« 2006年1月15日 - 2006年1月21日 | トップページ | 2006年1月29日 - 2006年2月4日 »

2006年1月22日 - 2006年1月28日に作成された記事

2006年1月28日 (土)

午前五時、闇を裂きに出かけるモード

 先日、ビートのバルブをRAYBLIGの高効率バルブに変更しました。4000Kで少々相当W数も変わるタイプのものに。その場で見た時は昼間だったせいかあまり白っぽくも明るくも感じなくて、ちょっと無駄投資だったかなぁと思ったんですが、今朝ふと思い立って夜明け前に走りに出てみたら…白い!明るい!(笑)不思議なことに外から見るとそう白くないんですが、運転席から見るとかなり白く見えるんですなー。照射範囲内の視界も明確にくっきりしています。これはよきもの。

 実はビートのバルブは702K(H4H)という規格で、一般的に用いられるH4などと違い殆ど選択肢がありません。RAYBLIGでは今回入れたもののみで、あとはスタンレー電子のノーマル品だけです。PIAAで調べたら3種類ありました。XTREME WHITEというやつが一応4150KでRAYBLIGのものより明るさ相当数のWが高かった(しまった先に探すんだった)のですが、実はこれはPIAAのホワイトバルブの中ではスタンダードなもので、残り2つは色温度を変えない、または下げて明るさ相当数だけを上げるものでした。限定用途っぽいです。

 「ミリ単位工芸品」と言われてる車体だけあって、ノーマル形状のままHIDを積んだという猛者の話は今のところ聞いたことがないです。どうして702Kでなければいけなかったのかは未だ謎ですが、とりあえず明るさに関してはビートは不遇な車であると言えます。

 ポジションランプを白色LEDにすればもっと白っぽいかも!とか思いながらも、改善はしたので一応満足したのでした。前を走ってたアルテッツァがHID装備でなければもっと良かったんですが(/_;)。

 しかしまぁ氷点下5度というコンディションでも気持ちよく回るエンジンと違和感のないグリップを発揮するタイヤにも満足したので、よしとするのです。REV-01がどれくらい凄いタイヤかというと、免許取って長いけど車ド素人の母が「ここまで冬道で不安を感じないタイヤは初めてだ」と言い切ったほどで、実際流すつもりで挙動をかけてもほぼぶれないので肩透かしを食らうことがある程です。(ミッドシップなのにオーパーパワーかけても後ろがぶれません)乾燥路面でも夏タイヤとの違和感をそれほど感じない、というかシーズンに入ってしまうとわからなくなる程性能は高いです。これはよきもの。
 本当はMZ-03でテール流しまくりも楽しかったかとは思うんですが(笑)、前述したかもしれませんがビートの後輪用サイズのMZ-03は既に在庫無しです。純正サイズのリヤを作ってるのはBSだけなので、選択肢ありません(^^;。

 今シーズン誰かに手伝ってもらってビートの雪上走行デモをS1ISで動画記録しようかと思ってたんですが、そんなわけでタイヤが良すぎて思ったとおり派手に振り回すのが難しそうです(^^;。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

ぴんとこないこと。モード

 新年早々いろいろあるものだと思うのですが、備忘録的意味を含めて。
 喪中につき来年の新年のご挨拶は控えさせて頂きます。

 父方の祖母が亡くなりました。今朝の早朝との事でした。
 母からちらっと話を聞いた後、叔父さんから久しぶりに電話があって。
 だいぶ前に父方の祖父が亡くなった後、その叔父さんが介護していて、つい先日父が北海道に行った時はまだ元気だったと聞いていたのですが。突然でした。

 不思議と悲しくなかったです。元気とはいえ介護が大変なほどの状態になっていたと聞いていたので、お疲れ様と思ったくらいで。父方の親戚は伝聞の存在で、もう20年は会っていないので、私にとっては正直つながりを感じない存在で。母方の親戚とは交流が深く、私は母方の祖母に育てられたので、そちらで何かあると流石に気に病むのですが。

 距離が近ければもしかしたら母方の親戚同様に、人並みの感情が出てきたのかもしれませんが、正直ぴんとこなかったです。

 命の価値は均等云々という話がありますが、精神的距離感から生まれるプライオリティというのは確実に存在する気がします。率直に言って私が今回思ったのは、祖母へのお疲れ様という気持ちより、面倒をみていた叔父さんへのお疲れ様の気持ちの方がずっと強かったし。…変でしょうか。関係ない人間が死んで心が痛まないほどドライではないつもりですが、確かに「失われたほうが本人のためでもある命」をたまに認識することがあるし。…自分自身も含めて。

 朝からいろいろ考えさせられた1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

短期間に何人お迎えする気だモード

 あ、まずはうちのフェミさんのパーソナルネームを決めましたのでご報告。
 『霧香』
 といたしました。(きりか、と読みます)
 もう一人お迎えしたら多分名前はミレイユではないかと思います(笑)。
 霧香さんには当面、サークルのマスコットキャラのコスプレとかで頑張ってもらう事にいたします。元ネタを知る人には「胸が大きすぎるのでは?」と言われそうですが、私もそう思うので大丈夫です。(ぇ

 ところで霧香さんがうちに来る直前まで、購入を迷っていたドールがありました。
 同じボークスのカスタマイズフィギュアを検討してたのですが、これは「顔を描く技量が絶対に必要」なことが図らずもオークションでわかったので(笑)、ちと諦め気味です。CTさんみたく綺麗に顔描ける人にはよさげなのですが。ちと残念。
 でも新しいヘッド入れたらメイクは覚えないといけないのはDDも同じなんですよねー。お化粧覚えるのかワタクシは。ひー。

 お話変わって。かずたろさん分の献本を今日発送しました~。何事もなければ2日程度で到着すると思います。昨年の号を1枚にまとめるというテストをしたのですが、結局CD2枚にしても重量は50gを超えたので(^^;、送料軽減の試みには失敗。1枚だとどうなるのか現状不明ですが、赤い車の会の本のCDは送料110円(クロネコメール便)から、となりそうです。近日通販受付開始します。

 さらにお話変わって。BS-i分の先週のローゼンメイデントロイメントの録画チェックをしてみたら。…なんでチューナー直でリアルタイム録画したのにコピーガード入ってるの?;
 一回録り逃しちゃったよー(/_;) ePステーションのおばかめ!
 仕方ないので今日はスタビライザー間にかましました。これ使うと画質落ちるんであまりやりたくないんだけど、まあ仕方ないか。コピーじゃなくて普通のエアチェックだっつーのに!あぁもう。仕方ないので10話はキッズステーションで妥協~。

 さて、これから今晩のお目当て落札のための戦いが始まるわけですが。
 なんか最近の私、昼間はのらりくらり、夜は地下プロレスで死闘を繰り広げる闇の住人みたいな状態になってますな。うひー。
 これが済んだら採寸に入ります。ドキドキです(だから誰か連れ戻してTへT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

方々の皆さんに感謝モード

 うちの娘のために私個人もここのところ奮闘中(笑)ですが、昨日から今日にかけてオークションで最初に落札した衣装が届きました。がくたんセンセがプライベートで着てるようなアンティーク調のドレス他ですが、仕上がりがとても良くてびっくりしています。
 でもって本日、小物を2点ほど落札。出品者さんとの連絡もスムーズに行きました。あとは届くのを待つだけ。

 さらに今日、瑠瑠ママからメールで凄いお申し出が。
「娘さんの3サイズ教えて!」
 実際にはもっと詳細に採寸して教えて!とのことだったのですが、
 なんとレイヤー様直々に衣装制作して下さるのですかッ!!(/_;)
 もう嬉しい限りです。頑張って採寸します。

 そして必要なのに無くて困っていた「ピタっとウィッグ」を、六角くんが先程「押さえたよー」とメールくれました。超助かるよ!!(ToT)これでやっとあれやこれやポーズつけてあげられるー。忙しいところ本当にすまない!>6P

 これは早いところ名前を決めてあげないと…。

 今日の駄目な話。
 ローズさんにメールで「ぬまさん、生身の女性もいいですよ!(笑)」と言われてw、もちろんそう思ってますよ~、とレスしたわけですが、今日「採寸か~、したことないから大変だなぁ」と思いながら娘さんをしげしげ眺めてたら、なんか「えっ?」って思うくらいドキドキしてしまいました。やばいです。うちの娘さんかわい…じゃなくて、本気で人間崩壊しかかってます;
 だ、誰か連れ戻して~(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

今日は一言だけモード

 ライブドア問題で「次はどこ」「○○も逮捕されないかな」なんて話が出たりしてますが、そゆ人たちは球団買収がらみで関連各社の収益内容の比率が明らかになった時のニュース見てなかったんでしょうか。事実上ただの投資会社なのはライブドアだけで、他は本筋で十分な利益(半分以上)を出してます。

 そういうわけなんで、当該人物は人をガッカリさせる内容のメール送って来ないように。てゆうかニュース見ろ新聞読め(マスコミよりネットのゴシップが信用できると言うのなら、話すことは何もない)。株はやめとけ。以上。

 ちとオークションがらみで疲れたんで簡単に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

ここからが長いんだろうなぁモード

 倫理観念の絶望的なまでの欠如と、不道徳の極みたる言動に『賛同』してきた皆さんおめでとう。貴方がたの安っぽい知性と価値観の象徴は本日付けを持って公式に日本国から否定されました。これでキモい子供の大量生産だの理屈=現実と短絡的に捉えるボケナス共のでしゃばりだのは一掃されるでしょう。安っぽい考え方の若者に一部しぶとく支持し続ける者もいるでしょうが、十年もすれば現時点の価値観を猛烈に恥じる筈。本人の逮捕より、そちらの方が余程価値があった。これで自民全体で神輿担ぎした挙句容疑者を「弟」とまで言い放ったどこぞの総理とその犬の進退も問われれば言うことなしですが。まあ、保守的云々という言葉以前に、まともな人には譲れない大義というものが心の中に存在するのだよと。それが自身に欠如していた事を多くの人に気付かせた『反面教師』として奴の名は残るのでしょう。東証は奴に感謝すべきかもしれません。この件がなければ、日本の中枢証券取引所は「脆弱なザル」のままだったでしょうし。

 でもあっさり保釈金払って出てきちゃうんでしょうね。有罪確定しても懲役5年程度。市場に9・11以上のダメージを与えた奴への量刑としては軽すぎる。経済犯への厳罰化を即時国会で論議すべきだと思いますが。恐らく軽めのやつで逮捕した筈なんで、これから次々出てくればその度再逮捕ですから、それ前に法改正できればチャンスはある。汚名を払拭したいならそれくらいはやれ。与党さんよ。
 保釈が認められずにずるずると控訴・上告と続けば、起訴容疑は最終的に複数に上るでしょうから、結果的に本来の懲役期間より長く拘置される可能性はありますが。捜査に協力して控訴もしないほうが本人にはダメージ少ないでしょうね。

 奴の手口がまずかったのは近鉄買おうとした時のオーナー会議時点でとっくに財界には知れてて、正直これでもまだ東京地検特捜部は仕事が遅かったと思いますが、これから叩きに叩いて埃を出しまくってほしいもんです。

 たぶん昨日の社長ブログが、(ピー)がマンセー状態になって捜査の邪魔になるきっかけになると地検は判断したんじゃないかなぁと。欺瞞や詐欺・架空請求の窓口として大活躍したLivedoorブログですが、最後までそういった趣だったと。やれやれいい迷惑だったけど、これで一安心か。正直、かの会社でブログ書いてるってだけでその人物への信頼度半減以下になるような状態だったんで、これを機にサービスすっぱり畳んでほしいもんです。外資に食われて顧客情報いいように扱われるよりゃまだマシでしょう。

 ともあれ、まだかまだかと苛々してたんで、今は「やっとか」半分「これからだな」半分って気分です。

 で、沖縄の一件は自殺だとしたら超人的なまでの能力で自害したと思えるんですが、沖縄県警の見解は本当に自殺なんですか?当事者の死を知らされた今回の主役さんの「これ以上誰も死なないでほしい」という言葉に、個人的に猛烈に含みを感じたわけですが。

 やっと動き出した歯車。思いもしない方向にまでいろいろ波及するかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

ようやくセットアップ、そしてうっかりモード

 というわけで、セットアップ済みました。←リンク先に小さい写真。あとでちゃんとしたの撮ります
 組んでみないとわからない困ったポイントがありまして、頭を抱えました。出荷状態だとウィッグを固定する素材(ボークスから出ているピタっとウィッグとか)が添付しておらず、ようするにウィッグがずれたり落ちたりもう大変です。両面テープ使うのもなんだし、近場にボークスある人にかわりに買ってきてほしいのですが;困りましたいやほんとに。髪も人間のロングヘアの女の子と同じで広がったりしやすいので、ミスト類とコーム必須かも。

 で、髪で印象が変わるんだなーと気づいた私、気がつくとヤフオクでウィッグにやたら入札していて(^^;。衣装よりウィッグ多くしてどうするとか思いつつ(笑)、まああっても困らないかと。

 次に東京行ったら衣装もですが、メイク道具も買わないと。できればヘッドとアイも欲しいところです。フェミ標準の目はハイライトの入り方のせいか、遠巻きだと右を見ているように見えるのが難点です。(近くだと正面に見えます)

 とりあえず髪が固定できればいろいろポーズを取らせることができそうなので、ピタッとウィッグを5つほど、急ぎ調達したいところです。

 で、頑張ってセットアップしてたらオークションのネタいくつか逃しましたorz
 ねむ音夢の予約はまだ間に合うみたいだけど…しろさん買うみたいだから私はいいかな。ふせ目に未練はありますが、6万あったらオリジナルの子をお迎えしたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月15日 - 2006年1月21日 | トップページ | 2006年1月29日 - 2006年2月4日 »