« 楽しかったけど疲れたモード | トップページ | ごく一部へ業務連絡モード »

2007年1月 9日 (火)

斎藤先生おめでとうございますモード

 昨日、ドールショウの後国立競技場行けばよかったなぁと後悔しました(笑)。

 ともあれ、盛岡商業高校サッカー部の皆さん全国大会優勝おめでとうございます。実は私、今の居住地に越す前は斎藤先生のご自宅の近所に住んでいたので、先生が選手育成のために私費を割いてまで自宅を増改築して打ち込んでいる姿はずっと拝見しておりました。中学の同級生にも卒業後斎藤先生の指導を仰ぎに盛商に進学した友人が結構います。(今回のイレブンの中でレイソルのクラブチーム以外が出身となっている選手の出身校で一番多かった厨川中学校は斎藤先生の自宅から一番近い学校で、その都合かサッカーが盛んな学校でした。私の母校でもあります)

 喉頭がんを患われた時は随分心配しましたし、今回の心臓の件は新聞ではじめて知りましたが、よく「県立高校の教諭=県職員」として在任中のうちに悲願を達成されたと、驚きというより「ようやく」という気持ちで今回の優勝の報を聞きました。先生は県職という立場をはるかに超えた情熱を持って、優勝に見合うだけのご尽力をされてきましたし、高校に上がる前段階での選手育成が盛岡でも進んでいたので、次に盛岡に赴任された時にはおそらく…と思いながら待っていました。期待通りです。(他県の方から見ると「ぱっと出」に見えたかも知れませんが、実は十分に準備はなされていたと思います。運のサッカーでないのは試合を見た方ならご理解頂けたかと)日本代表の小笠原選手も先生の教え子で、正直Jリーグのスカウトのニュースで大会前に盛商の選手の名前が出ておらず、盛商が優勝候補として全く名前が挙がっていなかったのには「おいおい、マスコミ地方軽視しすぎじゃねえの?」とまで思ったものでしたが、今は結果が全てを物語っているので逆に痛快に思えます。

 県内の各高校で優勝請負人を務めてらっしゃいましたが、そろそろ定年なはず。県職を退かれた後の去就が気になるところですが、願わくばどんな形であれずっと指導者としてお体を大事にされつつ素晴らしい「人」を育て続けてほしいです。私立校の「なんでもあり」な条件下でなく、できれば引き続き公立校でご指導頂きたいところです。

|

« 楽しかったけど疲れたモード | トップページ | ごく一部へ業務連絡モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 楽しかったけど疲れたモード | トップページ | ごく一部へ業務連絡モード »