« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »

2006年2月5日 - 2006年2月11日に作成された記事

2006年2月11日 (土)

30年の枷がついに崩壊モード

 日本のモータリゼーションを長きに渡って停滞させた悪書「間違いだらけのクルマ選び」が、事実上廃刊になりました。今出ている最終版は新情報一切なしの総集編なので、前回の分までで終了という事になります。事前にこれといった発表もなく突然終了となったわけで、年2回発行にして程なくということもあり、余程の気まぐれないし理由があったものと思われます。

 他サイトさんで検証されている方がいらっしゃいますが、そもそも再三言っている通り指摘が的外れなだけでなく、この本が「本音で書いているという意味でエポックメイキング」だと勘違いしている読者のあまりの多さに辟易するわけですが、本音のレビューは元々カーグラフィック誌の編集長さんはじめライターさんが徳大寺氏よりずっと前から的確に行っていたことで、別に目新しいものでもなんでもなかったのです。カーグラフィックTVが始まる前の動画映像さえちゃんと現存します。それが、あまりクルマをわかっていない上にもっともらしい文章を鵜呑みにする(自己思考能力の低い)読者がころっと騙されたお陰で、今日まで的外れなレビューや個人的逆恨みによる特定メーカーへの誹謗中傷など、全くナンセンスな主張が展開される温床となってしまいました。悪い意味でベンチマーク的レビューが構築されたことで、日本のモータリゼーション、ないし自動車マーケットは大きく歪みました。

 しかし昨年あたりから事態が急転します。その権威を疑われて久しかった日本カーオブザイヤーの投票日前日のメーカー/マスコミ間の交流パーティーが廃止され、根回しの類が一掃されるや、徳大寺氏が個人的事情で誹謗中傷を続けていたマツダのロードスターがCOTYを取るという、あまりにもわかりやすすぎる展開が発生したのです。
 氏はヨーロッパ車をベタ褒めするわりには上手にヨーロッパ的水準を満たした日本車をけなすという歪んだ権威主義の持ち主ですが(貧乏人はぐでんぐでんの日本車乗ってろという見下し思想だと思います)、RJCカーオブザイヤーも「従来のスズキではありえないレベルの欧州車的完成度」であるスイフトが取ったので、「日本には日本の車」ではなく「ワールドワイドに通用するものが本当の名車」であるという考えを啓蒙しようという動きが浸透し始めた事に居心地の悪さを感じたのでしょうか、あるいはここ数年の日本車のレベルの向上に、持ち前の「それらしい懐古主義を引き合いに出してもっともらしい文章を書く(その実、別に昔の車の事など引き合いに出す必要はなかった、全く安全/環境基準が異なり、昔と同じ車が作れないのは氏もコラムで書いているので承知している筈の事)」という芸風がもはや使えなくなってきたのも原因かと思われます。全くつまらん話で。

 最終版も見ましたが、結局のところ「これは褒めないとバカだと思われるだろう」と思われる車は褒め、あとは完璧に偏った書き方をしているのがよーくわかりました。ひとまとめにしたらあからさまに一定の趣味を持って書かれたのがさっくり浮き彫りに。これに踊らされて車買った人は本当に気の毒な気もしますが、そもそも本だけ見てわかった気になって試乗もせんと車買うのもおかしいことなので、そういう妄信者の皆さんには思想を放棄した分のツケが回ったもんだと考えて、一切フォローはしません(笑)。

 あとはわかったつもりで書いててその実めちゃくちゃな中身の「運転術」系も一掃されれば、マナー面でも随分マシになると思われます。これで少しでも「自分が買う車の価値について消費者自身が熟慮し、ライフスタイルを構築していく」という動きが加速すれば良いのですが。

 ともあれ、一連のシリーズの終了をおおいに歓迎します。
 氏にはこの際、客を騙して得た十分な額であろう印税で、とっとと隠遁生活に入って頂きたく思います。あと、いい機会なんでこのシリーズないし氏の崇拝者の皆さんは本当に書かれている内容が正しかったか自分なりに検証してみることを勧めます。

 ああすっとした(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年2月10日 (金)

英語に漬かってみるモード

 先日イオングループの共通商品券を貰ったので、昨日ちょっとドライブ出たついでにジャスコでDSのえいご漬けを買ってきました。なにげに地域最安でした。

 基本は英語のヒアリングをしてそれを手書きで書いて反復練習で正解率を上げていくというものですが、初回の実力テストがいきなりE判定でがっくりでした。へこんだっす。ペン入力の精度に泣かされた感じですヨ。
 仕方ないのでトレーニングを重ねて認識の癖を理解。小文字のdの認識率がきっついです。でも今日のテストでB判定までは取れました。結構単語の知識に穴あって悲しかったです。意味わかってる単語の書き取りができなくて悔しい思いを。ぐすん。

 しかしトレーニングだのドリルだのやっていたら英語の基本思い出してきました…っつーか自分の貧弱な英語力に愕然と(/_;)。スピーチが一部単語はしょって喋ってるのあったりしてそこはちょいムカツキですが(^^;単語表記してた数があるレベルからアラビア数字になるのもどうかと。でも面白いです。当分遊んで英語思い出す予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

真紅たちに会いに行きますモード

 ワンフェスのために19・20日と上京する旨は書いていたかと思いますが、ワンフェスは早めに切り上げて、夕方から横浜に行くことになりました。

 ローゼンメイデンファン感謝祭、ダメモトで応募してみたら今日当選ハガキが!
 ああ、なんかこう、くんくん探偵ファン感謝祭に呼ばれた真紅の心境ですよ~。トロイメントのDVD2巻に入ってるチケットが必要なのがネックですが;(15日発売なので確実に入手するためたぶん地元で定価で買います、東京で買ってる時間なさそうだし、在庫なくても困るし)
 長くヲタやってて声優さんイベントに行くのって実は初だったりします。ああもうなんか緊張~。でもちょ~楽しみ~。

 20日はドールショップめぐりをする予定なので、今回の上京は完璧ドールがらみですね(笑)。すっかり人生狂ってるわけですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

なぜこれほどの会社が日本では無名なの?モード

 かにさんが軍用バックパックを個人輸入するというので、ソレ系のかばんを私も付き合いで購入することにしました。で、その中で個性的なデザインとユーティリティで私の心を鷲掴みにした会社がありました。Maxpeditionというメーカーです。

 不思議なことに、国内ではこの会社の旧称、ないし別ブランド品が一部ボッタクリ系軍用装備品ショップに若干流れているだけで、全く見かけません。米軍の官用品ともなればミリヲタさんが絶対食いつきそうなもんですが、話も全く聞かないし。

 そんなわけで私はこの会社の商品ではモノショルダータイプのバッグと折り畳み式ポーチ、そして数年の間取り回しに困っていたライト(SurefireZ3+GG&G TID)のホルダーを購入しました。で、それがかにさん宅を経て、今日うちに届いたわけですが。

 なんすかこの恐ろしいまでの頑強さと凄まじいまでのユーティリティといかしすぎなデザインは(笑)。なんでこれが日本に入ってきてないの?(私が買ったモデルは現在日本にまだ入ってきてません)いや、冗談抜きで吉田カバンあたりより良かったりしますが。

 詳細は明日以降ですが、日々持ち歩いている装備品がカバンに多数設けられたポケットに全部きれいに収まって、それでも主気室(メインのラゲッジ)は空いたまんまです。さらに、軍用で使われるPALSというマウントがそこかしこにあり、その一ヶ所にマリスクリップというゴムのベルト状のホルダーを使ってポーチを固定できます。購入したポーチはメガろりぽりという名(語弊あり)の折り畳みポーチですが、おサイフ大から展開して雑誌が入るほどの大きな袋になるスグレモノです。その他にナルゲンというアウトドアではちょっと有名らしいブランドの液体ボトル1Lサイズ用のポーチを側面に備えます。(ナルゲンのボトルも買いました)見た目軽い装備ですが実は必要なものひととおりをそこそこの大きさのバックパック並みに収納できるという優れたものです。ショルダーハーネスのパッドが好きなように動かせたりと、配慮も行き届いています。

 かにさんともどもかなりこの会社にはやられちゃった感じで、現状最新型は個人輸入でないと手に入らないのが惜しまれます。いやほんと、なんで日本では無名なんだろう。「あのへんやあのへんよりずっといい」という話をしたらきりがないレベルで良いわけですが。

 ちょっとよくわからなかったわけですが、とりあえず色はグリーンにして遊んでみました。黒だと事務的になっちゃうから。カーキにすると吉田カバンっぽくもできたんですがw。

 なんかあれです。日本にはまだ入ってきてないけど、優れた道具というのは意外とあるなぁと。そんな感じです。まー正規代理店ができてもぼったくられるだけなので、当面個人輸入のがマシかもしれませんが。久々に納得のいくカバンを買いました。価格は少ししましたが、クオリティは価格相応以上です。エースとかのライセンス品より安いです。

 ほかに今日届いたもの:ナイフ。
 コールドスティールのピースキーパーIIは両面どっちでもうぶ毛が剃れる恐ろしいナイフでした。噂のスパイクは期待したほどの刃ではなかったですが、こちらはブレード厚がとんでもないので、メンテしてやればすぐよくなりそうです。両方とも台湾製でした。いくつ工場あるんだコールドスティール(笑)。あと、シュレードというアメリカのメーカーに初挑戦。これは今からブリスター切るのでお楽しみです。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

アイがホシイ・モード

 いや愛でなくてって愛も欲しいですがとりあえずここでは別な話で。

 例の三菱の「i」が欲しくてたまらんのです。
 だもんで最近懸賞応募しまくりです(笑)。
 ハガキ懸賞にまで応募する始末です。
 これでくんくん探偵変身セットは私のものよ!(何故真紅>私)

 いや、くれるんならアウトランダーでも欲しいですが(笑)、とりあえず軽だと車庫証明いらなくていいし、所有欲にかられる車久しぶりだったけど次は白ナンバー欲しいしで。なら懸賞かなーって。

 でも流石にそこまで懸賞運よくないかー。がく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

夏コミ申込書発送とか雪の恐怖とかモード

 …なんか、思わずまんがレポートで「申込書書いてる時が一年で一番ペン使ってる気がします」とか書いちゃったほど疲れました。加えて申込書セット見るとやれあそこがどうだと不備だなんだと、きちんとこなしたつもりでも書類不備になってるんじゃないかとえらい不安になります。短冊の切り方が0.5mmずれれば落とすような書き方されてるんだもんなぁ;流石にそれはたまらないものがあります。受かってますようにとは毎度思いますが、自信が皆無なのも毎度です(/_;)。みんなオラに当選運を分けてくれ!

 まあそれはさておき、雪に埋もれちゃってビートを出せなかったので、郵便局まで歩いて行ったのですが。うちの団地の中を歩いていて一瞬「あれーなんかおかしくな…げっ!!」という出来事が。
 アクリル屋根のカーポートあるじゃないですか。気休めの屋根(笑)みたいなの。…あれが雪の重みで中央からばっきり折れてました。左右から真ん中に向かって倒れこんでたの。車が下敷きになった様子がなかったのは幸いだけど(もしそうなら雪は下ろしてる筈だからわかる)あの手のゆるいカーポートはやっぱり役に立たないんだ、と怖くなりました。確かに、ゆるい弧を描いた屋根なので、多少の雪なら勝手に落ちるのでしょうけど、そこのおうちは屋根からの雪がカーポートに直撃する配置になってて。そういう家は少なからずあるので、同様のカーポート使ってるおうちの皆さんは気が気でないと思います。
 撤去にも費用がかかるらしく、本当にお気の毒です;

 やっぱ荷重かかるものは最低でも金属系の屋根だなぁ。厚めの。
 人が乗って平気なレベルでないと今年クラスの雪には耐えられないような。
 屋根の上の雪って、時間経つと密度が上がって、見た目は薄くなるけど中身は重くなるんだよね。適当なところで落ちてきてくれないと結構まずいんだけど、今回そこのおうちではまずいことに雪止めをつけてた。屋根の上でどんどん密度上がって、限界になったとこで落ちてきたんだと思われます。それはまずいよ;
 今回の様子は写真撮らせていただいて、うざったいあの手の工事屋が来たら写真見せて「もー信用できないから。ここでその商品無理だから。さー帰れ帰れ」とでも言う事にします。

 うちの向かいの並びのはしっこのおうちのおじさんが、噂の超省力超強力氷床破砕兵器(笑)「勝ちわりくん」を使ってるのを拝見して「これどちらで購入されたんですか!」と思わず聞いてしまいました。ツルハシ使うとえらい大変なのはこないだ書いたとおりで。勝ちわりくん使うとめちゃくちゃ楽なんです。おじさん曰く「そこの人から借りたんで売ってるとこは知らないけど、こりゃ凄い楽だよ」と仰ってました。くぅ~、欲しい!手に入ったらもうそこいらじゅう解氷して回るのに!(うちとお向かいさんの区間だけ氷床途切れてる状態なんですよ今;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

受験より緊張するよ(笑)モード

 先程えぬさんからサークルカットが届きました。明日から夏コミの申込書の受付開始なので、明日中にさくさくっと書き上げて郵便局で送金ともども済ませてきたい…のですが、どうもこの申込書の記載というのが苦手でして。毎度毎度なんというかやたらと緊張するんですよね;ああ書類不備あったらどうしようとか、誤字しちゃったらどうしようとか。

 今回からオンラインでも申し込めるので、紙の方失敗しちゃったらそっちもアリなんですが…なにぶん初めてのことなので駄目出し済んでから利用したい気もするし、やっぱり今回は従来通りで行きたい感じです。

 というわけでなんとか夏コミ受かるよう祈ってて下さい>皆様
 書類不備ないようにがんばりますっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »