« 郵便物に一喜一憂などモード | トップページ | 我々への挑戦すかモード »

2006年10月 3日 (火)

流転の車のビミョーな落とし所モード

関連リンク: 【光岡 オロチ 発表】購入ターゲットは「欲しい!」人 | Response..

 紆余曲折ありすぎ;形はほとんど変わってないけど、中身はNSX流用→フーガ流用→たぶんクルーガーVあたり?流用って2回も変わってます。で、NSXはまだ良かったけど、フーガ使うと発表したあたりから動力性能に諦めムードが;。この車、ガワはあんなだけど、乗り味・速度両側面でセダンに敗北する可能性大です。5ATの「ガワだけ自動車」に1050万も払う金があるなら、他にいい買い物はいくらでもあると思いますヨと。400台の予定だそうですが、売り切れるかおおいに疑問です。いくらなんでも…ねぇ;。スペックシートでクルマは語れないけど、デザインだけでもクルマは語れない。このクルマにはオーラがない。それはちょっと。クレイモデルやでっかいプラモじゃないんだからさ。

 記事中「オロチがあまりにも孤高の存在なので、比べる意味は無に等しいけれど」とあるけど、孤高!?Z06やT350C、Mクーペと比べて孤高!!??
 寝言は寝て言ってください、工藤貴宏さん。

 と、苦言を呈したところで、今年のGD賞で無事「i」がとりあえずベスト15(金賞)を取ったことにお祝いの言葉を。おめでとうございます>三菱の皆さん 大賞も取れるといいけど、今年は結構いいものが出揃ったので、確定的とは言い難いかな。でも、あの車がアートとユーティリティ両側面のデザインで時代をぐんと引っ張ったのは間違いないと思います。椅子が良ければねー。もっと評価できたんですが;。

 クイック投稿でジャンルが1つしか選べないのですが、車輪に関係ないネタ1つ。WikipediaでBUMP OF CHICKENの項を見てたら間違い発見。スペースシャワーTVとの縁という項目の1、1999年にパワープッシュに選ばれたのはLAMPじゃなくてガラスのブルースです。
 まーWikipediaだしそんなもんかなーと思う今日このごろ。

|

« 郵便物に一喜一憂などモード | トップページ | 我々への挑戦すかモード »

コメント

>中身はNSX流用→フーガ流用→たぶんクルーガーVあたり?
オロチはNSX流用の時に見たきりだったのだけれど2回も流用変わってたのか(汗
ATのみとかだし狙ってる層が分らないw
今見たら唐突に沙羅曼蛇2のボスを連想してしまったヨ・・・

投稿: ヲサ二等兵 | 2006年10月 3日 (火) 22時57分

ガワはそんな変わってないんだよね。蛇で言うピット(熱を感知する器官だっけ)に相当する穴がフェイズ2(フーガエンジンの時)からついたくらいか。で、その「ガワだけカー」ってとこにさー。
「くせぇーッ!!AZ-1の匂いがプンプンするぜェーッ!!」
となっちゃうわけだよ(笑)。
AZ-1はキライじゃないけどさー;予後がああだったから、こいつもそうじゃないかって気がしてならない。

投稿: ぬまにゃん | 2006年10月 3日 (火) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 郵便物に一喜一憂などモード | トップページ | 我々への挑戦すかモード »