« 2006年5月28日 - 2006年6月3日 | トップページ | 2006年6月11日 - 2006年6月17日 »

2006年6月4日 - 2006年6月10日に作成された記事

2006年6月10日 (土)

ぬまにゃん速報モード

 すっかり疲れてばったり状態につき、本日のブログ本編は日付変更後。待て次回!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

ちと安直だったかなーモード

 経済苦しかったし親しいところからの依頼だったので受けた仕事でしたが、前任の余計な処理のせいでいきなり泥をかぶる羽目に。事後に素材として使うとわかっている写真を、素材残さずに縮小してしまうどころか、重ね合わせやるわスライスかけるわでもう素材拾えない状態に。

 やむなくクライアントさんにFAXで写真依頼したら「もう手元にないんです、前回までは更新できていましたがなんとかできませんか」それは前任が前回までのデータ持ってたから可能だった事で、小は大を兼ねないし失われた部分のデータは画像から取り出せません。無理です。

 これをいちいち説明する手間考えたら猛烈にゲンナリしてしまいました; 仕方ないので他の所から手をつけつつ、継続更新前提のHPのお手本みたいな組み方をしておこうと思います。

 凄くコードが読みやすいなぁと思ったらDWの吐いたコードでした(笑)。さもありなん。ああ、でもベース組んだ人は私よりずっとDWの使い方わかってますね。少なくとも立ち上げ以外に間に2人挟まってるっぽい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

電波がびびっとネ、モード

 朝方仕事のデータ管理してたらその膨大な量にしばし途方に暮れてしまい(笑)、試乗に逃げ出してしまいました。だめぢゃん私。

 で、なんでだろ、前からずーっと気になってた車があって。トヨタのベルタなんですが。ご存知の通りVitzプラットフォームのセダンです。先代のプラッツがどうにもダサい車だったんですが、今回はきれいなセダンの姿をしていたので妙に気になって。フィットからエアウェイブ作ったら凄く良かった(個人的に)ので、もしかして小型車ベースのセダンっていいんじゃないかなぁと、そんな期待を持ってカローラ店に出向きました。

 ベンチマークにするためにカローラの試乗もさせてもらいました。結論から言うと、ベルタいいです、試乗したのは両方とも4WDでしたが、1.3のベルタの方がのびやかに走りましたし、何より操作の追従がごく自然、かつ脚のいなしがこの価格帯ではびっくりレベルです。先にベルタに乗ったら、カローラも(社用車向け人気がよくわかるほどに)疲れにくくて悪くないとは思ったのに、霞むんですよ、思いっきり。突き上げが目立つ。シフトショックも大きく感じる。ロールの抑えはいずれもきちんとしていましたし、動力特性にも不満なし。ロックトゥロックやステアリングのセンター付近の動きも適正でしたし、ブレーキも良好。ただ、けなすとこが1つだけ。本当に惜しいんですが、センターメーターでした;(カローラはちゃんと運転席前)
 いやしかしトランクルームも後席も広かったし、シートが好みだし、ほんと、「メーターはDefiのHUDを後付けしてね」と言って薦めてしまいたくなるほどです。このクラスのオススメはデミオないしフィットでしたが、ハッチが駄目な人には無条件でベルタ、と本気で思っちゃってます。
 トヨタはこういうの埋もれてるから侮れないよなぁ…。現時点ではカローラの存在理由がない程なのですが、カローラも夏にはFMC入るそうで、ちょっと楽しみになりました。まぁでも、カローラはリース契約で社用車にするにはいいなぁと思いました。疲れにくくする努力は見て取れるし。ごくシンプルで扱いやすいし。

 続いてSI-DRIVEを試したくてスバルへ。レガシィワゴンのターボに乗りました。ちょっと惜しかったんですが、SI-DRIVEはエンジンのステージ変更のみで、脚癖が変わったりはしませんよ~と営業のお姉さんに言われて、そうなんだーと。ドイツ車なら完全に脚の介入までやったと思うんですが(笑)、さておき。ステアリングまわりがものすごい派手な状態になってて、かつデザイン的にまとまってるのが好印象でした。パドルの設計とか、スバルはドライバーが接する部分のデザインへの気配りがいいと思います。
 で、運転してみました。真っ先にS#(一番派手なモード)でマニュアルモードで加速を試しましたが、ほんの一瞬ですぱーんと前に出たので「あ、こりゃもうOKです、わかりました」と言ってIに落としてDレンジ入れました。ターボラグわからないくらい自然なダッシュで、かつ豪快。もういいやと(笑)。営業のお姉さんにウケてました(^^;。
 要所要所で切り替えをしながら試しましたが、S#>S>Iとなってるうち、Sは正直あまり出番がないのですが、S#は瞬間的に別な車にできる面白さがあり、Iはかなり頑張って抑えに入りつつもきちんと走るので(R2のRみたいなエンジン癖になります)、派手なエンジンのわりに結構燃費を稼げそうでした。
 車全体で見ると、取り回しの良さは相変わらず。少々ハンドリングが遅めかな?と思った程度で、質はやっぱりさすがの出来です。派手な車で「抑えてほしい」って思うことはたびたびあったし、やってる会社もあったので(ボルボ。S60/V70のRがそう)、スバルがそれをやった事は歓迎です。んでもまぁ、センタートンネル上に大袈裟なダイヤルつけるほどじゃないよ、とは思ったのですが(笑)。

 他走り書き。ゼストは軽自動車で一番見晴らし感が強い気がします。で、椅子が前後広い。重心が上がったかなぁと思いきやそうでもなく、ロールとかあまりしません。気になったのは突き上げのいなしがいまひとつなのと、ブレーキが甘いのと、でした。
 300C(HEMI)は、想像していた「超どっかんアメリカンマッシヴ」とは全然違ってました。とてもおだやか。で、信じられないほど静か。それでいて突き上げのいなしが綺麗なわりに脚はひきしまってるし、センター数ミリに反応する敏感なハンドリングで左右速いし、インテリアも上品だし、言う事なしです。ものすげぇでけーのですが、ふっつーに走ります。ちょっと笑ったのが助手席。ものすごく後ろまで引っ張れるんですが、トーボードから30センチくらい足が離れるほどにもできました(笑)。道理で助手席に乗っていた営業のお姉さんが喜んでいたわけだ、と。前後でシートの張りの強さが違ってて、上手に作ってある印象が強かったです。バーゲンプライスっぽい気が。そうそう、ブレーキのタッチが凄く面白かったです。
 三菱iの2WD。4WDと比較して、当たり前ですがトルクかかってないぶんステアリング軽くなります。で、エンジンの持つ味がわかりやすくなります。私はどちらも好印象ですが、2WD乗ると「軽にも5ATあっていいんじゃないかな」と思えます。現状、ちょっとエンジンが勝ちすぎで勿体ない。
 ダイハツCOO(4WD)。センターメーター;。全体に作りが安くて、エンジンがへぼい印象。思ったように進みません。JollyさんがbBの試乗で書いてたっけか、尻癖がしっかりしてる印象は確かにありました。しかしいかんせん動力性能低すぎでそれが発揮されるシーンは無さそうでした。デザインはうまい。
 ダイハツビーゴ。兄弟車ラッシュがCMで謳うとおり、見晴らしはとてもいいです。で、危なっかしい感じもあまりなく、取り回しは良好でした。速さは期待できないし、そういう車でもないという印象でしたが、「クロカンだから」に甘えずロールは抑え気味だったし、ブレーキもきちんと仕事をしたし。オプションの足回り制御を入れてMTを選べば実は結構遊べるかな、と思いましたが、遊ぶならもうちょいトルクが欲しいかも。
 ダイハツの2台は値段が高すぎると思います。

 というわけで今日の当たりはベルタと300C、ハズレはCOOでした。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年6月 7日 (水)

天気予報のウソツキモード

 降水確率10%でくもりとか言ってたから、傘持たずに病院行ったら、珍しく早く済んだので外出たら結構ひどい雨。ちょっと市内で一番でかい文具屋に用事あって一度バスで移動したら移動した先はもっと酷い雨で、ついでに文具屋に目当てのものはなく、ダイソーで100円傘買ったら最初から破れてたという、もー絵に描いたような踏んだり蹴ったり(笑)。

 気を取り直してゲーセンでトリガーハートエグゼリカをやってきました。やっぱりクルエルティアの方が使いやすい気がする。セガAMのページにあるムービーを見たら1面のヒントが掴めたので、ハート3000オーバー(第三のトリガーハート出現条件)を目指してみるも、わずか50足らず挫折。いつかは!ヒントは見えてきたというか、凡ミスしなければ確実にもう出てる筈なんですが、してしまうのでしたorz。このゲーム、攻略の肝は拾ったものを確実に狙った方向に投げられるか否かに帰結する気がします。投げつけはかなりの攻撃力があるし、得点アイテム山ほど出るし、何より途中にある敵弾全部消しちゃうから。あと、ボス戦とかでとりあえずアンカーで拾える敵武器はどんどん拾って離すしてるだけで全然楽になったりする場面もあります。
 へぼいので今のところ3面が壁です。店員のS君はもうクリアしたよと言ってました。

 そして、今頃入荷して私とS君の間で地味に流行する「くるくるカメレオン」。領地40%を超えたあたりからの時間制限と思考の戦いがアツいです。CPUがたまに使う手ですが、爆弾は回避ばかりじゃなくて、敵陣が爆弾にくっついてる時はわざと爆破して足止めするのも手みたいですね。その色変えで他方で領地が広がるならなおさら。あと、地味に必殺技重要だったりとか。PSP版欲しいなぁ。

 買い物が多くていろいろ頭抱え中です。うーむ;
 そういえばAmazonで「鮮血の誓い」を注文したら今週スターデジオ419でやっててショックだったけど、「少女Q」の別バージョン(ほっちゃんじゃないほう)が録れたのでよしとします。

 図書館で時間潰しに読んでた江戸川乱歩の大人向け作品のアンソロジーがえらく面白くて、パノラマ島綺譚以外を一気に読んでしまいました。全集読みたいのだけど、盛岡市内の図書館には全集は蔵書してないんだよねー;『押絵と旅する男』はとても美しい話だと思いました。やたらキ(ピーー)という表現が出てくるけど、あまり狂気を感じないのは、私が狂っているせいでせうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

明日は病院モード

 おなかが痛くておなか汁が出そうですよー。
 今日もほぼ横になってばかりでしたが、ちょっと血圧の不安定さと心臓の痛みと発汗と腹痛が気になる程度で、がんばれば仕事できたかもって感じです。いかんなぁ…。でも明日は朝早いので無理にでも寝ないと。結構きついー。

 お仕事はサーバの様子見と既存ページのバックアップ(これを雛型に更新する)、データの取り込み管理(ワード文書をPDFにして分解しやすい状態にしたり写真をスキャンしたり)と、まだまだです。単純作業でコードのクローンと移行をする部分だけ先に済まそうかな。(まだフローで行き詰まっている)

 いろいろ困ったものですヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

NAOMIのトリはまだ当分先かなモード

「既に止まっていたラインを無理矢理動かしてプレスした」とされるアンダーディフィートが一時NAOMIでもDCでも最後かな、と言われていましたが、実は直後にトリガーハートエグゼリカが発表になり、ロケテを重ねている間にくるくるカメレオン(PSPに移殖済み)が出たりして、そしてつい先日エグゼリカが正式に発売になりました。

 今までNAOMIを使ってたあたりが次々TypeX(タイトー)に移ったわけですが、その後で出たわりにはエグゼリカは案外遜色のない出来でした。ちょっと「ここはまだ遊ばせることができるよなぁ」と思う部分が残る出来で残念でしたが、ラジルギほどでないにせよアンダーディフィートよりは余程まともに面白いと思います。ぶっちゃけクルエルティア萌えだし(笑)。カスタマイズフィギュア改造して作れ!と言わんばかりのキャラだけが先行してるわけでなく、シューティングとしてもそこそこちゃんとしてます。避けられる弾が飛んでくるし、アンカーはそれほど考えず使っても使い物になります。ボムも「あれ?間に合ってない」ってことが無いし(いえ別に、アンディフィの事を言ってるんじゃありませんよ?w)、エグゼリカを使うと普通に遊べます。アンカー主体ならクルエルティア若干有利っぽいです。

 というわけでまだまだNAOMIはいけるなぁと思うわけですが、実際某乞食メーカーは新作をNAOMIでやりたがってるようだし、そうなるとトリを取らせまいとしてどこかがまた作るだろうし、当分NAOMIのソフトはなくならない気がします。

 ドリームキャストもまだ行けたなぁと思う昨今です。モデムをBB用標準にして、本体5千円くらいにして今からぶつけてもいいんじゃないかと思うほど。BB用モデムがつくのなら今からもう1台買いますよ?私(笑)。

 エグゼリカは多分PS2に移殖だと思いますが、旋光の輪舞を見る限り360に移殖する方が狙った演出はやりやすいように思いました。びみょー。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

ふつうですよね?(笑)モード

 仕事が押していて煮詰まっちゃってる時に限って、関係ないいいアイディアとかやってみたい事とか思いついちゃう。もー、今小説書かせたら短編1本軽くいける気がします(^^;。(もちろんそんな事している時間ないのであった。ネタ控えてる時間も)なんとなく普通のことな気がしますがw、こんな時皆さんはどうしてるんだろう。
 でも昨日は風邪気味でなんとなく1日休んじゃったのでした。あう。

 懸賞ネタ2つ。CS局AT-Xの顧客減少防止プレゼント番組「GOLDENTIME」。先日の2006の当選品が今日届きました。落語天女おゆいDVD1巻初回限定版。…いらない;(あれー;今回は欲しい物に絞って応募した記憶あるんだけどなぁ;)前々回がiPodの第四世代40GB、前回が北へDDDボイスクロックの残り物、そして今回と、どんどんランクダウンしてる気がします。使ってるデノンのHTSが不調(DAコンのチップ壊れたみたいで、一定時間でノイズだけの出力になってしまう)なので、オンキョーのHTS当たれば嬉しいかもって思ってたんですが、流石に厳しかったかな。次回あたり外れそう。余談ですがAT-X、いよいよもう価値を感じなくなってきたので、そろそろ例の2ヶ月周期契約に落とそうかなと思ってます。(月末前解約で翌月頭契約。一ヶ月ぶん視聴料が浮く)

 日経BPの定期アンケート協力に登録しているのですが、3月にあったアンケートのプレゼントで商品券2千円分が当たったとの連絡がありました。アンケートの類は記事に反映されるだけでも結構個人的には嬉しいので、それで報酬が得られるのは二重に嬉しいです。郵便貯金の通帳記入してみると、結構Yahooのアンケート報酬が入ってて、意外と溜まるものだね、とちょっと感心したりします。アンケートサイトはオススメかも。

 スカパーといえばディスカバリーチャンネル。昨日の朝、アントノフ225「ムリヤ」の特集番組をやっていました。世界一大きな航空機ということになるのかな、世界最大の輸送機です。最大離陸重量600t。そのスケールに憧れるだけでなく、なんといっても美しさに惹かれました。巨大構造物故に製造工場や整備庫も巨大でないといけないのが難点だそうです。宙に浮かぶその姿を横から映した姿は、まるで巨大な魚が空を泳いでいるようでした。怪獣や龍が本当に存在したら、あんなふうに見えるのかな…。一度実物を見てみたいです。生きてるうちに一度でいいからパリの航空ショーに行ってみたいなぁ。
 ちょっと面白かったんですが、ソビエト時代ってやっぱり色々厳しかったそうで、納期厳守は当たり前だったのだそうです。ムリヤも年末合わせで12月の雪の中初テストをしたのだとか。公社の方が仕事は真面目、てなわけですが、関連して思ったことが。族議員の排除はともかく郵政の民営化はやっぱり失策だったように思います。明らかにここ1年、サービス低下が続いてるものね。今回のコミケ当落通知遅延に限らず。盛岡局(北含む)は全面的に未だ信頼していますが、東京局など関東地区がもう全く信用できません。
 この件で民営化は良かったんだって言う人、郵便使わない人ばっかりなんですよね;そりゃ確かに厚さ2cm以下ならクロネコメール便の方がはるかにいいですが、2cmに抑えられるものは限られるわけで。それにすぐに切り替えができるほど社会の仕組みは簡単じゃない。痛みを伴う改革と言われた一連の事は、少なくとも私には痛いだけで何も得することはありませんでした。大脱線。

 そういえばPSUの発売日が決定し、公式に新しいムービーが出てましたが…あれだけ映像出しちゃえば、もうcβの情報規制意味ない気が。βでできた範囲のもうちょい先のことまでムービーでやってます。獣化もSUVウェポンもしっかり出てたし。ストーリーモードの新規スクリーンショットでちょっとショックな事が判明してしまいました;まだ言えませんが。

 お仕事のフローをまず構築しようと思いつつどの順番が最適かで悩み中です。前任者さんのソースは非常にきれいで読みやすく、構造化もしっかりしていたので流用は比較的容易なのですが、やっぱりゼロから把握することに変わりはないので、しばし悩む気配です。幸いクライアントさんにはゆっくりでいいと言って頂いているので、お言葉に甘えることにします。とりあえず画像素材起こしと調整から入って、仕上がったところでコード側の調整かな。場当たりでやると混乱しそうだし、スキャナ使わないといけないのがいくつかあるから。
 それにしても、いろいろなお仕事のクライアントさんとミーティングをする度に、新しい発見があって面白いです。今回は建築屋さんですが、細かい都合とかいろいろ伺うことができて。

 びっくりしたこと。ビートで361.3km走った後給油したら、ぴったり20Lしか入りませんでした。今回は長距離が多く信号の少ない場所を主に走ったせいかと思いますが、やっぱり経済速度(笑)の維持も重要っぽいですね。今やほとんどの市販車において、速度制限によって経済速度は維持できない状況に陥っているわけですが。後付けの矛盾と旧来水準の放置でおかしなことになっているのが現在の道路交通法だと思うので、一度ゼロから構築し直す必要があるように思います。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2006年5月28日 - 2006年6月3日 | トップページ | 2006年6月11日 - 2006年6月17日 »