本を軽視してませんし、そもそもあんな人にとって居心地の悪い場所に頑張って乗っかってるのも元を正せば米軍の要請でソ連が入ってってそのまんま、という状況が背景にあって(探せば資料が出てくる筈。各自どうぞ)、近年漁業資源がどうのって話が出てますがそれもカニだけだし、必死こいてあの場所にすがる必要はロシア側にもないんですが。資源どうこう言ってるけど試掘したことないわけですし。第一、あんな地震の巣で津波の往来の激しい場所、今日本人が入ってったらまず島の周囲全体を防潮堤で覆うという作業から入らないといけないわけで、それって思いっきり「聖域とまで評される動物の宝庫」ぶち壊しな上に投資に見合った水産資源確保ができるかというとそれもおそらくありません。土木屋に金撒くきっかけを作って日本人の下衆な部分をまた示すだけだと思います。

 とりあえずまぁ、この件「語る前に見て来いよ」と言いたいとこです。知床を世界遺産にしたのが随分安っぽい判断だったと思えるほどにあそこは凄いです。なので、可能ならば政治的特区として(意外と多くの方の意見としてありますが)ロシア系、大和系、そして本来の住人であるアイヌ系の3民族で共同自治という形でいいんじゃないかと。世界遺産化を前提として。私もプーチン政権の強権っぷりにはうざったさを感じている一人ですが、少なくとも近隣諸国の中では地元の人間を一番信頼できてるのはロシアです。彼らはルールに厳しいだけで、国民レベルで間違った教育を受けたりしていない。
 かたや日本はどうかというと語るべくもなく。罪人も国民なら他国から保護するような国は西隣のならず者と何が違うってんだ、という状態なわけですが。日本人はもっとロシアを学ぶべきだと思うのに、何故か情報が入ってこないんですな。不思議なことに何かにつけ(日本の)外務省という壁が出てくる。さて、これはどうしたもんだか?行って見てきた人間の言葉も闇から闇だしね。

 もし幸運にもビザなし渡航ができる機会に恵まれた方は、あちらの港を見た後で、おそらくこちらの発着港になるであろう根室港と、同市内になる花咲漁港を見に行ってほしいです。日本人が手を入れると環境がどんだけ悪化するか、ほんの一瞬で理解できるはず。

 余談ですが日本に北方領土の領有権が戻った場合、国後の東方のかなり広い敷地が私の遠縁の親族のものになりますが(会ったことはない方ですがお世話にはなっています、機会があれば挨拶に伺わねばとずっと思っています)私自身は結局のところそれほど返還に前向きではありません。千島連盟に加入することがあるとして、私がなすべきと考える部分は「両国間にある誤解を解消しつつ、裏にあった事実を明るみにすること」なので。

 これもまた今年も(というか、生きてるうちずっと)考えていかなければならない事ですね。私は田沢湖のクニマスが滅んだ状況をして「素晴らしい」などという言葉が口から出るようなタイプでは決してなく、むしろ「熊に襲われた?通り道に居たあんたが悪い」と言うほどに環境寄りな人なので、人にとって利己的な判断は今後もしないでしょうけども。

 しかし、三が日明けとはいえ4日にいきなり市街地出てきた「今年の干支であるところの」猪を射殺する自治体があるとは思いませんでした。そんなに人間様が偉いと思うなら動物に縁起を求めるのはもうやめろと言いたいですな。吐き気がします。

|

« 新年早々地味に体調やばいモード | トップページ | この価格差まで来るとせつないなー;モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新年早々地味に体調やばいモード | トップページ | この価格差まで来るとせつないなー;モード »