« 13ヶ月後のポリシーモード | トップページ | ちょっと最近トロくない?>自分。モード »

2006年10月23日 (月)

議論は肯定のためとは限らない。モード

関連リンク: 時事ドットコム「日本の核保有、国益にならず=議論は必要-石破元防衛庁長官}.

 与党にも意見が合う人間はいますな。この話が出た時から私は全く同じことを考えていました。非核三原則をゆるがす言葉を発している者がいる時だからこそ、論議をした上でその論議の上で完膚なきまでに核保有理論を排除するというのが、最も正しくかつ最も将来のためになると思うのですが。論戦で打破できない理屈であればそれは正論でないという見方も(大雑把とはいえ)あるわけですし。

 否定のための論議すら行わないのであれば、国会いらないですし(まあ、現状劇場政権なので本当に国会いらないっぽいですが)。それどころか今後実施される予定の裁判員制度の存在の是非にすら繋がる気がします。

 これは余談ですが、世の中報道されていることが全てではなく、本当に怖ろしいことは徹底して隠蔽されるものです。パニックを避けるため当然の処置。技術では先進国である日本が、うっかり核なんかよりはるかにやばいものを既に持っている可能性だってなきにしもあらずなわけですが。なにせ猫のおしっこの匂いが臭い理由すら究明してしまう国なわけですし(笑)。冗談はさておき、マスデストラクション=核兵器、という方向性で数十年進歩なしってのは普通に考えてありえないと思いますが。悲しいことですが科学の進歩は人命と戦争という二律背反する事項の上で最も加速するのは、歴史から見ても明らかですし。

 生命工学に代表される複合技術(今まで別分野として開発していたため、融和することがなかった分野との融和を行うことで、全く新しい技術を生み出すプロセス)が盛んな現状、既存科学からのパズルを行うだけでもどんな想像を絶するものが出てくるかわからないです。

 とりあえず確かなのは、自国にもリスクが大きい核というカードを切った国は、その想像もし得ない何かの最初のターゲットになり「さらなる最大級の惨劇」の被害者になる可能性が大、ということでしょう。今で言うなら自爆テロに相当する戦術・兵器を駆使した日本に対して、かつて米国が原爆を使ったのと同じプロセスで。

 核兵器という大量破壊の(現時点での)象徴から潔白であることを証明するだけで、実はより高度な大量破壊兵器の保有を隠蔽できるという選択肢として非核三原則を使うというのも(全く賛同はしないけど)やり方としては存在するわけで。最大級の偽善というやつですな。

 そうでなくても「空間は何らかの形で金になる」昨今、そこをシェアするような兵器が「経済」で循環している現代社会に相容れないのは自明の理で。それこそ常時崖っぷちで後がない北くらいしか使える国は無いと思いますけども。だから北の核(というか、北自体)の対処をどうするかは別に考えるとして、とりあえず「惰性でなく論議を重ねた末、あらためて」国際社会にスタンスを示すのは有効な策だと思います。

 そもそも他国で研究され尽くして、さして使い物にならんとわかってきた核に金突っ込むなら、もっと他にあるだろうし。結論が見えてる論議なのだから、保有理論者を潰す機会とみるけどなぁ、私なら。

|

« 13ヶ月後のポリシーモード | トップページ | ちょっと最近トロくない?>自分。モード »

コメント

そこで「何故いらねーのか。というか持ってるとまずい理由がどの辺にあるのか」という理由を本気で話し合われると、
その最中に非常に都合の悪い内容が出てくる可能性がある人々もいるようで・・?

# 維持コストだけじゃないよね、日本の場合w

投稿: いわ | 2006年10月23日 (月) 01時12分

まあいろいろだねぇ、切捨てという名の同士討ち誘うことを危惧する連中もいるだろうし(笑)、わざわざ保留してた「つつかれるとまずい文書」を公開せざるを得なくなって、確実に窮地に立つ連中もいる。他にもまだまだ。国民の目線だと当たり前に出る結論を出す事へと踏み出すことに「待った」をかけたがる組織団体はこの件数多いとみるけど、そいつらの都合私らには関係ないからなぁ(笑)。

ぶっちゃけ本気で情報出し合って論議すると「国会議員は全員ボランティア、無給化」って議案を通過させるのと同レベルの事態になるかもしんないなぁとふと思った(苦笑)。

投稿: ぬまにゃん | 2006年10月23日 (月) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 13ヶ月後のポリシーモード | トップページ | ちょっと最近トロくない?>自分。モード »