« 久々本格故障中モード | トップページ | ナリが素晴らしいだけに惜しいモード »

2007年1月29日 (月)

私がどうなってもあずささんをドームに!モード

 なんかアイマスがやめられなくなりまして(笑)、妙に意地になってしまった結果、昨日時点で壊れてた体がさらに壊れて、眼精疲労に偏頭痛、血圧上昇と鼻腔内出血(鼻血ってほどじゃない)まで引き起こしましたが、あんなに成長遅かったあずささんはラス2週のオーディション(よりによって最後に選べたのはアレ、中間審査で1位取らないと星入らないやつ。ランクアップには1万3千人しかいらなかったのに、Cランク行くと受けるオーディション固定されてくるのアレどうにかなりませんかね;レベル10までしか行かなかったんで、取材ついても達人3つ取ると受けられる9万人のオーディション取れなかったし)でぎりぎりBランクに昇格して、最終的に引退コンサートはドームで行うことができました。最後ちとズルしてオーディションとコンサートはメニュー抜けでやり直ししたんですが、気のせいかコンサート失敗したほうが思わせぶりな終わり方だったような(^^;。でも無事成功したので(なんのことはない、ラス1/3くらいまで我慢しとけばいいんですね、そこから思い出使えば楽勝)よかったです。

 なんか、あずささんは価値観合う人で、凄く居心地のいい人ですが、似すぎてて衝突しちゃうことがありそう、なんてことを思ったりしながら遊んでました。最終的な決断については私はゲーム内の判断と自分の思うところ違ってて、「アイドルはもうおしまい。これからはシンガーとして、そしてタレントとして、もっともっと大きな翼で飛んで。飛ぶのに疲れたら…その時まだあずささんの目に私という木が見えたなら、戻って羽を休めて」と言いたかったのですが(思わせぶりで奥手なところまで性格同じです・苦笑)残念ながらゲーム中主人公Pは若者らしいので、そゆ言葉は出ないのかと。ううむ。
 オーディション直前のたびにランダムにテンション下がる困った人でしたが、大好きです。ランクはBでしたが最終評価はA-でした。アーケード版やってるのを後ろで見てたことがありましたが、ランクAの人でもA-だったりしたので、上出来かなと思います。

 曲はMy Best Friend→まっすぐ(持ち歌2、正式に確認)→9:02pm(持ち歌)→蒼い鳥→思い出をありがとう、というチョイスで、ラストソングはまっすぐでしたが、9:02pm~蒼い鳥にかけてもうオーディション地獄でした;ぜんぜんタイミング取れない。イメージ構成が変わるのが嫌でボーカル傾向の歌にわざと振ってたんですが、あれ衣装とアクセサリーで補正かければよかったんですね;気づいた時にはもう最後のあたりでした。朝ごはんとか魔法をかけてとか歌ってもらいたかったんですが。ちなみにあずささんでThe IdolM@sterを選ぶと、揺れがものすごいです。びっくりしました(笑)。やっぱりマイクロソフトの内規にあるんじゃなかろうか、360で女子キャラ出るゲームは最低一人は揺らせというのがw。

 次のユニットどうしようと思ってるとこですが、2人ユニットができるようになったけど二人も面倒見られるかなぁというのが。でもとりあえず疲れたから今日は休まないとなんとなく全員終わる頃に死んじゃう気がするのでやめときます。

 にしても、アイマスはやっぱりアーケードゲームなんだなーと思う部分があります。それはプレイ結果に反映されない(成績やスコアに残らない)部分での「美意識」です。ぜんぜんプロデュースしてる子の声の質に合ってない曲で変な色の服着せて妙なアクセサリーつけてても、パラメーターが結果的に良くなってればオーディションで勝ちやすいし、オーディションで勝てば結果は出ます。でも、それでいいの?と。総合ランキングでプレイヤーの最終登録したビデオが見られますが、オフラインでやっててもそれ人に見せられるものになってる?と言いたいとこで。世界を楽しむゲームなんだから、そゆとこを疎かにしてほしくないなぁと。プレイの美意識というやつを。オーディションで人に勝つのが大事な人もいるでしょう、けど、誰もが納得するであろうリプレイが残るようなユニットでやってほしいなぁと、他人事ながら思ったりします。それでこそアイドルだろうという気も若干。

 さておき、レッスンのミニゲームが壊滅的に下手です。特にヴォーカル・ダンスのあの♪拾ってくやつ、どのタイミングで押せばA出るのかいまだにわかってません。普通中央の線に合わせるとAだと思うんですが、随分シビアにやったつもりでもB~Cだし…私一応音ゲーも遊んできたつもりだったんですが;どんなだよこれ~と泣きそうになります。Goodまで行くことなんて滅多にないです。どうにかして~。

 今日のごめんなさい:あずささん一回だけパイタッチしてしまいました。反応が萌えでした。ごめんなさい(笑)。でもあずささんなのでパイタッチしてもノーマルコミュニケーションで許してくれました(^^;。

 なんか意識ぼやけてるので(薬と発作のせい)書いてることがばらばらですが、なんとなく思ったことに「ソロじゃ駄目な子やソロじゃ駄目な曲がある」というのが。千早さんは低すぎなわりに声が細くて(一人で厚みのある声が出てる低音系は、やっぱり真くんだけのような気が)一人プロデュースするとどうも物足りなくなりそう、という気がしてます。また、ゴマエは3人を聴き慣れたせいか、それとも本当に1人じゃ薄いのか、あれは2人以上のユニットでやんないと駄目だなーと個人的に。振り付けも映えないし。逆に1人の方がいいなぁと思った曲もあります。新曲だとMy Best Friendは1人向けだと思います。

 猛烈に奥が深いなぁと驚きつつ、全員の営業を制覇しようとしたら一体(リアル時間で)何年遊ぶ羽目になるだろうとくらくらしました。あずささんだけでも全部パフェ取りたいなぁと思ったりしたのですが。たいした作業量だなぁと、あらためてナムコの皆さんの気合いにビックリだったのですが、メニューをキャンセルしたときのぎこちない挙動とかアーケードのままなあたり「ああ、そっちまで気が廻らなかったのね;基本はベタ移殖から入ったのね」と思ったりもしました。でも想像したとおり、モーションデータは全部取り直したそうですね。(解像度…というかパーツ数的にもフレームレート的にも絶対不足する筈だと思ってました。もうちょっとお金をかけられたなら、取り込みのダンサーさん人数分準備して、各人別なモーションつけられたのでしょうね)

 いろいろ書きましたが最初の一人で既にボリュームに圧倒されてます。国産は微妙にぺらい!という評価を貰うことが多い昨今のゲーム市場ですが、ぶ厚い作品が多い360の中にあってバッチリ光ってると思います。GoWなんて、さぞボリュームありそうだけど(確かに単面あたりの展開長いけど)たった5面ですし(笑)、価格に対して「新味をもって」遊べる時間はアイマスの方が長いんでは?と思うほどです。最近のボーダーレス傾向にあっていまだに海外作品と明確に線引きされてると感じる部分に、海外のFPS/TPSの「各面単位で難易度が選べて展開も微妙に変化する」という設計がありますが、上の難易度に行くほど胃に穴開きそうになるんですよね;もちろん一番下の難易度だけ遊んでもいいんですが、なんか損した気分じゃないですか(笑)。360の場合実績のアンロックもあるし。それと比べると国産のリニアに上昇する難易度がわかりやすい気もしますが、こっちはこっちで手詰まりしたら終わりなので(リッジ6がそんなだった)微妙です。PGR3が最低ランクのクリアだけなら超楽勝だったのと対照的です。やり込みたいだけやり込め、ってスタンスなんでしょうね、あちらは。最上位ランク並みのスマートなプレイを最低ランクでもこなせるゲームもありますし。
 ほぼシームレスな環境になりつつあると思っていましたが、ゲーム制作の哲学の部分で微妙な誤差はまだありますね。図らずも1週間の誤差で出た2本のソフトでいろいろ考えさせられました。

 さて、寝る(笑)。

|

« 久々本格故障中モード | トップページ | ナリが素晴らしいだけに惜しいモード »

コメント

やっぱしパラメーター以前にこだわってしまう事
あるよね・・・(^^; うちの”バレンタイン☆Kiss”
律子、緑色が似合わないなぁと泣く泣く回避さ
せた(;_;)

 コミュのパーフェクトは開始早々に諦めまし
た。その方が楽しめるかと思って・・・って、
パーコミュたった今出たし(・・ ;

では、何とも半端なコメントですが、ゲームに
専念す為これにて。

投稿: がこ | 2007年1月29日 (月) 23時57分

真>あさごはん>振り付け>尻
変なところにピピピっと受信しまった私は変態さんです。
きゃーw

投稿: ヲサネコ | 2007年1月30日 (火) 01時11分

余程疲れたのか2ユニット目をプロデュースできてません(笑)。ちょっと2人ユニットをプロデュースするって状況が想像できないなぁ;

もしかしたら「最初のキャラが自分の中で最良」といういつものあれを「また」やったかも。いやまぁ、アーケードが真くん途中で(18週でD上がって1つオーディション落ちて19週)やめちゃってた分のリベンジはするつもりです。ヴォーカリストとしての才能は、家庭用買った今もやはり真くんに最も感じているので。

投稿: ぬまにゃん | 2007年1月31日 (水) 00時58分

レビューを読むたび、またアイマス熱が…
ミニゲームは自分もシビアだと感じましたねぇ、自分も♪拾っていく奴が苦手だったので集中的に上げる、歌詞とダンス(このふたつは簡単なハズだと…)でガンガンあげてました。

>>あずささん一回だけパイタッチしてしまいました。
同じ事をゲーセンでしてましたw
大神さんの身体が勝手に動いてしまう気持ちが痛い程分かった気がした…


とりあえず、あずささんのGOODENDでプロデューサーに殺意を覚えたのはにゃんこだけじゃないはず。

投稿: にゃんこ | 2007年2月 1日 (木) 00時15分

そしてこの後本当に心臓ひどくて2日間自粛して(笑)、今日はひらべさんとメッセでだべりつつ(360同士だとゲーム中でもいつでもできるヨ)2ユニット目を立ち上げました。双子とやよいたんのユニット。一ヶ月遊んだとこであとはランキング眺めしてました。

ミニゲーム、得意なの1つもないよ?w
表現力のやつは内容変わって運の要素強くなったんだよねー;。ダンスはひらべさんも言ってたけどマシになったかも。ただ歌詞が!難度的には一緒だけど、方向キーで合わせないといけないからリカバリが直感でできない!この2つ以外は赤青黄緑ボタンしか使わないから簡単…かと思いきやシビア(笑)。

細かい演出がばきばきに強化されてて、なんかもう「作り直し」って感じ。にゃんこさんもやってみないか!

投稿: ぬまにゃん | 2007年2月 1日 (木) 02時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久々本格故障中モード | トップページ | ナリが素晴らしいだけに惜しいモード »