« 2006年10月22日 - 2006年10月28日 | トップページ | 2006年11月5日 - 2006年11月11日 »

2006年10月29日 - 2006年11月4日に作成された記事

2006年11月 4日 (土)

自動車ディーラーさんの陰の苦労モード

 車屋さんに行くと、試乗記念だなんだと物が貰えたりしますし、車に興味を持って行くとカタログを普通にくれますよね。なんとなく当たり前になってきているこれらのこと、お金を払ってるのはディーラーさんです。そう、カタログって実はタダじゃない。ダイレクトメールから何から、メーカーの販促物はぜーんぶディーラーが購入した上で配布しているものなのです。輸入車ディーラーさんや国産だとレクサスのあの凝りに凝ったカタログ類(下手すりゃ「○○のすべて」とかいう雑誌より高いんじゃないかってアレ)なんかも購入して配布していると思うと、頭が下がる思いです。たぶんダイレクトメールをお願いするより携帯に電話1本入れてもらう方が安上がりかも(^^;。メールが一番お金かからないですけどね。

 で、景品とか販促物の類。キャンペーンごとに決まったものが来ることもあれば、特に新車発表とかしてない時期は「なんでこんなものが;」って思うようなものが貰えたりします。これも勿論ディーラーさんが購入しているものですが、面白い話を聞きました。メーカー系ノベルティや景品の類にはちゃんとカタログがあって、それを見てディーラーさんが決めるのだそうです。例えばM社の話で、私がM社ロゴ入り名刺入れをM社開発S谷氏(笑)に見せたら「ええ?なにこれ?見たことないよ~」と言っていた、なーんてことがあったのですが、これはM社のディーラー向け景品用カタログに載っていた品なのだと、ディーラーのN村氏がおっしゃってました。で、こないだヲサ車をリコールメンテしに行ったらなぜかお土産が「北海道さんじゃがいも」で、「なぜ;」と二人頭を抱えたわけですが、N村氏曰く「営業所長の決定で;よくわかんないっすね;」とのことで(笑)。一度そのカタログ見てみたいものですが、どんなものがあるのでしょうね。

 ちなみに最近貰ったものでこれはハイセンスだなぁと思ったのは、新型TT内覧会の時に頂いた「新国立美術館での発表会時にデザイナーさんが現場でスケッチしたイメージラフの小さいレプリカを額装したもの」と、これまたTTの今度は試乗をしたときの、「12V端子用USB電源端子とTTのロゴ入りUSB携帯電話充電ケーブルのセット」でした。車のイメージにばっちり合ってると思います。ナイスワーク。

 そんなわけで、懇意にしているディーラーさんがある場合は、カタログはあえて「いや、ネットで拾ってきます」と言うのも(メーカーが無償メール便配布している場合のみ)ありではないかなぁと思います。紙資源の件について環境先進国が敏感になっているのはBMWのディーラー網が使っている電子ポスターの存在でも明らかで、アンケートの希望情報で気を遣ってつけたつもりの「DM希望にマル」が実はお店の負担になっているなんてこともあったりしますから、ちょっと考えながらアンケートは書くべきかと思います。

「引出物の質でディーラーの繁盛度合いがわかる」とか言っちゃ駄目ですよ(笑)。そういうのは試乗車の配置率で見るのが正解。で、繁盛してるお店が良店かというとそれは別問題なので、結局はいろんな店を見てみる以外ないんですけどねー。
カタログやノベルティは流行ってるお店で(笑)、購入やその斡旋はいい営業さんがいるお店で、というのを勧めます。車の維持の負担に係わるのがつまるところ人材なのは、どこもおんなじですからね。

| | コメント (0)

2006年11月 3日 (金)

TVCMにみるMNP対象キャリアの印象モード

 これが公開される頃にはソフトバンクのMNPシステムが回復しているといいなぁと思いつつ(結構前に書いてますw)今日の話はキャリアごとのCMのお話。

 各社のトップ同士の言い合いはニュースのネタになるにしても「コンシューマー目線」に関係ないんで(ああいうやり方よくないね、ソフトバンクもだけど、ドコモも)、私たち一般ユーザーはコアユーザーでもない限り、もしくは余程の屁理屈屋か慎重派でない限り、宣伝と店頭対応でキャリアや機種を選ぶ事になると思います。

 私は地方紙(岩手日報)を読んでいますが、意外やMNP当日、今回大歓迎と大顰蹙の渦中にあるソフトバンクだけが新聞広告を一切入れていませんでした。他2社は勿論全面広告です。これはなんと言ったもんだか。マゴ氏の会見が報道で1面に来るの見越してわざと広告入れなかったんだとしたら、ソフトバンクの広報は相当な策士だと思います。0円広告をやってのけたわけで(笑)。インプレスがWebで速攻つついたのを各SNSやポータルが転載したわけですが、そういうのはネットの中で終始してしまい、未だ数多い「ネット非接続ユーザー」にとってはいい宣伝になっちゃったと思われます。最大手であるドコモがわざわざつついたのが経済欄に載ったのも、新聞だけ見ていると「危機感」としか取れず、全くソフトバンクの思うつぼ状態でした。あれだけ派手に1面使った広告のその後の動きが全く取れてない2社、そこでようやく26日に新スーパーボーナス発表の(今度は有料のw)0円広告を1/3面で入れたソフトバンク。新聞での展開では完璧にソフトバンクに完敗という印象です。

 ネット非接続ユーザーのもう1つのニュースソースというと、TV。各社いろんなCMをやっていますが、これまたソフトバンクだけが違った路線です。先日書いたとおりウザイほどMNPを強調したau、各界著名人を出して「みんな使ってるし」でやっぱりMNPをアピールしたドコモ。なのに何故か今回MNPで一番窮地に立つとみられていたソフトバンクは、例の「ボーダフォンからソフトバンクへ(ついでになんかサイクロイド)」なCMから連なる会議室シリーズ(仮称)のまんまで、特にMNPへのアピールはしてなかったように見えました。予想外割のCMも単に料金プランの宣伝で、しかもCMの面白さのほうが先に立ってて(「スパイは出て行け」「ハイ」で吹きましたw。あのCMは素晴らしい)この時期に余裕持って流してる企業イメージCMの印象と相俟って、会社としては押し付けがましくない感覚に抑えたと思います。企業CMはドコモも継続してやっていますが、ドコモ東北のあの素晴らしい宮崎あおいちゃんシリーズの放送回数が減って寂しい感じです。
 音楽端末のCMとかもやってますが、今じゃあれ当たり前なんであんまし意味ないので、3社とも止めちゃったほうが賢いと思うんですが;むしろその分野ならワンセグかなと。

 てな感じでTVCMもなにやらソフトバンクが「押しが強くなくて好印象」だったりしました。いや、わかってますよ?スーパーボーナスのうさんくささとか云々は。ネットでどれだけ騒がれているかも。でもね。「携帯の利用者の方がネットのヘビーユーザーより多い」。当たり前だけど。で、ネット経由の情報って聞いた時、非ネットユーザーの人の意見って、大抵「うさんくさい」になっちゃう。そりゃそうかもとも思います、某匿名掲示板発端の悪事の数々、そしてライブドアの件と、非ネットユーザーにとってWebって場所は相当うさんくさい場所だと思われてるフシがだいぶあります(そういう仕事してるだけになおさら末端の人の話はよく聞くわけですが;)。けっこー偏見ひどいですよ?ネット恋愛だのネット婚をして「そんなの偽物」とか事情も知らず言う人ザラですからね。職場婚したバツイチさんは知り合いに大勢いますが、ネット婚破談になったって人は知らないけどなぁ(ぉ。

 横道でしたが、こうしてネット以外の「通常マスコミ」に頼る人がいまだ多数を占める昨今、あれだけの店頭での騒動に結びつくとはとても思えないほど、ソフトバンクの広報の動きは今回それこそ「浮いて見えるほど」普通でした。はなからマスコミを躍らせるのが作戦だったのではと思います。釣りだとか契約者後悔するとか、そういうネットの風評は今回ソフトバンクと契約した人の目には入らないと思います。それこそ「空煽り乙」ってな具合で。まんまとしてやられたわけですね、他2社は。

 正直MNP退出側管理サーバーの回復に尽力しない姿勢といい問題ある感覚アリアリのソフトバンクですが、一般ユーザーの取り込みは一番上手にやったという印象です。だって、やじゃないですか。ああまでありありと「さあ右倣えしましょう」って言われたら。私は引いたけど皆さんはどうだろ。

 他2社が対処調整を年内に済ませてくれると助かるんだけどねー。ドコモが長期割引継続の受付をしてくれれば、発売日に安心してSH903iTVが買えそうなんですけども(笑)。ドコモの皆さんは文句言うだけじゃなくてちゃんと対策会議して下さいねー。どのみちauにも吸われてるわけだから、何か対処はしないといけないでしょ?auはどうなっても知らなーいのでお好きに。
 この記事がソフトバンクシンパの記事に読めた貴方は自キャリアシンパを自覚して下さい。私はそんなわけで6年の長期契約捨てて来年早々ドコモに移ります:P

※公取委が動きましたが、SBやる前にauの無期限くりこしについて小さくどころか一切説明ないことをつつくべき。弱いものいじめはみっともない。そして折れるSBもみっともよくない。

| | コメント (5)

ええっアジア版!?な本日の更新モード

 カードファイターズDSが注文可能になったのでついでに更新しました。オススメです。ドラキュラもあの月下系サイドビューなのでよさそう。魔女裁判は予約開始待ちです。
 で、バーゲン終わったガンキャノン引っ込めて60cmドール用制服を、売り切れちゃったオートルーパー引っ込めてホットロディマス入れました。

 XBOX360ストアを更新してあります。併せて右リンクを結構な数追加。なんと【輸入版:アジア】Test Drive Unlimitedですよ(笑)。 待てない人必見。ちなみに「アジア版」で検索すると結構出てきます。360だけでなくPCやPSPのものも。

 珍しくPSP/PS2のソフトを足してます。TOCA2はちょっと移殖度未確認ですが、旧XBOX時代にはLIVEのドラゲー仲間のほとんどに「何も言わずにアジア版買っとけ!」と言われた程のタイトルです。(それくらい前のソフトとも言えるのですが;)あとはスパロボOGs、ルーツのPSP版、ギャラクシーエンジェルのお買い得セット。

 さてケーブル買いにお出かけしてきます。物が揃わなくて片付け進まないorz

| | コメント (0)

2006年11月 2日 (木)

逆Google検索で吹いたモード

 最近楽しいのはこのブログ(ココログ)のアクセスログの生ログ閲覧です。常連さん以外の皆さんがどこを辿って来てるのかを追ってるわけですが(えーっと。h抜きでリンク貼りはトップページにあるとおり当ページの禁止事項ですのでー。やっちゃった方は謝らなくていいので消して下さいネ>その書き込み 直で特定コンテンツ来る手段それっきゃないんでバレバレです)面白いのがGoogle検索で飛んできているパターン。

 検索ワードが表示されるので狙いはわかるんですが、おいおいそれ違法だってばって検索もあれば、なるほど同じことに興味ある人もいるんだねーと思ったりとか。(そういう人は知りたい事があればコメントで質問して~;どんな古いログにコメントがついても、私にはメールでわかるようになっていますから。検索ワードとGoogleのクロールルートの兼ね合いで、例えばカテゴリーに誘導されて長いログの中から検索語をまた探すハメになってる人が多いですが、直接訊ねてもらえれば答えられるってパターンがたくさんありました)

 で、びっくりするのは、その生ログに出てるリンクでその検索結果を表示した時。特定の言葉でえらい上位に来てることがあります。SEGAlinkがらみで上位に来るのはわかるんですが(ぉ、結構意外な言葉でも上に来ることが。(グラドリエルで11位とかw)複合語になるともう確定的に上位のワードもあります。

 マイナーな検索パターンで「おいそりゃ普通出ないだろう(笑)」と思ってしまうような言葉の羅列に何故かうちのどこかが引っかかってるパターンもあります。その組み合わせがあまりに面白く、ここで紹介したいくらいなのですがw、プライバシーということで一応伏せておきます。ココログで書いてる皆さんは一度生ログ閲覧はやってみたほうがよいですよ。これだけで3時間くらい笑えるってものが週イチペース(更新自体は随時)で出来上がりますので、週末の時間潰しなんかにオススメです。

| | コメント (0)

ひさびさオンタイムでカキコモード

 ここんとこ数日の投稿は何度か書いてるとおり公開日時指定で時限公開してるものですが、これは書いてすぐ公開の仕様で書いてます。とりあえずTV(東芝REGZA 32Z1000)の設置が済んだので記念(^^;に。これからまだ移設したものを戻す作業があるので、もう数日また離れますが。

 ええっとお休み入る直前にトップページを小変更していました。Amazonのビジュアルリンクの方は早速ご利用頂いたようで嬉しいです。で、左側のリンクを微調整しています。高木信孝先生は最近サークル活動をされていないので、リンクカテゴリをサークルさんから他おきにいりに移しました。新たに加わったサイトは2つ。
 New's Networkさんは以前BBSで話題になっていた素晴らしいまんがを描かれる「新(ニュー)」さんのサイトです。個人的に2428のシリーズが大好きだったりします。(以前BBSに上がった時、フレームタイプのサイトのページ直リンクと気づかず適切な処置をせず大変失礼しました。まさかそういったマナー違反が自分の身内で行われているとは思わなかったので)おなか汁で毎度ぐぐるのもどうだろう自分と思ったので(笑)、正式にリンク出ししました。
 Monotone Cherryはティンクルスタースプライツのキャラデザイナーでいらっしゃる藤ノ宮深森さんのサイトです。最近「どきどき魔女裁判」「アテナフルスロットル」で絶好調っぽいので応援の意味を込めて。

 車のレビューは、Yahoo自動車でレビューキャンペーンをやってたので景品目当てついでに3つばかり投稿してきました。ベルタ・新TT・LS460です。興味のある方はどうぞ。(ベルタとLSのレビューは私以外の方のを読むと違った意味で面白いです。メルセデスコンプレックスとアンチトヨタという言葉を文章表現したものが読めます:P
 正直私が出て行くとこではないなぁとは思ったんですが(苦笑)。素直にいいと思ったんでディーラーさんにサービス。

 

 さてさてTVをようやく設置したわけですが、場所を確保しただけでは駄目でした。ラックを移動したらスカパーチューナー行きの同軸ケーブルが長さ足りなくて、2mのケーブルと中継接栓?を買ってきてようやく配置にこぎつけました。いまだにケーブル不足で繋がってない部分とかありますが、とりあえずデジタルBSと地上デジタルは入るようになりました。D端子には当然360を。って、ここまで綺麗だと思わなかったので正直びびりました。何この書き込み密度;これを今まで見逃して遊んでたのか私。TOPSPIN2(デモ)とかシャラポワたんの肌の質感まで再現されててびっくり。クロムハウンズのショップの武器が、リスト上では全て精密なイラストだったのだとようやく気づいたし。そしてダッシュボードが呆れるほどきれい。これはすんごいや;
 にしてもLAN端子の扱いがややこしくて微妙に苦戦してる感じです。とりあえずスイッチングハブをリプレースして端子数増やさないといけないですが、4thメディアを使うならルーターを私の部屋まで引っ張って手前で今まで使ってたハブで分岐して、モデム直で4thメディア行きの線を確保してやんないといけません;めんどいなぁ。うまく動いてる構成をわざわざ変えたくないという気もしますしねー。
 REGZAはTVのフリしたLinuxクライアントですが、録画にあたってやはりLinuxのサーバーであるNASを使うあたり「ほんとにこれ家電?」って感じです;音も絵も満足でした。ドット抜け無し。とりあえずはハブをリプレースして汎用LAN端子を繋ぎ、無駄にネット環境を整えつつ(笑)長めのS映像/音声ケーブルを買ってきて放送出力をVAIOのRAで録画できる環境を作ってしまうつもりです。ローゼンメイデンオーベレチューレに間に合ってよかった;

 

 ゲームといえばクロムハウンズがDLアイテム以外の全武器を3ヶ国とも開発完了で、一定の終了をみました。既に自国兵器は抽選なしで全て買える状態です。一応、全アイテム購入の勲章もあります。(抽選の段階でもう取っちゃってましたが、待って買ってもよかったなぁ;わざわざタラキアに寄付しましたよ;)

 

 珍しくアニメイトに用事があって行ってきたのですが、今ちょうど予約カードとポイントカードの統合をやってる最中で、当然差し出すだけで交換かと思ったらやたらガタイのいい女子定員が「店の外出て書類書いてこい、でないと引きついでやらん(大筋そのまんま。命令口調。信じがたい;)」と言ったのでムカつきながら書類書いたあと、アニメイト通販に在庫あったまじぽかのがらくたノートを注文したら「すみません本社にも在庫ございません」の一点張り。仕方なく家帰ってアニメイト通販で注文しましたが、強制的に宅急便でしかも代引きだったので999円の本に送料700円。ふざけんなボケ。
 アニメイトは盛岡店の店員とロジスティクス管理のセクションに監査入れたほうがいいよ。あの接客は正直なんというか「信じがたい」レベル。客商売ナメてない?あれならアキバのメイドカフェのお嬢さん方の方がずっとまともだ。ってゆうか仙台ボークスの接客を見習ってほしい。「自分も相手もヲタだから」は接客能力不問の理由にならない。コミケのサークルさん(当然ウチも入るよ、あんなんより100倍はいい自信ある)の方がずっと人当たりちゃんとしてます。

 JTBでコミケ帰りの新幹線の予約をしてきたんですが(行きはまだどうするか決めてない)、面白いパンフレットがあったのでもらってきました。なんと宇宙旅行。24億円のISS滞在プランに吹いたんですが、超音速ジェット機体験プランが刺さりました。ロシア空軍のフォックスバット・フランカー・ファルクラムのどれかとアルバトロス練習機でのフライトだそうです。(パンフの値段よりサイトの値段が100万円ほど高いな;値上がりしちゃったかな?)「空のアメ車」フォックスバットで高度25kmへ、も憧れますが、やっぱフランカー乗ってみたいです。ロト6当てたら絶対乗りに行くぞ!サイトの内容よりパンフの方が濃いので、航空機好きな人はJTB行ってパンフ探してみるとよいでしょう。

 ヤマダ電機でいろいろと。一眼デジカメ安くなりましたよねー;。K100Dが欲しいです、今のところ。標準のレンズキットのレンズが凄く扱いやすい。ドコモに乗り換えは確定なのですが、どうも店頭でのお値段が「諸々の割引と組み合わせてナンボ」ということでひっじょーにわかりにくかったので、「ハーティー割使うのですが、ファミリー割引とかU29とか使わないといくらになるんです?」と率直に聞いたら、「この2つのどっちかが入ると5250円引きなので、お客様の場合はその額プラスされると考えて下さい」とのこと。素直に素の値段で書いてくれたほうがありがたいんだけどなぁ。そこから加入減算してった方が割安感もあるし。そうそう、htcの端末触ってきましたが、小さいのは凄くいいけどキーボードのボタンがありえないくらい固い。ぐえ。で、例によってWILLCOMのマネキンさんを捕まえて「nineの話ってまだ来てないです?」てな話を聞いて、「で、W-ZERO3の新型の話は?」といつも通りの話に(笑)。曰く、「なんか私のとこにも全然情報来なくて困ってるんですよー;」とのこと。ソフトウェア構成と安定感がes並みのノーマルZERO3+新W-SIMは望まれるとこなので、早くなんとかしてほしいですな。いや別にnineに機種変更してZERO3と差し替えで使ってもいいんだけど。nineは「nicoくらいの値段じゃないですかね?」と言ってたので、それなら買ってもいい気がするし。他の皆ほど現状のZERO3に不満ないし。
 で、ヤマダでは「Wiiの初回は予約取りません。リピートはどうなるかまだわからないので、発売後でもよろしいのでしたらその時また寄って下さい」とのこと。他の店も聞いてみるか…。

 あ、そうそう。アフターバーナークライマックスがちゃんとアフターバーナーIIのブラッシュアップに仕上がってて好感持てました。最初から100円設定なとこも偉い。ただ…今時あのロートル3機ってチョイスはどーだろ、とは思いました。それと、ちょっとロールシザースがかかりやすすぎかもね。

 

 てなわけで片付けに戻りますorz

| | コメント (0)

2006年11月 1日 (水)

タイムリミットは近い、モード

 コンピューターに天使だの悪魔だの宿りますよ?(ツカミ)

 もう11月なわけですが、いろいろ期限が近づいております。PS3の発売日とかPS3の発売日とかPS3の発売日とか(笑)。

 初日向け初回ロットの台数のしゃれにならん少なさは聞き及ぶところでありますが、ここでいま流通に携わってる人にホンネ聞きたいなぁ。(SCEの「一般社員さん」にもね)本当は、発売日伸ばしてでも台数確保してから発売してほしくありません?商品の引っ張り合いって無駄に疲れるだけじゃないですか。

 お客さんだってそうですよね。欲しいものが手に入らないのはストレスでしょ。いちいちネットサーフしたりお店一件一件回ったり。電話問い合わせはやめておいたほうがいいですよー、「ない(ガチャン)」で終わりですから。発売日あたりにその電話あまりに多いので、小売店の人テンパっちゃうので(笑)。店頭で情報を聞いて、入荷があると聞いた日に行く、ないしは「予約をしておく」のが確実な入手方法ですので(ネットだとキャパ超えるんで、プレステドットコム以外予約とれないだろうと思ったら、プレステドットコムはさんざん宣伝しといて扱いすらしないそうなんで(苦笑)、近場のお店に行きましょう。地方ほど確実)現状ちょっと珍しいと思うPS3どうしても欲しい皆さんはそうして下さい。

 とは言ったものの、本当にこの現状で11月11日に出す意味があるのか。恐らく11月内に30万台揃わないというのが大方の予想ですが、どのみちソフトがないので年内は本体以外競争力皆無の現状で、なぜ年内にこだわるんでしょうね。
 12月の最終週中頃から1月中旬までこの手の流通は止まるので、半月とはいえ流通の上では「静的」になる時期が発生します。この時期に集中して量産するだけでも(まあ年末年始返上はしゃあないでしょうね)市場に不安を与えない、とまでは行かずとも、「数字として実感のある順調さ」と「店頭での活況」を演出できる気がするんですが。店頭で行列を作らせるのが一番インパクトがあるってのは、もう4機種ゲーム機出してる会社ならわかりきってることだと思うんですけどねぇ;

 どのみちWiiとは客層かぶらないわけですが(個人的にはこっちの確保が心配(^^;起動できる時期考えずに一応発売日狙おうかと)、360軽く見てるなら別に本体遅らせても構わないだろうし、まずい相手と見てるにしても無いもの売れないわけで、どのみち年内は勝負にならない。というわけで、PS3は今週中にゴメンナサイして1月の流通開始日狙い(来年は14日が日曜なので、繰上げで12日に動いてもらって13日か、あるいは週明け)で出したほうが、3月決算前に出す台数を変えずに「より好調感のある」スタートを切れると思うんですが。なに、今更発売日が伸びたとこで、多少「またか」と叩かれる程度でしょう。発売日過ぎたらそんなこと皆忘れますって(笑)。買う人決まっちゃってるんだしね。

 まさかとは思うけど少数販売を強行することで争奪戦を演出しようとか考えてませんよね?;今回は初回販売台数バレちゃってるわけで、それまるっきり無意味なわけですが。延期より叩かれますよ。っつーか11日売りのわずか数万台だけでも、初期不良出ればそりゃもう凄い勢いで風評広がって、12月の売れ行きに響きますよ?;マスコミはネタ欲しがってますからねぇ…今は負の風向きで。年が変われば気も変わるかも(ついでにお年玉争奪戦にノれるかも)と思うので、私がSCEのCEOなら間違いなく延期ですが、クタだしなぁ(^^;。

 延期のメリットはハードの供給だけじゃないです。スケジュールキリキリに詰められてバグフィックス済んでるかどうかあやしいソフトの数々に、1ヶ月強ぶんの調整期間を入れてあげるだけで、ソフト面から来る初期の風評被害も抑えられる筈です。ビデオまわりが開発機に届かなかった誤差不具合の調整とか、済んでないまま出す会社もあるんじゃないですか?今のままだと。それって「PS3こんなもんか」って言葉に直結ですが…。

 決断のタイムリミットはあとわずか。さて…。

 てゆうかホンネは年末の他機種の整ったソフトスケジュールを使いでない機械で引っ掻き回すなという一言に尽きるわけですが(笑)。

| | コメント (2)

2006年10月31日 (火)

こりゃまた強引な(笑)モード

 TT(2.0TFSI)乗ってきましたっ!

 お店行くなり込んでて、あらびっくり駐車スペースないかもという盛況ぶりに開店以降ずっとアウディ岩手を応援している自分としては嬉しくなったのですが、ちょうど私が着いたときに別の方が試乗始めるとこで。置いてあるのと動いてるたたずまいって違うわけですが、横のアピアランスは意外や「まさしくTT」のそれ。あんなにサイズアップしてるのにね。駐車場で旧型オーナーさんの同色のTTクワトロスーツと並べて置いた時、なんてのかな、顔があれほど違うのに、「同じ方向を見ている」って感覚がひしひしと。
 なんというかTTはTTだなぁと。この調子で行くならモデルチェンジの度買い足して行きたいとさえ一瞬思いました(笑)。

 だいぶ待ちましたがようやく出番。今回はミッションがDSG1本なので、グレード間では純粋にエンジンと駆動輪以外に差はない感じです。しかもFFもTFSIなので、出力的にはかなりいい線行ってると思ってOK。慣れたVWアウディ系のコックピットに収まって(今回プレミアム性が上がってて、FFでもシートは電動です)アジャストかけてみたらこれがまぁすっきり。もうちょいコラム下げられてもいいかな?と思ったけど、少しシート座面を立て気味にしてやると合う感じ。で、シートバックは若干寝かす。あまりに体にしっくりきたんでびっくり。パドルシフトついてるけどセレクターレバーに手が伸びちゃう感じ。いやいやこれはいいよ、格段の進化。是非このレイアウトでMTに乗りたい。

 アクセルペダルがオルガン式なのが不思議でしたが、理由は踏み込んでみてわかりました。かかとのとっかかりがないと加速G負けしてアクセルコントロールが乱れます(笑)。なのでこれで正解。で、そのアクセル開度ごとの反応が面白くて、だいぶDレンジの挙動を練りこんだ印象。正直、普通に走る分にはパドルとか触れないほうがいいと思うくらい、意に沿う動きをします。もちろんDSGをマニュアルで操る楽しみもありますが、むしろそれは減速側で発揮される感じ。加速は車に任せちゃったほうがいいです。(低回転域でMTっぽく使うと上げのときわずかにショック出ます。ほんとにわずかだけど)

 直線に出てまず踏んでどびっくり。とんでもねぇトルクでESPの警告灯が激しくフラッシュしつつスキール音までも。で、昨今のFF車とまるっきし逆傾向の味付けなんですが、トルクステアがものすごい。わざと出してるだろってくらい出ます。で、ハンドリングは若干軽め。そして車体の安定感はもう鬼のようにあって(先代の3.2クワトロ以上じゃなかろうか)、剛性も「これ以上上げたら競技車両だろ」レベルで。しかもタイヤは18インチの確か45。ようするにもうべったり張り付いて進行すべき方向以外にぶれる様子皆無。これってどういうことかと小さい脳で分析した結果、ようするに「車を信じてトルクステアで舵安定させて強引に引っ張ってけ、後ろは車に任せろ」ということであるな、と。

 車体は明らかに先代FFより軽くて、でも安定感のレベルは先代クワトロとどっこいかそれ以上。なんてのかなー、ちょっと変わってるんだけど、ようは凄い勢いで引っ張ってもらってるけど後ろの追従が的確すぎるくらい的確で、必要なら羽出してさらに後ろ押さえられるので、引っ張られてるけどその引っ張ってるものの存在感が希薄なほど頭軽い感じで、本当に奇妙な感じ。ほらほらまだまだ踏めちゃうよぉ?という誘いがあるのはRのきついコーナーでも常時おんなじで、トルクが余っちゃっても電子制御介入でぎりぎりの線で押さえちゃうので飛ばない。なのでコーナーでもぐいぐい踏めて、やばくなるといい感じで余力が抜けるの繰り返しになるので、ものすごい強引に曲がっていきます(笑)。しかもまぁエンジンとミッションのマッチングいいんだこれが。とんでもない加速します。オイオイと思うくらいの(^^;。で、速度感が希薄なのは相変わらずで、クルージングペースだなと思うあたりでまとめてメーターに目をやるとぴったり3桁のタイミングですw。今回は車体が軽いもんだから、前にも増して自然にぴしゃっと止まるしねー。追い越し加速で凄いことになっても次の瞬間半分以下の速度持っていけるし。もう完璧スポーツカーなんだけどねー。乗り心地いいんだよねー相変わらず(笑)。ぶっちゃけ直後に試乗したカローラよりよかった;

 この芸風は電子制御得意でかつ安定感の概念を強力に理解しているアウディだからできる芸風で、他所だとちょっとできなさそうです。マイナスイメージのあるトルクステアを制御方法に盛り込むんだから、ちょっと凄い。逆転の発想なわけだけど、果たして他所に真似できるのかね、と。

 あんまり速いんで「自制の枠を設ける」という意味でMTが欲しかったです。DSGがレブリミットでオートアップかかるのは相変わらずだから。いやはや、この「利口な荒馬」っぷりを体感すると、俄然クワトロのほうのしつけも気になりますな。遠からず機会があるそうなので楽しみに待つとします。

 

 おまけ。カローラアクシオの1.8の4WD。なんとかいうグレード名だったけど忘れた。ぶっちゃけ凄く普通。良くも悪くも。普通の今風のセダンの内装になって事務的なとこがなくなっちゃったのが逆に残念なほどだったし、CVTの追従は自然でもたつき感ないんだけど、学習が早すぎて信号待ち加速で踏むクセをものの5分で覚えちゃう。回転数上がり気味になって結構エンジンが騒ぐので、実は宣伝されてるほど静かな車じゃない。トルクが洩れてる感じはないしツキもいいけど、遮音はまだまだ。サスも悪くないけどなんてのかな、まさに「一味足りない」って感じで。落ち着いた車かと思うとメーターは子供っぽいし。客層がよくわかんないです。これならベルタだねぇ…。

| | コメント (0)

2006年10月30日 (月)

冷めた国、熱い国モード

 過日のセガサミーメディアの件でセガサミーホールディングス(SSH)の報告書に触れましたが、北米での売れ行きに「XBOX360 CONDEMNED 27(万本)」とありました。このタイトル、洋ゲー好きの間では「そこそこ面白いけど短いよね」ということであまり評価は高くないです。でも27万本。しかも発売から5ヶ月以内で。

 これって「360が流行ってる云々」で片付くレベルの数値差でしょうか?いま日本で27万本売ったら相当なヒット作と言える筈です。しかし米国では「わりとありきたりなタイトルの1本」がこのセールスを叩き出しているという現実。日本では3万本行けば御の字と言われているのに。(アイマスがらみで伺った話ですが、今年ギャルゲーでだいぶ調子が良かったタイトルであるキミキスが5万本だったそうです。360のアイマスがそれを超えられるかな?という話題でしたが。mixiの360アイマスコミュの皆さん話題拝借すみません)

 360タイトルの中では好調かな?という印象だった旋光の輪舞ですが、公式サイトで「1~2万本の間です」とのことでした。雑誌の販売本数データ欄に載らなかったので心配したユーザーさんの質問を受けての回答でしたが、「集計店以外での売れ行きが多かったようです」とのことで。ネットワークユーザーが大半の360オーナーは、わざわざ店頭に出向かないゆえに販売の実数はメーカーしか把握してないのが360の実情っぽいですね。台数のわりには本数出てるかな?と思いますが、昔なら3万本は固かったであろうタイトルなだけに、ちょこっと心配はしてしまいます。でもメーカー側の認識は「ちゃんと売れた」だったので、大丈夫なのかなと。(これを下回る売れ行きのPS2タイトルも多数ある)で、旋光の輪舞は海外からも要望が多いものの、今のところ国内専売タイトルなわけですが…。

 先日のCEDECでDOOM~Quake~Unrealの開発者として名高いJay Wilbur氏の講演がありました。彼は講演の最後をこう締めくくっています。
「Xbox 360は確かに日本では成功していない。だからといって、日本のゲーム開発者はXbox 360におけるビジネスチャンスを逃す手だてはないはずだ」
 そう。北米には、ごく普通のタイトルにも十万単位で顧客がつく市場が存在するわけです。(しかも、いまだシェアとしてはトップであるPS2でなく、日本の区切りで昨年度の範囲、まだハードが行き渡っていない段階のXBOX360の市場で、です)

 これならカプコンがあちら向け注視するのも頷けますし(それに伴って国内向けを支えたプロデューサーさんが辞めてしまわれたのも仕方なく思えますし)、セガが日本で開発したゲームのコンシューマー版を日本語にローカライズしたがらなかった(OUTRUN2006のように)のもわかります。マクロ視点だと、もう日本はゲームが売れる国ではなくなってしまっているのでしょう。悲しい話です。
 それでも極力ローカライズを進めている各社の姿勢は褒められるものだと思いますし、そこにあえて完全日本向けを投入するバンダイナムコのチャレンジは賞賛に値すると思います。

 最近よくわからないんですが、私たちのようにゲームの話を「面白さ」と「市場理念」の両側面で見ている層のゲーマーってどれくらいなんでしょうね。ぶっちゃけた話、理解度や知識の正確さはともかく深い関心を持っているという意味で、私たちは特定の機種における「確定顧客」といえるわけですが(ライトユーザーのような浮動顧客ではない)、全ての機種のファン(被っている方も含め)を合算しても、既に日本には100万人いないのではないかという気がします。一度、この層の実数を正確にとらえる必要があるように思うのですが。自分から良作を探す層が既に失われているとしたら、日本のマーケットの冷め方はとんでもなく深刻なレベルになっていると思います。

 アーケード版アイドルマスターのプロデューサーカード枚数は確か10万枚ちょいだった筈です。Pカードのほうを複数持つ人は少ないと思うので、結構な数の人がとりあえずプレイを試みたということになるでしょう。この切り口だとそこまで冷めていない感じですが、「多数ユーザーのいるハードなら定数は出る」というのはもはや昔話であるという事を認識できていないプレイヤーも多く、実はコアユーザー層にとっての「期待されるタイトル」は、もはやどの機種で出しても本数は同じ、それなら少しでもいいものを、やりやすい環境で出したいのがメーカーの意向でしょう。

 辛い状況ですが、ビデオゲームを愛するのなら、少なくとも気に入ったタイトルのあるハードは追従しないと日本ではもはやゲームを楽しめない、と言えると思います。こればっかりはもうどうしようもない。ライトユーザーはもっと手軽なもの、ないしはゲームとは言い難い実用的なものに興味を移してしまった。惰性でRPGが売れることはあっても、他ジャンルは厳しい。私たちは「取り残された人々」である自覚を持たないといけない時期にあると思います。逆に言えば、エンスージアストであると。

 エンスーという立場は、熱狂する対象への投資を惜しんだらその瞬間に終了です。経済的にはチキンレースと言えるかもしれません。なんとも辛い状況です。

 結局のところ、今一番健全というか、安心感を持ってゲームを楽しめるのは、実はPCユーザーなのかもしれません。同人サークルが作った、それほどハードパワーを要求しない作品をこつこつ楽しむ。市販ソフトのような派手さはないにせよ、昔懐かしい味であったり、そこにしかない楽しみであったり、何か心を打つものは必ずある。商業主義でなく、よくも悪くも「好きな人が好きな人のために作っているもの」だから。

 そんな感じで、日本における「ゲーマー」文化は、よく言えばコアな、悪く言えばアンダーグラウンドな文化にシフトしたと言えなくもないでしょう。そういうものがマジョリティである筈もなく、です。悲しいことですが、「洋ゲー」という心の垣根があるうちは、日本のマーケットが暖まることはないと思います。(もともと、普通のソフトが10万本なんていうほどの熱狂は、ファミコン時代から無かったわけですが。日本人は欧米人ほどゲームが好きじゃない、というのが結論なのでしょうね、結局のところ)

 でもそこで諦めて、もうゲームはいいや、と思ってしまったらそれこそ本当にお終いなのだと思います。こういう時だからこそ、機種どうこうではなく、好きなゲームを買って遊ぶという習慣を大事にするべきなんじゃないでしょうか。

 世代がシフトしたのもマーケットの変遷の理由ではあるでしょう。バーチャファイター2がミリオン取れた時代を過ごした皆さんは、たまには一度飲み会をキャンセルして「これかなぁ」と思う気になる一本を自分の目で探してみませんか。ただの社会人をやっているよりは、ずっと楽しいと思いますよ。ゲームやるような歳でもないという見栄があるのだとしたら、その発想こそが子供じみていると指摘させてもらいます。ターゲットとする世代の違いはあるにせよ、娯楽自体には年令の区別はありません。高尚な趣味というのはそういうものです。

 そして、かの国々の人々がどうしてああも熱いのか、それを日本の目線で分析するのも急務だと思います。日本のマーケット眺めてくだらないコメントを出している暇があったら、もっとこのマーケットのためになる動きを示して下さい、マスコミの皆さん。

| | コメント (0)

2006年10月29日 (日)

とんでもないヒットメーカーさんモード

 前期今期の萌え系アニメの主題歌を片っ端からかき集めて、作詞の欄を見るとそのうちの多数にこの方の名前を見ることになると思います。

 畑亜貴さん。

 Wikipediaで検索するとまあ作詞家としてのキャリア出るわ出るわですが、もともとこの方はゲームメーカーで「作曲」をされていた方です。Wikipediaではコナミとありますが、石で鳴らすプログラム指向の作曲仕事で最も評価が高いのは、トレジャー初期(メガドライブ時代)にやった「幽遊白書~魔強統一戦」の曲でしょう。(サントラではアレンジ版をバックに自身で歌われていますが、このへんがきっかけで「エターナルメロディ」のサターン版主題歌を手がけることになったのでは、と思います。(ちなみに同作と「悠久幻想曲」において、PS版は伊藤真澄さんが同様にシンガーソングライターとして参加されていたことで交流が生まれたようで、この繋がりが後にかの名曲「空耳ケーキ」を生み出すに至ります。伊藤さんが作曲と歌を担当されるケースが多いですが、畑さんの曲も素晴らしく、歌声もキュートです。SS版エターナルメロディのED「どうしよう?」は必聴)

 疑問符な歌詞を書くと日本一って感じがするほどに、問いかけの言葉の使い方が上手い作詞家さんです。個人的に秀逸に思ったあたりでは「天使のしっぽChu!」のED『ねむねむ天使』の歌詞がそっち方向に素晴らしいですし、最近のものでは「おとぎ銃士赤ずきん」の主題歌『童話迷宮』で、童話というテーマのちょっとミステリアスな部分を演出するのに絶妙なタイミングで織り込んでます。

 キュートな歌詞からゴシックな歌詞、重い歌詞、さわやかで前向きな歌詞と、とんでもない引き出しの量に驚かされるわけですが、この方の何が一番凄いかというと、作曲家さんとの「相性」がないことです。ご本人的にはあるのかもしれませんが、聴く側の印象ではケースごとに全く違う印象の作曲家さんと組むことで「とても同一人物の仕事とは思えない印象」を発揮しているように思います。伊藤真澄さんと組んでいる歌は共通のイメージがあって、私はこの二人の仕事がベストマッチだと思っていますが(できれば伊藤さんが書いた曲で畑さんに歌ってほしいなぁと今でも思います)、どなたに提供した歌詞でも作編曲家さんは上手に消化されて、プロデューサーさんの思惑通りに歌い手さんにマッチしたものに仕上がってばきっと完成している、という印象があります。驚くべき懐の広さです。

 かつて菅野よう子さんがカウボーイビバップのサントラで「作曲家として」大変な評価を受けましたが(もともと菅野さんは光栄でゲーム音楽やってましたね)、畑さんも「作詞家として」そろそろ大きな評価を得ていいのではと。オリコンチャート含め今年一番の「現象」だった涼宮ハルヒがらみは、畑さんの仕事なわけですし。ストロベリーパニックはOPもEDも同じ人の作詞だよ、と言って信じる人が何人いるか(笑)。事実なわけですが。

 歌詞において重要なのは内容だけでなく言い回しだと思うのですが(そこに音楽性が生まれるわけで)、その点もともと作曲から入ってる畑さんは抜きん出た才能を持ってらっしゃると思います。この方面の「作曲家」というと挙がる名前は多いですが、「作詞家」となるとそう多くないあたり、やはりこの方はもっと評価されるべきだと思います。(シンガーソングライターさんにいい歌詞を書かれる方が何人かいますが、「歌詞」という「歌全体」から見た場合の断片要素をここまで幅広くこなしている方はあまり見ないように思います)

 というわけで何らかの賞を畑亜貴さんに、と強く思うところです。

 余談ですがその他の作詞家さんだと、ゆうまおさんあたりが。この人はせつなさの演出が巧みで。中原麻衣さんがこの人の書いた歌詞で歌うと、それはもう素晴らしいです。

 あとは志半ばで半分のピースが旅立たれてしまいましたが、メロキュアのお二人(岡崎律子さん、日向めぐみさん=meg rock)はいずれも素晴らしい作詞家です。岡崎さんの印象が猛烈に強いですが、日向さんの書く片思い系の歌詞はかなり刺さります。

 メロディや歌い手だけでなく、歌詞もよく吟味してみると、実はとても素晴らしかったりします。「光と水のダフネ」が後半名作に化けることを確信させたのは、畑さん作詞による主題歌『明日のBlue Wing』のおかげだったように思いますし。お気に入りがあれば歌詞を読むためにCDを買うのもアリだと思いますよ。ダウンロードストアとかでは勿体ない。

| | コメント (0)

試みないし冒険モード

 先日仙台ボークスを襲撃して負けてきて(笑)以来、1/6のカスタムドールが面白くていろいろ思索しているのですが、ドールアイ使用のヘッドのカスタマイズでヲサネコに遅れを取ったと同時に、ふと「あれ、ヲサの狙いはこれで達成されてるけど、私が目指すタイプだと実は瞳小さくね?」と思ったのでした。

 写真をお見せできないのが残念ですが、ヲサのものは10mmアイでアイホールきちんと削ってあって、初めてとは思えないほど完成度高いです。でも、アイホール削ってなお瞳の印象がSDに近かった。私が求めてるのはDDの1番ヘッドに22mmアイを入れた時のような…そう、ロストエンジェルズの子たちのような「黒目がちで比較的大きな瞳」だったので、黒目のふちがアイホールの外に出るくらいのバランスにしたかったのだと今頃気づきました。(ってゆうか、ヲサがやってくれなかったらわかんなかった。サンキュー!>ヲサ)

 なので、とりあえず10mmでは小さいという判断で(折角3セットも買ったのに~;)12mmと14mmを試す事にしました。一応14mmはヤフオクで格安で落札済みで(200円+送料)、12mmはオークション終了待ちですが入札中です。
 うちに今DollfiePlusの3番ヘッドがあるので、アイが揃ったらちょっとヘッドと、必要に応じてアイ自体にも削りを入れてみようと思います。久しぶりにドリル用のダイヤモンドビット揃えてこようかな。セット売りならいくらか安いだろうし。
 うまく行きそうなら好みの色のものを売ってるお店は既に押さえてるので(意外や両サイズともヤフオク滅多に出ないのに、店舗行った事あるPARABOXさんで扱いありました)、とりあえず気に入った方のサイズで好みの色の注文出してみようと思ってます。

 なんか意外といろいろできるので、ボークスの1/6系素体ベースでしばらく遊んでみようかと。いや決して霧香さんたちを疎かにしたりはしませんが;
 にしても「NEO-EBやエクセレントのmidiサイズがない」ってのはいまひとつというか、両極端だなぁボークス。胸がでかすぎるよ基本的に;てなわけでボークスにはまた行かないと。SD用のウィッグ(W-04-613)も買わないといけないし。

 今年もクリスマスドルパがあるんですが、本で修羅場ってるとこバスで日帰り強行軍したら落としそうというか上京中に倒れそうなので;年明け早々あるドールショウに初めて参加してみようかと思っているところです。ドルパは催事的な楽しさがあって好きなんですが、何故かコミケと時期かぶるので;GW中のしか出られないっぽいです。困ったもんだ。

 って、そろそろ衣装作りを真面目に考えないといけない気がしてきました。うーむ。盛岡の生地屋さんだと希望のものが多分揃わないんだよねー;その前に家庭科は2でしたが。

| | コメント (11)

« 2006年10月22日 - 2006年10月28日 | トップページ | 2006年11月5日 - 2006年11月11日 »