« 今朝のトップページ更新モード | トップページ | 13ヶ月後のポリシーモード »

2006年10月21日 (土)

PSU WorldPremiereのおしまいモード

 というわけで事実上のXBOX360版PSUの世界規模オープンβテストであったワールドプレミアが今日の夕方終了しました。感想としては、サーバーが米国にあるとかで自分と敵相互のダメージタイミングが遅くて戸惑うことがあったというのがまず1つ。あと描画についてはE3に出ていたのより解像度が下がってたので、もしかしたらHD設定にしないとフルスペック描画にならないかも、という難点があった以外は、変な動作もせず快適でした。英語しか使えないと言ってもバックグラウンドでメッセンジャーだのボイスチャットだの動くのは相変わらずなので、友人との待ち合わせにも全く困らなかったです。製品版では日本語が通りますから(笑)、そういう問題は解消されるでしょうし。ちなみにボイスチャットはパーティー内通話になります。なので人混みの中間違ってフォーカスした米国人さんとPT組んじゃった時以外英語話さずに済みましたw。

 仲間内では大澤さんがめっちゃやりこんでいて、最終日前日ご一緒した後、最終日のクローズ前のお祭りを一緒に見に行きました。今日繋いだら部屋にオブジェが増えてて、「一晩明けたらあらびっくり!自分の部屋にムシキング!」をやられてて5分くらい笑い転げてましたw。で、最後の冒険を終えてパシリ((c)がくちーセンセ)に餌をやった後部屋を出ようとしたら大澤さんのキャラが部屋にどっかり座っているではないですか(笑)。うちのキャラ一応女の子ですよ!wタイーホされちゃいますよ!

 最後のお祭りはユニバース1(今回のWPの時点ではユニバースは32まで)のコロニー1Fで、何故かユーザーさんが一列に数珠繋ぎになって皆で踊ってるという状況でした。もちろん参加してきました(笑)。スクリーンショットが撮れなかったのが惜しかったです。

 海外版ゆえに、という面白いエピソードもいくつか。PSUはPSOと違って、プレイヤーとプレイキャラは別ペルソナですが(声設定があるあたりでわかりますよね)、ダメージボイスとかお店の人の台詞とか、当然ながら英語ナイズされています。かわいらしーアニメ声で「オゥ!」とか言う自キャラに吹きました。Lv20まで持って行ってナノブラの台詞を聞きたかった感じです。あと、「あー、ペロリーメイトは英語でもPerori-mateなんだー(←綴り間違ってるかも)」とか、ロビーアクションの定義語も「あの動作って英語だとこうなんだ;」ってのが結構あって笑えました。母国語で少しでも快適に遊びたい、という気持ちはわかるのですが、やっぱり我々の言語は国際標準語ではないのだなーというのは痛感しました。これ、認識を改める部分ですよね。「日本語対応は、してくれたら嬉しいなぁ」が現状正しい。マーケットの規模が、XBOXに限らずあっちのほうがでかいから。日本の方がユーザー多いのは現行機ではキューブだけな筈。(コンソールでは)ちょっとこの件はあとでもう一回。

 で、自分でしっかり遊んでみた印象。スキルだの自分だののレベル上昇早すぎ、銃の付加属性の成功率高すぎ、というPC版クローズドβ時に指摘した点は両方とも修正してありました。レベルキャップがそう高くないゲームなので(PSOの時みたく200もない、βで30、製品版いま60くらいでしたっけ?)PSOのペースで考えない方がいいと思うのですが、キャップから逆算すると今くらいがちょうどいいと思います。やる事が山ほどあるゲームとはいえ、安易にレベル振り切っちゃったらつまんないですもんね。(でも、短かったWP期間内でもしっかりLV30持って行ったプレイヤーはいました。わりと多数)
 PCのクローズドβではコロニーのリニアラインで普通に攻撃してるだけで一回通過でスキル類ふっつーに1レベル以上上がってたし(当然すぐ頭打ち)、レベル20持っていくのに20時間かかりませんでしたからねー;あのまま出してたら一ヶ月遊ばない人が多かったんではと。ただ、お金が貯まらない状況はちょっと;。合成アイテムが合成に使った材料のうちの1つの1/150の価格でしか売れないとか、結構きびしーです;お金いくらあっても足りないゲームなだけに(笑)。
 よくわかんなかったのは、開始時装備(ビースト♀)がナックル+セイバー系/ハンドガンだったこと。ナックルはちょっとなぁ;cβの時よりは使える武器になってましたが。
 そういえば種族ごとの個性は強調されてましたね。ビーストの命中率、説明どおり低い。前はそうでもなかったんで、正直ヒューマン/ニューマンを選ぶ理由がビジュアル以外に無かった(^^;。
 PCのcβ同様そこそこ楽しめましたが、より時間のかかるゲームになっていたので、やる暇がなさそうだ、というのが残念なところです。(私個人の話)XBOX版PSOはプレイヤーマナーの良さが突出していたので、その流れで今回も来るとすれば誹謗中傷が飛び交うPC/PS2より別鯖でも断然こっちという印象ではありました。やっぱボイスチャットいいです、作戦に関係ない雑談しながら歩けるから、時間有意義に使えるし、操作に集中できるし。妙な動作もしないので、より初心者向けという印象でした。60fpsで安定してきれいに動きますし。PC/PS2で始めちゃった人は今更他鯖に移れない=360には来ないと思いますが、それならそれでもいいかなぁと思ってます。

 で、言語の話に戻りますが。XBOX時代から、ソフトにはリージョン設定がされていました。今回は比較的リージョン規制が甘いので北米版でも動く可能性が高いですが、日本で出ていないものを確実に動かしたいならリージョンが同じであるアジア向けを選ぶことになります。で、アジア版は北米版で出たものがほとんど、すぐに発売になりますが、パッケージとマニュアル程度しかローカライズされてないのが発売が早い理由です。ようはソフトは英語であると。そして台湾や韓国の人はそれで全然大丈夫であると。
 韓国の人にLIVEで声をかけられるとふっつーに英語です。中華系の人たちも内輪の会話以外は母国語使わず英語使ってます。
…図らずも思い知らされました。「日本人は英語が苦手なんだなぁ」と。で、そこで「英語頑張らないと」じゃなくて「外人ウザイ」ってなっちゃうのが今の日本をそのまんま象徴してるなぁと思っちゃったわけです。同じサーバーである以上、言語的にマイノリティである我々の方が、実はそのソフトの中では「外人」なわけですよ(苦笑)。

 ゲームのネット接続が前XBOX以降の機械ではスタンダードになったわけですが、ゲーム自体がグローバルターゲット開発にシフトしている現状、「日本人のみで遊ぶゲーム」というのは減る気配です。(360の場合はスパロボとかアイマスとか、本当にごく一部っぽいです。勿論、他機種でもサーバー分けなどが無い限り同じ事になる筈です。Wiiが一番そうなりやすそう)

 簡単な挨拶くらいはできるようになっておくべきだろうなぁと思いました。もちろんLIVE対戦をフレンド限定にして招待でしか対戦しないというやり方もあります。それはトラブルを避ける意味で有効だとも思います。しかしなんというか…昨今のネットでの右寄り鎖国思考が加速しそうな感じで、それはそれで残念。「対話をしない」というのがどういう状況か、という端的な例を他国で挙げると、北朝鮮ぐらいしか思い浮かばないわけですよ;ああはなりたくないですよね?ネットゲームに限らず、今の日本人ってあの状態と大同小異である事に危惧しているわけですが。

 とはいえ幼児教育から英語というのは全く賛成しませんけども(苦笑)。TVのニュースで全て英会話で学習する幼児向けスクールの実情を見ましたが、そこに入ってる子供が日本語での質問に答えられず、同じ事を英語で聞かれたらすんなり英語で答えられた(英語でしか答えられなかった)という状況になっていて、そりゃもう引きましたが。あの子供とその親にくれてやる日本国籍ねえだろ、くらいの勢いで。
 本来の日本語は情緒性を支えるのに世界で最も向いている言語という印象ですが、最近はそれを生かせている人間が若年層中心に減っている(思考放棄が横行しているため)ので、言語教育についてはそのプライオリティ含めてきちんと整理して、「日本人として日本語を話しつつ、国際社会から浮かない人間が当たり前になる」ような形を構築しないといけないと思います。言語の壁が現状すなわち思想や文化の壁に直結しているように思います。そのため歩調は合わないわ、肝心な部分で「どこの後進国ですかここは」という事態になってること多数だわで。いやはや;

 ちょっと考えオチしかも横道になりましたが、概ねそんな印象のワールドプレミアでした。しかしとりあえずゲームの世界における最大の結論は「言葉通じなくても目的が同じなら案外なんとかなるもんだよ」です(笑)。

|

« 今朝のトップページ更新モード | トップページ | 13ヶ月後のポリシーモード »

コメント

Dia/Dia2やってた頃に痛感したのが、
「これ打ち込みだから何とかなってるけど、会話だったら絶対無理(・∀・)」

NPCの台詞が読めても聞き取れないのw

投稿: いわ | 2006年10月22日 (日) 21時08分

大丈夫最近のゲームは字幕も出せる(笑)。
でもこーあれだ。場の雰囲気見て「ああなるほど、こういう事を言いたいわけだ」ってのは繰り返してるうちに理解できてくるね。表情まで細かくわかる今のゲームだからだろうけど(^^;。
なんというか「TV前留学」感覚だなぁと思うことは多々あるねw。

投稿: ぬまにゃん | 2006年10月23日 (月) 02時06分

音声認識で音声+リアルタイム字幕ってのが保存性も考えると良さそうなんだけど、まだそこまでは遠いかな;
※認識用に喋るのではなく、普通に話して普通に認識される必要がある

複数言語が混じってる場合どうするかとか、不適切用語(笑)の対処とかいろいろ面倒なことになりそうだけど。


投稿: いわ | 2006年10月23日 (月) 10時28分

英語を英語字幕にする技術は先日MSが会社買収したので可能になるみたいだよ。あと、XBOX時代に日本語をAIが認識するソフトがあったけど、認識率はいまひとつだったなぁ。

現状のメインストリームは日本語で対象→選択肢→選択肢→選択肢→選択肢→決定とすると、相手には登録国の母国語で伝わるというシステムで、案外それだけでもなんとかなるんだけど、タスクは成功するけどコミュニケーションは成立しない(笑)。

投稿: ぬまにゃん | 2006年10月23日 (月) 13時53分

必殺ぼでぃーらんげーじ(笑)ということで、PSOならロビーアクション(他ゲームで通常エモとか呼ばれる各種身振り)を・・・

って、全然数足りないってw

選択肢式だと雑談できないからねえ。

投稿: いわ | 2006年10月24日 (火) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今朝のトップページ更新モード | トップページ | 13ヶ月後のポリシーモード »