« 本末転倒さんモード | トップページ | 行使すべき参政権モード »

2006年9月24日 (日)

温故知新の後ばきっと衝動買いモード

 LAY師を誘ってノスタルジックカーin八幡平に行ってきました。LAY師は兄の同期で、60年代生まれで私より旧車に随分詳しいので、いろいろお話を教えてもらって随分ためになりました。

 毎年混むのわかってたので、早めに会場入りして駐車場のいい場所を確保。すぐ近くにフェラーリF355GTがありました。スモールフェラーリは熟成度とサイズの兼ね合いこのへんが一番丁度いいなぁと思いながらしげしげ見ちゃいました。今日だけで黒と赤のテスタロッサ含め3台フェラーリ見たなぁ。そういうイベントじゃないのにw。そうそう、会場入る手前で素晴らしく速い360ccクラスの軽が走っててなんだろうと思ったらN360Sでした。あの脚付きと加速はとんでもないです。前走ってたほぼノーマルっぽいビート(Ver.Z)が交差点で置いていかれてましたもん。音も素晴らしかったです。

 豊橋からいらっしゃったランサーGSR(1975年型)がなんというかキター!という感じで、ぐっさり刺さりました。今回多数集まってお祭りになっていたギャランGTO(1971年あたり~)は特定の車体を学生の頃からずっと見ていて、オーナーさんとも面識があるので比較的慣れてたんですが、生まれた後の車なのにこのランサーは見覚えがなくて、その小さくスタイリッシュなクーペボディと、FRらしい車体の動きにすっかり惚れ込んでしまいました。
 安全基準だモアパワーだで最近の車は肥大化傾向なだけに、なおさら刺さったなぁという感じです。あんな小さいFRクーペ、日本ではもう作れそうにないもの。(参考までに・AE86より二周りくらい小さいです)
 他にもいろいろありましたが(びっくりしたのはダイハツのコンパーノスパイダー。実存したとは;)冬の本向けにネタ備蓄することにします。オーナーの方がことごとくいい人だった事にLAY師が感銘を受けつつ、「そうか!いい人だからこんなに根気よく車を維持できるのか!」と納得していました。全く同感です。そしてフロンテクーペが売りに出ていて真剣に購入を検討する二人でありました(笑)。

 盛岡に戻って、LAY師には私のTV選びに付き合ってもらいました。まずK’sデンキで現物確認。ここで私は現物を見ないで買い物しそうになっていた自分の愚かさに気づきます。37型超えると放送にどうしても粒子感が出るので、近距離での視聴に向きません。なので32型に的を絞ることにしました。で、各社のパネルを見比べて、意外や気に入ったのは東芝と三菱でした。東芝は広帯域の専用HDDレコーダー使ってデモをやる事が多くて直接比較がなかなかできずアテになんない、と思ってたのですが、普通にBShiをデモしてるの見たら、私の目にはライバル社モデルよりよく見えたのです、意外にも。特に東芝が応答速度も速くていいなぁと思ったら、店員さんが「パネルは亀山ですから」と。本家よりチューニングずっと上手いです(笑)。で、東芝といえばEPGの使いやすさをはじめとするインターフェースの優秀さですが、正直リモコンの使い勝手が全社の中で東芝がダントツでした。ブラビア買ってソニーを応援したい気持ちはありましたが、「PS3値下げできるくらいだから大丈夫なんでしょ、多分」となげやりな気持ちになり(これをクタ効果という)、東芝にすることに決定。一応旧モデル(CまたはZの1000系。新型は2000)狙いで探してみることに。ここではCが138000円、Zが展示品のみ198000円でした。
 その話を持ってヤマダへ。ヤマダではCが134000円で、Zはもう2000のみになっていました。ただ、Z2000の説明を聞いていたらその豊富な調整機能にぐらぐら来たのですが、だいぶ足出ちゃうので我慢。Z1000は展示機が198000円+びっくりなポイントで既に完売しちゃったそうです。東芝機はフルスペックは37型からですが、フルスペックは別にいいかーと思いつつも、実質10万近いポイント還元に実は結構揺れて、「あぁぁTV買ってポイントでTVを!ってなんでやねーん!」と一人ボケツッコミ状態になってたらLAY師に「もちつけ」と言われました(^^;。ここも一応押さえで穴場であるコジマへ。
 コジマは家電量販店では地元老舗のデンコードーを除いた外来店で盛岡で一番古いところです。お店が古いこともあり最近は他店に押されぎみだったのですが、その分値段を頑張っている印象があったので期待していました。で、Z1000在庫あった!安い!展示機168000円からさらに引きますと表示。聞いてみたら148000円とのこと。さらに話したら「今ちょっと他店在庫確認しますね…あ、青森に1台在庫あります、お時間頂けるならそちらをこのお値段でお出しできます」と。
 結果。
 買っちゃった。てへ♪(てへじゃねぇ!←お約束)
 なんというか、オフ会で初めて会った女の子とその日のうちに婚約したよーな気分です(^^;。お金は48000円は貯金から、10万は家族借金です。(お店のクレジットも考えましたが、手続き面倒だったので(^^;)ちょうど明日、入金はあったのに滞っていた仕事のミーティングがあるので、その仕事が済めばすぐ10万も返金できるし、ということで。たぶんC1000でもゲームをやるには十分だったと思うのですが、LANタイプのHDDを接続すると録画機能が使えるようになるとことか、二画面機能とか結構刺さったので、ちょっと頑張ってZ1000にしました。本当はZ2000にも若干未練でしたが、キャリブレーションの明るさコントロール詳細設定は、既存機のアバウトな設定でも十分かもと思ったのと、HDMI端子あんなにいらない(^^;というのがあって。ヤマダで東芝出向の社員さんに聞いたら、「うちはMCは半期だと思います」と言っていたので、今逃すと半年待ちか!と思ったのもちと効いたかも。で、東芝機はどのお店も旧型は在庫がもうギリで、タイミング的にもすれすれっぽかったので、頑張ってみました。あぁ。(Z内蔵のスピーカーがオンキョーと共同開発というのも個人的には刺さる要素でした。今HTS死んでるので、本体スピーカー重要)

 そんなわけで納期1週間くらいだそうですが、その間に設置場所を確保しないと(^^;。今使ってるAVラックに収まらないのは確認したので、片付けをして部屋を若干模様替えする必要がありそうです。うわー;

 そんなわけでTVは決定しましたが、ナンバーポータビリティ合わせで一応他社の携帯を見ておこうと思い、前から気になっていたN902iXを見てきました。カトキ臭がプンプンするぜェーッ!!てなもんでめちゃくちゃ気に入ったわけですが(笑)、ぼだ(SB)の例のAQUOSケータイも、地元でもやっとワンセグ試験放送始まったので気になりました。実は携帯でTV、今でも結構見てるほうなので。(パケ使うコンテンツ一切使わないかわりに、そういう付加機能で楽しんでたりします>V603SH)なんだかんだで携帯の液晶はやっぱりシャープが一番だと思っているので、その点も加味してソフトバンク残留で12月に機種変更でこれに、もしくはもうちょい待ってみて確実に出してくるであろう後継機狙ってみるのもいいかなぁと思っています。ZERO3があるため既に携帯は通話端末だから、パケを使わない付加機能の性能の方が重要。なので、思いっきりパケ向けな(笑)N902iXは残念ながら候補から外れちゃいそうです。例の高速転送が使えない分、地元では安い値段がついてるらしいのですが。いやしかしあのデザインは秀逸というか、確実にヲタ狙いだよなぁ(笑)。書き文字とかもあまりにそれっぽいし。H型モールドが側面にバシュンバシュン!と展開して何かチャージして撃ちそうだよね!とLAY師と話してましたw。なんつーかベルガ式携帯って感じで。もちろん開くと「スタンバイ・レディ」と例の声で言うのだろうなぁと。特に白いモデルはw。

 ざっと見渡して、携帯電話ほど同じ用途なのに多様なデザインがある道具も珍しいなぁと思いました。ほんっといろんなもんが出てますよね、今。SHブログ愛読者の私としてはV705SHの薄さを実際に見てみたいなぁと思ってたんですが、本気で薄かったので「な、何コレ?ネタ!?」とか同様してまたもLAY師に「もちつけ」とw。あれは持ち歩き楽で良さそうだなぁ。でもFelica機能が904~905SHと違って他キャリアに追いついてないので残念ながらパス。で、「薄いのは会社のせいじゃないの?」とLAY師が言うので、「それはあれすか、社長の頭と一緒ってことすかw」と言ったところに凄くいいタイミングで某社の縦ストライプジャケットの携帯があって、LAY師が「そうそう、こんな感じでw」と。「思わずバーコードリーダー当てちゃいますよねーw」とかえらい失礼な話してました(笑)。

 しかしまぁ実のところ、LAY師はもうたぶん十年以上WILLCOM/DDIP一筋で勿論発売日からのZERO3ユーザーだし、私もDDIP歴結構あって発売日からのZERO3ユーザーなので、その後継が一番気になるというのが実情なのでありました。「esはきびきび動くけど、キーボードに対して画面が右オフセットしてるからちょっと違和感がね」とLAY師は言ってて、私も「今のこのサイズが一番いいんですけどねー。通話端末別にあるし」という意見なので、WS003SHの筐体・機能でesのソフトウェア内容になってるモデルが今一番欲しいなぁというあたりで一致しました。ちょうど1年目くらいに出てくれないかなぁ。なゆりんも同じようなこと言ってたような。まだ?>WILLCOM
 余談ですがあんまし小さい液晶でVGA解像度だと流石に意味薄いなぁとV904SHとes見て思いました。文字小さすぎ(笑)。フルブラウザでWeb見る時便利といっても、携帯でWeb見ないので、特に904SHは意味薄いなぁと思っちゃいました。すごくキレイなんですけどね~。でもいいや。QVGAとVGAの中間解像度くらいが丁度いいんじゃない?と思うんですが。

 LAY師が360いつ買おうか迷ってたので「すぐにでも!」と。PSU目当てで購入確定だそうですが、別サーバーなのが気になってる様子で。その点は「仲間も全員巻き込むべきです、アイマスでw」と言いつつ、今すぐやりたいのセンコロくらいと言ってた件については「是非我らのスカッドに」と言っておきましたw。TVが届いたらやっと本体付属のD端子ケーブルが使えるようになるので、浮いたS端子ケーブルはLAY師に回すことに。

 そういえばYoutubeにトラスティベルのトレーラーがやたらたくさん上がってたのがおかしかったです。皆余程刺さったのね。自慢じゃないけど私ゃ初回の報道で既にこのクオリティを予見できてたので、したりという感じでありました。久々にびびっとアンテナにキタタイトルです。RPGやるのえらい久々ですが、楽しみ。

 Amazonからドールスタンドが届きましたが、セットアップは明日以降です~。ああ、やっとあの子をお披露目できる(まだ秘密)。

|

« 本末転倒さんモード | トップページ | 行使すべき参政権モード »

コメント

すいません(^-^;。スカッドほったらかしです。いやもう、殆どネットから離れてた感が(mixiの最終ログイン見ると多分笑える日数に…自分じゃ見られないけど(笑))。
はるばる筑波学園都市の外れまで出かけて、3TのfMRIハングアップに巻き込まれて2時間近く閉じ込められたりしてましたヨ。

徐々に復帰したいなあ。またよろしくですよ<スカ(その略はどうか)

投稿: 六角 | 2006年9月25日 (月) 10時19分

あら、ぬまにゃも37インチ以上はダメでし
たか・・  並んだTV見てて、どうしても
37インチ以上の物は身体が受け付けない感
じがして、買うなら32インチ辺りまでかな
と思っていた所でした。

投稿: がこ | 2006年9月25日 (月) 21時32分

>ドク
実は私も国連直属の空軍で世界のグレーゾーンを潰して廻るほうを今メインにしてるので、ここ数日ネーロイムスに行ってないよ(^^;。
つかえれぇ難しいなぁ;>OverG
戻ったらいつでも言って。付き合う。
なんか新宿のビックカメラで360の初期ソフト安いらしいので(980円だとか)、パーフェクトダークゼロを強く勧めるよ。

>えいしにぃ
かろうじて東芝が視聴に耐えましたが、こと放送についてはもう37以上は粒子感がどうにも…ですね。ブロックノイズとまた違うノイズ感あって。しかしゲーム優先で考えた場合、ねこていでなーししょが仰ってるとおり、フルHDパネルは選択肢で、それは37以上になってしまうという、なんとも歯痒い部分もあります。

でも、私の部屋じゃ32が限度っていう物理的限界がまずあったりしたのですが(笑)。うっかり42のリヤプロとか買わなくてよかったですよ、実物見たら全く視聴に耐えなかった。エプソンのは凄く良く見えたんだけどなぁ…。>リヤプロ

投稿: ぬまにゃん | 2006年9月26日 (火) 09時08分

ドクってゆーと、車飛ばしたり思考の読める怪しいカブリもの開発したりすんのか! っと思ったら、目下首つっこんでるのはBCI/BMIなんで、実際に大雑把な思考読めるへんなカブリものは研究してんだった;。だめぢゃん、ネタがネタになってないよ!(笑)

パフェ980円かぁ…。それそっこー無くなってたりしない^^;? 残ってたら保護してこよう。
OverGはどんな出来?

投稿: 六角 | 2006年9月28日 (木) 00時36分

宇宙人が次々やってくるぜ>ドク

どうだろ、ネットに情報載ったけど確認したのはmixiだったから、まだいけるかも。PDZはマジで協力ミッション手伝ってほしいよ。

OverGはちょっといまひとつだねー。敵いきなり湧いたりするし。機体の機動性にパイロットついてこないもんだから、ちょっとした操作でブラックないしレッドアウトするしねぇ。やりづらいことこの上ない。
リアリティ狙いとはいえミサイルのレンジ区切りが微妙だし、ヘッドトゥヘッドでミサイル撃つと相手だけ回避できるし、ちょっとなぁ。(相手は視覚関係ない回避をするから、高Gで問題なく回避かけるけど、こっちは回避機動するともう何も見えんし;それで地面刺さったりする)
重力に対する機動の感触も今までやったコレ系で一番変な感じするし。

滑走路も省けるとはいえタクシーからやらされるのはどーかと思うしなぁ;ああいうのもう手動じゃなかろうと;F/A-18のカタパルト射出に操作要る時点でもーよくわからんけども。(実機は完全自動。パイロットは右側のピラーの手すりにぶらさがってるだけ)

なんつーかハンパに物覚えた人がマイナスのリアリティだけ追及して台無しにしたって感じ(苦笑)。ただ、各機体の演出はものすごくそれっぽくて、そこは悪くないね。(特にHUD情報と機体搭載コンピューターのインフォメーション音声)
これ買うお金あったら他のタイトル勧めるね。

投稿: ぬまにゃん | 2006年9月28日 (木) 01時55分

ありがとー。迷ってたんですよねOverG。
ってことで週末時間とって、パフェ保護に赴いてみます。ついでに123Aやら221AやらLMC555やら、いろいろ実験機材に足りないモノを買い足しにいかないといけんし(笑)。

投稿: 六角 | 2006年9月29日 (金) 13時12分

安くなってたら買ってみてもいいかも。3千円以下がめやす>OverG
新作買えるお金あるならプロジェクトシルフィードを試してみるのはどうかな。あれフリーフライトなんでシルフィードは名ばかりだ(笑)。

投稿: ぬまにゃん | 2006年9月29日 (金) 15時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本末転倒さんモード | トップページ | 行使すべき参政権モード »