« 2006年2月5日 - 2006年2月11日 | トップページ | 2006年2月19日 - 2006年2月25日 »

2006年2月12日 - 2006年2月18日に作成された記事

2006年2月18日 (土)

今、会いに行きますモード

 今回は人に会う旅で、かつ全砲門開きます状態なので、かなり激しいことになりそうです。恐ろしい。バスの乗り心地が妙に悪くないといいけど;では行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

微妙に風邪で頭ぐるぐるモード

 なんかぼんやり状態続いてて、致命的な忘れ物とかしそうな(^^;感じですが、とりあえず明日夜出発となりました。バスの中は確実に空気が乾燥してそうなので、マスク買わないと。

 事実上バス除き一泊二日なので、たいした準備をしてません。これから寝て起きて、ワンフェスのサークルチェックのまとめ(ブースマップにマーカー)をした後で、ドール関係のショップの所在リストを出力しないと。前回コミケの時、しばさんに「紙出ししなくてもPDFでZERO3で大丈夫だよ」と教えてもらって目からウロコだったので(笑)、そうしようかと。添付のPDFビュアは速度が遅いのが難点ですが。「PDFでなくてもJPEGでいいじゃない」という意見にも目からウロコでしたが。みんな頭いいなぁ。バカな私をおいてかないでw。

 最近ジーンズのウエストがかなり厳しい状況になってます(/_;)。
 今回の状況済んだらまたウエイトつけよう…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

いろいろとモード

 この体調で週末大丈夫なのかなぁと若干心配。困ったなぁ。
 でもこの身が朽ちようとも真紅たちには会いに行くのです!
 しかしクレジットカードの請求が来て若干ヘコミ。いや、払えるんですけど、お金がぜんぜん溜まらないなぁと(^^;。今月はもうクレジットカードの利用を凍結。のつもりですが…東京で刺さるもの見ちゃったら…いかんいかん。本番は5月のドルパ(ぉぃ。

 ラジルギが届きましたがちょっとバタバタしてるので少し開封待ちですな。
 アンダーディフィートは通常版にひよっちゃおうかなぁと思ってる今日この頃です。
 ところでPSUの延期の話題でSEGAlinkもちきりでありますが、わりと当たり前なことというか、そうなって当然というか、むしろ一番時間がかかる筈のPS2と他機種のネットマッチング検証から入らなかったという事実に思わず吹いたわけですが(プレイオンライン使えば良かったのに(^^;)ネット接続の検証がどんなに大事かはXBOXでLive手がけたメーカーなら知ってる筈の事で、比較的接続性に優れたLiveでさえDoA4のように直前で手直し入れるような状態なのに、およそ想像つく最悪の組み合わせの相互乗り入れをするにあたって、検証を最後に持ってきたってのはどういう段取りなんだろうと頭を抱えました。ローカルテストでフェータルな問題が出てるって事は、市場に出したとこでさらにまずいことになる可能性があるわけで。(遅い回線で無理矢理繋いでるユーザーがいると、そのユーザーの速度に巻き込まれてパーティ全員不安定になったりする。ブロードバンドに限定しているXBOX系でさえ速度差トラブルが出るので、最近のタイトルには対応策として相手とのコネクションの良好度を示すグラフが出る仕様が実装されており、低速落ちをある程度防いでいる。が、PCもPS2も超低速インフラを使用するユーザーがまだ居るので、光ユーザーなどとの速度ギャップで不安定度が増しやすくなる。それを回避するためにPS2ではKDDIのマルチマッチングを使ったけど、結局あれもラグがでかい。ようするにPS2というハードがネットゲームに向いてない)
 まあ、いいんじゃないかなと。他に遊ぶゲームいくらでもあるでしょうし。いつかは出るでしょうし(笑)。内容に関しては遊んでみるまでは関知しませんが。出せない可能性すらある某ハードよりはずっとマシだと思いますが(現状のままだとバックオーダー抱えまくった360に対し国際競争力皆無=事実上日本市場オンリー>しかし高額=だったらいっそTV部門好調だし切っちゃう、十分あり得ます)

 久しぶりにトラックバックを受けました。うちは方針としてライブドア関連サイトからのトラバ等は一切お断りと取扱い説明に書いてあるサイトなのですが(笑)、まっとーなサイトだったので放置することにしました。間違いだらけのクルマ選び肯定派の方の意見でしたが、なるほど「本だけ見ると確かにそう見えるかもね」とだけ言っておきましょう(笑)。トラバ先の方は自動車の関係者ではなかったので。一般の目線ということで楽しく拝見しました。ポリシーなのでLivedoorブログにトラバは返しませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

病院といろいろモード

 今日は通院日でした。うっかり夜更かししたので病院までの行程爆睡。気がついたら病院でした。車の中で寝たせいか、待合中はあまり眠くならず、ひたすら「えいご漬け」をやってました。
 障害者医療費控除が一元化される都合、昨年末出したばかりの書類を再申請しなければならなくなったわけですが、その件の予約とかちょっと面倒でした;
 薬待ちで暇だったので、総合案内で「ここ数カ月ずっと顎の付け根の左側が痛いんですが、どこの外来になりますか」と訊ねたら「額関節は歯科になります」とのことで。いわ先生、歯科は医科と診察券とか共通すか?それとも別すか?別だと困るなぁまた初診料取られるから(^^;

 病院終わったので都心循環バスで盛岡駅へ。アニメイトでトロイメント2巻を無事確保。定価だったけどまあしゃあない。入場券も無事確保したし良き哉。折角駅に来たのだしと思い駅ビル見ていこうかと思ったらお休み。仕方なくお気に入りの立ち食いそば屋さんで食事をしていると、緊急放送の設備のテスト放送が。担当のオジサンが「本日は晴天なり」と言ったところでお店の客全員(もち私も)笑う。もうちょっと気の利いた言葉なかったかなw。

 帰りのバスの中ではW-ZERO3 Monitorを立ち上げっぱなし。移動しながら基地捕捉したのは初めてだったけど、基地局の展開が目で見られるのが面白かった。ただ、現状東に若干引っ張られてる感じ。
 そうそう、Jumboは思った通り乗り物に乗っても身体に干渉せずいい感じ。帰りにスーパーで買い物したときにめがろりぽり大活躍でした。

 っと。なぜか強烈な眠気に襲われてるのでここまにしておきます・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

ちと風邪気味モード

 週末に上京を控えてるのに、微妙に調子悪いです。微熱が続いたり、喉がいがらっぽかったり。明日病院なのでまた風邪薬を貰ってこようかと思っていますが。

 出費の話も続いててどうも財布も風邪をひいているかのような状態です(笑)。困ったもんです。明日が年金の受給日ですが少し頭を冷やさないとなぁとか思いつつ。

 なにやら世間では横文字のイベントの日だったようですがよくわかりません(ぉ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

Maxpedition Jumbo Versipack 詳細モード

 かにさんのお買い物のついでにオーダーしたバッグがこれです。
 メーカーの商品解説ページはこちらです
 見てのとおりバックパックでもサイドポーチでもありません。フロント側に出る作りです。

 自前の写真による解説。
(1)正面 正面中央についてるのはライト/バトンポーチ。主気室の蓋の上にあるポーチ部分の上にあるPALSにマリスクリップのLongをつけて固定しています。正面右上、ハーネスのコネクタの真下にあるのはMega Rollypoly。折り畳み式のポーチです。これはマリスクリップのShort2本で固定しています。正面左手のボトルはキャメルバッグと並ぶポピュラーなハイドレーションの1つ、ナルゲンの1Lボトルです。

(2)左から ハーネスの付け根にPALSウェブ。ここにもマリスクリップで何かつきます。主気室の蓋の上にポーチ、その上にあるジッパーの内側にはベルクロで物を固定できる隠しポケット(ホルスター用途など)、ポーチの下にもジッパーがあってここにはPDA程度なら簡単に入ります。蓋だけでもそれだけの収納。蓋を上げると主気室の手前にまたジッパーつきのポーチ、その前にポケットです。ちなみにライトはSurefireZ3/w P91&GG&G TID。

(3)右から ジッパーだらけ。側面ポーチ表面にもPALSウェブ。ちなみにこのポーチだけ、ジッパーが2つです。右かけでも左かけでも行けるようにしてあるものと思われ。Rollypolyはこんな感じです。

(4)Mega Rollypoly展開 A4サイズの物が入る袋に変形します。お買い物をしても平気。口の部分はベルクロで蓋できます。

(5)収納能力 変わりない写真に見えますが、主気室にAdobeのAcrobatElements7の箱を入れた状態です。PCショップでアドビ製品のパッケージの表面積をチェックしてみてください。あのサイズは入ります。ちなみにぶら下げに使っている左側ハーネス上のカラビナは、同社のKeyperのカラビナと同じもの。金属製で頑丈。主気室の蓋のロック中央のスライドスイッチは、ロックのロックです。ずらすとひっこぬけない。

(6)底面 蓋ロックハーネスの下はこんな。若干伸ばせるので、蓋の閉じ代をいくらか増やせます。横軸に細めのハーネスがついてますがこれの用途は今のところ思いつかず。で、左側のナルゲンポーチの底にはしっかり水抜き穴が。万が一の漏水でも平気。で、その周囲のベルクロは何かというと…

(7)ナルゲンポーチ収納状態 普段ナルゲンボトルをベルクロで押さえてる蓋で底を引っ張り上げるとこのようにポーチを畳めます。合理性の極み。

(8)裏側 胴体に当たる側。力がかかる部分全て(ショルダーハーネス含む)にパッド入り。中央にあるループはベルトフック。ベルクロでボトムのベルトに固定する仕組み。ハーネスの長さを完全に調整した上でこのフックをかけると完全に胴体に密着、走っても動かなくなります。右にあるのがナルゲンの1Lボトル。セージグリーン。

 てな感じで機能性の鬼のようなバッグです。前側に装備されるので、乗り物に乗るときにいちいち前にずらしたり下ろしたりという手間が一切ないのが特徴。背面に物があるとどうしても人ごみで邪魔になりますが、これなら平気です。てゆうかね、ハーネス2本のバックパックが野暮ったくてあまり好きじゃなかったの(笑)。これ買う直前まで使ってたのも、XBOXのオフィシャルノベルティのモノショルダー(ワンショルダー)バックパックだったし。でも、物ショルダーは耐久性の面で問題が多かったから、安心して使えなかったんですよねー。こいつは全く心配してませんが。以前FIATから貰ったアバルトのモノショルダーが見事に肩口から裂けちゃったことあってトラウマだったんですが(^^;、あれがきっかけでこれに目覚めたようなものかも。

 というわけでとてもいいものです。皆も買いましょう。日本だとアジア向けブランドのマグフォースの、しかもMaxpeditionと比べると旧型の仕様のしか買えないけど、そう高くはないから。

※補記(2007/1/12)
 GoogleからMaxpeditionで検索して飛んでらっしゃった方へ。以下にもMaxpedition社製品の情報がございます。参考になさって下さい。
「MAGFORCEすっかりメジャーだなぁモード」2007年1月12日 RAT Walletのレビュー、冬場の取り回しについて
「髪を切った私に~♪モード」2006年10月25日 Termite、M-5、H-1などのレビュー
「よっかめモード」2006年8月14日 都市における取り回しについて
「かばん考モード」2006年5月16日 JUMBOを買ったきっかけについて

| | コメント (6)

2006年2月12日 (日)

失われし逸品モード

 SEGAlinkのなかたさんの記事から飛んできた方、Maxpeditionのかばんの写真はもう少々お待ち下さい。普通のかばんでないので人が装備していない状態で撮影するのが難しく頭を抱えてる最中です。

 さて、先日シュレードというメーカーのナイフをこれからブリスターパックから出すよ、という話で〆たまま報告していませんでしたが、この会社意外にも素晴らしいクオリティを誇っていました。購入したのはOLDTIMERシリーズのBeastというハーフセレーテッド(半波刃)のフォールディングでしたが、箱出しの性能がコールドスティールの米国工場製並み(ようするに本国以外のコールドスティールよりずっと上)でした。Shulade+という独自のステンレスを使っているのですが、とりあえず見た目が少々野暮ったいのを除けば取り回しも性能も文句なし、価格は随分安いというスグレモノでした。

 もうちょっとこの会社のほかのナイフを見てみたい、と思って調査したところで、意外な結果に行き着きます。実はシュレード社、昨年の初頭あたり?につぶれてしまったらしく、現在市場に残っているのはデッドストックであることがわかりました。一応発売していたナイフの総合カタログまでは行き着いたのですが、非常に魅力的なモデルもあっただけに残念でした。仕方がないので先日来お世話になっているナイフ屋さんからオークションでS&Wのナイフを落札したついでに、シュレード品の在庫を1本追加でオーダーしつつ、関のナイフ以外の刃物中心のお店から最終型と思しきSimonというモデルを購入しました。

 実はかにさんと「次はどこにすんべ」という話をしている中で見せてもらったサイトで、結構な数のシュレードをバカみたいに安い値段で扱っているところがあったのですが、そこは現在私たちのお目当てであるMaxpeditionのかばん・ポーチ類を扱っていないのでスルーでした。自力で個人輸入ができればまとめ買いしたいくらいでしたが、流石にその英語力はありません。

 にしても箱出しにこれだけのエッジをつけられる会社が潰れてしまうなんて。
 箱出しだとブレード握ることさえできてしまう(笑)会社が多い中で、素晴らしくいい仕事をしていると思っただけに残念なことです。正直、箱出しでまともな性能のブレードは、日本製、米国製と、少し譲って台湾製程度なので(中国製はあてにならない、同じメーカーの同じナイフでも生産拠点が中国になった途端グダグダになる)、米国製であるシュレードは安価かつ貴重な存在だったのですが…残念です。

 って衣装落とせない腹いせってわけじゃないですがナイフ買いまくってますな(^^;
 今月はもう自重しよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月5日 - 2006年2月11日 | トップページ | 2006年2月19日 - 2006年2月25日 »