« 行使すべき参政権モード | トップページ | 広橋さん すごい そのまんまモード »

2006年9月26日 (火)

ドールとスタンドあれこれ+αモード

 先日ここで紹介した、キューティーズの60センチドール用ドールスタンドと27センチドール用ドールスタンドBが届いていたのですが、やっと試すことができたのでちょこっとレビューを。

 まず60センチドール用スタンドですが、脇支えタイプですがなかなかいい感じでホールドしてくれています。霧香さん(ボークス社DDのベースボディII)に使っていますが、最低の高さから少し上げてやったあたりがちょうど腰のくびれに入るあたりなので、下が水平であれば(傾いてると弱いです、ボークス製と違って台座自体は重くないから)十分な保持力が得られます。ばねで左右からホールドするかたちになっていますが、ばねレートがちょうどよくて、衣装やドールに対して全く圧迫感を与えないのに、保持力が不足することもありません。よくできてます。オススメ。

 ドールスタンドBの評価がちょい微妙です。ピアニューモ素体であるあいかさん2ndに使ってみたわけですが、ちと支える位置が高いかも…かなり厚底な靴を履いてるあいかさんでも最低の高さでウエストの中心より上側、胸寄りの高さになってしまうので、えっくすきゅーとのほかの子だと本当にわきの下あたりまで来てしまう可能性があります。で、針金1本を曲げて作ってある脇支えなので、低い位置に行くほど横から押さえる力が強くなっちゃうんですな。背の低い子にはちょっと辛いかも。25cm以下には、ちょっと高価ですがイエローサブマリンから~1980円で出ているジョイント式/針金式のドールスタンドがオススメになる感じです。ポージングの自由度が上がるので、ボークスやオビツの22~27cmをお迎えした方にもオススメです。

 ドールつながり?で。真紅さんフィギュアつきのローゼンメイデン原作7巻限定版が届きました。立体化に恵まれない不遇なキャラとして名高い;真紅さんですが、今回は凄くいい感じ。ちょっと顔が小さく、肌色が成型色なのが残念ですが、全体の造型の躍動感が素晴らしく、また衣装の構成の精密さはユージンからSRDXで出ているPVC完成品を凌ぐほどです。顔のペイントが自前でできる人なら、サフ吹いてちゃんとフレッシュ塗った上で顔をリファインしてあげて、髪の黄色をもう少し強めにした上でハイライトを入れてやればより見栄えがすると思います。てゆかそこまでやっちゃうと現時点で多分真紅さんの決定版(笑)。興味がある方で踏み切れない方は、書店で実物を見てみることを勧めます。箱の正面から見える範囲のディティールでも十分凄さはわかります。

 ほんとはドールさんもう1ネタ行きたかったんですが、とりあえずセットアップ済んでからあらためて。

|

« 行使すべき参政権モード | トップページ | 広橋さん すごい そのまんまモード »

コメント

>真紅さんフィギュア
 当にその指摘部分が引っ掛って買うのを躊躇してる状態w
造形は及第点上乗せ分ありの割と善い出来なのに
塗装関連で3割程印象落としてるのがどうにも辛くて;
もし明日行ってあったら押さえとこうかと思たら三千円かよ。

…コミックス読んでないからフェイトちゃん分に廻そうかしらん…

投稿: c | 2006年9月26日 (火) 19時47分

特に顔モッタイナイですよねー。衣装部分の塗装はベルベットの感じわりと出てていいかもと思ったんですが…あとはドロワースやパニエのあたりの白い部分はハイライト含め悪くないし。
あと、「球体関節を完全に隠している衣装」という設定に忠実で、かつ前髪の解釈が面白いという部分でほんと好いものだと思うんですが、

やっぱ強く光ると影も濃いですねぇと;

投稿: ぬまにゃん | 2006年9月26日 (火) 20時28分

 ちゅー訳で買ってきましたw(ぉ;
素材の希少性を加味した上で多少甘めに見て
総合Aって感じですか。A'から惜しくも脱落みたいな。
じっくり粗探ししてしまえば割と突っ込みどころもある
なんともほほえましい出来ではあるんですがなにより
「アゴリボンが明らかに胸元についてる件について」
でしょうか。
ついでに言うと「あーこれ首長いんだわ」で
さらに首が後頭部と一体で肌部で唯一塗装されてるもんだから
本来シャドウであるべき部分が顔色より白く浮いて見える違和感。

という訳で早速首を1ミリ程斬り飛ばしてみましたw
(軽くひねると簡単に抜けるので
リボンに密接させてやると頭の小ささもそれほど気にならなく。
(逆に胴の太さが以下略
やる気のある方は足もスネ接続部で2ミリ程斬れば
丁度よいサイズになるかと思いますが台座に固定出来なくなる恐れがあるので強くは勧めません。
首抜いたついでに両頬を軽く削ってシャープな面持ちにしてやると尚よいかと。
無理にリペするより手頃と思うので。
もちっと閑が出来たらその辺いじるかも。

投稿: c | 2006年9月27日 (水) 22時18分

 さてはて
「足を斬る」という妥協的改修法を書いてみたものの
やはりどうしても胴の長さが気になって結局
胴体切断マジックを慣行してしまいましたw
(本来ならばペチコートとドレスの裾が並走してなければならなかったハズなので。特に左足側。
有難いことに初見の見立て通りドレスも成型色ままだったので気兼ねなく削れましたw
ドレス側、股側それぞれ1ミリずつくらい削り込んで挿し直すとそこに

真紅さまが!
うむ、これでA'だw

胴から抜くのがやや手間ですがやるだけの価値はあり。

余談ですが抜き中に指先の古傷が開いてしまい
真紅さまがほんとに赤く染まるところでした;

投稿: c | 2006年9月28日 (木) 00時02分

>CTさん
てゆうか写真を!wこんなおいしいネタ人んちのブログのコメントで済ませてどーするんすかw
勿体ないお化け出ますヨ?

実は箱出ししてないんですが(今やったら確実にTV搬入できない←明日届いちゃう;)あとは正面から見た感じ気になったのは胸のリボンの色かな。もうちょい明るめの緑の印象あるのは、アニメ版から入ったせいかなぁ。

ところで勢い余って原作買ってみたものの(オトウフさんのオススメもあり)、1~6がまだなのでそっちをどうしようかと頭抱えてますヨ。

>真紅さまが本当に赤く
七孔墳血はめぐたんの仕様なので(違
いのちをだいじに(/_;)

投稿: ぬまにゃん | 2006年9月28日 (木) 01時40分

 携帯でしか撮れないので参考画像程度に
http://yuyu.no-blog.jp/CA280052.jpg
…全然伝わりません;;

今思たんですが
ヘッドドレスの前側を外して小型化すれば
もっと原作に近付くやも。

投稿: c | 2006年9月28日 (木) 02時31分

首効果はなんとなくワカタ!ワカタヨ!!
原型師さんダイナミズム優先でいろいろ伸ばした感じありますね。悪くはないと思うんですが。
(縦より横に広いフィギュアって、それだけで迫力ありますもんねー)

投稿: ぬまにゃん | 2006年9月28日 (木) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 行使すべき参政権モード | トップページ | 広橋さん すごい そのまんまモード »