« 乗ってみたいトヨタ車モード | トップページ | 映画みたいなシーズンモード »

2006年10月25日 (水)

髪を切った私に~♪モード

 顔に肉つきすぎだボケェとセルフツッコミ。orz
 あぁダイエットしなきゃ。ぐすんぐすん。
 4ヶ月ぶりに髪切ってきましたよ。行き着けの美容院のお兄さんと久々に話してきたんですが、「前来た時北方領土行くとか言ってませんでした?」「ええ!?そんな前だっけ!」という話に。そうだ北海道行く直前に切ったんだった;道理で伸びるわけだ。

 で、美容院のお兄さんといろいろ喋ってる中、「そういやあのバッグ、えらい重いすけど何入ってんすかw」と言われたので、これでもいつもより軽いよと言いつつ、携帯とZERO3とGeko201と財布(テルミット)、メモ帳とペンとダイヤモンドシャープナー(M-5)で、いつもはPSPが入ったり、ポーチあと2つ増えたり(H-1、メガロリポリ)するってな話をしてました。で、家に帰ってここのアクセス履歴の生ログをぼんやり見てたら、検索で飛んでくる人がどんな検索をしてここに来たのかわかって一部微妙に吹きました。

 根本的主観の違いから不幸なことになってこのネタを書いていませんでしたが、Maxpedition、ないしJUMBOなどをキーワードにぐぐって飛んでくる人が結構いたので、折角だから残りのレビューもしてしまいます。

Maxpedition thermite versipack
 テルミットと読むらしいです。こいつの使い勝手わりととんでもなくて、あれだけJUMBO持ち上げておいてなんですが持久戦ぎみになる移動時以外JUMBOは使わなくなりました。
 メインハーネスの長さを調整することでショルダーバッグとしてもウエストバッグとしても運用できます。ウエストに装備した場合は主に腰の左右いずれかが定位置です。太腿に巻いてテルミットを固定するためのレッグループというハーネスがついてきます。山とか入る時は装備したほうが動きやすいですが、普段は必要ありません。JUMBOと組み合わせた時、ベルトループ(ベルト固定用の輪っか)をテルミットのメインハーネスに固定するとフル装備でも走れます。国後で実証してきました。
 メインハーネスが同じ軽量Versipackであるtoadstoolよりしっかりしているので荒く扱える安心感があるのと、普段使いのものがとりあえず全部入ってる(上記参照)のがポイントです。ベルクロ式サイドポケットがついてるモデル(Versipack、ポーチ問わず)全ての特徴ですが、蓋にあたる部分は長さを調整できるので、幅さえ合えばわりと縦長のものも入ります。主気室には紐で口を絞れるタイプの内蓋があり、フロント側ポケットはファスナーが1つで方向を選びますがわりと大きく、ちょうどW-ZERO3(WS003SH)がびしっと収まります。
 あとはJUMBOにもありましたがスリップコンパートメントがあります。片手がぎりぎり入るサイズなので、実戦で使うとしてナイフか、銃の場合ワルサーPPKやベレッタM1934あたりが限界っぽいです。
 基本的にコレ+ポーチのどれか、という組み合わせになります。メインハーネスに他のポーチを通す形ですが、ショルダーで使ってもその運用で違和感は感じません。(ショルダーパッド入れるほど重いもの入れられないし)

Maxpedition H-1 waistpack
 主にコンデジとメモリカード、電池とぷち三脚を入れて持ち歩くのに使っていますが、テルミットより小規模な運用をしたい場合(財布と携帯ありゃ十分な時)は、むしろ主気室の蓋にロックがつくテルミットより広いベルクロだけで蓋を固定しているこちらの方が取り回しはいいと思います。主気室へのアクセスの簡単さは特筆もの。これも口を紐で絞れるタイプの内蓋つき。主気室の前側にはベルクロで簡単な固定をしてあるポケットが二段。
 他と組み合わせる場合、左のサイドポケットいらないんですが(そういうモデルがあったら2つは買うのに)普通にベルトに通して使うならこれが一番いいかもしれません。背面PALSウェブでマリスクリップが使えますが、テルミットと組み合わせたり、普通にベルトポーチにする場合はPALSのプレート部そのものがベルトループなのでマリスクリップは不要です。PALSウェブの中に隠しポケットがありますが、小さいのでたいしたもの入りませんし。

Maxpedition M-5 waistpack
 フロント側にロックつきの蓋がついてますが、ロック外してさらにでかいベルクロで厳重に中を保護してるわりにそこは主気室ではありません(笑)。パーティションで3つ程度に区切ってあるでかいポケットです。
 主気室は側面のファスナー(2つ)で空けるタイプで、これまたパーティションが入っているのでファスナーを開ききってしまっても前側にばったり開いて中身解放という事はないです。ただし、このパーティションのせいで容積相応の荷物が逆に入らないというデメリットも抱えます。私はメモ帳とペン、PSP、BUCKのダイヤモンドシャープナーを入れてます。背面はPALSウェブで、ベルトループとして機能させるためポーチ背面との間に隙間を作ってあるのはH-1と同じですが、こちらはでかすぎて収まりが悪いので、マリスクリップで固定したほうが扱いやすいです。勿論こちらのPALSにも隠しポケットつき。十分な容量があります。ただし、マリスクリップを使って蓋をしてしまうと中身すぐには取り出せません。

○その他のもの・余談の類
 glimlocは個人的に全くオススメしません。PALSウェブがないとほぼ無意味な上に、固定はめんどくさいわ開閉もめんどくさいわで正直何に使うものなのかわからなかったほど。これ買うならKeyperが断然オススメです。ベルトループでもPALSでもOKだし、買い物袋の類が片手/一瞬でぶら下げられます。しっかり保持してくれる上対加重もばっちり、荷物を外すときも片手で一瞬です。そしてKeyper自体もベルクロを剥がすだけで簡単に脱着できるので、装備順の変更が容易です。universal flashlight / baton sheathはSurefireの3セル系使ってる人にはものすごくオススメ。(2セル系の人はSingle Sheathで十分)ベゼルを保護してくれるだけでなく、取り回しもいいです。私はJUMBOの主気室上の蓋のポーチについてるPALSにマリスクリップの長いほうを横がけして、そこにこいつをつけてます。

 結構今あるもので満足してしまっていますが、足すとしたらmini Rollypolyを1つとH-1もう1つかな。テルミットがもう1つあってもいいかも。ちなみにテルミットの背部をPALSにしてスリップコンパートメントとハーネスを取っ払ったものがM-4と考えるとよさそうです。

 以前Mega Rollypolyを褒めた記憶がありますが、今はあまり評価していません。あれを装備する空間があるなら、エコバッグ(最近流行りのお買い物用布袋・きわめて安価)を折畳む、ないしスーパーの買い物袋を畳んで結んでおいて、それを他のポーチに入れておいたのをKeyperで吊るすほうがずっと手っ取り早いです。Mega Rollypolyが真価を発揮するのはむしろ山の中などで収穫を行ったりするときです。普段使いには向いてないです。

 財布類はPUGもRATも相当でかく、これ財布じゃなくてポーチじゃんの世界なのでどちらも薦めません。Micro Walletはよさそうですが。

 Maxpedition関係はそんな感じです。副装備品についてですが、今都内では「刃物の添付された道具を見るや拉致換金してカツアゲをする国営の営利団体」が超特大活躍しているため(目的あっても難癖つけて拉致られるそうです。秋葉原でビクトリのサイバーツールが駄目っつったら全滅でしょ?:Pサイドポケットのとこでレザーマンの話をしなかったのはそのせい)刃物類は装備品に入れていません。なんか首都圏だけかと思ったら、最近地方でも模倣犯が出始めたそうなので。また震災あった時のために覚えておいてほしいのですが、連中のせいで「その場に刃物1本あれば救える命を救えなかった」という事態が発生した場合、その一部始終を記録した上で当該組織を告訴して下さい。誰でも構いません。その場合、「この人は警視庁の内部の出世レースが原因で亡くなった」と言ってしまって構わないです。(あ、書いちゃった:P>国営の営利団体)

 あんだけ派手に刀狩りしといてなおアキバのメイドが襲われるという。「これで取り締まり強化の必要が」じゃなくて「この人たち真面目に仕事してないので全員クビ、ないし地方に左遷で地方から人員吸い上げ」とすべきでしょ。国会の議題に上らないのが不思議な程の大問題ですが。(まあアキバのメイドのあれは水商売ないし風俗なのに、それらしい後ろ盾をつけてない=ソレ系の自由業の皆さんがバックにいないのがバカをつけ上がらせた理由だと思いますが。だからってアキバに連中が出てこられたらそれこそ大迷惑だけど)性犯罪の実行犯は最低だと思うし、現場に居合わせたら挑発して正当防衛としてボコると思いますが(苦笑)彼女ら自身も一方的な被害者面できる立場でないことを認識してほしいとこですが。自分(の容姿=体)の魅力で商売してるという事において、そういう犯罪に巻き込まれる可能性は常にあると考えるのが当然で。
 私個人は彼女らは「アキバにいなくてもいい人」だと思ってますが、それでは納得しない人も多いと思うので(苦笑)、彼女らには自衛の策をがっちり施してほしいです。お店の義務だと思うし、秋葉原のお店の寄り合いでもその手の策はしっかり論議すべきではないかと。
 なに、あんだけ派手な服だもの、護身具隠そうと思えばいくらでも隠せますがな。とにかく、なんかあってから「あんなことをされました」と被害者顔すればいいんだ、誰か助けてくれる、みたいな気持ちでは、自分らで事件起こしてるようなもんだと思うけど。

 ものすごく横道でしたが、装備品にナイフがないのにダイヤモンドシャープナーが入ってるのは護身用です。Buckのセレーション用シャープナーは非常によくできてて、使い方次第ではクボタンのような感じで突けるだけでなく、もちろんシャープナーですから(笑)、ナイフでは切れません。緊急時の救助に使えないのが難点ですが、某国営団体に不当拘束食らうのは気分悪いので、東京で人助けは諦めました。(首都圏の人、私が体調崩して動けなくなっても総パスだったしw)

 

 話題は変わって。近所のホビーショップにレンタルケースがあって、レンタル料が値下げになってました。処分したい品があるので魅力的ですが、上前を20%も持って行かれるそうで;ちょっと引きました。うーむ。処分したいものは結構あるんですけどねー。葉月とか葉月とか葉月とか!むきぃ。

|

« 乗ってみたいトヨタ車モード | トップページ | 映画みたいなシーズンモード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 乗ってみたいトヨタ車モード | トップページ | 映画みたいなシーズンモード »