« 2006年6月25日 - 2006年7月1日 | トップページ | 2006年7月9日 - 2006年7月15日 »

2006年7月2日 - 2006年7月8日に作成された記事

2006年7月 8日 (土)

置き場所ないじゃんモード

 しばさんには全然及ばないけどw
 なんだか最近「フィギュア注文しちゃう病」なような。例の葉月アクションフィギュア後にも、もえそうるのセールでアルターのなのはさん頼んだ日に楽天のとあるお店でコトブキヤの読子さん注文しちゃったし。で、マックスファクトリーのコトナさんも間違いなく注文しちゃう気がします。アルターのフェイトさんも、なのはさんを頼んだ以上ほぼ間違いなく買う気配。どどどどうしよー(/_;)アイナさんのエクセレントモデルもいまだ迷ってるし。

 ここで名古屋/幕張ドルパ合わせでDD新作来ちゃったら、分割払い購入考えるかもですorz。お金、ないのに!あぁ…。

 お金出すことする前に手元でできることなんとかしようよとも思うんですが、フィギュアは時期逃すと買えないし。困ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

なのは好き諸兄に速報モード

関連リンク: ハピネット・オンライン -

 なんかプレミアつきまくってるアルターのなのはさんが普通にさっくりと半額で売られてますΣ( ̄□ ̄;!

 ついうっかりカッとなってしまいましたorz。ついでにハピネットのブラックキャットのイヴたんどかなーと思ったのですが、私の中の印象と等身や顔が違ったので見送り。ピンキー1つ買って送料無料の額にまとめてみました。3千円ちょい。

 こゆこともあるのですね;。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

深夜の秘密作戦モード

 普通の人が家に帰宅して翌日を考えて寝静まる時間まで、全くサーバに繫がらなくてブーイングの嵐なクロムハウンズですが、どうにも本の件で煮詰まってて落ち着かなかったので、深夜にアクセスしたら繫がりました。フリー対戦に顔を出してみたのですが、何故かまだ売ってない筈の東アジアのプレイヤーがいて、言葉が通じなくて大変な思いをさせられたりもしましたが、なんとか日本人プレイヤーの集まりに混ぜてもらえて、しばらく遊びました。

 面白いもので、敵味方ともども、似通った機体というのを全然見ませんでした。
 私は重いタイプよりは索敵範囲の狭いNAメイカーを積んだ、コマンダーとしてはそこそこ高速でかつ攻撃力がある(マシンガン4連。振り切りができればディフェンダークラスにも負けないことがある)機体で参加して、序盤はメインのコマンダーさんと連携してスカウトとしてコムバス(このゲームの要である索敵・通信アンテナ)を確保して回り、同時に近場の敵の正確な居場所を特定しスナイパーさん・アタッカーさんに伝える任務をやっていました。コマンダーが二人になる=正確な敵位置を押さえられるのが二人になることで、こちらの攻撃力の分散ないし集中の判断がより正確になるというメリットがありました。また、厄介な固さの敵に対しある程度のダメージを与えることが可能だったので、仮に私が倒されてもコムバスを奪回されるまでは索敵は継続的に行える上、他の攻撃担当さんが潰しやすい状態まで相手を弱くすることもできました。(逆に、生存している場合はアタッカーさんの撃ち洩らしのフォローもできました)

 しかし、私一人で何ができるかというと実はやっぱり何もできなくて、優れたスナイパーさんはじめそれぞれの皆さんがロールを完璧にこなした時に作戦が決まるのだというのを実感しました。私のような複数ロールタイプは複雑な地形のミッションで力になれるようでした。スナイパーさんとの連携でかなり固い敵も倒せますし、弾切れで帰還する仲間と交代で拠点確保をする、ないし敵が多ければ撤退判断もしくは抜け道からのカウンターを狙う、なんてこともできて面白かったです。

 機体は重いNAメイカーを積む都合装甲が薄く、足もコマンダーとしては速いですがスカウトとしては遅め。正直難儀な機体ですが、連携が決まった時の面白さは格別でした。

 ちなみに、機体を破壊されてもやることはあります。コムバスないしコマンダーの索敵・通信範囲ぎりぎりまで出て、目視で敵を確認して伝令する、というものです。これで残存機体が相手のスナイパーの餌食にならずに済んだことがありました。チームプレイは本当に大事です。殲滅だけが戦略ではないし、本当にケースバイケースです。

 機体の性能やスキルがばらばらでも、凄く面白い勝負ができる、本当に優れたゲームであることをおおいに実感したわけですが、「これでいつでもサーバーに繫がれば…」という一点において本当に惜しいです。このゲームはロングヒットの予感がします、サーバーさえ整備されればですが。そしてあらためてボイスチャットの便利さを身に染みて感じました。あの即応性あればこそのゲームだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心配事モード

 もう5年ほど、サークルの牽引役として関係者の皆さんにいろいろお願いしてるわけですが、言いだしっぺとしてずーっと心配してることがあって。読者の皆さんには楽しんで頂いてるみたいなのですが、書(描)き手の皆さん無理にスケジュール空けて執筆することに疲れたり迷惑したりしてないかなぁって。私のひとりよがりに皆さんを付き合せてしまってるのだとしたら本当に申し訳ないことで、あまり変わらないスタンスで本を作ってきましたがそろそろ少し突っ込んだ変更をすべきかなぁと今回思いました。皆さんとても多忙みたいなので、少しでも手間が軽減できて、かつ誌面が映える工夫をする時期じゃないかと。

 折角PDFなのだから、雑誌のように写真を大きく取り込むかたちの誌面構成も面白いかも、とは以前から思っていました。でも毎度時間がなくてテンプレ的にやっちゃってたんですよね;ページ数気にしなくて良いのだから、写真を裏回りさせることで少ないテキストでページを美しく見せることだって可能だと思うんです。やってみたいんですが…今回も時間的に厳しいかも。

 やってみたいことはいろいろあるけど、一人の事じゃないのでどうしても歩調を意識しないといけませんし、なにより「参加してくれた皆さんもお客さんもどっちも楽しい」が最大目標ですから、辛いなぁって思うようなお願いは極力避けたいんです、ほんとは。でもスケジュール的にいろいろあって。うちのサークルのメンバーさんは皆さん多忙ですし、今回は私自身も時期的にちょっとイレギュラーがありまして、準備等で気が急いてる状態です。もっと上手にタイミングを調整するように心がけますので、ライターの皆さんには面倒をお掛けするかもしれませんが、懲りずにお付き合い頂けますと幸いです。

 いろんな方面のお友達に声をかけて執筆して頂いているわけですが、ひとつテーマがありまして。「この人はこの分野が得意な人だけど、車輪ものだとこういうのが好きだよ」というのをそれぞれの執筆者さんをご存知の方に知ってもらう、なんてのかな、執筆者の皆さんのマルチロールな側面を見てもらいたい、という思いがあります。だから自動車という枠を作らず「車輪つき乗用とその派生」という広い枠にして、書き手にとっては普段の芸風の外を狙えて、読み手にとっては意外性を感じてもらえるようにしているつもりです。

 書き手の皆さん自身はつまらないかもしれないと感じている事でも、意外と興味関心を引くものだという実感が今までやってきた中で生まれました。些細なネタでもいいので、是非書いてほしいというのはこのあたりです。

 昔の友人で今や売れっ子同人作家であり立派なプロ漫画家の某氏は、私と関わりがあった頃はスカイラインが好きだよ、と仰ってて、最近ファンサイトを見たらRX-7(たぶんFDかな)が好き、と書いてありました。そういうのにほほーと思う方もいるわけです。有名な方でなくても、本を買ってくださる方はこの分野が好きな方に違いないわけで、そういう方はいろんな方の「個別の視点」を欲してると思います。

 私に声をかけられた皆さんには、気楽に原稿を書いて頂きたいです。普段の経験、ないし思いが、他の人にとっては十分楽しいのですから。増して本としてまとまった場合にはなおさらです。というわけで、月末あたりの締め切りに向けて、簡単な作文を書くつもりでやっていただければと思います。写真などを添えて頂ければ、こちらで見栄えを練りますので。

 今回は今までで一番「ちゃんと間に合うかな」と心配しています。同時に「どのくらい原稿が揃うかな」とも。結果的に今回も傑作になることを信じて、皆さんの原稿に期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

SX4のカタログに目を通したモード

 あれ。これってパルサーセリエSR-V?ヾ(^^;

 正直思ってたのとちょっと違いました。正道のホットハッチはスイフトに引き続き任せるコンセプトかなぁ。試乗してみないとわからないけど、今時4ATで、2Lであの値段は高いと思います。あの車にしかない、評価できる装備も多いのですが(ただしAWD仕様限定)。フロント熱線は日本車ではたぶん初なので、雪国では重宝されそうです。

 5ないし6MTで、AWDの2駆モードがリヤ側になって、230万本体切ってる仕様が出たら視野に入るかな、という感じです。走りは良さそうなんだけど、根本的な部分で先進的な快適装備に対しクルマたる部分の古さにギャップを感じてます。乗ってみないとわからないけど…。

 なんか、スズキの値付けが最近急に強気ですよね。2000のFF買うならキャラ違うけどシビックハイブリッド買っちゃう気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

ゲームで借金生活モード

 クロムハウンズ、キャパ小さすぎるサーバーに今日はなんとか潜り込めたわけですが、うっかり一人スカッド(チームみたいなものだと思って下さい、これに所属しないと戦争には参加できない)作って同じく一人スカッドの人と対戦したらボコられちゃって、機体損壊分がしっかり徴収されていきなり借金生活にorz。
 買う物買っておいたから良かったですが、モノがない状態でこれだったらへこんだだろうなぁ(^^;。
 地の理をもっと生かすんだったと後悔してます。結構覚悟いりますね、実戦は;

 サーバ繋げてしまえばほっといても落ちないみたいなので、家に帰ったらまず繋ぐ、をしないと厳しいっぽいです。19時半以降はまず繫がりません;。しかし一度繫がると参戦してなくても面白くて、最前線の状況がリアルタイムでニュース配信されます。我らがモルスコイ共和国が隣国シャル・カールの水瓶と言われる地区を陥落させるのを見てました。その先の油田地帯も時間の問題っぽいです。タラキア領への侵攻も勃発したようで、恐らく今週中にはモルスコイがシャル・カール首都を制圧するのでは、と思います。シャル・カールはタラキアに対して侵攻を続けていますが、油田地帯から首都が隣接、かつ首都が落ちればその国は当然終わりなので、今後予想されるタラキア戦も有利に進むかもしれません。

※各国の簡単な説明
・モルスコイ…旧ソビエトからの独立国で、この世界では復権した大ソビエトに復帰するよう圧力をかけられる中独立状態を維持している国。ウクライナみたいなもんかな。地下埋蔵資源があるらしい。
・タラキア…よくある「アメリカのバックアップで民主化進めてるように見えてその実隣接する2国の資源を狙うアメリカの傀儡になっている」という国家。
・シャル・カール…石油産油国で王国。お金持ちなので装備が豪華。いわゆる中東系国家。
 開始直後からアジア圏モチーフとされるシャル・カールが弱くて、腕利きの少数精鋭で何とか持ちこたえてたものの…という感じ。資源がらみでシャル・カールは東アジア連合との協力下にあるという設定だけど、やっぱみんな正直だよね;深くは言及しないけど。
 モルスコイ/タラキア比はタラキアが圧倒的じゃないかと思ってたんですが、意外やモルスコイの民が多かったです。我々は最初からモルスコイと決めていましたが、ぼんやりしてても戦争終結の気配(笑)。

 ゲーム以外のこと。
 江戸川乱歩全集のあまりのページ数の多さにへこみつつ、読み始めるとやっぱり面白いです。
 ヤフオクの間違い入札は取り消してもらえました。本当にすみませんでした;;
 スズキからSX4のカタログが届きましたよと。
 病院で年金受給の年次更新のための診断書を書いてもらってますが、症状について先生とお話してたら、いかにこの1年で神経の傷みが進行したかよくわかってなんというか悲しいです;。とりあえず発汗の制御だけでも回復してほしい…。今日も滝のように汗が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

どこもかしこも反応遅い;モード

 ココログもクロムハウンズもサーバが重くてもう;
 とりあえず後程書き直すことにして、とりあえず存在証明だけ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

来るべき時が来ちゃったモード

 SEGAlink運営事務局から「重要なお知らせ」なるメールが。
 今日付けをもってセガから切り離され、セガサミーメディア株式会社としてSEGAlink運営関係の一切が子会社化されたわけですが(5月の取締役会で決定済み)、8月末で現行サービスを中断し、順次新サービスに移行するとの事です。

 IDは確定で引継ぎ、MyHPコンテンツは引継ぐ予定とのことですが、「大幅なリニューアル」との事で、(今までさんざん叩かれてきたシステムはおそらく根本から見直される)新システムに現行ログがマッチングできない場合あっさり過去ログ切り捨てる可能性があります。だって「引き継ぐ『予定』」だし(^^;。

 で、個々のサービスそれぞれにSEGAlinkと関係のない、あえてLinkという言葉を使わない名称が使われることになるようで、かろうじてキャッシュとマイレージを統合したlink POINTというものに名を残すだけになる雰囲気。…もしかしたらSEGAlinkという名前ごとなくなるかもしれません。

 占いが無くなったりあの不気味で高価なアバターやバカ高いMyHPアイテムなどは一切なくなるようです。既に残り期間内無料開放になってます。期限が残っている購入アイテムは、前述linkPOINTとして全額ポイントバックだとか。アバターアイテムが一ヶ月制になる前にプレゼント貰いまくってた人ウハウハですね(笑)。
 あの金額設定では成立しないとようやく気づいたわけで、遅きに失した感もありますが新サービスでどう動くのか楽しみなところではあります。お金の流れについては気になるところですけどねー。セガから切り離されたので、PSUやRFのゲートとしての機能はなくなるようですし。結局、さんざん騒いだ挙句肝心のPSUの発売日がSEGAlinkの閉鎖日と重なりました。ってゆうか有料ゲーム関連は全てセガが運営権利を継続保有して、独自にSIGNというオンラインゲームポータルを作るそうです。あーあ(笑)。開設時さんざん言っていた「広告収入に頼らない運営」は失敗だったと考えてよさそうです。次は恐らく広告入るんじゃないかなぁ。今のところ有料コンテンツ見当たらないし。

 新しいのが使いやすければ更新再開も考えてみようかなぁと思うわけですが、以前ほど時間ないので難しいかも。トラブル放置主義でもはやイメージ回復不能なところまで行った感があるので、やっぱり名前は変えるような気が…。

 気になるのは人事と今後ですねー。私含め一部の予測では「正式サービスから1年(6月20日まで)で目標会員数100万人に対する達成度をみる」だったのですが、意外と厳しく動いたようで「オープンβ開始から1年で100万人」として取締役会判断は行われたように見えます。となると目標達成率って6割以下(あの時期だと55%程度←なんで情報押さえてんだよ俺w)だったわけで、しかも利用者さんはご存知の通り大半が既存ユーザーのマルチアカウントか、懸賞等目当てのゴーストアカウントで、前述のような「内部完結収入」が見込める状態でないという判断に至ったのは当然かと思われます。
 見直し再建で様子をみる判断に至ったと思われますが、分社化でセガセレクト(通販サービス)がそうであるように、セガ保有のコンテンツを展開する可能性が減る=セガファン離れる、という状況が懸念されますし、あれだけ後押しかけて1年やって駄目だったスタッフをまだ使うなら状況変わらないどころか差し引きでマイナスじゃないの?というのも。なんとなく人事相当数入れ替えな気もしますが。
 で、分社化はしっぽ切りの第一歩なわけで(セガ社内にあってサービスを停止するのと、利益の出ない子会社を1つ潰すのとでは株主に対する説明のしやすさが違いすぎ)、とりあえず猶予期間貰ったけど一定期間で結果が出なければばっさりやられる気がします。今回の件はそのような動きだと受け止めました。

 とりあえず、リニューアル後が使いやすければ特に文句はないですが、続々と登場している個人ページ持てる系コミュニティが軒並み不調な中まだマシな方なSEGAlinkが、リニューアルで状況リセットしちゃった場合果たして人は戻ってくるのかね、という思いを禁じえないです。うーむ。

   

 話変わってクロムハウンズ。

 クリア済みミッションのSコンプリートを進めてますが、どーしてもアタッカーミッション6とヘビーガンナーミッション1(笑)でSが取れません。ラストミッションは放置してるので変化なしですが。残るはその3つ、ヘビーガンナー1の移動目標破壊がどうしてもできなくて。距離いくつにいるのかわかんないし;随分試したけど成功した試しなしです。教官の命令に背いてエリア出て強行偵察しようとすると無理矢理ミッション失敗になるし。どーなってんのさー(ToT)。アタッカー6はテスト出撃に配置されてる拠点を比較的容易に壊せる機体ができてるのに、敵の進行と道中が厳しくてうまくいかず。いやー困った。

 ラストミッション終えた時点よりS埋めしたおかげでパーツは随分増えてるんですが、それを生かせるかはまた別問題で。ようはフロー構築でアタッカー6とラストミッションはどうにかなるのでしょうが(レンタル機体と同傾向の強化型なら実行可能っぽい)、とにかく距離方角さえわかればなんとかなるはずのヘビーガンナー1をどうにかしたいです;

 にしてもコマンダー7は結構むかつきました(笑)。多分スタンドプレーをオンでやるとこうなるよ、という開発側からのメッセージ的意味合いがあったのだと思いますが、それを覚えるにはフォロー方法わかってても状況が確定じゃなかったんでどうにも、でした。S取ったからもう二度とやりたくないってミッション、ちょっとあるな(笑)。

   

 最後にバカやっちゃった話。
 ヤフオクでてっきりS端子ついてると思って入札したスカパーチューナーがS端子無しと判明、一応削除のお願いをしたものの、応じない気配なので恐らく落とす羽目に。この時期3000円+送料の無駄出費は痛いorz。あるいは最悪終了待って落札者都合でキャンセルかけられちゃうかもなので、長く傷なしだったヤフオクのアカウントに傷がつくかも。どちらかを選べるとしたらお金払っちゃいますけどねー。アンテナとかICカード一式ついてるんで、誰かにあげてもいいし。夏ギフト(^^;。あ、勿論私が悪いんであって、出品者さんは悪くないですよ。入札時点で支払い義務が生じるのはヤフオクのルールですし。
 出品価格しか入れてないんで、誰かが追加入札してくれれば助かるんですが…見込みないだろうなぁ。残り3日。胃を痛くしながら過ごします(/_;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

病的なコダワリモード

 今日もクロムハウンズネタ。アッガイ先生に先をこされましたが、私もなんとかストーリーモードを終えました。今後は個々のミッション全てでSランクを目指し、なるべく早くオンラインでデビューが目標になります。でも「これはSは難しくないか;」と思ってるミッションもあるので、ほどほどにしておくつもり。

 で、ラス面はボス討伐ですが、個人的にどうしても「パイルバンカーで倒したい」というのがありまして。刺突兵器なのでゼロ距離ですがとんでもない威力、というお約束めいた武器ですが、ラスボスとその随伴機の弾幕は半端でなく、うっかり射界に入ると警告音レベルのダメージを貰ったり、薄い機体だと即死だったりしてしまうのですが、 再三トライした結果「可能な限り軽装の2脚にパイルバンカーだけを搭載して、とにかく避けてボス以外無視して密着して叩き込む」以外パイルバンカーで勝つ術はないと悟りました。

 軽装なのでボス系の掃射がクリーンヒットすると即死。ボス本体はパイルバンカー一撃では死なず、3回当てないといけない。ええ、そりゃもう地獄でございました。しかしアタッカーメインでやっていくつもりの私にとっては譲れないコダワリだったので頑張りました。

 大魔界村で剣ばっか使ったり、近接兵装のあるシューティングではそればかり狙ったりでしたが、流石に今回はマゾレベルだったかもです。しかし、最大の難局をたった3発の攻撃で、しかも他にただの1つも損害を出さず、は自己満足ですがよくやったと思います。ミッション評価は最低でしたが(笑)。こんなに頑張ったのに!

 生き死にが関わるだけに美意識を考えたりしつつやっていた、という、感じですが、ラスボスの彼は満足してくれただろうか、とか考えたり。人によって本当にさまざまな終わり方だったのだろうなーと思いつつ、私の結末はこれでした。

 CPU戦だけでもこれほど面白かったので、オンラインには本当に期待がかかります。アーマードコアほど難しくない…というか、頭の使い方次第では比較的簡単なゲームになるので、オススメです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月25日 - 2006年7月1日 | トップページ | 2006年7月9日 - 2006年7月15日 »