« 2006年8月20日 - 2006年8月26日 | トップページ | 2006年9月3日 - 2006年9月9日 »

2006年8月27日 - 2006年9月2日に作成された記事

2006年9月 2日 (土)

ひさびさにS2000に乗ってみた+ドール話モード

 今日はLAY師を誘ってJUの中古車市を見てきました。で、道すがらホンダクリオに珍しくS2000が置いてあるのを発見して、ちょっと運転させてもらってきました。(マイナー後のモデルなのでS2200に当たるモデルです)

 前回乗った時はタイプVで、何から何までダメで酷評してたのは試乗記読まれた方はご存知かと思います。で、今回乗ってみた大雑把な印象はこんな感じ。(ノーマルでした)

○よかったとこ○
・あくまでドライバーファーストなコックピットレイアウトがいい感じ
・剛性は凄い
・切り込んでいった奥の方の安定感と接地感は凄まじくいい。不安感皆無
・エンジンが以前のものと違いトルクだるまで乗りやすい
・以前よりギア比が適正で操作する楽しみはある
×だめなとこ×
・ステアリングのセンターが眠い(センターダルで外側が超リニア、カプチーノにそっくり)
・トルクで解消してなお車体の重さを感じる(性能的に不備はないけど感覚的にダメ)
・相変わらずエンジン音がガサツで震動がひどい
・ビートより運転席まわりにモノ置く隙間がない
・細部の配慮が値段相応に程遠い
・シフトレバーが長すぎる(短ければクイックでいいシフトになるのに)

 これより「運転して楽しい車」がセダンやワゴンの形で存在するのがホンダとしてひっじょーにまずいなぁと思いました。速いけど速いだけだしねー。でも、かっこはいいなぁと最近やっと思えるようになりました(^^;。
 確実に以前のモデルよりは進化していますが、私たちが求めているものとは根本的に違うように思います。ぶっちゃけ、ホンダ車っぽくなさすぎる。(強いて言えば、配慮の類のあまりの欠如がホンダっぽさ?とか思うほど)
 そろそろやり直しの時期じゃないですか?とメーカーには問いたいところ。

 

 話題変わってドールの話。
 来週のアフターでキョウコさんを買うつもりでしたが、ちょっと悩んでます。えっくすきゅーとの子をもう少し揃えようかな?と思い中。月曜にアゾンに電話して、思惑通りに事が進んだらキョウコさんは買わず、白ボディDDは素体から仕上げることにします。ないし冬ドルパに新作の子が出るならその子を。

 今日なゆりんから例の子が届きましたが、まだ未開封です。待て次回。

| | コメント (0)

2006年9月 1日 (金)

ホラ吹きは必ず馬脚を出すモード

関連:拿捕された吉進丸、船体に弾痕40発…乗組員が証言(YOMIURI ONLINE)

 おいおい、ちょっと情報操作にも程ないか;ちょっと考えれば明らかに嘘だとわかるだろこれ。こういうのを読売が報道していいの?
 明らかに今回の事をネタに北方領土関連で揺さぶりをかけようとしている日本政府の魂胆が見え見えで、しかもウヨっ子たちがこぞって例によって右倣えでぎゃあぎゃあ騒いでるもんだからいらない亀裂ができそうになってる。ロシアちゃんと謝ってるのに。主権侵害したのは日本だよ?同じ事竹島沖で韓国相手とか、尖閣まわりで中国台湾相手に起きたらどうなるよ?絶対正当性を曲げようとしないじゃん、日本が。謝りもしない筈。

 てなわけで以下のような文面をお問い合わせフォームからブン投げてきました。

『このニュースですが、非常に信憑性が低いです。二人の乗組員を国境警備隊及びロシアの捜査当局が捜査終了していないのに「証拠物件」である吉進丸に近づける事は普通に考えてありえませんし、そもそも「関係者」が誰なのかという点も不明瞭です。
インターファクスの報道の方が正しい根拠も存在します。私は7月に引揚者の2世として墓参団に参加してきましたが、その際上陸時に会った国境警備隊員の装備はAKS-74自動小銃でした。先の報道で威嚇射撃は自動小銃で行った旨が書かれていましたし、それ以上の銃で発砲した場合船の破損はもっと甚大だったのは明白なわけですが、係留されていた吉進丸がそれほど破損していなかったところを見ると自動小銃を使用したことは間違いないと思われます。で、本題ですが、AKS-74の装弾数はカートリッジあたり30発です。インターファクスの発表と合致します。
貫通により弾痕が増える可能性は否定できませんが、今回の書き方だとロシア側が嘘を言っているようにしか読めません。

今回の件を発端に非常に気になったのですが、一連の報道が反ロシアの空気を強調する意図に支配されているように思えてなりません。墓参で訪れた私たちを彼らは友好的に迎えてくれました。率直に言って、故意に日本人を射殺したかのような今回の報道の仕方は、実際に彼らと接した人間から言わせてもらえば「ありえない」の一言です。
せめてその関係者とやらだけでもはっきりさせられないでしょうか。裏づけのしっかりした、カドの立たない「中立」な報道を御社には求めます』

 追加事項があるとすれば「ブリッジも撃ったなんて!」とか騒いでるウヨいますが、国境警備隊の船(てゆうかボート)、小さいんです。ほんとに。誤射に関してもそうですが、海が荒れてると本当に揺れる。漁船が体当たりしたら転覆するレベル。そんな状態でスタンディングで撃って安定した射線を出せるかというと、マンガやアニメの登場人物じゃあるまいしそりゃありえないわけで。だからって撃たなかった場合どうなるかを想像すると、あの腹立たしい北の不審船ばりの行動を吉進丸が取ったであろうことは明白で。(都合悪い事報道しないのは日本も同じ、ちゃんと根室で聞いてきたけど、ああいうグレーないしブラックな漁は当たり前に行われてて、今回拿捕されたのは正直「相手の堪忍袋の緒をぶった切った」せいとしか思えない)

 賢明な皆さんは今回の一連の報道には騙されないでほしいです。明らかに別の意図介在してます。単に領海侵犯者が順当に裁かれてるだけなので、皆さんはスルーして構わない事件です。過去の事情がどうあれ、北方四島は国際的には現在日本の領土ではありませんから。(日本以外のどこの国の地図見てもロシア領です)だからこそ「返還運動」しているのですよ。言葉のトリックに騙されませんよう。「それはそれ、これはこれ」です。

| | コメント (0)

21世紀の超技術モード

 この日記が8月31日に既に見えている人へ:
 気のせいです。気のせいですったら気のせいです(笑)。

 読売新聞だったかな、最近の新聞記事で1960年に立てた21世紀の技術の予想は6割も外れたという話が載っていました。世紀末あたりに劇的な進歩があるだろうという予測はSF作家さんなんかの間にもあったみたいで、アニメーション作品なんかでもことごとく外れていますよね、設定考証(笑)。進んでほしいところで劇的に進まず、意外とツボなところで劇的に進んだという印象がありますがどうでしょう。昔のアニメでは記録媒体はことごとく回転体ですが、ソリッドディスクになる方向で世の中進んでたりとか、微妙に誤差ありますよね。

 そして、「あれ?今までなかったの?」というもので最近になってやっと出来たものも。
 黒赤鉛筆。「え?あったでしょ?」と思った方、あれは青赤鉛筆。実は黒芯と赤芯って硬度が違うので、必然的に芯の太さが違っていました。赤が太く、黒が細かったんですな。それぞれ逆を目指すと折れたり割れたりしてしまっていたそうで。それを今回トンボ鉛筆が粘土量と焼き具合のバランス取りというすんごいアナログな仕事で製造に成功したんだそうです。使ってる木は廃材の再生でエココンシャス、HB黒と赤の組み合わせで、長さの比率は7:3。使用頻度から考えて、これを欲する人にはベストバランスということでそうなったらしいですよ。

 1960年に未来を予想した人は、21世紀には鉛筆なくなってみんなシャーペンないしホルダーになると考えてたんじゃないかなと思うんですが、どっこい鉛筆はなくなるどころかさらなる進化までしていました(笑)。やっぱり、いいですもんね、鉛筆。漢字の字面のとおり、「これは筆なのだ、固体だが」と思わせる書き味を見せることがあって、そこが好きです、私の場合は。

 こういう「ありふれたものの中に潜む不可能の壁」って実は結構あるのかもですね。そういうのをこつこつ埋めていくのがいわゆるニッチマーケット開拓に繋がるのかも。儲け話は意外なところに転がってるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月31日 (木)

波乱の8月のシメはなゆりんの大活躍でしたモード

 最初にまずお礼を。

 なゆりんありがとうっっ!!

 月末締めの仕事で多忙な中スケジュールを詰めて、私の無理なお願いを聞いて無事にあいかさんを押さえて発送してくれました。もう本当に非常手段も非常手段といった感じで、代金送料立て替えてもらっちゃったりもして本当に申し訳なかったです。

 今年は葛巻のワインが当たりだったらしいので、冬のおみやげは期待しててね。>なゆりん

 今回の件はこのあたりから続きになってるんですが、任されてくれたのがなゆりんで、電話の係が私でした。昨日の開店時間にイエローサブマリンさんに電話をしたら「未着です、アゾンさんに問い合わせ中ですので、午後2時頃電話を下さい」とのご返事で、その後2時に電話をしたら「今日メーカー出荷だそうなので明日です、店舗に荷物が届き次第取り置きの受付をしますので、電話してみて下さい」ということでした。
 そして今日、開店時間から電話をかけたのですが、開店時間はまだ、12時もまだで、あまり頻繁にかけてもご迷惑かなと思ったので2時間置いて前日と同じ午後2時にかけたら「丁度入荷したところですよ」とのご返答。早速取り置きをお願いしてなゆりんに連絡。やはりなゆりんの業種は月末の検算でちょっとスケジュール直前まで微妙とのことで、内心ハラハラしながら待っていたのですが、なゆりんは無事に仕事を終えてくれました。(夕方のニュースで関東の地震の話を聞いた時は一瞬気絶しそうに;電車止まったら私の心臓も止まってたかも;)電話をかける都合眠ってはいけないので、朝の薬を2日続けて抜いたので実は神経がかなりギリギリでした。今から安心してセパゾン飲みます(笑)。
 イエローサブマリン秋葉原店の店員さん(確かドール売ってるお店の担当の方って2~3人だったような…)にも、ご多忙中数回にわたる電話に親切に応対下さって本当に感謝です。今後も上京時アゾン関係やオリジナルドール衣装関係でお世話になるかと思います、ありがとうございました&これからもよろしくお願いします。今回のような無茶はもういたしませんので(笑)。
(以前紹介したDD巫女服もこちらでの購入でした)

 そんなわけで今月はもう、いろいろありすぎて月始めのあたり何をしていたのか正確に思い出せないほどいろんなことだらけでした。今日は今日で、SEGAlinkのクローズ日でしたし(なので、深夜から早朝にかけて、お世話になった方へのコメントをしたり継続してお話したい人にお誘いをかけたりしていました)、コミケ前と期間中、冬の申込みを含めた事後処理のあたりは勿論、既に取材を始めているので実は週末も飛び回っていました。家に居たら居たでネーロイムス地方に出向いていたりで(笑)。コミケ後の発送物が送れていて今回のライターさん他にはご迷惑をおかけしています。(もうちょっとだけ待ってネ)

 先月下旬まで含めると生涯で最も短期間に長距離を移動した時期でもありました。なんというか濃い夏でした。いろんな人にも会って、いろんな話をして、いつもこうならどんなに幸せだろう、でも毎月だったら老い先ますます短いなぁという月でしたw。いろいろ教訓も生まれましたので、次からもうちょっと上手く立ち回ろうと思います。

 明日から9月ですが、創作活動に専念の予定です。全く狙ってないですが、エンジンかける意味でとある小説賞向けに作品を書いてみるつもり。単発ネタを考えていますが今のところ小ざっぱりとまとまるネタがストックに無くて困っています。どうなることやら。

 今週末は中古車市を見に行って、その次の週末はドルパアフターでキョウコさん購入作戦です。寒暖変化の時期に入るので、神経やっちゃわないように気をつけて動こうと思っています。残暑が抜けた頃に自転車に久しぶりに乗ろうかと。

 それでは来月もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この子はドール?それともフィギュア?モード

 メガハウスの葉月さんが届きました。一応フルアクションフィギュアということになっていて、髪の毛がソリッドなのですが、衣装がちゃんとした布製で着せ替えができるので、「半分ドールみたいなものだよなぁ、これ」と思っていたわけですが。

 パッケージを見たら「オビツ製作所のボディを使っていますヨー」とあって、しっかりドールであることが判明しました(笑)。ドールヘアの使用がドールの定義である、てな理屈が存在しなければ、ですが。しかし勿体ない、ここまでやったならドールヘアで出しても全然問題なかったと思います。むしろドールヘアの方が着せ替えさせやすいだろうし。頭が少々大きいので、髪を外してもウィッグ被せられない感じなのが残念。誰か試さないかな。
(ってゆうか、首外して植毛ヘッド買ってきて似たような顔描くだけでいいじゃんという説もなきにしもあらず(^^;)

 しかし、オビツボディでこの値段はちょっと涙出るなぁ;高すぎ。ネコミミドレスとワイシャツの2セット衣装になってるとはいえこれはなぁ…;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

ぬまにゃんを取り巻く経済活動モード

 主になーししょーが貢献して下さってるんですが、今期(06年サードクオーター)のAmazonのアソシエイト、そしてバリューコマースのアファリエイトがとても調子いいです。バリューコマース側はほとんどなーししょーで一部私が楽天BOOKSですが(バリュコマは自売OK)、Amazonはほんと多くの方がいろんなものを買って下さって、びっくりしながらもとても助かっています。サードクオーター(7~9月)って過去2年の実績から言って、一番モノが出にくい時期なんですよ。だけど何故かエレクトロニクスとかも好調ですし、驚いています。皆さんに深く感謝です。

 ちなみにそれぞれの四半期の傾向ですが、
○1st(1~3月)
 3月の決算期に向けて2月から出物がかなり出るので、堅調。クリスマスシーズンの買い洩らしを補う買い物も1月に入るので、わりとフラット。
○2nd(4~6月)
 6月のボーナス期あたりにラッシュが。4月開始番組のDVDの1巻もその頃なので、ほんとに6月の後半勝負。前半はGW出費があるのでちょい厳しいですが、1st期の番組のDVDが継続してくれてなんとか。
○3rd(7~9月)
 本来ならDVDの継続くらいしか要素がない時期です。特に8月はその…うちのお客さんがらみのお祭りが2連発ですし(笑)、お盆あたりは通常出費多いですからね。いつもは一番きっかけが無い時期です。
○4th(10~12月)
 言わずもがなクリスマスシーズンです。冬ボも重なるので、一番売れ行きがあります。通期で唯一、単期で桁上がりすることがある時期です。うちに遊びに来てくれている皆さんは初物に理解がある人たちなので、新ハードが出ると結構いい感じです。
 てな感じです。

 正直なところ、アファリエイトやアソシエイトで支援を頂くようになってから、サークル運営が若干やりやすくなった気もします。やはり、必要経費回収しかできていない値付けをしている現状ですので、イベント時ついでにプラスアルファの楽しみができるだけの収入があるととてもありがたかったりします。おかげで病気療養とサークル運営に専念できています。同年代の皆さんと比べるとはるかに低収入とはいえ、経験に割ける時間をかわりに貰っているわけですし。時間はあらゆる可能性に転化させられる大変な武器ですから、人として大変な支援をしてもらっているように思います。重ね重ね皆さんには感謝です。

 リンク出しは試行錯誤も若干していますが、主に自分の欲しいもの、自分が使ってたり持ってたりして気に入ってるものを出してます。売れセンを見ていくのも本気でアソシエイトするなら大事かもしれませんが、それやっちゃうと私のページじゃなくなるかもって怖さが若干あって。だからリクエストは積極的に受け付けるものの、自分の意に沿わないものを自分から出す事はまずないです。

 今後もいろいろ考えていくと思いますので、いろんな意味でご協力頂ければ幸いです。

 

 さて話変わって、昨日の話のおまけ。
 ストリームRSZのショートレビュー。
 幸い乗れたので試しましたが…前になんだっけ、eKスポーツで思ったのと全く同じ感想。「これをスタンダードグレードにしなさい」。もう、全く別な車です、1.8Lモデルとは。めちゃめちゃスムーズだし、脚もいい(横軸に頼りないのは幅のせいでしょうがないと思ったけど、それでも曲げの特性直進安定性もろもろ、シビックとはまた別方向に素晴らしい)。で、CVTとエンジンのマッチングが素晴らしくて、ちょっと混んだ幹線道で合間をすいすい抜いていくのがものすごく楽しいです。寄与してるのはCVTと絡めたパドルシフト。これがまたレシオダウン(シフトダウンというと語弊があるのでこういう言葉にしてみました。どう?)するととてもいい感じでトルクが出てくれて、運転してる感覚が常時あるんですな。プログラムの位置も適正で、刻んだ数字の位置に意味をちゃんと見出せるし。(6でクルーズしてるとこから4まで落として追い越し加速して即7に上げてゆっくりクルーズペースに戻す、といった使い方)ちょっと全般に「前進する能力」押し気味で、ノーズが鋭く入っていくという感触はないんですが(ここがシビックとの最大の相違点かな?)、曲げれば脚も車体もきれいについてくるので、曲げる楽しさで少し劣るものの、ツアラーとして考えた場合悪くないです。低速から高速まで余裕で手放し直進ですし。
 攻める必要は全くありません。ギアレシオは勝手に上がるので、パドルは主にレシオダウンに使います。インターナビ以外はつくもの最初から全部ついてて、吊るしで十二分にカッコイイので、あれはありなんじゃないかなぁ。1.8Xがあまりに酷かったんで好印象強調されてるのかもしれませんが、素直に楽しめました。扱いやすいですし。RSZに限ってはオススメとしておきます。トルクの出方が乱暴じゃないので、冬道でも楽なはず。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

ミイラとりがミイラにモード

(カテゴリーがドルフィーですが、今回はアゾン=オビツ系のお話です)

 Amazonのリンク出しでうまいことなーししょーをドールサイドに引きこめてしたり!と思ったのもつかの間、Amazon扱い分のみう(クラシックガール)はあっさりと予約完売してしまいました。で、購入方法ないかなぁと思って調べていたところで昨夜私があっさり罠にかかりました。

 この子。

 もーなんというか。
 かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいっ!!
 ぜぇぜぇ。

 という感じで、ぐっさり刺さったのですが、運命は残酷。地元で唯一アゾンの扱いがあるお店に直接出向いてお話を伺ったら、「発売の一ヶ月前に予約を入れてもなお、アゾンさんのはちゃんと入ってくれるかわからないんです、問屋さんの発注数に半分以下しか出してこないのが当たり前みたいになっていますから。しかも再生産してくれませんし」とのことで。で、大慌てでアゾン秋葉原に問い合わせてみたら「実は発売が遅れておりまして、明日か明後日になる予定なのですが、予約枠すでに満杯でして、当日枠しかないんです」とした上で「ラジ館のイエローサブマリンさんならまだなんとかなるかもしれません…」と教えていただき、早速イエローサブマリンさんに電話したら「明日明後日になりそうですが、予約は今回一切取っていないんです。当日来店か、お電話でその日限りの取り置きという形にさせて頂いておりますので、とりあえずご連絡下さい」との事。

 さあ困った(笑)。というわけでつてを辿ってみたのですが、今のところ一人だけ「なんとかできるかも?」と言ってくれたので、彼の頑張りに(あまりプレッシャーかけずに)期待しつつ、祈るような気持ちでいます;あぁ。

 ちなみにキョウコさんお迎えの意向には変化ない上、明日にはドールとフィギュアの中間みたいな感じのフルアクションの月詠の葉月が届きますので、下手すると一ヶ月でドールげなものに7万近い出費をしてしまうことになりそうです。

 ってあんた、ワンオフMSD買えるやん!!Σ( ̄□ ̄;
 少し自粛しないと…(と、お迎え直後には絶対不可能な事を言ってみるw)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

個人的備忘録とかモード

 来週末がJUの中古車展示会で、再来週末がドルパのアフター。来週のは完全にひやかしですが(笑)、再来週は本気でキョウコさんを押さえに行くつもりなので頑張るのです。ボークスのWebショップは商品管理のタイミングがいまいちよくわかんないし、勝手にログアウトするタイミングが妙に多いのでちょっと警戒していますが、まあその時は電話で通販隊にて(笑)。

 余談ですがキョウコさん狙いなのは白素体が欲しかったからで、今回のにこだわってるのは5番ヘッドがまだ市販されてないからです。決してL胸目当てではありません(笑)。恐らくそのうち白のM胸買っちゃうと思います(ぉ。にしても4番・5番ヘッドは単体市販されないのかなぁ。つり目って需要があったから製品化したんだと思うんですが。(だったら先にS胸を、という気も若干しますが、造型村は巨乳村の異名があるので無理かも;)買えそうならボディストッキングも2つ買わないと。

 昨日乗ったものをネットで追跡調査していたらいろいろ面白いことがわかりました。珍しくモチベーションが早いうちから随分高いので、次回用の原稿はさっさと始めちゃうかも。これで落ちてたらやだなー;

 今日思わず吹いたこと・なーししょーが思わず予約してしまったアゾンのドール、えっくすきゅーとのみぅたんが発売一ヶ月前にしてAmazon分予約完売したこと(笑)。ちいかたんも買ってあげてくらはい。みぅたんのとこには別なドールが入ります。こっちも刺さる人にはかなり強烈かも。正直フィギュアよりいいです(ヒント)。

 ちょっと便利なページ作成機能がAmazonについたので、ドール関係と360関係のストアはページ分けするかもしれません。ビジュアルリンクだけね。テキストはそのまま行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TDUデモの新版キター!モード

 まだかまだかと待たれてるアタリのXBOX360用カーライフMMO、「テストドライブアンリミテッド」ですが、新版デモ出てました。今回は主幹車種がフェラーリF430スパイダーになり、ついに2輪が選べるようになりました。カワサキZX-10。これがもうスピード感凄くて楽しいのなんの。

 で、さらにトピックだったのが、ついにネットマッチングプレイがデフォルトで入ったこと。ようするにMMORPG感覚で他のドライバーが道走ってます。挙動から見て明らかに人で、前回みたくよくできたCPUのNPCじゃなかったです。(ちゃんと名前が赤かったし)で、レースイベントの数もずっと増えてました。デモタイムも1時間に延長。前回の4倍。プレイヤーカー付近でAボタンを押すと相手にフリーコースでレースを申し込める仕様も勿論健在。

 バイク仲間を見つけてはツルんで走ってました。ちょー楽しい(笑)。いやぁ、これは車ゲー好きならもうこのデモ目当てで本体買っちゃって全然OKっすよ。バイクにもバックギアあるけど気にしちゃいけない!w
 これは製品版早く欲しいなぁ。待ちきれなかったら海外版買っちゃうかも…。ぶっちゃけPSUより楽しみです(ぉ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

作業車両は超エキサイティングモード

 農機の大規模な展示会があったので、LAY師匠を誘って見に行ってきました。いやぁ、とても面白かったです。普段近くで見る機械がないトラクターだのコンバインだのから、バックホーや小型特殊免許用のミニダンプカー、果ては農薬散布用のラジコンヘリまでいろいろ見てきました。詳しくは次号で記事にするつもりですが、とりあえずトラクターを運転できたのは大ラッキーでした。あとバックホーも生まれてはじめて操作しました。もぉ、はっきし言ってちょ~面白かったです。

 作業車って正確に行うのが前提な都合、めちゃくちゃ運転しやすいんだなーということがわかりました。私が運転したトラクターは前輪がタイヤ後輪が三角キャタピラという面白い仕様でしたが、とにかく運転しやすくてなんというか先入観ががらがらと崩れ落ちました。バックホーはちょい難しかったですが。小型ダンプも、そのチープな乗り味がなんとも言えず良かったです(小型特殊はその区分上、リヤにサス入れちゃいけないんだそうで)。

 他、農業に関係ないあたりでは110ccのカブ系バイクベースの後ろが荷台になってるトライクとか、10万円切ってる電動スクーターなんていう楽しいものもありました。トライクはもとよりヘルメットいらずですし、スクーターも公道じゃなかったのでノーヘルだったので気分爽快でした。いやもうほんといろんなもん乗ったなぁ(笑)。

 いろいろ欲しくなるものがありましたが、除雪ができるホイールローダーの機能がつけられるトラクターが微妙に欲しかったです。あと、先のトライクはもうぐっさり刺さりまして猛烈に欲しく(笑)。あとは牽引で引っ張れる汎用積載車がいい感じで欲しくなりました。電動スクーターも安かったので欲しかったなぁ。

 車輪ついてないあたりでは、農薬散布用の無人ヘリの性能が驚異的でした。GPSでライントレースやロギング航行、定点ホバリングなどを自在に行えて、操作は一般のヘリやラジコンヘリよりはるかに簡単とのことで。こりゃ軍事転用が問題になるわなと。立派に偵察任務は果たす印象でした。ただし農業用仕様で1300万円(笑)。デモしてたのはヤンマーの機体でした。ものすごくいいデザイン。

 で、思ったのは「とりあえず大型特殊免許」と(^^;。
 トラクターやホイールローダーの運転には必要だそうです。で、イセキのスタッフさんが教えてくれたんですが、大型特殊牽引という分野の免許もあるのだそうです。750kg以上の部品を装着したトラクターで必要になるそうですが、教習所では取れないとか。「一発取り以外聞いたことないですね~;」と仰ってました。世の中広い(^^;。しかしまぁ、そういうのはジョンディアとかの超巨大トラクターで干草積めた袋を作る機械とか牽引するんでない限り必要ではなさそうでしたが。「てゆうか公道は走らせないからね(笑)」という他社のインストラクターさんの意見もありましたしw。

 とにかく非常に楽しい1日でした。2日間ですっかり腕焼けてちょい痒いです。もう脱皮開始してます。「行商の新潟の刃物売りのおっさんに気をつけろ!売れなくて逆ギレして客にいちゃもんつけるぞ!」と危機管理情報も残しつつ(^^;、今日は楽しくおしまい。成果については写真や動画コミで冬の号で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月20日 - 2006年8月26日 | トップページ | 2006年9月3日 - 2006年9月9日 »