« 2006年1月1日 - 2006年1月7日 | トップページ | 2006年1月15日 - 2006年1月21日 »

2006年1月8日 - 2006年1月14日に作成された記事

2006年1月14日 (土)

ぬまにゃんの運の97%は懸賞運でできているモード

 PGR3にのめりこみすぎたのか今日は体調が悪くてずっと寝てたんですが、ふと玄関に行くとエアキャップに包まれた荷物が。私あて。差出人は…京都チャンネル!?
 うっすらと透けて見える中身を見たら…
…なんとドルフィードリームのフェミさんでした。

 思えば去年はiPod40GBに始まってSEGAlinkの4~50万円相当家電雑貨セットだの何だのと細々したものからでかいもの、売り物から限定物まで当選しまくり、最後に年の瀬にSEGAlinkのマイレージ1000pt.当たってシメでした。今年あたり死ぬんじゃないかと思うほど懸賞運だけ良かったわけですが(代わりに仕事運健康運最悪、異性運に至ってはナシ)、今年も新年早々来ちゃいました…あぁぁ。税込み3万9900円の品です。VORKSの専売品なので値引き販売はありません。いきなりあいぽっどよりたかいのがきちゃったぞ!w

 モノがモノだけになんかオークションに流す気には全くなれず、素直に「お迎え」してしまおうかなーと思っているのですが、普段から地震の後のように散らかっている私の部屋にこのお嬢さんを引っ張り出すのは気の毒なので、しばらく箱の中で眠っててもらいます(/_;)。

 しかし…かわいらしいお嬢さんがいらしたのはいいのですが、これはネコミミの神様が「ナマモノの女性はもう諦めれ」と言っているのかと邪推し、なんかダークな気分になってしまいました。ドール趣味に偏見のないお嫁さん希望です(/_;)。子供欲しくないので猫とドールでいいやーとか思って下さる方だと最高です。ついでに私をコテンパンにできるだけのゲーマーだと言う事なしです。(ただでさえ狭い門戸をさらに狭くしてどうする>私)

 そんなわけで新年早々びっくりだったのです。
 ちなみにフェミさんの瞳、写真だとドールアイには見えないのですが、きちんとグラスの入った澄んだ瞳でした…あぁ。ウィッグも衣装も一切ナシの素体の状態で届いてるので、できれば箱出ししてきちんとセットアップしてあげたいんですが…空間が;。
 とりあえず次に東京に行ったらVORKSでフェミさんのためにパニエを買って来ないと。やっぱりスカートはふんわりでないと。
 …罠?もしかして自分の服よりお金かかる道に大突入?(^^;

 しかしであります。京都チャンネルさんには深くお礼を。ありがとうございました。
 番組も最近より面白くなってきているので期待しておりますよー。
 また何か当たるといいなぁ。←贅沢

 あ、でもスカパーの、特にプレミアム系チャンネルの懸賞が当たりやすいのは本当。昨年2回あったAT-Xのプレゼント番組、両方当選したし。意外と無駄にはならないものですヨ?ダメモトって言葉も大事です。(GRANRODEOのGo For It!の二番を聴いてその気になりましょうw)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿西口に轟くスキール音モード

 ヨドバシカメラは360のデモ機にネットから新宿デモインストールして(360オーナーなら誰でも拾える無料体験版がUPされてるヨ。いやパソコンの話じゃないヨ)置いておくべきですな(笑)。ばっちり出てくるから。

 というわけでPGR3です。もろもろの優先事項を放置して(ごめんなさいごめんなさい)、今朝とりあえずスチールメダル全制覇を済ませました。ネタバレってほどじゃないので書いちゃいますが、今回もニュル北は断片的にコース集めて最終的に1ラップやることになります。で、今回恐ろしいのはニュルが本当にフルコース入ってることです。実はニュル北と新コースって一部繫がってますが、きっちり両方入ってます。で、未確認ですが分岐を自由にエディットしてコース作るモードが入ってるので、南北繋げて走ることもできるかも…。あとで確認してみます。ちなみに車両購入前の試乗コースはニュル新のショートトラックです。1コーナー奥がかなりやらしいヘアピンだったりする意地悪コースですが、車の性能を短時間で見るには北コースの特定セクションとかよりずっと良かったり。

 で、ニュル北を1度だけフルコース走りましたが、F430で8分25秒もかかってしまいました;昔よりはコースオフする回数が減りましたが、走り終えた後「あぁもう、全然駄目だ;」とか呟いてしまったほど。ちょっとゴッサムTV見て勉強してこようかな。ちなみに私観ですがF40~50よりもF430の方がPGR3においては安定性とアベレージスピードともに上な気がします。F40は暴れるけど5速なので扱いやすいほうですが、F50は微妙にいいとこないです。何台か車を買いましたが、最初に買ったNSX-GT2とTVRサガリス、そしてロータスエリーゼGT(普通のエリーゼと別物の、プロトタイプクラスに近いでかいやつね)がお気に入りかも。買ってないけどマセラティMC12はエンツォよりずっと走りやすかったなぁ。購入車種絞ってたのでお金余ってますから、そろそろ買ってみようかと。

 で、やはり悲しいこと。ニュルはBMWのホームコースでありまして、スタート・ゴールゲートにしっかりBMWの看板がついてるわけですが、結局BMWは出てこないこと。マクラーレンF1だけ。つーか他所んちのホームコースの名前を勝手に商品名に盛り込む日産のデリカシーの無さはどうしても好きになれないですな。スズキあたりがスペック鈴鹿とかスペックもてぎとかを発売したらどうよ、とか思うのと同じレベルのことだと思うんですが。でもR390GT1はなんとなく欲しいので買ってみるつもり。で、キャデラックの4枚ドア1000馬力コンセプトカーが出てくるくせにM5もM6もアルピナB6も出てこないのはやはり釈然としないなぁと思うのでありました。ロードカーで吊るしで300km/h出る車は全部候補に入れていいと思うんだけど。

 私は新宿って詳しくないので、次は是非お台場か千代田区神田~秋葉原あたりを入れてほしいところですが(笑)、走ってみて思うのは「狭くて走りづらいけど、都市としての密度感が凄い」ということですね~。よくわかんないループとか走らされるけどあれ本来は何する場所なんだろう(笑)。行ったことないからあのへんわからない。

 他所のコースだと、ニューヨークのあれゴールデンゲートブリッジまたぎかなぁ?往復で橋を跨ぐ物凄く長い直線コースがあるんですが、あそこで最高速トライアルするのがちょっと好きです。

 とまぁ車種選択に微妙に不満はありますが(ローファイな車入れないわりにはフォードグループの車入りすぎ)、十分楽しめております。スチールメダルならどんなに下手でも絶対取れるし、そのレベルで遊んでも要素全解放までは行かないにしてもかなり楽しめるので、ドラゲー初心者さんにもオススメです。

 にしても個々の車のスケールが実際にはこんな感じなんだ、という意味では、普段見ることのないエキセントリックな車種群の資料という観点で面白かったりとかしますね。ジャガーのXK試乗してみて一発で気に入ってクラスEの1台目に選んだんですが、だいぶでかかったです。(走りやすいしトップスピード結構出るのでオススメですよ>XK)で、アトムがなんか後ろから見るとマリオカートのようで(笑)。まだまだ努力不足でアンロックされてませんが、トヨタで唯一?入ってるTS020を早く入手したいところです。あれは実物を見てるけどでかかったもんなぁ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月13日 (金)

流通の主従関係というやつ・モード

 昨日のお話の最後らへんの続きになるんですが。

 最近日本で一定以上評価されてる国産車は、洋車好きな私の感覚で判断しても国際的な基準を十分に満たしていて、往時のように「日本車つまんないし」って事はあまり無くなってきました。主にマツダとホンダが頑張り、三菱やスズキ、レクサスが微力ながら支えることで動いてるムーブメントですが、この好状況の柱になるものが実は日本人にとってあまり笑えないことであるという事に気づいている人はどれほどいるのでしょうか。

 実はコンピューターやゲームのマーケットの半分以上でも言えることなのですが、国際的に評価の高い日本の製品は、「日本人にいいものを提供するつもりで作ったらそうなった」のではなく、はなから海外に合わせて作った結果として日本でも評価されるレベルのものになった、というものが大半です。ようするに、我々日本人が使うためにデザインされたものではないわけです。「良品と呼ばれる類のものの大半」は。
(例外的に一般携帯電話端末の存在があり、これだけは日本が世界の指標と言えるわけですが)

 日本向けに作ったものが日本人にウケない、という程ではありません。軽自動車やホンダのFitなど、日本向けで成功して一部海外に出ている例もあることはあります。しかし、一定の価値観を超えたあたりの人のチョイスは、どうしても国際向け製品になるという実情に染まりつつあります。日本人が一大マーケットを築いたとされるビデオゲーム市場も然り。完全に日本向けのものが成り立つ市場はアーケードくらいで、コンシューマー(コンソール)作品の多くは最初から海外を見ています。理由はわりと簡単で、日本人のライトユーザーがゲームに飽きた、ないしは携帯機に流れたというのがありまして。
 そんなわけでキャラクター物版権物を除けば最初から和製洋ゲーみたいなものを知らず知らずのうちに遊んでいるわけですが、そういうのを評価する人がXBOXを批判するという笑えない事実がありまして。なんというか本末転倒。内容的には五十歩百歩どころか「真似しようとして及んでない」作品群にハラショーと言い、本家をけなすというわけのわからない状況が出来上がってるわけですな。

 まあ、「ワタクシはゲームはギャルゲーとか○○ゲーだけですから!」とする駄目もとい男気溢れる向きの皆さんにはXBOXなどは向いてないでしょう、確かに。でもその手の皆さんは別な意味でコアユーザーで、ヒット作に手を出す人種じゃないですし(笑)。
 しかし一般ユーザーさん向けにコンソールで出ているものは、既に我々のために最適化されたものでなくなってしまって久しいのですよ。その事に気づくべきだと思います。(DSとかに逃れてWi-Fiで大人のおままごとに興ずる向きは日本人的でいいと思います。批判はしませんしむしろ正道だと思います)

 そんなわけでXBOXそして360と、批判する理由が乏しいことに気づかなかった皆さんのあまりの多さにワタクシはガックリだったわけです。ソフトが無い。そんなことはなかった。いいものを見つけて購入してくれてれば、今なら「より日本的なタイトル」を出せる体力はむしろマイクロソフトにあったわけで、XBOXで失敗をしたのはマイクロソフトだけでなく、日本人ゲーマーの一部除くほぼ全体もだった、とまで言えます(断言)。
 筐体がでかいというけど、あれ短い4脚の台座置けば上に物置けるし(台座なしでもいけるけどいまいち収まりはよくない)。ビデオデッキよりは小さいし。むしろ、PS2の方が重ねられるものが少なかったし(HDDとネット機能を搭載できるモデルに関しては)、キューブに至っては全機種所有の面々が口々に「あれが一番場所取り」と言っていたというわけで、体積≠占有空間ではないことがとっくに結論づいてるわけですが、それでもなおいろいろ言われまくりで。…上のデザインが確かにどうかなと思うことはありましたが、実際所有すると正面パネルしか見ないんですが。あの機械は(^^;。

 で、360になってブラッシュアップされたら、今度は熱暴走デフォみたいな風評が。
 うちじゃ一度も起きてませんが;
 で、この手の風評って、年末にいろいろお話してて気づいたんですが、言うのは必ず「持ってない人」なのね。持ってる人がわめくことは希。たまに環境的に不遇な人がハズレ引くなりどの機種でも熱暴走するような狭苦しい環境下でほぼ故意に等しい熱暴走出させるなりしてわめいてるけど、そういう手合いは騒ぎ方と実環境見聞きすりゃ区別つくでしょうと。歩留まり完璧なハードなんてないのは再三言ってるとおりだし。(だからトイザラスではハードにかける保険を売ってる。SCE対策ですなぁモロに。少数ハードのためにそんなものわざわざ準備しないわけだから。マイクロソフトも任天堂も保証期間外でもそんな大袈裟な修理費取らないし)

 使ったこともない人が某巨大掲示板の書き込みとかそうでない少数コミュニティとかでありもしない話広げて面白がるのはやめてほしいです、いやほんと;対外的に客観視すると本物の馬鹿に見える。半島を笑えない水準の論理展開は勘弁してほしいです。

 こうやって知らず知らずのうちに日本人という民族の価値を「自己の価値観の保護」という無意識下の防衛行動のためにみるみる下げている皆さんには、そろそろ「誰もが発言できる」というネットという環境からはご退席願いたいとこです。もうはっきり書くけど、誰でも居ていい場所じゃないですって(苦笑)。ノイズ発生源はつまはじきに合ったあたりで不適格を自覚して身を引いてほしいもんです。選民思想は嫌いだけど、こうまで状況が酷いとそういう考えに至らざるを得ない。

 というわけで、自分が使っているものでいいと思っているものが、果たしてどんな経緯で生まれているのか、そして自分がベストと思ってる環境は最良なのかは、強固なポリシーややむにやまれぬ事情でもない限り常に考えてみてほしいものです。
 意外と「もののついで」に引っ張られてる日本の現状に気づくと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

僕が本当に欲しかった車・モード

 野郎ドモ!今日はPGR3の発売日ですの!まだ買ってないとかいうニンゲン(ドライブゲーマー限定)はとっとと買いに行きやがれですの!←翠星石の声で

 珍しくAmazonの荷物が発売日の午前中に超特急で届いたので(雪で配達困難な筈なのに、逆に真面目に仕事してる気がする最近のペリカン便)、早速やってみました。
 で、話には聞いていたけど、遊んでみてお金が溜まり、要素のアンロックが進むにつれてPGRが3になって特化した部分が気になってきてしまいました。「いわゆるスーパーカーだけが参戦を許された、超上級車80台対決」。見た範囲で4人がまともに乗れるのはベントレーのコンチネンタルGTだけで、他は2シーター。しかもドア枚数は2枚以下。で、一番安い車がアリエルアトム(笑)。ベース車が一番安いと思しいのはR34Rのメーカー最終型であるVspecIINur←ウムラウト略・で、一番最初に買うあたりがNSXのGT選手権向けライトチューン仕様(GTウイングついてて360馬力だかそれ以上)くらいという、まあご予算1千万あたりからスタートという世界で。
 出てくる車は凄いです。BMWのM系が出てこないというかBMWがマクラーレンF1しかなかったり、アウディRS系が収録されてないのはポリシーだろうとはいえ不満ですが、それにしたってとんでもない車ばっかり収録されてます。で、カテゴリー分けをしてあるわけですが、高価な車が高カテゴリーというわけではなく、価格と全く別に実際の動力性能でカテゴライズされているところが面白かったりします。馬鹿高いメルセデスSLRマクラーレンがカテゴリーCだったり、逆にそんな高くないアリエルアトムのスーパーチャージャー仕様がカテゴリーA(トップクラス;)だったり。このシニカルかつ現実的な設定は面白かったんですが、いざゲームを始めると…最初に買ったNSXと、次に買ったアリエルアトムだけで購買意欲が止まってしまいました。購入前に試乗ができるんですが、そこで走ってみると「ああ、駄目だ、これはぜんぜん合わない」とか「これはまずまずしっくり来るけど…うーん」とかいろいろ悩んじゃって、結局買わないんですよ(^^;。突き詰めると直線主体用とコーナリング主体用の車は両方持つべきですし、このゲームにはKudosシステムがありますからドリフトマシンも必須になります。でも…なんか。あまりに私の目線から離れた車ばかりで(半端に車に首突っ込みすぎたかなぁ)PGR2の頃のように自分がハンドルを握ったことのある愛着ある車種を買うような遊び方ができなくなっちゃってるんです。それが寂しい。せめてTTクワトロスポーツを入れてもらえなかったかなぁと…。
 ぶっちゃけ現実においてはお金あったとしてもスーパーカーは欲しくない人なので、ハイパフォーマンス車並べられてもそれこそアトムとかケーニグゼグCCとか、ああいうごく一部の変な車くらいしか興味をそそられなかったりするわけです。うーん;なんとも。このゲームに出てくるようなエキセントリックな車は、たまに実物見たり、間違ってたまに乗る機会を得ちゃったりする程度がいいんだよ、と思います。
 現実的ラインでポルシェに期待したら本家のモデル入ってないし;(Rufだけ・9ffではない(^^;)ああもう。この悲しい気持ちをどこにぶつけたものやら。

 グラフィックは文句なしです。対戦でのフレーム飛びを抑えつつ背景と車を描き込みまくるためにフレームレートは相変わらず30fpsです。賛否ありますが私はこれでもOK。リッジは対戦でフレーム飛びまくるからね~。確かに60fpsは綺麗だけど。ネット対戦が絡むと、回線品質という越えがたい壁が発生することはもうとっくに既知の事で、現行のインフラでは例えばこの360の10倍のスペックの機種があったとしてもフレームレートの判断についてはネット対戦絡めるなら多分30固定にする会社が多い気がします。「60fpsデフォでしょ、PS3は絶対そうなるよ」とか言ってる馬鹿は首を鉈で落として生ゴミの日に出して下さい。

 サウンドが…。サラウンドエンジンの設定が良く、環境音と効果音だけで遊ぶといいんですが、ウリだったラジオDJシステムなくなっちゃったし、選曲も駄目。ここは正直つまらないので(まあ納期の都合なんだろうなぁ…)360に音楽取り込んでない現状、音楽は切ってます。

 正直、2の出来を期待して買うと少しがっかりするかも。決して出来が悪いということではなく(例えばこれがある以上今年この時点で他機種の車ゲーは勧めないし)、車を動かすこと、実在の場所を走ることの歓びには満ちているんですが、経済的側面というかポリシー的側面で現実と交差しない部分がありそこが残念、というだけです。フェラーリとか何の抵抗もなく買う人あたりには手放しでオススメですが。そうだなぁ、この違和感を一言で言うなら「ジャミロクワイ的成金趣味」とでも言うのかな(笑)。

 新宿のコースがアジアで唯一収録されてるので日本に媚びてるかと思いきや、ローディング画面で入るテクニック説明に、ハングルも広東語もあるのに日本語がありません。XBOX360が世界で唯一日本だけで余ってて、クリスマスシーズンに日本来た外国人ゲーマーが全員呆れたり買って帰ってオークション出してボロ儲けしたりとかいう話を聞きましたが、日本のゲーマーは一部を除いて鎖国文化に陥っちゃったせいで、世界中のゲーマーさんからつまはじきになってるようです。
 いいものをいいと認められない超保守的な側面が世界レベルで浮き彫りになった形で。この点についてのみ論ずるなら日本のネットワーカーは民度という言葉を(主に東アジアに対して)好んで使いますが、日本人の民度もたいしたことはないです。

 iPodと同列の「ジャンル代表名詞」になったXBOXが馬鹿にされてる国。
 頭を抱えるばかりです…;

※どうでもいい情報:昨年最後に買ったソフトは日本仕様でも動く北米版XBOXのソフトでした。(カプコンクラシックコレクション1)

 しかしまあネットに繫がっていないと魅力が十分に伝わらないハードなのも確かだし、店頭でもだとワイヤードコントローラーなのであの素晴らしい操作性が損なわれてるのは残念です。買わないとわからない出来の良さってのがどうもね…
 買ってネットに繋げれば、LIVEアーケード(ゲームの有料ダウンロードサービス)のゲームの体験版だけでも時間潰しできるし、最初からソフト1本入ってるし、今なら無料でヴァナディール全域行けるし(笑)、いいものなんですけどねぇ…。いろいろ残念です。(ハードディスクを内蔵としなかったのは、可搬性考慮したんですねあれ。今頃気づいて自分を恥じました。確かにあの方が便利)

 とりあえず現状搭載するドライブの実物すら存在しない(本当・だから民生用再生専用機の価格が発表できない>ブルーレイ)PS3を待つくらいなら、ゲームが好きならさっくりこっちを買うべきだと思うんですが。HD-DVDの再生専用機の廉価機が6万もすることに驚いたのですが、ブルーレイ陣営はその値段で出せる事に驚いたそうで。あんたらPS3一体いくらで売る気だったの?と。ついでに言うと現状最速でも年末になりそうという推測が大半です。私は年内ないと思ってます。この調子だと先にレボ出ちゃうんじゃない?くらいに思い始めましたが(苦笑)。で、仕上がってくるものはドライブ除けば360と贔屓目に見ても大差ないのが既にわかってるわけで。
 現実見てね>日本のゲームメーカーさん及びゲームユーザーさん
 旧機種を使い続ける事に関しては全く異論ないですが。あと携帯機にシフトすることについても。少なくともコンソールに対する認識は再考すべき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

タイト村長の原稿の現物を確認モード

 なるほど、バイナルテック・アスタリスクってシリーズなんですな。
 おにゃのこつきといういかにもなシリーズでもっとやれって感じですw。
 何気にタイト率高いし。(2/3)
 なんとなくグリムロックかホイルジャックを買ってきてマスタングからサリーンS281にするというイタズラを考えてしまいました。高くてでかくてもいいからサリーンS7でバイナルテックやってくれないかなぁ。

 で、昨日の夜、買ってきたミクロシスターのうちMS-03ラン(ニンジャっぽい青い人)をいじってみたわけですが…ボディアーマー外れやすいのだけ難点で、とにかく自由度と完成度の高さに驚きでした。試作品ではネジを関節部に入れてたようですが、完成品では多分胸部にしかネジ入ってません。ほかは全て普通のジョイントないしボールジョイントと、樹脂製のシャフト。よくできてます。小型化してるのに既存のミクロレディより可動箇所増えてるんですから…。当然ポーズの自由度も高く、難点といえば自立しにくいことくらいです。
 あまりに気に入ったので今日MS-01も買ってきちゃいました;あのケータイ型の武器はどうかと思いましたが素体の可愛さは一番だったので。てゆうか!早くマテリアルフォース出して!!(笑)
 ジョイントが↑のような具合なので、一度バラしちゃえばえらく簡単にパテ盛りでカスタマイズが効きそうでした。量産はできません(ピンキーみたくワンオフですね)が、とりあえず昨日ので狙ってた「PSOのキャラの再現」は、ニュエール系はミクロシスターで決まりって感じです。じっくりミクロレディのマテリアルフォースも見てきたのですがレイキャシールはミクロレディの方が映えるかも。ヒュキャシルは持ちキャラ次第です。
 頭のサイズが浅井さんレイキャシより一回り小さいくらいなので、顔を上手に作るのがポイントになりそうです。頭を小さく作れば若干等身稼げそうなので、ミクロレディベースのキャラものが気に入らなかった人はミクロシスターでやり直してみるといいかも(案の定)。胴体と肩の繋がりが自然なので、ミクロレディみたくいかつく見えないんですな。シスターは。
 もう再三言うけどとにかくマテリアルフォース出たら即買いですw。5つくらい。

 ちと気になってるのは、ブーツとか手袋とか、塗りだけでどの程度それらしく見えるかなぁというあたり。薄くパテ盛ったほうがいいか、サイズ的に迷うあたりでした。

 うち近辺の路面がすげいことになっています。横が積みあがりすぎた上にわだちが深くなりすぎて、グレーダーじゃ削れなくなったんですな。しかもマンホールのとこだけ熱出てるので穴になってる。落差15センチくらい。エアロつけてる車は確実に壊しますな。(ビートにはエアロつけてないしローダウンもしてませんが、当然動かしてません。ここ数日はトゥデイばかり)FFはサイドターン簡単でいいですね。リッジレーサー6をホバーカーゲームで自動車ゲーじゃないと酷評してる輩を方々で見ますが、その連中の理論だと氷点下の圧雪路上では4輪車は全てホバーカーになります(笑)。概ねあんな走りになります。自動補正は効きませんが。
 雪の削れ具合があまりに場所によってばらばらなので、ここ2日ですっかり悪路走行に慣れました。今年あたりダートラにでも出ますかね(嘘)。
 軽の車幅だとわだちに引っ張られたりして(この言葉だけで状況がわかるかしら)車が全くまっすぐ走らない、それがデフォルトの日々ですが、概ね運転楽しいです。MTなのでトルクのかけ方調整できるしね。
…うちは3台あるうち2台ABSついてませんけども(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

病院行ったついでにモード

 きちんと風邪を治すために耳鼻科に行きました。レントゲン撮影2アングルから行ったんですが、富士フィルムの処理機が撮影直後にもう映像解析して最適化してました。まんまデジカメですなあれは。レタッチ機能つきの。どうも今飲んでいる抗生物質がきちんと効いているようで影は出てるけど消えかけだと言ってました。
 久しぶりに一般の医療費と投薬費で受診しましたが、高いですよねぇ。風邪引くと餓死する世の中が間もなく来るのではないかと錯覚したほどです。

 ついでだったのでトイザラスでミクロシスターの3と4を購入してきました(随分迷った挙句)。ちょこっといじってみた上で、いろいろ考えてみようかと…まずマテリアルフォースで出てほしいわけですが。ゴム系のパーツで服を着せるようなことをやってるものもあったので、実は被せる素材を吟味すればPSOのキャラ再現に一番向いてるかも、という気がしてきました。とりあえずヒュキャ・ハニュ・フォマル・フォニュ・レイキャシ・レイマルは全部あれで行けそうでした。パテ盛りやめてパーツ脱着できる工夫すれば、1素体で複数キャラもできそう。浅井さんのアレよりロリっちいので(笑)、特にハニュ・フォニュ愛好家の方には研究を勧めるって感じです。マテリアルフォースになれば500円切るでしょうし。へたなブラインドボックストイより安いです。

 そういえばゴーストスカッドがあると聞いて初めて入った店からは撤去された直後でした…がく。かわりにHoD4がもう100円で入ってました。わりと面白いけどすぐ死ぬ。しかもよくわかんないタイミングで。そのへんは相変わらず。一人同時プレイをするとアファームドBのようでイカス。弾切れしてリロードかけないとトンファー出たりしないのか!てゆうか振りほどき動作用のモーションセンサーついてるなら腕を前に突き出したとこでトンファー出るようにしてくれ!という感じです。
 リンドバーグの第一弾なわけですが、正直画面はがびがびでございまして(既に360見慣れてるせい)、素直に互換基板また作ればよかったのにね、とか思いました。Chihiroであんだけいい目見たんだから。
 同じお店にQMA3が100円で入ってたので、体調戻ったらそっちをやりそうな気が(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

体調悪化中モード

 風邪の症状に加えて、今年初の心臓の発作で猛烈な血圧上昇を起こして、心臓の激痛とともにのぼせ症状が出て、「どうして中東で虐殺したことない私が新年早々シャロンと同じ目に遭うのだ」と理不尽を感じていたら大丈夫でした(今のところ)。

 明日は耳鼻科に行くので、雪の中ビートを動かさないといけないかも。鬱。
 そういえばこないだ荷物発送のための資材とか買い歩いた日にミクロシスターを見ました。すんごい出来です。てゆうかマテリアルフォースはまだですかッ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

風邪でいろいろ滞ってますモード

 年賀状、ご挨拶メール下さった皆さんはもう少々お返事お待ちください(/_;)
 やっぱり鼻風邪ほどだるいもんはないですね。で、明日が旗日であることを思い出し頭を抱えたわけですが;もう成人式いいだろうという気がするのは私だけすか。どうせ変な自信持たすだけだし(今の若者で20歳で精神的に成熟してると認められるの一ケタ%程度だと思うけど;そして言葉で促してどうにかなるもんでもない)

 あーなんか熱と蓄膿気味なせいで思考がネガです;とりあえず寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月1日 - 2006年1月7日 | トップページ | 2006年1月15日 - 2006年1月21日 »