« 2006年10月15日 - 2006年10月21日 | トップページ | 2006年10月29日 - 2006年11月4日 »

2006年10月22日 - 2006年10月28日に作成された記事

2006年10月28日 (土)

健常者満足度ナンバーワン携帯!モード

 タイトルは皮肉たっぷりに。
 mixiのニュースでMNPの話題が出るたびにau党の皆さんが騒がしいですし、TVでのしつこいほどの「お客様満足度No.1」というCMに「わかったもういい」という気分になって正直ウンザリなわけですが。
 ここの閲覧者さんにもauの人いるのわかっててあえて言いますが、本当に満足してますか?該当する友人は2人ですが、たぶん「ううん」とも「うん」とも言わないんじゃないかなぁ;

 実はとりあえず赤い車の会で原稿をやって下さった方の間では、マジョリティはドコモでマイノリティはauです。ソフトバンクの方が多いです。auより。って、二番目ウィルコムなんですが(笑)。ほとんどZERO3ユーザーでもちろん他キャリア兼だけど。

 料金の話をすると、マゴの人が何やらややこしい話をしてるせいでうさんくさくなっちゃってますが、元々ボーダフォンは3キャリアの中で料金は最も安かったです。ただ、3Gへのシフトに金を割かなかったので、2Gの人からは評判いいけど3Gの人からめたくそ評判が悪い。これは改善されるようですが、現状出遅れてるのは事実。とはいえ、都市で使う分には全く問題なし。3Gでどこでも入ってありがたいなぁというキャリアはドコモかauかとなって、料金的に一見auがお得という判断なのだと思います。ただ、エリアではドコモがやはりとんでもないですよ。禁止されてましたけど国後の西側でも繋がってましたもん。これで輻輳しなけりゃFOMAばっちりなんですけどねー。最近はmovaのお客が減ったので、ドコモ2Gは輻輳なしエリア最大で最強っぽいけど誰喋ってるか声でわからないのは相変わらず。2Gは端末の完成度とエリア・接続性どれ取ってもソフトバンクです。なくなっちゃいますけどね、2G。

 にしても、mixiあたりで「auの端末が一番進んでる」と口走ってる連中は何を根拠に言ってるんでしょうね?携帯の端末の新技術のほとんどがまずソフトバンクでシャープないし東芝がテストして、それをドコモに持って行って拡張するのをau系が横で眺めながら真似をする、という構図なわけで、auが技術的に先手取れたのはGPSくらいなんですが。で、GPSは2007年から全ての携帯に実装義務付けですが(なので、今回の各社秋冬の、ドコモのノーマルの903i系以外が「GPSなし」を選べる最後のチャンスになるようです。デメリットにもなり得るのはわかりますよね?強制取得食らうみたいですし(苦笑)>位置情報)この状況でau端末のどのへんを褒めろと?いや確かに「G'zがWINになったら買う!」と口を滑らせたことはあったけど!(笑)当時健常者だったからしょうがないの!※伏線

 ちなみにau使いの友人の1人はぶっちゃけドクター六角であるけど、彼の場合は「携帯はストレートでなくてはならん。折り畳みはいかん」というポリシーによるもの。インフォバーを今でも大事に使ってる筈。でも、auの秋冬にストレートはなかったりする。秋冬でストレート出してるのはソフトバンクだけ、しかもノキア(笑)。シンビアンかよッ!とw まあ困ってないみたいだしいいのか…。

 外側から見たauというか、他キャリアからauに繋いだ、ないし繋がった印象としては「とにかく留守番サービスうざい」がまずあって(全キャリア統一料金なのって今FOMAだけだから、結構痛いよ。留守番出られるだけで例えば私の場合(※伏線だ)20円持って行かれる)、次に「音が他の3Gと比べてよくない、2Gとの相性が極端に悪い」ってのが。
 なんとなくこのへんから見えてくるのは「auシンパはauしか使ったことないんじゃないか、ないしは2G世代の他キャリアしか知らないんじゃないか」という結論。トヨタしか乗ったことなくてトヨタべた褒めと同じ理屈…ってトヨタはauの親会社の1つじゃんw。なんとなく合点が。

 ついでに言うとauはCMが思いっきりグレーゾーンですな。無料通話分無期限繰越しのCMで何も説明してませんが、期限は無制限ですがプールできる額にはしっかり上限があり、さほど高くありません。詐欺じゃん。

 で、表題の件になるわけだけど「健常者満足度」って断ったのには理由がちゃんとあります。各社障害者割引を行っているわけですが、一番熱心なのがドコモで、二番目がソフトバンクです。ドコモは契約事務手数料が無料な上で、通話プランが半額になります。ソフトバンクは通話プラン半額で、長期契約割引の併用が可能です。で、auは通話プラン半額です。「そんなに大した差じゃないじゃん、贅沢言うな」と言うかもしれません。続きがあります。「auだけが障害者割引に1年単位の区切りを設けていて、中途解約をすると違約金を取られる」というシステムです。他2キャリアはどの料金プラン下にあっても「いつ止めてもペナルティなし」です。期限がつくサービスとは組み合わせが成立しないシステムになってます。最初から半額だから。番号にこだわりなければ、例えばドコモなら契約即解約で白ROM作って売却で十分利益出るほどです。やりすぎるとブラックリスト載るそうですが(笑)。もちろんやりませんでしたけど。1手帳1契約なのはその手の不正を防ぐ措置だと思います。おっと横道。で、何故期限付きがよくないか。「精神障害者に対し期限的拘束を設ける」この文面を客観的にご覧になってどう思われますか。あらゆるストレスに対して脆弱であるが故、障害者として認定される人が多い中、その人たち(私含む)に対しわざわざストレス要因を作ってるわけですよ、auというキャリアは!

 これで顧客満足度ナンバーワンを謳うんだからちゃんちゃらおかしーです。んなわけねーだろと。そして今日も3キャリア中最も押し付けがましいCMは続きます。私たち手帳持ちの心に毒を注ぎながら。たとえ私が健常者であったとしても、この事実を知ったらMNPでau選ぶ気には到底なれません。福祉を軽んずる企業は嫌いです。それって結局業態というか、企業のスタンスの根幹に影響するし。

 で、個人的MNP展望としては、まんまとマゴ氏の罠にかかり大量にソフトバンクに顧客食われたドコモにのんびり引っ越したい、とかそのへんです(笑)。そこまで皆単純じゃなかろうとは思うんですが…(^^;

| | コメント (2)

車輪ネタあれこれ&連絡モード

 ちょっと遅くなっちゃいましたが、まず最初に。

三菱『i』06年度グッドデザイン大賞受賞おめでとうございます!

 これはもう大納得で。今年はしっかり見極めの効いたいい選択を審査委員会はしてくれたと思います。なんとなく最初見た時既に「使う人を選ぶキワモノじゃないし、これはもしかすると取るかもな」とは思ってたんですが、今年は15ベスト(金賞)にいいものが多かったので、少々ドキドキしていました。三菱にとっては素晴らしいニュースでしょうし、自動車業界において企画立案担当をされている皆さんにとっては大きな後押しになったんではないかと思います。この先の3年後あたりから、大胆な発想の車が出てくることに期待できる気がしてきました。自動車は保守的なデザイン/コンセプトから卒業する時期かもしれません。ミッドシップは決してキワモノではないのです(笑)。とりあえず受賞記念に椅子だけは直してね(笑)>三菱自動車の開発チームの皆さん あ、NAモデルの導入を高く評価します。

 今日はいよいよ新TTを運転してくる予定です。FFモデルですが、A3に驚き、ゴルフVに驚き、ジェッタに驚いたので、たぶんもう一度びっくりさせてもらえることでしょう。限界が高くノーズの動きが素晴らしいシャシをさらにスポーツ寄りに磨いたその走りを早く堪能したくてウズウズしています。

 あんまし試乗記のネタないかなぁ今期、と思ってたらeKとかムーヴとか軽自動車方面いろいろ出たので意外と書けそうですね。パジェロも試乗車あったし、試してこようかな。

 モーターショーイヤーじゃなかったわりには今年って意外と豊作でしたよね~。個人的にはブレラとTTのガチの構図がとても面白いのですが。あ、でも。なんだかんだで登録してますが「あなたが選ぶカーオブザイヤー」ってあれどうかなーと;乗らなくても投票できるのってはっきり言って意味薄い気がするんですが。Yahoo自動車のユーザー評価システムも、早速「乗ってない票」ガンガン入ってるしねぇ;何故設置に踏み切ったのか疑問でした。結局トレンド分析になっちゃう感じで、いい車が沈むだけならまだしも、ちゃんとその車を動かしてない上に腕も無い奴に薄っぺらい評価されちゃったら車がかわいそう。(ってまぁ、これはマスコミの段階で既にあるけど;昨今口コミ票って重視されてるからねぇ…)

 さて、コミケの当落通知まであと1週間です。参加して下さる皆さんに前もってお願いがあるのですが、今回は早めに(いつものように直前で修羅場る前に)入稿して頂けるよう、プライオリティ上げておいてもらえないでしょうか。夏の時、他所の原稿優先となったのでお願い稿数を減らした方がいましたが、何やらそちらの本結局完成版としてリリースされてなくて、実はコミケ会場で内心(うちの執筆者さんでなく、相手先サークルさんに対し)煮えるもんがあったので(苦笑)、今回は先手打ってお願いしておきます。えぬさん、S3の記事お願いしますね。あとはいつもの皆さん(しろさん、てれさん、そしていよいよですがCTさん)、臨時で書いてくれてる皆さん(なゆりん、いわ、前回に続きしばさん、そして溜まりに溜まってるはずのえいしにぃ!そろそろお願いしますよ!w)さらに今回ゲストの(まだ内緒)さんもよろしくお願いします。できればなーししょーにもそろそろ一筆頂きたいです。
 落ちてたらのんびりで構いませんけども~;落ちないつもりで。

| | コメント (2)

2006年10月27日 (金)

まるで捨て子のセガサミーメディアモード

 怖ろしいことにSEGAlinkでぐぐると1ページ目にこのブログが来ます(10月27日午前0時現在)が、再三SEGAlinkの上で、そしてこの場所で指摘したほぼそのまんまの筋書きで、セガは全く実績の出ないSEGAlinkを切り離し、セガサミーホールディングス直下の子会社「セガサミーメディア」として独立させることで「セガ本体の負債」を回避しました。

 数十万のゴーストユーザーと、恐らく数千人程度のアクティブユーザーがいたと思われますが、そのアクティブユーザーから預かった「セガキャッシュ」というローカルな電子マネーを還元することをせず、ただ「POOKという新サービスが始まります」という看板だけ掲げて、もうすぐ2ヶ月になります。このままサービスが開始されなければセガキャッシュはセガサミーホールディングス内部のごたごたでうやむやにされてしまうかもしれません。

 実は今月上旬に「POOKはいつ始まるのか」という質問をSEGAlinkサポートデスクに送りました。回答は10月8日時点で「未定」。8月末クローズで、一ヶ月程度で再開かと思いきや、実は何も決まらない状態でクローズしていたことが判明したかたちです。
「ご理解のうえ、ご了承いただきますようお願いします」とありましたが、それは難しいだろ;と呆れました。ついでに呆れた文面。

>※掲載内容の無断転用、転載はお断りいたします。
 何の権限があって私に命令を?私はこの時点においてSEGAlinkユーザーでもなければPOOKのユーザーでもない。どちらのサービスも行われていないから。よって、規約等に従う理由もないどころか、問い合わせのメールの返答に対しこのような権利を主張されるいわれすら無いわけですが。それどころか、セガサミーメディアは私に対しセガマイレージ1000ポイント分の負債(と言ってかまわないよね?)を抱えている立場なわけですけれど、何をどうすれば被害を被ったユーザーがわざわざ手間かけて問い合わせた内容を公開することに「待った」をかける無礼を行える立場であると認識できますか?

 役員会の決定にやさぐれて給料泥棒は勘弁ですぜ。最悪訴訟もあるのは播磨翁さんが例のストーカーの件でPTA動かしたあたりでもう気づいてるだろうに。規約の実行権が存在しない今、起こす気になれば裁判は東京地裁以外のどこの地裁からでも起こせることを忘れちゃいませんかと。コミュニティの運営ってのは突き詰めれば人権管理。そのビジョン甘すぎる体質をなんとかしないことには、どうにもならない。

 まあ個人的な憤怒はさておき(ぉ、POOKという新しいコミュニティを構築し、SEGAlinkのログを引き継ぐ予定という決定がいつ下ったのかは不明ですが(恐らく早くて役員会の時期だから5月頃、遅ければ「重要なお知らせ」が出た7月中?)、怖ろしく取り回しの悪いシステムの悪評に悩まされた経験から大幅にシステム変更があると考えて、既存のログが読める新規のコミュニティシステムを5月ないし7月から設計開始したとすると…何ヶ月かかるもんなんでしょうね。ゴーストデーターが多いとはいえ膨大な個人情報を預かっている(分社化にあたって個人情報がセガからセガサミーメディアに勝手に譲渡された件については残念ながらSEGAlinkの規約を閲覧できない今正確なコメントはできないのですが、なんとなく法的にグレーな気がする;少なくとも私は承諾した覚えはない)わけですし、それらを正確に管理するシステムだけでも3ヶ月やそこらじゃ仕上がらない気がしますし、ユーザーインタフェースや課金管理システムも一新するとなるともっとでしょう。

 セガサミーメディアがSEGAlinkの後継サービスであるなら、せめてインターネットラジオのKlapに関する情報を元SEGAlink会員にメールで流すなどして、「サービスの継続意思がある」ことを明確にすべきでしょう。それを行わないあたりの「ユーザーないがしろ体質」が結局そのまんまなので、一連のストーカー騒ぎや迷惑ユーザー騒ぎで一般ユーザーがしなくていい苦労をさせられた(少なくとも他所のSNSではあんなことは起こり得ない)という体質はPOOKでも変わらない気がしています。担当者S氏が配置換えになったんで、てっきり運営側の人間全部入れ替えるのかと思ったら、そうでもないみたいですしね。上記の通り、体質は相変わらずですし。

 セガサミーホールディングス株主の方には、こういう無駄と迷惑が年度をまたいでなおグループ内に存在している事を認識しておいてほしいです。セガサミーメディアのサイトによるとKlapは「人気を博している」とのことですが、真偽の程は不明です。そもそもどうやって収入を得ているのかも不明なサイトですが>Klap
 ちなみにセガサミーメディアの資本金は8億円。セガ本体がコンシューマーで今の値段だとどうだろ、2~3本外した程度の資金で済んでますんで、今のセガサミーホールディングスなら資金繰り悪化した瞬間に解散してしまいそうな気もします。(IRライブラリを参照のこと)ネットワークビジネスにおいて8億円でできること。果たして?

 おおいに今後の先行きに不安を覚え、かつ仲間と再会できない現状を嘆くわけですが、調査のついでに面白い資料を発見。昨年度のコンシューマーゲーム市場内訳です。注目すべき点がいくつかありますが、日米欧それぞれの販売タイトルあたり販売本数を計算した場合の市場の活性や、PS2を除いたハードの販売本数内訳は非常に興味深いです。今年に入ってだいぶ動いた筈ですが、現状だとありえないシェアになってます。(セガという会社のソフトが特殊なせいかもしれませんが;)今期の決算も早く見たいところです。
 そして、一応今期のセグメント別計画。ええっと「消去等 80億円」って;
 見なかったことにして今期目標を見てみると、最近よく話題になる「セガのタイトルが日本で出ない」という事態の理由が明記されています。欧米が重点地域なのは今期の決定事項で、既にセガはキラータイトル以外では日本での展開をあまり望んでいません。これもどうだろうと思いますが、今回はとりあえずセガサミーメディアの話ということで。とりあえず、3月期のビジョンには一切この会社の記載は無いので、役員会でいきなりお取り潰しを食らった上慌てて立ち上げた会社であることがバレバレです。

 さて、予定外の「セガの捨て子」は今後どうなっていくんでしょうか。あと私たちのセガキャッシュとセガマイレージ。(QUOカードばら撒いてゴメンしちゃった方がいいと思うけどねー(苦笑))

 最後に伝言板、にゃんこさん、トモチャン、サササンさん、チョブタン、ユダ、愛守たん、うっかりこのブログに気づいたら(笑)連絡下さい。下のコメント欄でいいや。(書かなかった友人の影はもう踏んであるんで大丈夫w)

| | コメント (0)

「約束の場所へ」モード

関連リンク: 新庄、日本一を花道に現役引退…号泣そして笑顔 : プロ野球 : スポーツ : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 続けて新庄ネタですが、記事があまりに素晴らしかったので。最後の3行に尽きます。

 なんというか、「スタジアムの精」みたいなのが新庄には見えてて、真の「プロ野球」選手を目指してたのかなーと、カレイドスターかぶれの私はこっそり思ってしまいました。

 CTさんが前の投稿にコメントしてくださってる通り、今年はWBCの劇的な優勝がまずあって、夏の高校野球も面白くて、野球全般良かったんですが、終わってみればなんというか、主役はこの人と、それを取り巻く人たちだったなぁとつくづく。日本ってあまりプロスポーツがそれっぽくない国って印象だったのを、彼が変えてくれた感じで。メジャー行く前から奇抜な人だったけど、帰ってきてからの姿は「なんか、プロアスリートっていうのはこういうのじゃないのか」って感じで。なんてのかなぁ、高校野球の延長みたいな、真面目一辺倒な人ばっかりじゃつまんないでしょ。多分高野連とNPBが繋がっちゃってるせいで堅苦しいんだと思うけど、「すべては歓声のために」(NPBオフィシャルサイトより)と言うなら、選手の個性ってもっと尊重されるべきだと思います。

 いい試合をするだけで終わらないからプロなんでしょ?って私は思うし、新庄選手のスタンスだってそうだった筈。まずファンに愛されないと。そのためには技術や成績だけじゃ全然足りない。それじゃ高校野球と変わりない。お金払って見に行く試合なんだから。もっと観客を引きこまないと。野球自体を正々堂々とやってるんなら、他は別にどうだっていいじゃんと思います。彼はそれを頂点で証明してみせて、そして去っていきました。

 来年のプロ野球が、今年よりもっと面白くありますように。選手さんたちにはもっと自分に正直になってほしいし、オーナーやコミッショナーなど選手以外の人間はそれを邪魔すべきではないと思います。

 きっかけは与えられました。次なるヒーローの登場を待ちつつ、来シーズンを待とうと思います。

| | コメント (0)

2006年10月26日 (木)

映画みたいなシーズンモード

 今年のプロ野球は、なんか新庄というものすげぇヒーローがすげぇ仲間たちと時に苦しみつつも戦って、戦って、戦い抜いて、野球とは縁遠い感すらあった地に栄光をもたらして「去っていった」←超重要、という、なんか4クール51話感動をありがとう(違)って感じの一年でした。最初から新庄が主役の物語と決まっていたかのような。

 本当はセリーグ側が阪神で、今日の流れになっていたらそれこそ出来すぎってくらい完璧に物語だったのになぁと、そこはちょっと残念でしたが。

 今シーズンあったことは長く語り草になるのでしょうね。日本のプロ野球史でもっともマンガなヒーローの雄姿とともに。新庄選手、お疲れ様でした。日本ハムの皆さんおめでとう。

 

 次にああいう選手が出てくるのは、果たしていつのことやら。
 とりあえずその時まで、地味に楽天応援してます(笑)。

 にしても、セリーグ、霞んだなぁ…。

| | コメント (2)

2006年10月25日 (水)

髪を切った私に~♪モード

 顔に肉つきすぎだボケェとセルフツッコミ。orz
 あぁダイエットしなきゃ。ぐすんぐすん。
 4ヶ月ぶりに髪切ってきましたよ。行き着けの美容院のお兄さんと久々に話してきたんですが、「前来た時北方領土行くとか言ってませんでした?」「ええ!?そんな前だっけ!」という話に。そうだ北海道行く直前に切ったんだった;道理で伸びるわけだ。

 で、美容院のお兄さんといろいろ喋ってる中、「そういやあのバッグ、えらい重いすけど何入ってんすかw」と言われたので、これでもいつもより軽いよと言いつつ、携帯とZERO3とGeko201と財布(テルミット)、メモ帳とペンとダイヤモンドシャープナー(M-5)で、いつもはPSPが入ったり、ポーチあと2つ増えたり(H-1、メガロリポリ)するってな話をしてました。で、家に帰ってここのアクセス履歴の生ログをぼんやり見てたら、検索で飛んでくる人がどんな検索をしてここに来たのかわかって一部微妙に吹きました。

 根本的主観の違いから不幸なことになってこのネタを書いていませんでしたが、Maxpedition、ないしJUMBOなどをキーワードにぐぐって飛んでくる人が結構いたので、折角だから残りのレビューもしてしまいます。

Maxpedition thermite versipack
 テルミットと読むらしいです。こいつの使い勝手わりととんでもなくて、あれだけJUMBO持ち上げておいてなんですが持久戦ぎみになる移動時以外JUMBOは使わなくなりました。
 メインハーネスの長さを調整することでショルダーバッグとしてもウエストバッグとしても運用できます。ウエストに装備した場合は主に腰の左右いずれかが定位置です。太腿に巻いてテルミットを固定するためのレッグループというハーネスがついてきます。山とか入る時は装備したほうが動きやすいですが、普段は必要ありません。JUMBOと組み合わせた時、ベルトループ(ベルト固定用の輪っか)をテルミットのメインハーネスに固定するとフル装備でも走れます。国後で実証してきました。
 メインハーネスが同じ軽量Versipackであるtoadstoolよりしっかりしているので荒く扱える安心感があるのと、普段使いのものがとりあえず全部入ってる(上記参照)のがポイントです。ベルクロ式サイドポケットがついてるモデル(Versipack、ポーチ問わず)全ての特徴ですが、蓋にあたる部分は長さを調整できるので、幅さえ合えばわりと縦長のものも入ります。主気室には紐で口を絞れるタイプの内蓋があり、フロント側ポケットはファスナーが1つで方向を選びますがわりと大きく、ちょうどW-ZERO3(WS003SH)がびしっと収まります。
 あとはJUMBOにもありましたがスリップコンパートメントがあります。片手がぎりぎり入るサイズなので、実戦で使うとしてナイフか、銃の場合ワルサーPPKやベレッタM1934あたりが限界っぽいです。
 基本的にコレ+ポーチのどれか、という組み合わせになります。メインハーネスに他のポーチを通す形ですが、ショルダーで使ってもその運用で違和感は感じません。(ショルダーパッド入れるほど重いもの入れられないし)

Maxpedition H-1 waistpack
 主にコンデジとメモリカード、電池とぷち三脚を入れて持ち歩くのに使っていますが、テルミットより小規模な運用をしたい場合(財布と携帯ありゃ十分な時)は、むしろ主気室の蓋にロックがつくテルミットより広いベルクロだけで蓋を固定しているこちらの方が取り回しはいいと思います。主気室へのアクセスの簡単さは特筆もの。これも口を紐で絞れるタイプの内蓋つき。主気室の前側にはベルクロで簡単な固定をしてあるポケットが二段。
 他と組み合わせる場合、左のサイドポケットいらないんですが(そういうモデルがあったら2つは買うのに)普通にベルトに通して使うならこれが一番いいかもしれません。背面PALSウェブでマリスクリップが使えますが、テルミットと組み合わせたり、普通にベルトポーチにする場合はPALSのプレート部そのものがベルトループなのでマリスクリップは不要です。PALSウェブの中に隠しポケットがありますが、小さいのでたいしたもの入りませんし。

Maxpedition M-5 waistpack
 フロント側にロックつきの蓋がついてますが、ロック外してさらにでかいベルクロで厳重に中を保護してるわりにそこは主気室ではありません(笑)。パーティションで3つ程度に区切ってあるでかいポケットです。
 主気室は側面のファスナー(2つ)で空けるタイプで、これまたパーティションが入っているのでファスナーを開ききってしまっても前側にばったり開いて中身解放という事はないです。ただし、このパーティションのせいで容積相応の荷物が逆に入らないというデメリットも抱えます。私はメモ帳とペン、PSP、BUCKのダイヤモンドシャープナーを入れてます。背面はPALSウェブで、ベルトループとして機能させるためポーチ背面との間に隙間を作ってあるのはH-1と同じですが、こちらはでかすぎて収まりが悪いので、マリスクリップで固定したほうが扱いやすいです。勿論こちらのPALSにも隠しポケットつき。十分な容量があります。ただし、マリスクリップを使って蓋をしてしまうと中身すぐには取り出せません。

○その他のもの・余談の類
 glimlocは個人的に全くオススメしません。PALSウェブがないとほぼ無意味な上に、固定はめんどくさいわ開閉もめんどくさいわで正直何に使うものなのかわからなかったほど。これ買うならKeyperが断然オススメです。ベルトループでもPALSでもOKだし、買い物袋の類が片手/一瞬でぶら下げられます。しっかり保持してくれる上対加重もばっちり、荷物を外すときも片手で一瞬です。そしてKeyper自体もベルクロを剥がすだけで簡単に脱着できるので、装備順の変更が容易です。universal flashlight / baton sheathはSurefireの3セル系使ってる人にはものすごくオススメ。(2セル系の人はSingle Sheathで十分)ベゼルを保護してくれるだけでなく、取り回しもいいです。私はJUMBOの主気室上の蓋のポーチについてるPALSにマリスクリップの長いほうを横がけして、そこにこいつをつけてます。

 結構今あるもので満足してしまっていますが、足すとしたらmini Rollypolyを1つとH-1もう1つかな。テルミットがもう1つあってもいいかも。ちなみにテルミットの背部をPALSにしてスリップコンパートメントとハーネスを取っ払ったものがM-4と考えるとよさそうです。

 以前Mega Rollypolyを褒めた記憶がありますが、今はあまり評価していません。あれを装備する空間があるなら、エコバッグ(最近流行りのお買い物用布袋・きわめて安価)を折畳む、ないしスーパーの買い物袋を畳んで結んでおいて、それを他のポーチに入れておいたのをKeyperで吊るすほうがずっと手っ取り早いです。Mega Rollypolyが真価を発揮するのはむしろ山の中などで収穫を行ったりするときです。普段使いには向いてないです。

 財布類はPUGもRATも相当でかく、これ財布じゃなくてポーチじゃんの世界なのでどちらも薦めません。Micro Walletはよさそうですが。

 Maxpedition関係はそんな感じです。副装備品についてですが、今都内では「刃物の添付された道具を見るや拉致換金してカツアゲをする国営の営利団体」が超特大活躍しているため(目的あっても難癖つけて拉致られるそうです。秋葉原でビクトリのサイバーツールが駄目っつったら全滅でしょ?:Pサイドポケットのとこでレザーマンの話をしなかったのはそのせい)刃物類は装備品に入れていません。なんか首都圏だけかと思ったら、最近地方でも模倣犯が出始めたそうなので。また震災あった時のために覚えておいてほしいのですが、連中のせいで「その場に刃物1本あれば救える命を救えなかった」という事態が発生した場合、その一部始終を記録した上で当該組織を告訴して下さい。誰でも構いません。その場合、「この人は警視庁の内部の出世レースが原因で亡くなった」と言ってしまって構わないです。(あ、書いちゃった:P>国営の営利団体)

 あんだけ派手に刀狩りしといてなおアキバのメイドが襲われるという。「これで取り締まり強化の必要が」じゃなくて「この人たち真面目に仕事してないので全員クビ、ないし地方に左遷で地方から人員吸い上げ」とすべきでしょ。国会の議題に上らないのが不思議な程の大問題ですが。(まあアキバのメイドのあれは水商売ないし風俗なのに、それらしい後ろ盾をつけてない=ソレ系の自由業の皆さんがバックにいないのがバカをつけ上がらせた理由だと思いますが。だからってアキバに連中が出てこられたらそれこそ大迷惑だけど)性犯罪の実行犯は最低だと思うし、現場に居合わせたら挑発して正当防衛としてボコると思いますが(苦笑)彼女ら自身も一方的な被害者面できる立場でないことを認識してほしいとこですが。自分(の容姿=体)の魅力で商売してるという事において、そういう犯罪に巻き込まれる可能性は常にあると考えるのが当然で。
 私個人は彼女らは「アキバにいなくてもいい人」だと思ってますが、それでは納得しない人も多いと思うので(苦笑)、彼女らには自衛の策をがっちり施してほしいです。お店の義務だと思うし、秋葉原のお店の寄り合いでもその手の策はしっかり論議すべきではないかと。
 なに、あんだけ派手な服だもの、護身具隠そうと思えばいくらでも隠せますがな。とにかく、なんかあってから「あんなことをされました」と被害者顔すればいいんだ、誰か助けてくれる、みたいな気持ちでは、自分らで事件起こしてるようなもんだと思うけど。

 ものすごく横道でしたが、装備品にナイフがないのにダイヤモンドシャープナーが入ってるのは護身用です。Buckのセレーション用シャープナーは非常によくできてて、使い方次第ではクボタンのような感じで突けるだけでなく、もちろんシャープナーですから(笑)、ナイフでは切れません。緊急時の救助に使えないのが難点ですが、某国営団体に不当拘束食らうのは気分悪いので、東京で人助けは諦めました。(首都圏の人、私が体調崩して動けなくなっても総パスだったしw)

 

 話題は変わって。近所のホビーショップにレンタルケースがあって、レンタル料が値下げになってました。処分したい品があるので魅力的ですが、上前を20%も持って行かれるそうで;ちょっと引きました。うーむ。処分したいものは結構あるんですけどねー。葉月とか葉月とか葉月とか!むきぃ。

| | コメント (0)

2006年10月24日 (火)

乗ってみたいトヨタ車モード

 世界一の初期品質とグループ内工場において最も洗練された脚の味付けで名高い、関東自動車工業金ヶ崎工場。そこが最近ライン増設して「小型車を作る」という話になっていて、その内容が謎だったのですが、昨日発覚しました。そう、オーリスです。

 金ヶ崎工場は今までセダンメイン(アルテッツァとその輸出仕様、マークX、ベルタなど)だったので、ハッチバックのしかもCVT仕様をどのように仕上げるのか非常に興味があります。内容としては残念ながら現状自分で買うことは無さそうですが、人に勧められる車に仕上がっている可能性は大。デザインがいいし、ニュースで車体の動きを見たけどなかなか期待持てそうでした。地場産品ということで(笑)このへんのネッツが試乗車必ず作るでしょうから、なかなか楽しみです。そういや金ヶ崎車をネッツで売るのひょっとして初ではなかろうか。あの工場からは輸出もしてるので(今だとベルタ北米仕様がそうだし、オーリスも北米向けは金ヶ崎の予定)ハンパな安車手がけた事なかったので、今までネッツ車はありませんでした(ぉ。

 にしても欧州向けはハッチバックってのはもう定番なんですねー。元から売ってる車のモデルチェンジ扱いとはいえ、デザインセンターあっちだし、トヨタのいつもの「他所のアレの市場を横取り」路線で見るとマツダ3(アクセラ)狙いですな、もろに。欧州で求心力低いの気にしてんのね;別にいいじゃんアメリカで売れてるんだから。

 これを見て他所がどういうてこ入れするのかが気になるところです。

| | コメント (3)

ちょっと最近トロくない?>自分。モード

 折角見つけた霧香さん向けのディーラーさん衣装、ぼんやりしてるうちに逃しちゃうし(少量生産なので気がついた時に買わないと売り切れる;お気に入りだったので痛恨)、部屋片付かなくてTV入れられなくて困ってるのにそのTVに繋ぐNASをいかに安く調達するか研究してみたり(順番が逆でしょ)、とあるSEGAlinkのお友達からのメール2通もペンディングしちゃってるし(あれほどの人をソデにするなんて失礼にも程ない?)、ちょっと最近ダメダメさんです;髪も伸ばし放題だし;

 ちょっとここでもうプライオリティ決めてしまおう;今日美容院予約して、メールの返事書いて、部屋の小物をいったん箱にしまって、翌日箱単位でモノの移動をしてなんとかTV入れてセッティングして…と。

 ただなぁ…やっぱし物の量が半端でないので尻込みはします;困った。

 あ、そうそう。メールをペンディングしてる相手の方が無料のMMOでいいのがないかなぁと探していたのですが、私はそっち方面ぜんぜんなんでわかりません。初心者でも大丈夫そうなのあったら情報Plzです>皆さん

 とか言いながらRAに録画してた番組のトリミングしてたら朝になってる;今日も進捗あやしいなこりゃ(/_;)

| | コメント (2)

2006年10月23日 (月)

議論は肯定のためとは限らない。モード

関連リンク: 時事ドットコム「日本の核保有、国益にならず=議論は必要-石破元防衛庁長官}.

 与党にも意見が合う人間はいますな。この話が出た時から私は全く同じことを考えていました。非核三原則をゆるがす言葉を発している者がいる時だからこそ、論議をした上でその論議の上で完膚なきまでに核保有理論を排除するというのが、最も正しくかつ最も将来のためになると思うのですが。論戦で打破できない理屈であればそれは正論でないという見方も(大雑把とはいえ)あるわけですし。

 否定のための論議すら行わないのであれば、国会いらないですし(まあ、現状劇場政権なので本当に国会いらないっぽいですが)。それどころか今後実施される予定の裁判員制度の存在の是非にすら繋がる気がします。

 これは余談ですが、世の中報道されていることが全てではなく、本当に怖ろしいことは徹底して隠蔽されるものです。パニックを避けるため当然の処置。技術では先進国である日本が、うっかり核なんかよりはるかにやばいものを既に持っている可能性だってなきにしもあらずなわけですが。なにせ猫のおしっこの匂いが臭い理由すら究明してしまう国なわけですし(笑)。冗談はさておき、マスデストラクション=核兵器、という方向性で数十年進歩なしってのは普通に考えてありえないと思いますが。悲しいことですが科学の進歩は人命と戦争という二律背反する事項の上で最も加速するのは、歴史から見ても明らかですし。

 生命工学に代表される複合技術(今まで別分野として開発していたため、融和することがなかった分野との融和を行うことで、全く新しい技術を生み出すプロセス)が盛んな現状、既存科学からのパズルを行うだけでもどんな想像を絶するものが出てくるかわからないです。

 とりあえず確かなのは、自国にもリスクが大きい核というカードを切った国は、その想像もし得ない何かの最初のターゲットになり「さらなる最大級の惨劇」の被害者になる可能性が大、ということでしょう。今で言うなら自爆テロに相当する戦術・兵器を駆使した日本に対して、かつて米国が原爆を使ったのと同じプロセスで。

 核兵器という大量破壊の(現時点での)象徴から潔白であることを証明するだけで、実はより高度な大量破壊兵器の保有を隠蔽できるという選択肢として非核三原則を使うというのも(全く賛同はしないけど)やり方としては存在するわけで。最大級の偽善というやつですな。

 そうでなくても「空間は何らかの形で金になる」昨今、そこをシェアするような兵器が「経済」で循環している現代社会に相容れないのは自明の理で。それこそ常時崖っぷちで後がない北くらいしか使える国は無いと思いますけども。だから北の核(というか、北自体)の対処をどうするかは別に考えるとして、とりあえず「惰性でなく論議を重ねた末、あらためて」国際社会にスタンスを示すのは有効な策だと思います。

 そもそも他国で研究され尽くして、さして使い物にならんとわかってきた核に金突っ込むなら、もっと他にあるだろうし。結論が見えてる論議なのだから、保有理論者を潰す機会とみるけどなぁ、私なら。

| | コメント (2)

2006年10月22日 (日)

13ヶ月後のポリシーモード

 前回以来久々に日本語版ポリティカルコンパス(ドラフト3)をやってみました。すっかり内容忘れていた上に直感で答えたので、正直な結果が出ていると思います。

 結果:
 政治的右左(保守・リベラル度):0.2(前回の数値:-0.2)
 経済的右左(市場信頼・政府介入度):-0.93(前回の数値:-2.96)

 ごくわずかに右傾化した感じですが、グラフ上では相変わらずほぼ中道です。しかし前回以降に実感したこととして、「これで左と出ても実際には右って奴も山ほどいる、自分の頭で考えず、自分で調べないで先入観で物を言うから」というのがありまして、現状の日本の思考放棄者多数の社会において、このコンパスの意味は薄いように感じました。
(欧米においては結論がいかにどうしようもない発想でも、国民単位できちんと政治経済を考える文化が定着しているので…だから選挙が熱狂的になる…こういったものに意味が存在するわけです)

 このコンパスにも修正すべき点がある事はわかっていますが、大幅な数値のぶれに影響する範囲ではありません。一応ではありますが、やってみた上で自分の普段の言論と差異が大きい人は「踊らされている」ことを意識した上で、自分の本当の姿を模索してみるべきかもしれません。もっとも、そういう人が自己の差異に気づくとはあまり思えませんけれど(重ねて言いますが思考放棄しているから)。

 しかしネトウヨがごっそり左派定義されるという笑える状況はありそうです。本当に経済的・政治的に右に寄る人は、ごく一部を除きネットなんて見ませんもん。(それに気づいた麻生氏がネットで神輿を作ることに成功した件には、本人の後ろに確実にフィクサーがいる事を感じさせられましたが)

| | コメント (3)

« 2006年10月15日 - 2006年10月21日 | トップページ | 2006年10月29日 - 2006年11月4日 »