« なゆりんGJのその後モード | トップページ | TaskSwitchDiaryのいろいろモード »

2006年9月 6日 (水)

一番タチ悪いクチは実はこの手合いかもモード

関連リンク: 20ミリ機関砲10発誤射、海自艇から陸へ…青森 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 なんというか。とりあえず誤射とは目標誤認しつつきちんと狙って撃つ事を言うのであって、これはとりあえず誤射ではない、人為的暴発であるというのは方々で書かれてる通り。

 で、最寄民家まで2kmだそうだけど、20mmなら余裕で届く筈。大湊高校の監督は生まれて初めて聞いた轟音と言ってるけど、それは流石に大袈裟。20mmの音なんて花火大会以下ですが、この人花火見に行った事ないんだろうか。

 他にも昨日のニュースではマテラッツィが一方的にジダンの頭突きの件についてコメントしたのを「真相」として、あれほどの騒ぎの根拠としてはまずありえない内容で報道しているし、どうなってんの読売って感じ。

 苦情を述べると大変丁寧な返信を内部事情の説明つきで送ってくるのは先日の件で確認済みだけど、結局のところニュースソースが「犯罪者の詭弁」であったことが確認できてしまっただけだったし、丁寧ならいいかというとそんなことは全くないわけで、もうなんというか;

 右だの左だの寄ってる新聞はまだいい。そのつもりで読めばいいのだから。しかし、このような「単純に悪意ある報道を繰り返すマスコミ」はどうしたもんなのかねぇと。正直記者の質が低すぎる気がするんですが。傾いたポリシーの新聞の記者だって、文章自体はもっとまともなものを書く。なんというか、最近の読売は非常に幼稚な内容に思える。

 なんというか匿名掲示板系でよく見る「釣り」の類に似た感覚を覚えるけど、この風潮に嫌悪感を覚えるのは私だけ?嫌なら読まなければいいってのはごもっともだけど、mixiのニュースが読売なんで無理矢理目に入るんだもの。

 関連リンクの件に話を戻すと、もし発射された実弾4発+曳光弾2発のどれかが人に当たった場合、遺体は回収が困難なレベルで木っ端微塵だったろうなぁと思いつつ、「たまたま今回当たらなかったけど今後先日のロシアの件どう報道すんのかね」とかも思ったり。つか曳光弾混ざってて着弾点把握できないってどんなザル仕事だ。流石にうっかりミスでも誰か見てるだろうに。どーもうさんくさいな、この報道「も」。

 根に持ってるなぁとかしつこいなぁとか思った方には、当たり前でしょ何を今更と言っておきましょう(苦笑)。

|

« なゆりんGJのその後モード | トップページ | TaskSwitchDiaryのいろいろモード »

コメント

http://apti.net.pref.aomori.jp/headline/summer/summer2.html
むつ市でもやってんじゃん花火大会(゚д゚)


東京の読者が読んだら隅田川の花火あたりを想像するだろうから、この辺も意図的なミスリード狙いじゃないかと勘ぐってみたりもする。

投稿: いわ | 2006年9月 6日 (水) 09時32分

後日の報道で、基地の建物の屋根に着弾してて、しかもその時人居たって判明してて。思いっきり射線わかってたじゃんと(苦笑)。

言葉狩りには猛烈に反発するところだけど、残念ながら発する価値ないし水準を満たしていない者にあまりに大きな声を発する権利が委ねられているのは危険という感が否めなくて、結論として「マスコミの記者に資格試験制度を」という方向を考えざるを得ないなぁと。新聞の質の低下は文字文化全体に影響するもんね;

まあ、学歴で記者採るからこうなるんだろうなぁ。能力重視の世の中でメインストリームの企業がやることじゃあないね。

投稿: ぬまにゃん | 2006年9月 8日 (金) 05時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なゆりんGJのその後モード | トップページ | TaskSwitchDiaryのいろいろモード »