« 2006年3月26日 - 2006年4月1日 | トップページ | 2006年4月9日 - 2006年4月15日 »

2006年4月2日 - 2006年4月8日に作成された記事

2006年4月 8日 (土)

傑作のモデルチェンジは難しいの法則モード

 ついにアウディTTの新型が正式公開に。
 先代は、工業デザインのある方向性を極めてしまった、いわゆる「頂点」ないし「完成品」と数えられる『工芸品』でした。勿論アピアランスだけでなく、特にクワトロのMTの走りは絶品で、ゆるぎない安定性と圧倒的な加速とともに、ジェントルな(ある側面ではA3を凌ぐほどの)乗り心地の良さを誇る、自動車としての完成度もきわめて高いものでした。

 一応、末期に記念モデルとして限定数製造されたTTクワトロスポーツ(1.8Tのライトウェイト)以外のほぼ全てのバリエーションに乗りましたが、FFのトルクステアが若干気になるものの、クワトロ系の落ち着いた乗り味はクーペ・オープンともに素晴らしく、大好きな車の1つです。911にすら噛み付いていけるだけの性能を誇りながら、ボディが小さく引き締まっておりキュートな印象だったのが一番好きな部分でした。さまざまなモデルを通して市街地からワインディング、ドライからヘビーウェット、夏冬両タイヤ乗ってますが、特に1.8Tクーペクワトロは私の中ではフェイバリットの1つです。(だから、クワトロスポーツは本当はとても欲しかったのですよ~(/_;))

 で、今回モデルチェンジして。もう完全に記号化した感のあるアピアランスがどうなるのか、そして車格は。その二つが懸念事項でした。答えは。
 スタイリングは、前と側面はTTと言われればTTなのかなと思いますが、後ろはマスコミが言う程TTらしくないように思います。むしろメルセデスのクーペ系に見える。ちょっと残念。シューティングブレイクでやっていた「横の張り出し感」を重視してあり、そのマッシブさはなかなかですし、面構えのシャープさも初代と別な方向性の美しさがありますが。
 で、残念ながら大きくなってしまったようです。とはいえ素材革新のお陰で、なんと今回3.2クワトロが1.4t台なので、車格が広がったのに随分軽くなってます。SとかRSでなくてそれなら大したものだと思います。価格は確実に上がりそうですが、600万円台でクワトロが来るならポルシェのケイマンSのいいライバルになるんでは。
 初代が3.2Lになった時1.5tを超えてしまい、日本においては重量税で不利な車になってしまったのが非常に残念だったのですが、今回はその心配がとりあえずないようです。加えて、今回は上級(SやRSなどのスパルタンライン)が既にスケジュールにあるとのことで、恐ろしい車に化ける可能性を秘めてます。
 残念ながら日本にMTは入らず、Sトロニックと名を改めたDSGに絞られそうな雰囲気ですが、できればクワトロを6MTでドライブしてみたいところです。DSGの良さは初代で存分に味わってますが、TTのシフトフィールは私が経験した車の中では五指に入るもので、あえてMTに乗りたいという気持ちは大きいです。

 改善を強く感じたのは内装。2DINのオーディオが入るようになったようです(笑)。やっとインダッシュのカーナビが積める(^^;。初代はカーナビの搭載に大変な苦労があることで有名な車でしたからね~。どうもMMI(アウディ独自のメディアコンソール)を今回はTTにも積む予定があり、その兼ね合いなようですが。
 メーター類にはさして大きな変更は感じられず。ライトダイヤルやコラム上のレバーは他のアウディ車に倣うものに見受けられました。まあインテリアとしては新味はないかな、と。相変わらずCピラー~後方の視界はひどそうですが、まあこの車乗ってる時基本的におまわりさん探す以外で後ろ見ませんから(笑)、さして気にならないかも。

 早く乗ってみたい車ではありますが、宝くじでも当たらないと手は出ないなぁ(笑)。
 そしていざ当たるとケイマンSとめちゃくちゃ迷いそうな気がします(^^;。

 写真をあらためて見ましたが、なるほど外観の違和感の正体は、初代が「丸いところは完全に丸、直線は完全に直線、そして直線は地面に対し水平ないし垂直」だったのに対し、タイミングの外れた曲線が増えたこと、あと斜めの直線が増えたことなようです。見慣れれば問題ないかもしれませんが、やっぱり初代の完璧さには及ばない印象。でもフロントの威圧感はなかなかよろしいし、フェンダーまわりの処理でTTだと知らしめる手法は悪くないと思います。うーん、早く実物見たいなぁ。半年早くやってくれれば東京モーターショーに間に合ったのに(笑)。まあアウトニオンルックからアウディルックになりましたが、基本は東京で出したシューティングブレイクなわけですが。

 とりあえずは悪くない範囲に収まってくれている、という結論です。今のところ。
 乗ってみないとわかんないですけどねー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

布地とスケール感の微妙な関係モード

 ヤフオクとかに出てるDDやオビツ60の衣装を眺めると気づくんですが、人間用の服地のあまり模様が細かくないやつを使って衣装を作っちゃうと、ドールが小さく見えちゃいます。わかってる人はなるべく細かいニットとか、チェックの生地でも細かいのを使うのですが、わかってない人はポルカドットとか使っちゃって、結果あの大きなDDがリカちゃん人形くらいに見えちゃったりします。衣装のデザインも関係しますが、折角サイズが大きくて「人間っぽいファッションができる」のが売りのDDなのですから、スケール感は意識してほしいなぁと常々思います。

 ところで今週新しい衣装が来まして。ものの見事に上記の難点にはまった布を使ってますが、デザインが良かったのでなんとかなってます。比較対照もいるし。
 とりあえずこんな感じです。キャスケットが欲しかったので嬉しい♪
 ちなみにこの写真の裏テーマは「少女探偵コバヤシたん」です。セクハラ紳士探偵明智小五郎とセクハラ魔人21面相に振り回される少女探偵団のリーダーという設定。もとネタはSEGAlinkのフォトアルバムの妙に伸びてるスレの中にありますんで興味のある方はご一読を。ひらべさんとの会話の中でうっかり出てきた設定です(笑)。少年探偵団を全員少女にしちゃえ!というわりとイージーな発想から生まれたわりにはキャラが既に立ってます。原作読破の上パロディとして書いてみようかと思ってるのですが、あいにく今行きつけの図書館が休みです。がく。

 にしても少女探偵という設定で着せ替えしたら、小道具の類を自作したくなってしまって困ってます。うーむ(笑)。デジカメとかPDAとか護身用具とかねー。楽しそう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

家庭用の名作を適価で再販願いモード

関連URL:Glep ゲーム再販プロジェクト「H.F.P」

 GlepというのはTVパニックを運営してる会社さん関係のサイトでして、ようするに流通筋に口が効く会社が、過去に遡って家庭用ゲームに関して「一定数の同意が出たらゲームメーカーに再販なり移殖なり掛け合うよ」という、門外漢のたのみこむにたのみこんじゃうよりはゲームに関しては余程あてになる企画です。いや、まだ始まったばっかりなのでよくわかりませんが(笑)。

 とりあえず私からは3案出しておきました。
・クレオパトラフォーチュン(DC)←願わくばプラスの要素も、と注釈
・アストラスーパースターズ(SS)
・バーチャロン/オラタン(DC→XBOX360移殖)←対戦インフラを考慮して

 ほんとはわくわく7をネオジオから最近のハードに、というのも書こうかと思ったんですが、MVS版あるので(^^;、思いとどまりました。何方かティセ分が不足している方、投稿してみては。でもって上記案に賛同頂けますと嬉しいです。

 ちょっとウームと思った事。メタルスレイダーグローリーって今のハードに移殖するメリットあると思います?再販なら偉業だと思うのですがw。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

衝撃の結末モード

 あ、今日のはみくしーのオトモダチは知ってるネタなので読み飛ばしてOK(笑)

 ITmediaでまで紹介された「成分解析」ですが、「ぬまにゃん」でやると凄いことに。
 65%真空なんですが…orz
 これから私のことは35%たんとか呼んでくださって結構!

 残りは月の光とミスリルと歌と愛で、なにやらエンチャント効果抜群というか魔力大な印象ですが、でも合計35%だから。はうっ。

 ちなみに本名だと、86%の微妙さと13%の陰謀と1%のビタミンになっちゃいます。
 私、作者さんに何か悪い事しましたか。orz

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

どうなる「独創性の系譜」モード

 意外に思われるかもしれませんが、実はSUBARUインターネットファンクラブというやつに入ってます。確か何かプレゼント目当てで会報(メルマガ)を読み始めた気がしたのですが、会報の最後のとあるコーナーが面白くて、ずっと読み続けています。

 その名も『独創性の系譜』。
 スバルの自動車メーカーとしての社史みたいなものなのですが、各モデルの開発記やその当時の状況などを、他メーカーやその製品の存在、状況的な有利不利、製品としての優劣などスバル贔屓でなく客観的に綴っているのが印象的な連載です。スバルというメーカーが時代のその時々でいかに自らを見つめ、冷静に判断をしてきたかがよくわかりますし、各モデルが立ち上がる時の同じジャンルの車の時代的状況なども克明に書かれていて、非常に興味深いです。

 最新のものは68回、90年代後半のGMとの資本提携に端を発した方針選択の必要性が、2001年5月に就任した竹中社長(当時)が選ばれた背景と、竹中氏本人の意向が書かれています。

「スバルはプレミアムブランドだよね」。赤い車の会の試乗記で再三書いていることですが、実はスバル自身がその路線を90年代後半にビジョンとして打ち出していたのだそうです。竹中社長の下、世界的に通用するプレミアムブランドを作るべく動いていたのがここ数年の動きということになるようですが、タイミングと投入されたモデルを見るに十分に納得いくものでした。

 しかし、ここからどうなるのだろう、というのが。
 皆さんご存知の通り、GMとの資本提携は解消される前から、スバルがトヨタ的な売り方をしたがっているのではないか?という噂はディーラー筋で常にあった話です。いやそれをやると埋まっちゃうじゃない、と思っていたら先日の資本関係の再構築によるトヨタとの提携。それは「独創性」から離れることを意味するのではないかな、と危惧しています。

 ある意味、海外において「レクサスがやりたがっている展開をよりスマートに単社で行っているのがスバル」という印象さえあったので、技術のみが一人歩きをしているトヨタの一部門として、普通の車を作る会社になってしまったとしたら…果たしてそれでも人々はスバルを選ぶだろうか、というのが。

 熱心なスバリストの皆さんには、ここで安易に迎合せず、あえて「トヨタ的新型」を突き放し、一度スバルと距離を置いてスバル自身にもう一度「独創性」を省みさせる動きをしてほしいなぁと思います。

 しかしまぁ、流石に水平対向はやめないとは思いますが(^^;。同じAWDシステムを使う車がスバルとトヨタから出た場合、水平対向が果たしてアドバンテージと言える技術だったのか、が一発で露見してしまうであろうことも懸念事項です。

 大丈夫かなぁ、スバル。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

言いたいことはたくさんあったけどモード

 BMWが25周年ってんでアンケートを取ってたので参加。
 エラーでまくりでなかなか入力確定しないので、10回目くらいで別PCからやったら認識。なんかBMWジャパンのサイトのアンケートはこういうの多いな;疲れた。

 で、意見を寄せてほしいとのことだったんで、率直に「あんたらのATはゴミだ。本国に倣ってMT売ってればいいんだ。ついてこれない奴が乗る車じゃない。そもそもシャシもハンドリングもそうじゃないか。もっとプライド持て」とだけ。

 本当はもっと言いたかったです。日本でもうコロナとかよりたくさん走ってるんだから、消耗部材の工場日本に建ててアジア地域カバーすると同時に部品代下げて、ついでに専用工具の類を広く一般工場にも提供して、どこでも車検やメンテができるようにしてくれと。(現状、BMWは専用工具があまりにも多く、結局ディーラーでないと直せない部分が案外多い)ついでにエンジンを見直してレギュラーでも走るようにチューンしてくれと。維持費が高いことがステイタスでないのはボルボが証明してるぞと。もう、ね。E36以前が直せばまだ走るのに、高額な部品とメンテ代のせいでどんどんスクラップにされてる現状が悲しすぎ。ついでに言うと日本の中古の市場ではATは嫌われるので、価値を下げたくないならMT入れたほうが絶対良いとも言いたかった。(この件に関する戦犯はこもだきよし。BMWのATは素晴らしいなんていう大ホラを吹いてまわって、AT優先のマーケットにしちゃったのはこいつ。お陰で昨今のBMW中古大暴落マーケットが出来上がった次第)

 インポーター的には中古なんかどうでもいいと思ってるのかもしれないけど、少なくともディーラーさんはこの話出るたびひどく悲しそうな顔をしますよ。まだ走れるのに、と。売り手に愛されてるのに、インポーターが自分の会社に惚れてない。それが今のBMWジャパンだと思うんですよねぇ…。ヒストリックカーイベントにBMWあんまし出てこないのもそのへんでしょ。出てきてもマルニ。もう見飽きたって;

 MINIはアグレッシブな売り方ができてると思うけど、116にMTを設定できないBMWはダメだと思うなぁ。売れてるから勝ちに行く必要はない、なんてのはおごりですがな。確かに今でも十分いいけど、もっとよくできるのに何故やらないのと。

 断言するけど世界的に通用する自動車生産国は今やまぎれもなく日本。日本で売れれば本物と言っても過言じゃない。数売れるとステイタスが損なわれる?そんなことはない。BMWとMINI足して、国産のシェア少ないあたりを抜くくらいの勢いでやってほしい。そのためにレギュラーガスへの対応とMT併売をはじめとする環境対策や、整備網拡大への努力をまず行ってほしいところ。スバルあたりに勝つつもりでやってほしいんだけどなぁ。

 惜しいところに来ているだけに出る文句も多いです。頑張れBMW。
 216iの左HのMTが買えるのを楽しみにしてますよと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

サドマゾモード

 ここ数日、パーフェクトダークゼロのプロフェッショナルレベルのミッション1を頑張って遊んでますが、ちょっとずつ上達してるもののなかなかクリアさせてくれません。戦闘が容赦ないだけでなく、諜報活動終える前に察知されれば即アウト、しかも敵と自分の体力はそう差がないなど、めちゃくちゃ厳しいです。イージーとノーマルにあたるランクはクリアしたわけですが、同じミッションなのに内容の密度が段違いで、めっちゃ困難です。

 ふと思いました。なんかこー欧米のヒトが作るゲームは、もうさくさくっとやっちゃってすっきりーみたいなのか、ちょぉ綱渡り状態で踏み外したら即死みたいなのしかないなぁと。マフィアの運営してるクラブに出入りしてる民間人を誤射してゲームオーバーってさ。いくらなんでもあんまりだろうと。敵の射撃はやたらと上手いし。いやもう本気で疲れます。簡単にしちゃうともう虐殺になるので(笑)それはそれでナニですし。
 クールなプレイというものの基準が違うんでしょうね。ああいや、突き詰めれば同じなのかもしれませんが。無駄とミスの無い、一見簡単なプレイが上手なプレイだという点においては。

 サディスティックなゲームは嫌いじゃない(というか好き)ですが、マゾヒスティックなゲームはちと苦手です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

ぼんやりモード

 ドルパ京都のアフターが個人的に空振りだったので、無駄な出費をしなくて済んだのですが、先月30日のあのソフトラッシュでも結局何も買わず、なーんかぼんやり気味です。来月が微妙に怖いのでw、出費が少ないのはいいことなんですが。

 何もしないのも微妙に辛いです。とはいえ体調が実はなんだこりゃ状態で。神経の暴れぶりがひどいです。無理に動くとひどいことになる。

 去年の今頃はちょうどreviveが届いた頃で、自転車乗ってダイエットにいそしんでたようです。今年もそうしたいんですが…どうも衰えが。思ってる以上に劣化が加速しているのが体感でわかるほどで、きついですが自分の事と認識もしづらいというよくわからない状態になってます。

 何かを残すまで死ぬ気ないんですけどねぇ;困った。

 そういえば旧日記がいまだに毎日40Hit強あるようです。BOT?  更新してない日記では同サービス同県内で最もHit数があるようです。謎。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年3月26日 - 2006年4月1日 | トップページ | 2006年4月9日 - 2006年4月15日 »