« 2005年12月25日 - 2005年12月31日 | トップページ | 2006年1月8日 - 2006年1月14日 »

2006年1月1日 - 2006年1月7日に作成された記事

2006年1月 7日 (土)

携帯とメモリカードの不思議モード

 W-ZERO3を使っていて非常に不便な点に、メモリカードがminiSDであるという点がある。フルサイズのSDに比べ価格容量比で劣り、信頼性も正直低い。ずっとSDでやってきたシャープがここのところこぞってminiSDにシフトしているのは正直理解に苦しむ。だもんで、ここぞとばかりにWILLCOMの窓口フォームで苦言を呈しておいた。

 ある友人は言った。携帯電話はキツキツに部品を詰め込んであるのでわずかな余裕が大事なのだと。残念ながら昨今の携帯電話で、そこまでやっているのはせいぜいソニエリのPremini系程度である。ようは友人の持論は浪漫に支えられた妄想の域を出ない。
 実は携帯電話の類は故意に大きく作ってある。過去にPHSで小さくできるだけ小さく作ったら、逆に評判が悪くなったという事例があり、以降この手の端末は一定の水準以上の大きさをキープするようになった。NTTパーソナルの頃からPHSを使っていた人間には有名な話だろう。

 加えて、これも複数の端末でちょっと裏蓋開けてバッテリーを外せばすぐわかる事だが、miniSDとフルSDのカード受け部品のサイズの差は実は無いに等しい。(フルSDでもメモステProDuoのそれより確実に小さい)私が見た範囲では、フルSDを使うV603SHのカード受けの方がW-ZERO3のそれより小さかった。本末転倒である。さらに言うなら、W-ZERO3は同種のPDAと比較した場合、同程度の表面積の他に2.5倍程度の厚みを持つ。他のPDAにはCFとSDが当たり前に刺さる中、W-ZERO3に刺さらない道理はない。バッテリーを外したW-ZERO3の裏面は、理由はよくわからないがすっかすかだ。持ちやすさを考慮したのかもしれない。とにかく、他のデバイスとの連携を考える上でも、価格容量比でも、加えてシャープ自身の過去のメディア使用実績でも、miniSDをチョイスする理由は1つも無かったのだ。とにかく理解に苦しむ。miniSDが中途半端な仕様だったのは、microSDが出た事でも明らかだろう。大は小を兼ねるが、釣り針以外に逆の例はない。WILLCOMには英断を期待したい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

業績はなんだがサンヨーは凄いモード

 サンヨーの業績がひどくまずい事になっているのは皆さんご承知の事かと思いますが、それとは関係無くサンヨーという会社を牽引している部門があります。それは充電池。二次電池とも呼ぶアレです。カドニカという名前を聞けばもうニッカド充電池の代名詞みたいに感じる世代の方も多いと思いますが、AA(単三)ニッケル水素充電池も凄い事になっちゃってます。

 昨年前半は2500mAh(min.2300mAh)のものを売っていましたが、昨年後半からは2700mAh(min.2500mAh)のものにシフトしています。ニッケル水素が流行り出した頃は1500mAhで、きわめて自然放電しやすいという特性がありました。正直これならアルカリ電池かなーと地球に優しくない事も考えた程です。しかし昨年あたりからのものは自然放電にも強く、スタミナ的にもデジカメ等でかなり負荷をかけてもせいぜい交換は1日1セット(4本)程度と、かなり持つようになりました。最近のデジカメを人に勧める時、乾電池式しか勧めていないのはこのニッケル水素電池の進化に由来します。正直リチウムイオンよりコストパフォーマンスだけでなくスタミナも信頼性もずっと上です。少なくともサンヨーのものは。
 2700mAhを達成しているのはサンヨーだけで、パナはまだ2600、ソニーが2500のままだった筈。このあたり流石明確に「充電池屋」なだけのことはあると思います。充電機もよくできていて、高容量化にも関わらず充電時間はさほど変わらないか短くなっています。とりあえず使い勝手はとてもいいです。恐らく今年中には3000mAhを達成してしまうのでは。そうなると当初の倍の容量になります。他、サンヨーのものは2本単位で青と白に色分けしてパッケージ化しているなど、独自の工夫があります。

 また、面白い新型ニッケル水素電池も最近発表しました。トップのAmazonのリンクにも出していますが、「eneloop」という電池です。なんとこの電池、充電池であるにも関わらず、最初から充電された状態で出荷されています。ようは買ってしまえばすぐ電池として使える体裁になっているわけです。従来の電池では自然放電という概念があったため不可能な流通方法でしたが、eneloopは確か半年以上の放置でも充電量のわずか5%程度しか放電しないという、常識やぶりの「保存の効く充電池」なのです。充電機は従来のものがそのまま使用可能。容量は2000mAhと控えめですが、その分価格も安いです。パッケージは2本・4本・8本のものがあり、充電機つきのものもあります。リモコンや無線コントローラー・マウスなどの電池に最適かもしれません。

 これほどの技術を誇る会社なだけに、潰れてほしくないなぁという気持ちが強いです。サンヨーの機械はなにげに携帯電話などITモノもよくできており、もうちょっと普及してくれれば、という気持ちは強いです。
 とりあえず、AAの電池を多用される方にはサンヨーを推します。他社も使いましたがやはり信頼性で一番です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

うたた寝の恐怖モード

 先日来、ここの原稿をW-ZERO3で書くことが増えたのですが、恐るべき弊害を引き起こしています。ネタを考えつつうたた寝→しっかりネタを仕上げてあとは送信するだけ→目が覚める、というものです。

 今日だけで既に3回も…何故こんなに疲れてるのか謎ですが、寝るときはきっちり夢を見ないほど爆睡したいものです。そもそも今年は初夢から向こう常軌を逸したひどい夢ばかりで、もうこりごりであります。泣けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガブスレイ祭りモード

 昨年路面が洗濯板状態になってた時、ステアリングから異音が出るようになっちゃったので、昨年のうちにアポとっといて今日WALKさんに持っていきました。流石慣れたものですぐに直りました。で、奥さんが妊娠していた事に全く気づかなかった私は、長山店長さんの第三子が誕生していたことに驚きました(笑)。めでたいですな。

 体調がすぐれなかったのですがそうとばかりも言ってられなくなってきたので、発送用資材を買ってくるついでに秋葉原で単体売り全滅だったガンダムUOPlus2のガブスレイを茶×2、青×2の4つ押さえてきました。他のお店でも見たので、このへんではまだ手に入るようです。

 昨日東方界隈で言うところのれぎおんさんことCTさんから荷物が届いたのですが、今回のウチの本の原稿が入ってました。手塗りだとは聞いていたのですが、まさか現物を拝めるとは…(感涙)。早速クリアファイル買ってきて収めましたよー。宝物でございます。

 メディアも買ってきましたので、来週には通販開始可能かと思います。まずCTさんに急ぎ返礼せねばと思う次第でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

体調が芳しくないですモード

 どうも私は東京で相当厄介な菌を拾ってきたようです。なんだか微妙に悪化の一途。だるいし微妙に関節も痛いし。熱でないのでインフルエンザではなさそうですが。やれやれ困りました。

 てれさんからてれさんらしい年賀状を頂きました(笑)。詳細略ですがありがとうございます。CTさんから荷物が届きました。私は宝箱を持っておりませんがこういう素晴らしいものは何処に保管したものでしょうか(/_;)。とりあえず明日A4のクリアファイル買ってきます。(折り返し便なるべく急ぎます、申し訳ないです>CTさん)

 この体調悪い中、明日は車を診てもらいに行かないといけないのでした。ぐっすんおよよ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

病院でしたモード

 今年から医療費負担が改悪されて負担額が倍(5%→10%)になると聞いていたのですが、去年のままでした。いろいろあって法律が通ってない?

 さておき、風邪がぜんぜん治らんのです。喉のいがらっぽさや鼻の症状が悪化してて、ちと困ったことになっています。しばらくフロモックスを飲んでて駄目だったので、クラリスに戻すことになりましたが、これで駄目なら近所の内科さんで血液取って然るべき抗生物質を特定すべきかも。困ったもんです。

 血液といえば昨年末血液検査をしておいたのですが、血液が濃い(=脱水気味)だった以外は問題なしだったそうです。全ての数値が許容範囲内に収まったのは久しぶりです(笑)。血糖だのコレステロールだの「低すぎた」んですが。でもって長いこと薬のせいで肝機能の数値が1つだけおかしかったんですが、それも治ったみたい。というわけで数値上の健康はとりあえず取り戻したのですが、それでも神経症状は出てますので、やっぱり数値に出ない病気は怖いもんがあります。

 とりあえず栄養を摂ろうと思い、CCレモンだのチョコレートだのなんだの買ってきました。なんかまた太りそうですが仕方ないと諦めることにします;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

DoA4が面白いけど疲れたヨモード

 なんとなーくDoA4を始めたわけですが、ラスボスが強くてストレスが;ただ、それ以外は非常に良いです。単に画面が綺麗になっただけでなく、システムにきちんと生かされています。いやしかし綺麗さにも唖然とするわけですが;毎回入ってたチームニンジャのデモムービーが、今回リアルタイムレンダリングなのに、画質落ちるどころか上がってます;恐ろしい時代になりました。
 NINJA GAIDENとかDoAXをやってるとニヤリな人間関係なんかもあり、ストーリーモードは非常に楽しめました。今回は1つ仕掛けがしてあり、最後で個々の物語は集束するようになっています。なので、今回は明確に「こういう終わり方」という示唆が示されてます。あまり詳しく書くとネタバレになっちゃうのでもうしばらくしてから書きますが、シリーズを遊んだ事がある人なら今回はやるべきですね。

 煮え切らなかったこと:真・龍剣を持ってるハヤブサさんがラスボスで抜かなかったこと(笑)。あの剣の力があれば一瞬でケリがついただろうに(^^; DoA4やる前にNINJA GAIDENはオススメしておきます。DoA3までと微妙に変化してる忍者側の人間関係が把握できます。(特にあやね関連)BLACKなら多分360でも動く筈。

 噂のスパルタンはストーリーモード制覇でタイムアタック専用キャラとして出てきます。詳しくはHaloの設定を探ってほしいのですが、彼女はHaloに出ているマスターチーフと同様に強化歩兵製造プロジェクトで生み出されたスパルタン部隊の数少ない生き残りの一人で、マスターチーフとは別星系でスパルタンの小隊に属している一人という設定だった筈です。でもあのスーツ自体は皆同じものなので、女性キャラなのにものすごくでかいです(笑)。ティナパパくらいある。Halo2だと一般兵との2ショットがたまに見られますが、基本的にFPSなので一般兵と並ぶシーンはほとんどないです。なので、普通の人間と比べた場合のスパルタンのサイズはどれくらいかがわかる貴重な機会だったりします。Haloファンにもちょっとだけオススメ。彼女がDOATEC社私設部隊を殲滅するシーンも見たかった気がw。

 関係ないけど箱根駅伝の話。
 復路の2位の後ろの随伴車がFCXでしたな。なにげに。
 番組スポンサーであるトヨタへのイヤガラセに見えましたw。ホンダナイス。
(知らない人のために:FCX=ホンダの燃料電池車。少量受注なれど量産型。燃料電池車実用化を目指してる全てのメーカーにとって目の上のタンコブ(笑)。目指しているものが目の前にあって既に売っているという、ある意味他社にとって悪夢のような存在であり、同時に最も現実的な例として取り上げられている燃料電池車)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

媒体における費用の話モード

 昨日の話の続きになります。

 実は会場で、PCを持っていないから、という事で購入を見送られた方や、紙時代(試乗記がついていたと仰っしゃってたので、2002年発行分ですね)のお客さんで、「やっぱり紙がいい、また是非紙で出して。この内容で紙なら千円でも買うよ」と残念そうに仰っしゃった上で購入を見送られた方がいらっしゃいました。特に後者のお客さんには申し訳無く思いますし、実際「紙の本を手にする満足度」というのは私も十分に理解しているつもりです。しかし、具体的にコストを計算すると、現状の部数で現在の内容を他の方法で頒布するのは難しいという結論に至るのが正直なところです。

 今回、うちの本はデジタルデータのおまけを除いた本の部分2冊をさらに1冊にまとめることでページ数の削減を図ったとしても60ページありました。サイズはA4です。

 白黒による自家出版をまず考えてみます。モノクロレーザープリンターでA5版40ページ以下でやっていた頃でも、50部で軽くトナー1本持っていかれました。トナーは1本8500円で、正直論外だったと言えます。いつ切れるかわからない以上、トナーのストックは2本は必要で、となると17,000円の先行投資が紙以外に必要だったわけで。まあ、30部にマイクロドライのカートリッジ14本使った1号よりはずっとマシでしたが。
 コピーでやった場合安くて1枚5円ですが普通は10円。A3に両面刷って4ページ稼ぐとして、1枚両面で20円、それでも表紙抜き40ページでもうコストだけで200円です。
 インクジェットでカラーを交えた場合、となるともう想像もつきません。インクをCYMK1本ずつ使い、カラーインクの減りは原稿次第なので、算段がつきにくいです。しかしとりあえずCYMK1本ずつで3400円ほど最低でもかかり、CYMとKで値段が違いますが840円から890円はかかります。A4で60P、50部仮定でも1セットでは済まない筈。モノクロの場合は一番安上がりではありますが。(キヤノンの文書用黒顔料が使えるなら、印刷のキレはレーザーをも凌駕するので、白黒少部数なら魅力的な手段です)

 いずれの場合も、直でコピーする以外は紙が必要になります。コピー用紙は安いから、と甘く見ていると意外に大量に消費するので驚くと思います。安いコピー紙はインクジェットと相性があまりよくないので、うちの場合見本の出力には上質紙を使っていますが、そうなると紙自体のコストが跳ね上がります。そして全ての自家出版に共通ですが、一番厄介な「製本の手間」が確実に発生します。これがあると執筆者さんの〆切を相当手前にしなければならなくなり、ギリギリまで頑張ってもらうのが難しくなります。また、ヘルパーがいない場合、製本で確実に疲弊します。(製本後に夜行バスで会場入り、はまず体力的に無理です。現地で製本できるのはページ数が少ない本まででしょう)

 自家出版した場合の価格以上のネックは搬入です。紙は重いので、恐るべき苦労を覚悟しなければなりません。印刷会社発注同様直接搬入を宅配業者で行えますが、当然送料はかかる上、コミケの場合は受取りにも手数料が発生します。そして、完売できなかった場合の帰りの発送、そして自宅における在庫保持空間の必要性は紙であれば共通で存在します。

 続いて印刷屋さんにお世話になった場合。ある印刷屋さんのチラシを参考にしてみます。(実際にはもっと安く済むところもあるかも知れません) 表紙/本文モノクロ60ページ、A4で100部(最低部数)、という条件の場合、基本料金は62,640円だそうです。早期割引で本文は1割程度安くできますが、参考にしたお店ではどうも55,000円をどうやっても切れないようでした。ようするに儲けを出さなくても印刷代還元だけで1部600円、コミケへの申込諸費のペイを考えると700円にはなります。見た目さっぱりな白黒誌でそれです。サイズをA5に落としてページ数を倍にするという手はありますが、価格はほぼ同じです。紙モノにおける共通の悩みであるデッドストックの保管場所問題は当然発生します。

 とりあえず何をどうしても紙で現状のスタイルを上回るのは納期まで考えると不可能に近いのはこれでご理解頂けたかと思います。

 余談になりますが他の業者委託手段。

 まずはとあるCDプレス専門店に依頼した場合の参考価格です。CD−Rのデュプ代行をしてもらうと1〜50枚で13,000円、51〜100枚で25,000円だそうです。ラベルプリントは当然無し。これなら当然自宅でやります(^^;。
 きちんとプレスかけた場合。国内と海外で価格が違ってて、海外だと安いですが500枚からになります。製造単価100円にできる(現状の価格で参加費回収できる)ので悪くないですが、メカミリ自動車島で500部売るサークルがどれほどいるか疑問なのは私だけでしょうか(^^;。国内プレスだと100枚単位に敷居は下がります。ただし少量になるほど高価で、100枚だと1枚750円になっちゃいます。200枚だと415円、300枚だと300円と少しずつ下がるのですが…。ちなみに大手のサークルさんがよくやってる、完全に商用CDと同体裁の完パケセットというのもありまして、数が出せる(500枚以上)なら悪くない選択肢であるように思いました。海外プレスなら280円からです。ゲーム系のサークルさんで、作品に自信あるならやってみてもいいのではと。(シスプリガントレットの作者さんは「うちは自前でデュプリケなので数作れないんです」とおっしゃってましたが、あの出来なら500枚発注で完パケしてショップ委託で十分利益回収できるのでは?と思いました)

 続いてダウンロードサイト。これは業者名を挙げちゃおう。エルフィックスというところです。卸価格0円(売れても手取りなし)でも販売価格315円です(笑)。卸価格400円までは卸価格+手数料300円に消費税、以降卸価格が上がるにつれて手数料も上がるカタチ。
 流石に卸価格0円では次に繋げられないので(^^;最低ラインとなる100円で卸すとすると、頒布価格は420円になります。お客さん側から見ると通販でクロネコメール便発送・銀行もしくは郵便局に送金の総合計より若干安いのでいいかもですね。まとめ買いによるメリットが発生しませんが、リピーターさんにはいいかも。でもできればラベルプリントされた現物を会場でお話がてら入手して頂きたいので、コミケに来られる方には直接買いに来てほしいなぁとは思いますw。あと、エルフィックスは芸風としてはとらのあなみたいなもんなので、ウチのは間違いなく場違いだなぁと(^^;。

 と、いろいろ紹介してみましたが、結局のところオンデマンドに増刷できてしかも安価で内容も相当な量になる現在のシステムが、現時点では最良であるように思います。
 壁に行くくらい大手になったら紙版も考えますが、ありえないですし(笑)。
 PCはあって損をするものではありませんし、印刷環境次第では商用誌並みの出力も可能ではあります。現状実はPCでの閲覧に的を絞って用紙サイズぎりぎりのレイアウトをしています(=印刷時閉じ代がありません)が、「印刷して読みたい」という声が多ければ次回編集時から右上か左上の隅にホチキスを打つための空間をつけようと思います。(平綴じでやろうとすると片面印刷の方と両面印刷の方で綴じ代の向きが変わるので、もしやるとしたら片面向けに片方を空けると思います)この点ご意見がある方はコメントでどうぞ。
 違う意味であやしい(^^;記事や実行ファイルなんかはありませんから、どこのPCでも痕跡を残さず閲覧できますので、ネカフェなり図書館なり職場なりでもお楽しみ頂けるようにはなっております。案外古い環境でも大丈夫ですから、PCが現状手元にない方でもコーヒーなり紅茶なり1杯我慢してお手元に置いて頂ければ幸いです。

 次回からはWindows向けにはオートランを仕込んで初心者さんにもわかりやすい作りにするつもりです。(現状、PCがちょっと使える程度の知識は要りますので、もっと初心者向けの説明もつけようかと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

わかっちゃいるけどやめられないモード

 かねてから「本当にこの値段でいいの?」と言われ続けている赤い車の会の本(CD)でありますが、ぶっちゃけどんなもんだろうと思い、諸経費の計算と今回の収益のすり合わせをしてみました。

 まず事前の必要経費。申込キットとコミケ参加費合算で9000円程度。今回使ったCD−Rとスリーヴ、ラベルプリントとサンプル出しのためのインク代が合算でだいたい4千円強くらいかな。概ね13,000円程度かかっていることになります。

 で、よく交通費宿泊費の件を指摘されますが、サークル参加如何を問わずどのみちコミケには来るので(笑)それは考えないこととします。食費等も当然同様。

 さて今回は、先程赤い車の会用黄色い財布wの中身を計算したら、18,100円入ってました。うち3千円はお釣り用に最初から入っていたお金なので、15,100円が今回の(カンパを含めた)総売上になります。

 差し引きで2千円程度のプラスですが、ここから会場に来られなかった執筆者さんへの献本の送料を引くと、だいたい残るのは千円くらいなのかな。会場でのディスプレイに使う小道具代まで計算すると、さらに数百円マイナスになります。

 というわけで、人件費かかっておりませんので(執筆者の皆さんに感謝)、一応3桁という額ですが今回は黒字でした。よかったよかった(笑)。

 しかしまあ、趣味でやっていることで、かつ採算よりも「読んでもらうこと」を考えてやっていることですので、こういう数字には無頓着だったりします。一定の額をお客さんに払ってもらうことでクオリティを保証するという発想は私には(この件では)ありませんから、安かろうまずかろうと考えるお客さんには「それは人生損してます」と断言はしますが(笑)こちらから本の代金を引き上げる事は現状考えてなかったりします。価格以上のクオリティを感じるなどの理由で、継続への期待として「カンパ」をして下さる皆さんからは喜んでそれをお受けしておりますが、とりあえずは最低ラインキープで「楽しんで頂く」ことを目標にやっております。より部数が伸びて、かつリピーターさんが付くようであれば嬉しい事ですし、うちの本を通じて個々に何かしら原稿依頼などがあるならそれは願ったりと言えますが、とりあえずは「ウチの本で楽しんで頂ければ超はっぴー♪」といった感じです。

 もっとたくさんの人に読んでほしいので、知名度の向上は望む部分ですが、直接これで懐をどうこう、は考えておりませんです。デュプリケの業者委託すら考えてないです。単価上がっちゃうから。(この件は紙がらみ含めてまた別件で詳しく)

 そんなわけで、「大丈夫?」の問いの答えは「大丈夫!」だったりします。ですので、とりあえず今後もごひいきにして頂ければそれが何よりの幸い、ということで、これからもよろしくお願いします、といったあたりで一度〆てみようと思います。

| | コメント (7)

あけましておめでとうございますモード

 今年もひとつよしなにお願いいたします。

 なんか毎年頑張ろうとして空回りしてへこむので、今年は年始から「マイペース」を宣言しておこうかと(笑)。社会的に無理のきかない人間であるとお役所から認定されているわけだし、人並みを目指して慌てることもないかと。目指すところを目指して、結果が出たら万歳という方向で行こうと思います。

 赤い車の会関連でもっと手応えが出てくるといいなーと思いつつ、いろいろ新しいことをしてみようかと。触れてみるだけでも広がりがある物事が、視野にあるものだけでも結構多いことがわかってきたので。まだまだ勉強ですねー。

 そんなとこでしょうか。まったり行こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月25日 - 2005年12月31日 | トップページ | 2006年1月8日 - 2006年1月14日 »