« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月に作成された記事

2006年9月30日 (土)

バッテリーの不思議+Macの思うところモード

 当然ソニーがらみのお話です(笑)。くだんの事故であれよあれよと事例が出てきちゃって、結局全社回収となったようですが…VAIOで事故が起きてないのは何故?

 まさか、他社製と差別化のために別なラインで組んでるとか?;>VAIO用 いやそりゃないよなぁ。この件でソニーの肩を持つ気は無いけど(品質向上は常に目指してほしいから。今時ソニータイマーなんて言葉喜んで使ってる奴は時代遅れだとは思うけどね)、安物メーカーから順番に燃えてる気がするのは気のせいですか;同じバッテリー使ってて、あれほど消費電力に差が出るって時点で既になんかおかしいわけで。
 ようは、ソニーにも非はあるけど、ソニー側が主張するとおり、とりあえずDELLとAPPLEのバッテリーコントロールまわりはガサツであるという可能性は高い気が。万が一の場合発火のリスクを抑える構成にすらなってないと自社で証明したようなもんで、やっぱ安物はそんなもんだねーという印象です。富士通・東芝とかもVAIO同様発火してないでしょ?あれはちゃんとしてる証拠だと思うし。電力消費管理しっかりやってるPCほどリスクが少なかった筈。

 今回の件+PS3のせいでソニー崖っぷちで、これでVAIOなくなっちゃったら私はひどく困るわけですが…「同じバッテリーを使ってあの性能差」という裏データを引き出すきっかけになったのは逆にメリットでした。DELLもAPPLEも一生買うことはないでしょう;レノボもね。で、いざという時は東芝か富士通なんだなぁと。

 おまけのひとこと。
 このブログのコメント欄で過去にあったやり取りにおいて、Macを否定する会話があったように記憶していますが、私はMacの存在を否定する立場ではありません。あれでないと困るという人のポリシーは尊重したいです。OSXより前を好んで使ってらっしゃるデスクトップ系のユーザーさんのチョイスは汲むものがありますし。(ただ、ノートは微妙かな;あれは素直にWindows機選んだほうがいいと思います)遊びに使えない分プロツールなんだなーって印象が主にグラフィック分野に関してありますからね。たまたまかもしれませんが、Mac使ってる人は絵関係納入早いという印象もあります。
 なんでもできる魔法の箱じゃなくて、絵が描ける道具として特化させることにプライドがあるのかもとか思うし。Windowsでもストイックに使えばそうできるじゃんって言うかもですが、できる?(笑)ぶっちゃけ。ごく個人的主観で言わせてもらうと、IBM~レノボよりは私の中では印象はましなほうです>Apple。
 ドールの世界で「ボークスという会社の経営者はひどい。でもドールは素晴らしい」ってのと似たようなもんだと思います。

| | コメント (2)

2006年9月29日 (金)

被害者くん気の毒だけどモード

関連リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <オタク狩り>少年ら8人を恐喝容疑などで逮捕 警視庁.

 警視庁は都内での「刀狩り」をこれでやりにくくなったと思われ。お馬鹿な坊やのお陰で「自己防衛のため」という名目つけやすくなったから。

 最近の都警(警視庁)の、フツー誰でも持ってるだろってレベルの刃物まで職質で所持者現行犯逮捕して罰金カツアゲ指紋捺印強制はもう常軌を逸したレベルでひどいことになってて、本気で気ぃ狂ってんじゃないかという事例に「ヴィクトリノックスのサイバーツールを秋葉原で持ち歩いてたら逮捕」ってのがあって。それ立派な警察官による威力業務妨害罪だろうと。

 ぶっちゃけナイフレベルのダメージを与えられる道具なんて他に山ほどあるわけで(警棒やスタンガンの方がはるかに危ない)しかしそれらを禁止したら今回のようなことがまかり通るわけで。ナイフを護身に積極的に使えとは勿論言わんですが(玉石混淆の玉の方を使う人が使っちゃったら刃渡り3cm以下でも相手を復元不能なレベルで分解できるので)、万が一の場合の備えをどうするかという話もあるし、人を傷つけること、人を気絶ないし殺すことしかできない「護身用品」より、日常で必須になる刃物の方がはるかに毒がないのは自明の理で。

 マスコミもいい機会だから別アプローチでこの件つつくべきだと思うんですが。明らかに最近の警視庁は営利目的の取り締まりをやってます。各都道府県警の速度取締りも似たようなものだけど。(速度出して安全なとこでしか取締りしてないって何それ。取り締まり渋滞なくなるだけでどれだけガソリン消費量と二酸化炭素排出量減るか一度試算しなよ、どこの団体でもいいから。奴ら完璧に社会悪だ)

 ま、警視庁の件置いとくにしても、報道されたのは良かったんじゃないかな。模倣犯出てくるのを見越して、「その手の抜け道に精通しまくり」なミリヲタ実働部隊の血に餓えた連中がアキバに出てきて、じきにカウンターハンティングのメッカになる気がするから(笑)。ステゴロ大好きな格闘ヲタって人種も少数だけどいるしねぇ。
 ヲタってのは何かを極めようとする人たちで、そのジャンルは多岐に亘るわけで。で、ヲタとしてくくられてる(コミケとか行くタイプの)人たちはジャンル違ってても仲間意識は多少なりともあるから、義憤(と個人的ストレス解消w)のために集う面々が出てくるだろうなーと思います。現場ではいろんな範疇で情報交換も進むだろうし。そういう中で警視庁の活動の矛盾を指摘してくれる人たちが出てきてくれる事に期待します。仲間に限らず護る能力があるのなら、あらゆる災厄や矛盾に対し知恵を廻らせてくれるだろうと。
 そういった「理屈」まで含めて「ヲタ欲」の範疇だと思うしね。頑張り時だと思うなぁ。

 そして被害者は中学生あたりだったみたいなので、間違った方向に進まず「強いヲタになりたい」と思ってほしいものです。とりあえず友達増やして単独行動を減らすとこから始めるといいと思うけども。コミュニケーションも学べて一石二鳥。ただ、ミイラ取りがミイラにならないようにとは言っておこうかな。

| | コメント (3)

2006年9月28日 (木)

やっとでチューナー更新祭りだ!モード

関連リンク: スカパー!、H.264を用いたHD放送を2008年夏に開始.

 現状スカパーチューナーってキャンペーン向け品以外でまともに買える製品がソニー製に限られると言っていい状況になってるわけですが、(一時は松下・東芝・日立・シャープなどの主要AVメーカーも2衛星モデルを出していました。シームレスまで出したのは松下・東芝・ソニー・シャープくらい?)規格の更新ということで久々に各社のチューナー新製品が期待されます。

 現状D1端子で映像出力規格は打ち止めになってて、録画用端子としてiLinkを使うモデルは希少ですが、これで画質向上に伴う規格のアップデートも当然行われそうです。

 個人的には東芝にもう一度ハイエンドチューナー作ってほしいなぁ…。基礎的な取り回しは東芝が一番だと今でも思ってて、CSR-A3(東芝最後のS端子装備スカパーチューナー)はヤフオクでアラートに入れてるほどなんですが。←RDシリーズ使ってる人ならよくご存知でしょうけど、EPGの扱いに関して東芝は突出しすぎてると言えるほど他社と差があります。速度とインターフェースの両面で優れているので、画質横並びになりがちなスカパーチューナーにおいては重要でした。

 まだ先の話ではありますが、楽しみではあります。110°側のアップリンクが改善されたとしても、スカパーのメインサービスはずっと使い続けるつもりなので。(パーフェクの試験放送からの付き合いなので今更変える気ナシです)

 そいやパーフェクのアップリンクセンターのエンコーダーがリプレースされて画質向上されましたが、スカイの方はまだやらないのかな?時期としてはちょうどいいと思うんだけど。

| | コメント (0)

早い納期も考え物モード

 もうTV届いちゃいました(笑)。そして部屋は全く片付いていません。
 …

 どーしろとッ!?Σ( ̄□ ̄;!!

 物を移動させるプランはあるのですがー、全然実行できてないですしー。困りました。パタ。ううぅ、ちと頑張らないとなぁ…。

 そしてHUBの端子が足りないことに気づく。私、ネットワークの知識ぜんぜんないんですが、こゆ時はHUB買い足してタコ足しちゃっていいの?それとも端子数多いHUBに買い替えですか?はうーちんぷんかんぷんですよー;(てゆかTV買ってLAN接続の話が出てくるのも結構妙な話ではありますがw)

 もーいろいろアレでソレでナニでうきー!です。ぷしゅー。テレビ台は無駄に高価なのでいらないけど、かわりになる安い家具は欲しいしー。

| | コメント (4)

2006年9月27日 (水)

広橋さん すごい そのまんまモード

 今日はカレイドスターのファンディスク?「ぐっどだよ!ぐぅーっど!」のDVD発売日、でもってAT-Xでのオンエアでした。本編部分のみのオンエアでしたが、とても丁寧に仕上げてありました。ラジオドラマとかでやるような台本をCGで映像化というコンセプトでしたが、キャラかわいいし、OP以外はあんまり「CGアニメ」を意識させない出来になってます。OP曲が「約束の場所へ」の本編最終回バージョンのフルコーラスでした。かわいくていい感じ。

 オンエアされた範囲ではミアやアンナの出番が少なかったので個人的にはちょい残念ですが、しっかりそら×レイラさんの2ショット(と、メイの嫉妬)があるのでwお約束の類はほぼ入ってる感じです。

 フルCGトゥーンレンダリングなわけですが、もしかしたらこのレベルなら360でできないかなぁとか思いました。あのレンダリングデータ使ってカレイドスターゲーム化とかないかなぁと淡い期待をしてしまったりとか。

 で、カレイドスターといえばそら役広橋さんの素人芝居っぷりですが、ぜんぜん変わってないので逆にびっくりでした(笑)。演技でやってるんなら素晴らしいですが(以下略)。

| | コメント (0)

2006年9月26日 (火)

ドールとスタンドあれこれ+αモード

 先日ここで紹介した、キューティーズの60センチドール用ドールスタンドと27センチドール用ドールスタンドBが届いていたのですが、やっと試すことができたのでちょこっとレビューを。

 まず60センチドール用スタンドですが、脇支えタイプですがなかなかいい感じでホールドしてくれています。霧香さん(ボークス社DDのベースボディII)に使っていますが、最低の高さから少し上げてやったあたりがちょうど腰のくびれに入るあたりなので、下が水平であれば(傾いてると弱いです、ボークス製と違って台座自体は重くないから)十分な保持力が得られます。ばねで左右からホールドするかたちになっていますが、ばねレートがちょうどよくて、衣装やドールに対して全く圧迫感を与えないのに、保持力が不足することもありません。よくできてます。オススメ。

 ドールスタンドBの評価がちょい微妙です。ピアニューモ素体であるあいかさん2ndに使ってみたわけですが、ちと支える位置が高いかも…かなり厚底な靴を履いてるあいかさんでも最低の高さでウエストの中心より上側、胸寄りの高さになってしまうので、えっくすきゅーとのほかの子だと本当にわきの下あたりまで来てしまう可能性があります。で、針金1本を曲げて作ってある脇支えなので、低い位置に行くほど横から押さえる力が強くなっちゃうんですな。背の低い子にはちょっと辛いかも。25cm以下には、ちょっと高価ですがイエローサブマリンから~1980円で出ているジョイント式/針金式のドールスタンドがオススメになる感じです。ポージングの自由度が上がるので、ボークスやオビツの22~27cmをお迎えした方にもオススメです。

 ドールつながり?で。真紅さんフィギュアつきのローゼンメイデン原作7巻限定版が届きました。立体化に恵まれない不遇なキャラとして名高い;真紅さんですが、今回は凄くいい感じ。ちょっと顔が小さく、肌色が成型色なのが残念ですが、全体の造型の躍動感が素晴らしく、また衣装の構成の精密さはユージンからSRDXで出ているPVC完成品を凌ぐほどです。顔のペイントが自前でできる人なら、サフ吹いてちゃんとフレッシュ塗った上で顔をリファインしてあげて、髪の黄色をもう少し強めにした上でハイライトを入れてやればより見栄えがすると思います。てゆかそこまでやっちゃうと現時点で多分真紅さんの決定版(笑)。興味がある方で踏み切れない方は、書店で実物を見てみることを勧めます。箱の正面から見える範囲のディティールでも十分凄さはわかります。

 ほんとはドールさんもう1ネタ行きたかったんですが、とりあえずセットアップ済んでからあらためて。

| | コメント (7)

2006年9月25日 (月)

行使すべき参政権モード

 紹介して下さったLAY師を交えて、クライアントさん(隣の市の市議会議員さん)とミーティングをしてきました。ネットワークを使った展開についての打ち合わせでしたが、来年度早々に実施される選挙についても話題が及びました。

 陣営の手の内に関わるので詳細は話しませんが、クライアントさんは2つの事に困ってらっしゃってました。1つは昨今のマスコミの「利権獲得のため単純にアジテーションに走る記事傾向」。例えば市議会で市民/県民の注目を浴びている話題について10の論議がされたとして、実際報道されるのは3~7程度で、残りは完全に主観で書かれているという実情があり、残りの7~3に説明すべき重要な点があるのに、故意に取りこぼすことで騒ぎをあおっているという事実が存在するそうです。実際に有権者の方の集まりに出向いて10を説明する(私たちもモデルケースとして今県民の注目を浴びている話題について詳細を教えてもらいました。意図的に核心部分が隠蔽されていたように感じます)ことで、ああでもないこうでもない言っていた部分がすぱっと収まることがあるそうで。私は似た事例として先日のロシア国境の密漁に伴う水際外交の嘘を挙げたところ、クライアントさんは「報道では全くわからなかった」と目を丸くされていました。

 2つ目はいつもの事ですが、投票率に直結する「(特に若手層の)市民の政治意識の低さ」。これは一連の小泉劇場にコトがロールバックするわけですが、結局政治思想云々でなく目立ったもん勝ちで、投票しなかった層は「どのみち反映されない」と参政を諦めてしまっている、という点。それが国政選挙ならともかく、末端の地方自治体選挙でもそういう傾向になってしまいつつある事をしきりに気にされていました。

 1つ目については、全てとは行かないまでもほぼ全体を見渡している議員側から直接有権者側に定例報告を行うというかたちで解消していかないと、まず外側の意見が揃わないので、その状態では議論は確実に平行線になる。よって、情報発信していくことで信頼を得ていくことも議員の重要な仕事であるという結論になりました。実は進んでスポークスマンをかって出ている中立な議員は滅多にいません。ポリシーに基づき情報にマスキングをかけているのはマスコミだけではないのです。それではいけないだろうと。

 2つ目については、マクロレベル(国政)とミクロレベル(地方自治)では、理想論として全て投票が有権者の意思に反映されるべきということがあるにせよ、マクロレベルでは事実上不可能。しかし、実はミクロレベルでは候補者と有権者の距離が近いので(近く感じない候補者がいるとすればそれは全く失格と言えます、地方自治の先端部分たる区市町村レベルでは議員はまさしくそれらに属する住民の代表者であり代弁者たり得なければならないし、また議員の側も積極的に住民と接触して話を聞く事が可能な距離に居る必要があります)投票をもって民意を反映させることは十分に可能なのです。無論、投票しっぱなしではいけません。支持者として投票した候補に対し積極的に意見をぶつけていく事で初めて参政が成立するわけです。選挙で全てが終わると思っているから諦めがついてしまう。そうじゃない。実際にはその先があるし、その先を確定的に代行…とまでは行かなくとも、意見交換がきちんとその後もできる候補を選ぶことに重要性があり、その候補を当選させることが自らが地方自治に介入する足がかりになる。そこがマクロとミクロの違いで、実は同じ選挙でも大きく隔たりがあるのだという事を認識してもらう必要がある、というのが結論です。人口の多い都市だと難しい事のように思えますが、意外とそうでもありません。議員サイドでWebという窓口を有効活用しようという動きは確実にありますから、チャンスは普通に転がっているものなのです。実際にコンタクトしてみて、その印象で「自分の代理人」を選ぶ、というスタンスが可能な水準にあるのが、地方選挙の良さです。税金や法などの大きな問題も確かに懸念事項ですが、その前に自身が住む地域でもう日々直接的に起こることからまず解決していくという課題に「加担」することが可能である、その事を実感してほしい、というのが一応の結論でした。※

※政令指定都市など、規模によっては都道府県議会と同レベルでマクロ寄りな場所もあるので、一概に言えることではありません。残念ですが。今回の場合は、それが十二分に可能な場所であるという判断です。

 特に2つ目について言えることですし、1つ目にも大きく関係することですが、その「一見難しそうな横の繋がりの作成」で生じる1桁台の票の動きが、ミクロレベルの選挙では明暗を分ける事が多々あります。平成の大合併後の初選挙ということで、昨年来各自治体の議員選挙は注目されていましたが(議員総数が主に減少し、地域も変わるため、以前の区割りのピンポイントというのが通用しなくなった)例え末席でも当選と落選では大違いで、その票差がわずか5票というケースを今年実際に目の当たりにしています。自道な対話に時間を割けたかどうかだけでどうにかなった範囲の人数であると断言します。

 これを読んでいる方で、現状捨て票にしてしまっている方は、これを機にまず身近な地方自治について興味を持ってほしいです。そしてゆくゆく行われる選挙において「反映される実感」を得てほしいと思います。お金をかけずに自分の意に沿う政治が行われる可能性が高いので、参政権というものの価値を見直すことができる筈です。少なくとも国政レベルとは比較にならないほど深く。その土地で生きていくわけですから、選挙権を得た以上身近な事くらいは興味を持って接していったほうが、単純に損得勘定しても得に傾きます。若い世代の人にとっては、選挙ないしその候補者とのコンタクトが、自分の引き出しを多くする大きなきっかけになるというメリットもあります。成長のチャンスをみすみす逃す手はありませんし、選挙とその後のやり取りで変わっていく地方自治を実感するのは、高齢者層ではなくむしろ若年層なわけですから。自ら立候補とまでは行かずとも、自分の意思を反映させるための枝をつけるくらいはしておくべきでしょう。後々「過ぎてしまった無責任」に後悔しても無駄なわけですし。

 というわけで、遠くに感じていたものを近くで動かしてみる力が自らにある事を皆さんに実感していただきたいです。お仕事やポリシーに関係なく(笑)、私からは強くオススメします。市民レベルでは右左のドロドロとかあまりないですから(党推薦なしの生粋の無所属候補が多い選挙ですし)、繰り返しになりますが「皆さんの身近な候補者」との繋がりを単純に実感することができ、そこから手応えが得られる筈です。

 そしてこれらは、木を見ることで森をより知るといった感じで、さらにマクロなステージに対する理解への足がかりになります。自分で考え、折角の「選挙」を「人気投票」にしないためのきっかけになる筈。何かの経験に枝が繋がると、確実にその先があります。それが全体に行き渡った時、意外なほど大きな変化が起こせることに気づくと思います。

 なんか真面目な事書いちゃいましたが(笑)、これはお仕事に関係しているからだけでなく、私の生い立ちに少なからず関わっている事なので、ちょっと時間を割いてみました。これで何か読まれた方の心に響くものがあれば嬉しく思います。

| | コメント (0)

2006年9月24日 (日)

温故知新の後ばきっと衝動買いモード

 LAY師を誘ってノスタルジックカーin八幡平に行ってきました。LAY師は兄の同期で、60年代生まれで私より旧車に随分詳しいので、いろいろお話を教えてもらって随分ためになりました。

 毎年混むのわかってたので、早めに会場入りして駐車場のいい場所を確保。すぐ近くにフェラーリF355GTがありました。スモールフェラーリは熟成度とサイズの兼ね合いこのへんが一番丁度いいなぁと思いながらしげしげ見ちゃいました。今日だけで黒と赤のテスタロッサ含め3台フェラーリ見たなぁ。そういうイベントじゃないのにw。そうそう、会場入る手前で素晴らしく速い360ccクラスの軽が走っててなんだろうと思ったらN360Sでした。あの脚付きと加速はとんでもないです。前走ってたほぼノーマルっぽいビート(Ver.Z)が交差点で置いていかれてましたもん。音も素晴らしかったです。

 豊橋からいらっしゃったランサーGSR(1975年型)がなんというかキター!という感じで、ぐっさり刺さりました。今回多数集まってお祭りになっていたギャランGTO(1971年あたり~)は特定の車体を学生の頃からずっと見ていて、オーナーさんとも面識があるので比較的慣れてたんですが、生まれた後の車なのにこのランサーは見覚えがなくて、その小さくスタイリッシュなクーペボディと、FRらしい車体の動きにすっかり惚れ込んでしまいました。
 安全基準だモアパワーだで最近の車は肥大化傾向なだけに、なおさら刺さったなぁという感じです。あんな小さいFRクーペ、日本ではもう作れそうにないもの。(参考までに・AE86より二周りくらい小さいです)
 他にもいろいろありましたが(びっくりしたのはダイハツのコンパーノスパイダー。実存したとは;)冬の本向けにネタ備蓄することにします。オーナーの方がことごとくいい人だった事にLAY師が感銘を受けつつ、「そうか!いい人だからこんなに根気よく車を維持できるのか!」と納得していました。全く同感です。そしてフロンテクーペが売りに出ていて真剣に購入を検討する二人でありました(笑)。

 盛岡に戻って、LAY師には私のTV選びに付き合ってもらいました。まずK’sデンキで現物確認。ここで私は現物を見ないで買い物しそうになっていた自分の愚かさに気づきます。37型超えると放送にどうしても粒子感が出るので、近距離での視聴に向きません。なので32型に的を絞ることにしました。で、各社のパネルを見比べて、意外や気に入ったのは東芝と三菱でした。東芝は広帯域の専用HDDレコーダー使ってデモをやる事が多くて直接比較がなかなかできずアテになんない、と思ってたのですが、普通にBShiをデモしてるの見たら、私の目にはライバル社モデルよりよく見えたのです、意外にも。特に東芝が応答速度も速くていいなぁと思ったら、店員さんが「パネルは亀山ですから」と。本家よりチューニングずっと上手いです(笑)。で、東芝といえばEPGの使いやすさをはじめとするインターフェースの優秀さですが、正直リモコンの使い勝手が全社の中で東芝がダントツでした。ブラビア買ってソニーを応援したい気持ちはありましたが、「PS3値下げできるくらいだから大丈夫なんでしょ、多分」となげやりな気持ちになり(これをクタ効果という)、東芝にすることに決定。一応旧モデル(CまたはZの1000系。新型は2000)狙いで探してみることに。ここではCが138000円、Zが展示品のみ198000円でした。
 その話を持ってヤマダへ。ヤマダではCが134000円で、Zはもう2000のみになっていました。ただ、Z2000の説明を聞いていたらその豊富な調整機能にぐらぐら来たのですが、だいぶ足出ちゃうので我慢。Z1000は展示機が198000円+びっくりなポイントで既に完売しちゃったそうです。東芝機はフルスペックは37型からですが、フルスペックは別にいいかーと思いつつも、実質10万近いポイント還元に実は結構揺れて、「あぁぁTV買ってポイントでTVを!ってなんでやねーん!」と一人ボケツッコミ状態になってたらLAY師に「もちつけ」と言われました(^^;。ここも一応押さえで穴場であるコジマへ。
 コジマは家電量販店では地元老舗のデンコードーを除いた外来店で盛岡で一番古いところです。お店が古いこともあり最近は他店に押されぎみだったのですが、その分値段を頑張っている印象があったので期待していました。で、Z1000在庫あった!安い!展示機168000円からさらに引きますと表示。聞いてみたら148000円とのこと。さらに話したら「今ちょっと他店在庫確認しますね…あ、青森に1台在庫あります、お時間頂けるならそちらをこのお値段でお出しできます」と。
 結果。
 買っちゃった。てへ♪(てへじゃねぇ!←お約束)
 なんというか、オフ会で初めて会った女の子とその日のうちに婚約したよーな気分です(^^;。お金は48000円は貯金から、10万は家族借金です。(お店のクレジットも考えましたが、手続き面倒だったので(^^;)ちょうど明日、入金はあったのに滞っていた仕事のミーティングがあるので、その仕事が済めばすぐ10万も返金できるし、ということで。たぶんC1000でもゲームをやるには十分だったと思うのですが、LANタイプのHDDを接続すると録画機能が使えるようになるとことか、二画面機能とか結構刺さったので、ちょっと頑張ってZ1000にしました。本当はZ2000にも若干未練でしたが、キャリブレーションの明るさコントロール詳細設定は、既存機のアバウトな設定でも十分かもと思ったのと、HDMI端子あんなにいらない(^^;というのがあって。ヤマダで東芝出向の社員さんに聞いたら、「うちはMCは半期だと思います」と言っていたので、今逃すと半年待ちか!と思ったのもちと効いたかも。で、東芝機はどのお店も旧型は在庫がもうギリで、タイミング的にもすれすれっぽかったので、頑張ってみました。あぁ。(Z内蔵のスピーカーがオンキョーと共同開発というのも個人的には刺さる要素でした。今HTS死んでるので、本体スピーカー重要)

 そんなわけで納期1週間くらいだそうですが、その間に設置場所を確保しないと(^^;。今使ってるAVラックに収まらないのは確認したので、片付けをして部屋を若干模様替えする必要がありそうです。うわー;

 そんなわけでTVは決定しましたが、ナンバーポータビリティ合わせで一応他社の携帯を見ておこうと思い、前から気になっていたN902iXを見てきました。カトキ臭がプンプンするぜェーッ!!てなもんでめちゃくちゃ気に入ったわけですが(笑)、ぼだ(SB)の例のAQUOSケータイも、地元でもやっとワンセグ試験放送始まったので気になりました。実は携帯でTV、今でも結構見てるほうなので。(パケ使うコンテンツ一切使わないかわりに、そういう付加機能で楽しんでたりします>V603SH)なんだかんだで携帯の液晶はやっぱりシャープが一番だと思っているので、その点も加味してソフトバンク残留で12月に機種変更でこれに、もしくはもうちょい待ってみて確実に出してくるであろう後継機狙ってみるのもいいかなぁと思っています。ZERO3があるため既に携帯は通話端末だから、パケを使わない付加機能の性能の方が重要。なので、思いっきりパケ向けな(笑)N902iXは残念ながら候補から外れちゃいそうです。例の高速転送が使えない分、地元では安い値段がついてるらしいのですが。いやしかしあのデザインは秀逸というか、確実にヲタ狙いだよなぁ(笑)。書き文字とかもあまりにそれっぽいし。H型モールドが側面にバシュンバシュン!と展開して何かチャージして撃ちそうだよね!とLAY師と話してましたw。なんつーかベルガ式携帯って感じで。もちろん開くと「スタンバイ・レディ」と例の声で言うのだろうなぁと。特に白いモデルはw。

 ざっと見渡して、携帯電話ほど同じ用途なのに多様なデザインがある道具も珍しいなぁと思いました。ほんっといろんなもんが出てますよね、今。SHブログ愛読者の私としてはV705SHの薄さを実際に見てみたいなぁと思ってたんですが、本気で薄かったので「な、何コレ?ネタ!?」とか同様してまたもLAY師に「もちつけ」とw。あれは持ち歩き楽で良さそうだなぁ。でもFelica機能が904~905SHと違って他キャリアに追いついてないので残念ながらパス。で、「薄いのは会社のせいじゃないの?」とLAY師が言うので、「それはあれすか、社長の頭と一緒ってことすかw」と言ったところに凄くいいタイミングで某社の縦ストライプジャケットの携帯があって、LAY師が「そうそう、こんな感じでw」と。「思わずバーコードリーダー当てちゃいますよねーw」とかえらい失礼な話してました(笑)。

 しかしまぁ実のところ、LAY師はもうたぶん十年以上WILLCOM/DDIP一筋で勿論発売日からのZERO3ユーザーだし、私もDDIP歴結構あって発売日からのZERO3ユーザーなので、その後継が一番気になるというのが実情なのでありました。「esはきびきび動くけど、キーボードに対して画面が右オフセットしてるからちょっと違和感がね」とLAY師は言ってて、私も「今のこのサイズが一番いいんですけどねー。通話端末別にあるし」という意見なので、WS003SHの筐体・機能でesのソフトウェア内容になってるモデルが今一番欲しいなぁというあたりで一致しました。ちょうど1年目くらいに出てくれないかなぁ。なゆりんも同じようなこと言ってたような。まだ?>WILLCOM
 余談ですがあんまし小さい液晶でVGA解像度だと流石に意味薄いなぁとV904SHとes見て思いました。文字小さすぎ(笑)。フルブラウザでWeb見る時便利といっても、携帯でWeb見ないので、特に904SHは意味薄いなぁと思っちゃいました。すごくキレイなんですけどね~。でもいいや。QVGAとVGAの中間解像度くらいが丁度いいんじゃない?と思うんですが。

 LAY師が360いつ買おうか迷ってたので「すぐにでも!」と。PSU目当てで購入確定だそうですが、別サーバーなのが気になってる様子で。その点は「仲間も全員巻き込むべきです、アイマスでw」と言いつつ、今すぐやりたいのセンコロくらいと言ってた件については「是非我らのスカッドに」と言っておきましたw。TVが届いたらやっと本体付属のD端子ケーブルが使えるようになるので、浮いたS端子ケーブルはLAY師に回すことに。

 そういえばYoutubeにトラスティベルのトレーラーがやたらたくさん上がってたのがおかしかったです。皆余程刺さったのね。自慢じゃないけど私ゃ初回の報道で既にこのクオリティを予見できてたので、したりという感じでありました。久々にびびっとアンテナにキタタイトルです。RPGやるのえらい久々ですが、楽しみ。

 Amazonからドールスタンドが届きましたが、セットアップは明日以降です~。ああ、やっとあの子をお披露目できる(まだ秘密)。

| | コメント (7)

2006年9月23日 (土)

本末転倒さんモード

 そんなわけで360のソフトラインナップに「ハードを買わせる理由になるもの」が増えて、私としてはユーザー増が見込めて嬉しい(シェアはそんなにいらないと思うけど、LIVEで遊ぶ仲間が増えるのはいいことだから)のですが。

 アイマスが発表になったあたりから増えた手合いに、「どうして360なんだ」と文句を言う連中がいます。360を普及させるために出すソフトにそんな事言う時点で既に筋違いですが、出てもいないハード(しかも普及の見込みが低い)よりも、売れ方がゆっくりな北米では既にミリオンタイトルが出てて(発売一ヶ月ハーフミリオンも出て)十分にハードが浸透している上に、日本でもぼちぼちユーザー増えてきて初期顧客が確定で見込める(追加投資なしにソフトだけ買って遊んでくれるユーザーが既にいる)ハードがいいのは自明の理なわけで、現状専売確定のソフトが360で出るのは遠回りしても行き着く結論です。つーか、何度でも言いますが、プライオリティはあるにせよ「欲しいソフトのためにハードを買う」のが普通なわけで、「どうして360なんだ団」の面々には「じゃあどの機種で何が欲しいのか言ってみな」と問いたいです。スペックで劣る部分がないどころか取り回しの良さ・仕上がりには定評あるハードだけに、結局最後は「反米・反ゲイツ」あたりの理由しか残らない気がしますが。そんなのゲームに関係ないでしょと。

 トラスティベルは最初の報道があった時既にヒット作になる予感がしてましたが、今回TGSで実働機が公開されて、ようやく騒がれ始めました。mixiにも確認した範囲でコミュ立てた人が2人いましたが、片方の紹介文が。
>しかし、
>XBOXなのかがただひとつ残念なところです。
 案の定こちらのコミュには参加者つきませんでした(笑)。
 無粋の極みだと思います。ナメてんのかと。

 アイマスに至ってはまだ予約も受けてないのにAmazonのレビューにもう「なんで箱なんだ」が2つもあって引きますしねー。TGSで流してるムービーの最後で、しっかり例の「ONLY ON XBOX360」マークがついてるタイトルなので、アイマス2アイマス3とあるとしてそれがどうなるかは不明にせよ、少なくとも現バージョンのアイドルマスターは360でしか出ないのがメーカーから公式に発表された形になります。

 360がそんなに嫌ならアイマスも買わなければいい、という状態なわけですね。にしても、流石にブルードラゴンとロストオデッセイについてまで同じ事を言う人間がいたのには閉口しましたけども。金や技術の出所がどこなのかわかってない(苦笑)。MSのタイトルはMSが湯水の如く金突っ込んで作っているもので、決してミストウォーカーが単体でやってるわけじゃないわけで。(恐らくプログラムアドバイスにMSの特務部隊が相当数入ったはず←開発のサポートをする部署が存在します。ハードを完璧に理解したエキスパート集団←余談だけどSCEにはいません(ぉ)

 アイマスはコンテンツダウンロードなどでネットを多用し、その兼ね合いでマスストレージ(HDD)が必要になるようですが、コンテンツ売買のインフラが完成しているのが360だけなので、ビジネスとしてやりやすかったというのもあるのだと思います。SCEがグランツーリスモHDで「クライアントを安価で提供して個別の車・コースをコンテンツ売りする」と言っていますが、その販売スタイルは不明瞭なままです。SCE側で全ソフト共通でそういった購入管理ができるシステムをまず構築しないとソフトウェアメーカーとしては面倒が重なるわけですが、自力で開発するのとハード屋ががっちり組んだインフラに任せるのとでどれだけ開発費(人件費面などで)に差がでるか、ちょっと考えればわかりそうなものですが。360のマーケットプレイスは有料コンテンツの一元的供給の方法として、課金方法含め既に完成どころか熟成しているものなので。(360を買った人は、まずコントローラーに驚き、次にダッシュボードに驚くことになります。従来のゲーム機とは完全に異なります)

 そろそろ偏見は捨てるべきじゃないかと思うんですけどねー;
 一応今回のTGSではPS3用として公開されたFFXIIIも、メーカーは「PS3『ほか』」としているスタンスに変化ないですし。(携帯電話なんかも含めたマルチ展開で、全ての機種でやってみると全体が見渡せるという試みなようですが、状況次第では…)

 ついでの話。
 Wiiに焦ってPS3を値下げしたと報道してるマスコミが多いですが、Wiiは他2機種とはバッティングしないジャンルのハードです。大雑把なくくりでTVゲームとはいえ、なんてのかなぁ、釣りで言うならWiiはフライフィッシングのようなもので、他2機種はリールとロッドがあって好きなように仕掛けを選んでいい釣り、みたいなもんだと思います。娯楽の質が根本的に違います。「携帯ゲーム機」「Wii」「据置コンソール」と3ジャンルあるという認識ですが、違います?
 失言が多いのでスポークスマンをつけて欲しいMSのムーア氏が「パーティ用の道具でしょ?1年に何度使うのかなあれ」みたいな事をWiiについて言ってましたが、流石に言いすぎとはいえゲーマーさん以外にはそうなる可能性が高い気も確かにします。Wiiはキューブ1.5であると開発側も認めていて、性能的には他2機種と比べるべくもないわけですが、それでも引きつけるものがあるのはやはりあのデバイスです。他のハードでも全く同じものを後付け可能だと思いますが、標準添付と後付けで浸透度が全く違うのは過去の歴史の通りです。繰り返しになりますが、Wiiは特別。別ジャンル機なので、携帯機とコンソールを両方買う感覚で、さらに1つ増やすという方向で存在すべきものだと思います。まさしくマルチハード時代を象徴するマシンで、その方向の値付けにしてあるようにも見えます。

 PS3を買うべきではない、とは言いませんが、欲しいソフトがあるハードを買うべきだ、とは強く言いたいところです。(個人的にはPS3を買うならかろうじて利鞘が発生してくれるであろう60GBモデル以外やめておいてほしいですが。今回の値下げで「1台あたりの赤字」の拡大が確定したわけで。昨日はソニー本体側の新製品発表もありましたが、株価下げました。PS3値下げから東証のクローズまでそれほど時間なかったので小幅でしたが)クタ氏は自分の夢を叶えるための値下げ、と言っていましたが、それは企業内においても個人のエゴであって、へたすりゃ背任だと思います。

 そんなわけで、欲しいソフトがそのハードでしか出ないのなら、本当に好きならハードごと買うのが正解だと思いますし、余計な事を言って場を乱すような真似はしないことを勧めます。食わず嫌いというのがどれほどみっともないことかは知っておいて損はないです。
(私はPS3恒久的に買わないなんて言ってません:P。PS3でしか遊べない猛烈に遊びたいソフトが出れば当然買います。現状ないだけで)

 余談の余談。家電屋さんの決算セールがいよいよ大詰めですが、先週ブラビア型落ちが主要家電店で安かったので、今週もう一声!と思ったら無しでした(/_;)。ヤマダが亀山でケーズは東芝押し?みたいでしたね。一応お店出向いてみようかなぁ。40型リヤプロのブラビア欲しかったなぁ…。失敗。絵作りが好きな会社はパナとソニーなんですが、パナは高くて手が出ないんですよー;お金いっぱいあったら、実はソニーでなくパナのプラズマを買うと思います。でかくしても雑味が出ない画面なので好きです>パナ
 にしてもこうも値落ちが早いと買うの怖い感じもしますね(^^;。PCもそんなふうに言われますが、今はPCはVista待ちという明確な区切りが存在してわかりやすいので…。商品単価でみた場合TVの方が高いのも悩むポイント。(とはいえ、私が買うTVはたぶん20万以下ですが。支払いが分割なので先の値落ちが怖いんですよー;PCは次買うのは20万前後のモバイル系ですが、こっちは一括。ちゃんと理由あり※)

※ソニスタがVAIO一番安くて、MySonyカードのeLIO払い一回だとさらに3%引きなため。VAIO買う人は先にMySonyID作ってカードも作って、Felicaリーダーつけてから買うと良いですよー。Felicaリーダー(パソリ)は、MySonyカード作るとき一緒に申し込むとびっくりするほど安くなります。で、それでFelicaリーダーつきVAIO買って、その後パソリはオークションに出しちゃえば回収きいちゃいます(笑)。特典がハンパでないのでMySony関係はオススメです。自営業者さんでも簡単に通るし、限度額高めに設定してくれるので高額な機器購入に使っても頭打ちして公共料金払えないとかないですし。

 というわけでアンチソニーでないことを証明しつつシメ(笑)。

| | コメント (6)

2006年9月22日 (金)

特攻自沈は日本の美意識?モード

関連リンク: 久夛良木健氏公演で「PS3」20GB版の価格を改定。20GB版にHDMI端子搭載を公言.

 ソニーグループの役員会の皆さんに進言いたします。
 今すぐこの男の首を切って発言を撤回しないと、SCE分の負債とバッテリーの件でTVの好調があっても損益分岐点でグループ全体がマイナスに転じます。

 360陣営の完全な具体性と、それを支えようとする各ソフトハウスの動きに焦ったのは容易に見てとれますが、5万円でもまだ高く、HDMIの恩恵を受けられるユーザーはほんのわずか。そしてそのライバル機も、すぐにでも全機がHDMIに対応できる仕様になっていた(言わなかっただけ、HD-DVDの完成待ちだった)のは2日前に既に明らかになっています。

 値下げ競争を始めてしまったら、資本力の都合マイクロソフトに絶対敵いません。SCEの発表はメディアブリーフィングを受けての発表だと思われますが、どんなに本体の値段が下がったところで、コンテンツがなくてはどうしようもないのです。市場に高い掛率で下りた折角のPS3は、店頭在庫として留まってお終いという可能性が今のままでは高いです。

 私はソニーという会社が好きです。クロニクル2006も持っています。3台あるPCは全てVAIOで、この先もVAIO以外を使う気はありません。一人のスタンドプレーで潰れてもらっては困るのです。

 不都合対策に追われることまで視野に入れた場合、今回の件は完璧な自殺行為であると思われます。

 もう一度言います。役員会には今回の決定の見直しを求めます。

 やめにしましょう。PS3は、設計思想の段階でもう負けていた。
 そして御社がVAIOを作り続ける、作り続けなければならない限り、どのみち360とは融和せざるを得なかったのです。日本のマーケットが縮小傾向なのはご存知の通り。今後はグローバルターゲットでないと会社が持たないのは業界の総意です。そして、その世界市場は既にライバル機を選んだ後なのですから。

 マイクロソフトの皆さんへ。
「もう一声」というユーザー志願者の声を叶えるタイミングが来たようです。大人の事情で客を振り回すこのつまらない争いに、終止符を打ってあげて下さい。現状の掛率なら標準システムも容易に5千円程度値下げできる筈です。相手はいつも通り掛率定価ギリでしょうから、値動きはありません。

 マスコミの皆さんへ。
 ゲームを知らない、遊ばないのなら、この件に関しては黙れ。以上。

| | コメント (0)

2006年9月21日 (木)

粉薬は苦手モード

 昨日は病院でした。ここ3日、台風がもたらした気象条件の振幅で神経が盛大に誤動作した上に風邪ひいてるのでひどい目に遭いましたが、なんとか生きてます;

 ツムラの漢方薬を処方してもらう都合、薬を院内処方から院外処方に変えてもらったのですが、今日投薬の相談を先生としたときにふと気づいた事が。「ああ、パントシン(ビタミンB5)って粉から錠剤にしてもらえるなぁ」と。風邪薬まで入っちゃうとびっくりするような数錠剤を飲まないといけない体なのですが、これに粉末が追加されてたことで妙にめんどくさく感じてたのです(^^;。院内だと薬は最小構成(粉末があるものは粉末、錠剤は最小単位のみ、漢方なし)だったので、自由度が上がって助かりました。お願いしている薬局にストックがなくても、その日のうちに取り寄せて自宅に届けてくれますし。

 そんなわけで袋モノを1つ減らす事ができました。ツムラ62番とPL顆粒に関してはこれしかないので(^^;そのままですが。
 備蓄分の薬の消化作業(余ってる薬の投薬を止めてもらって、ストックを減らす)をやってる最中ですが、次回通院で数がやっと合う予定です。リボトリールが現在一回二錠なので、これを倍量錠剤の一錠に変更してもらうつもり。(テルネリンも二錠ですが、これは倍量がないみたい)
 そういえばジェネリック医薬品という選択もできるようになったんだなぁ…例えばテルネリンだと1/3以下の値段にできるので、今度薬局さんで相談してみよう。

| | コメント (0)

2006年9月20日 (水)

毎度、情報早いMS公式サイトモード

 XBOX360メディアブリーフィングがらみ。
 最も早く具体的な情報出してくるので、まだかまだかと情報待ってる人は公式サイトに行ってリロードするのが早いです(笑)。今日もメディアブリーフィングの開催時間とほぼ同時に既に情報公開してました。(当然、それ取材して記事にする他マスコミは遅れる)

 コアシステムは割高な上見た目がへぼい(実はディスク挿入口がメッキされてないとか、細部違ってる)んですが、ブルードラゴンとの組み合わせはアリかもなぁと思いました。ライトユーザー需要の様子見として適切かも。ただ、現状メモリーユニットたったの64MBで3200円もするので;コアシステム導入に併せて2000円以下に下げられないかな、とは思います。360を既に持っている身としては通常システム(ついでに言うなら初回版)の完璧な構成以外は「ありえなーい!」という気も相当するのですが。
 とりあえず予測として、メモリーユニットが品不足になる可能性は指摘しておきます(笑)。HDDがやっと単独売り始まるので(高価いけど)、プロフィールはメモリーユニットに入れて他のデータはHDDに、必要に応じて交換という使い方もこれからはできるのだなぁと。
 そうそう、コアシステムのハズシの使い方に、「東芝が公言していた5万円台前半で販売されるHD-DVDプレイヤーにできる」というのがありますな。映像ケーブル買い換えないといけないけど。HD-DVDユニットにメディアリモコンつくので、あとは本当にケーブルだけ。1080対応はBIOSアップデートで可能だそうだし、まだ売ってないだけでHDMIケーブルはいつでも出せるとのことで。(ハードの設計上ではそうしてあったのだそうで)フルシステム本体と組み合わせても定価で60585円税込み。PS3ローファイ仕様より安いです。実勢価格だとさらに差がつく筈。正直BrueRayもHD-DVDも記録/録画できてナンボだと思ってるので、録画型機、ないしPC用外付けドライブの価格に主に興味が傾いてるわけですが。再生は…ねぇ。DVDでいいじゃないすか、もう。画質向上これ以上されても体感できるだけのモニタ買うお金がないし、コンテンツの値段下がるわけじゃないので(重要)、映像ソフトぼったくり価格な日本ではメリット薄い気がしてならんです。フルスペックHDパネルの40型液晶が15万とかいう時代になったら魅力かもですが;
 とかいろいろ書いてみましたが、出さない出さない言ってたHD-DVD仕様360はVista出る頃に出しそうですね;。ドライブ別でもあの値段にできてしまうことがわかったので、ドライブ込みのハイエンドユニットをそれこそ5万くらいで出して(日本はともかく)欧米でPS3の種火消しを徹底してしまうのでは。

 ソフトについて。ブルードラゴンとロストオデッセイを並行でやって納期通りに仕上げたミストウォーカーはなかなかやるもんだと思いました。情報出し惜しみしまくって、もう大丈夫というとこまで来てやっと発表したあたり、明らかにカウンター狙いだよなぁ。発表がゲームショー前の情報一通り出た後で、発売はPS3とWiiが出揃った直後。畑違いだけど、あの手のRPGに弱い人には確定の選択肢な気も。
 しかしRPGの本命は何所のサイトでも穴扱いされてたトラスティベルだったり(笑)。どうも動いてるの見た人がびっくりしてしまったっぽく。想像どおりのクオリティを持っているらしく、発売が楽しみです。ただ、ミストウォーカー作品にぶつけない配慮はした方がいいと思いますが。
 で、PSUが予想どおり他機種のアペンド最初から入った状態(まあ完パケですな)で12月決定。でもなぁ…MOの超本命ロストプラネットが一ヶ月前倒しで12月になっちゃったからなぁ(笑)。今年の12月は危険かもしれないですねー;他機種もあるし。でもいざソフト買ったら360のどれかにどっぷりな気がします。仮にWiiを発売日に入手したとしてゼルダは1週間程度でクリアしないといけないかもしれない(笑)。

 こっそり気になってるのがロックスターテーブルテニス。LIVEで海外の人と遊ぶと、履歴でやたらこのソフトを見ます。ちゃんと実績ポイント入った状態で。(よするに購入率が妙に高いよと)卓球ゲーと言われるとコナミのピンポンしか思い出さない私ですが、そんなに面白いのくわぁぁぁっ!!と。ああ、やってみたい。ものすごい超高速バトルに違いない。卓球だけど(笑)。

 MS的FPS本命はギアーズオブウォーなわけですが、私はライオットアクトの方が気になってます。試遊レポート早く上がってこないかなーというかいきなり体験版配信されないかなーと(笑)。

 ところで360の価格COMの最安が9月に入って急に上がりましたね。風向きを実感したかな(苦笑)。地域によってはまだ初回版が29800円で手に入ったりするそうですが、押さえるべきだと思います。今年のクリスマスシーズンに予定されてるソフトでは、間違いなく360が当たりなので。(勿論それ前の蓄積もあるわけですが)

 ちょっと嬉しかったこと。パイオニアが初代XBOXの時にやっていたコラボレーションシステムを今回はHTSでやることになったこと。低価格ラインのちょっと上の、マイク使って自動音響定位やるシステムつくクラスで、リモコンのプリセット内容に360のメディアリモコンのものが入るので親和性きわめて高いようで。デザインも統一感あります。

 一連の動きの後ろにやっぱりVistaの影を見るなぁ。ネット環境がある≒PCがあると考えて、その方向のシナジー考えた場合、「設定が容易であれば」化ける可能性は多分にあると思います。今まだややこしいけど。あとXNAは大学に導入されるなど、確実にインターフェース構築プラットフォームのデファクトスタンダード狙ってきてますな。
 この側面の安定性があるので、360の行く末をほとんど心配していないというのもあります。いやしかしまぁやりたいソフトが出てくんなきゃどうしようもないので、正直今回のメディアブリーフィングで少しほっとしました。完全にほっとするほどのサプライズでなかったのは残念ですが、メディアブリーフィングに出さなかった(現時点で展示告知していない)ソフトもまだあると聞いたので、もうちょいびっくりさせてほしい気もします。

| | コメント (2)

2006年9月19日 (火)

お題指定バトンらしいヨモード

 みくしで三駒さんからバトンを貰っちゃったので、こちらで止めますが喜んで回答させて頂きます。

◆私は【ぬまにゃん】です。


◆私にまわってきたキーワードは【60cmドール】です。


◆最近思う【60cmドール】

ビスクドール的なものを期待されて生まれたジャンルだと思いますが、キャラクタードール派生であるDDだけでなく、SDなども無理に「ドール風」メイクにせず「贅沢なフィギュアの方法論」でやってみていいのではと思います。ボークスオフィシャルのローゼンメイデン真紅はそれで失敗した気がするし(あまりにドールらしすぎた)。SDの方が加工もしやすい筈。逆に、PARABOXさんのグレーテルのように、オビツなどのソフビ素体でどこまでビスクドールに近づけるかをやってみるのも面白いと思います。
このあたりのサイズから「人間に近い雰囲気」が強くなると思うので、完全にソリッドなフィギュアとはまた違う「理想像」を描くのに最適だと思います。1/1だと逆にひいちゃいますし(^^;。

◆この【60cmドール】には感動!!!!!

ドルパ15のコンテストで得票数2位だったSDの子。こういう世界もあるのかと。
造型関係は総じて「分野外から引っ張ってくるプラスアルファ」で魅力が増すと思います。

◆直感的【60cmドール】

ボークスの社長の毒電波思想(笑)。

◆好きな【60cmドール】
       
厳密には60センチありませんが、やっぱりDD。ボディII。
レディメイドならやっぱりフェミかな。一目惚れでしたし。
まさかあちらから家にやってくる※とは思わなかったわけですが(笑)。
※うちのフェミ=霧香さんは懸賞当選品。一目惚れのきっかけとなったスカパー京都チャンネルの「ドルフィークロニクル」(現在の「カスタマイズクラブ」の前身)の、確か2005年10月放送分だったような。

◆こんな【60cmドール】は嫌だ!

ヤフオクの衣装売り場でよく見ますが…衣服の素材やデザインを誤って、折角のスケール感を損なってしまっているタイプのドール。27cmに見えるよ、みたいな(^^;。
あと、オビツ派の方には申し訳ないですが、オビツ60のヘッドがどうしても好きになれません。
折角60cmクラスなのにドールアイ使っていないドールも苦手です。

◆この世に【60cmドール】がなかったら・・・

22~27cmドールと42cmドールに傾倒(笑)。って、実は随分昔に27cmキャラクタードールに手を染めてた時期があったわけですが。(タカラのジェニーベースのキャラクタードールから入った奴なのです、実は。最初確かミラクルガールズのともみじゃなかったっけ)
42cm(MSD)はそのうちお迎えしたいなぁと思ってます。たぶんワンオフを。

◆次に廻す人、5人(【指定】付きで)
バトン不拡散条約に基づき(笑)ここから先は無しです。

| | コメント (1)

2006年9月18日 (月)

お迎えすると必要になるものモード

 先の日記の続きになりますが、その前に我が家に霧香さん(フェミ)が来た時の顛末を回想してみます。

 勇気を出して箱から出してみた!服も着せてみた!かわいい!けど…
問題1・ウィッグがすぐずり落ちてしまう
問題2・居場所がない

 1については、正直今でも「必需品なんだから同梱しろよ;」と思っているたった200円のパーツ「ピタっとウィッグ」をドク六角に無理言って即送ってもらって解決。到着まで随分辛かったですが、安定したら面白くて、その後ウィッグ買いまくる原点に。Web通販とかでDDやSDを買うとピタっとウィッグ売り切れてて同時に買えない場合がほとんどなので、DDやSD、ウィッグ使うドルフィーを購入するつもりがある人は事前にボークスのお店(すみかでもOK、店頭ならまず在庫あります)で買うか、近場になければお友達に頼むかするといいです。お友達いない;という人は、たまにヤフオクで転売ヤーの人が150円くらいふっかけて売ってるんで(ひでえ話・苦笑)それを買うしかなさそうです。

 2について。えぬさんとちらっと相談したことがありましたが(過去ログにも記述あると思います)最初はファニチャーから入るといいと思います。ようするにソファーとかですね。ヤフオクで、ボークスにファニチャー卸してる業者さんが直販してらっしゃるので、そちらで余裕もって二人がけのソファーを買っておくと良いと思います。
 で、DDもSDも一応自立はできますが、バランスは服によって大きく異なるため確定的でないです。立たせた方が勿論見栄えはいいので、ドールスタンドの出番になります。
 1/3クラスドール(SDやDD、オビツ60)で、スカート姿が多い場合はサドルスタンドがおすすめです。ボークスのものしかないので高価ですが…横支えスタンドと違って衣装まわりにスタンドが出ないので立ち位置がきれいです。パンツルックなんかもする、ないし少し動きのあるポーズを取らせる場合は脇支えタイプがいいです。こちらはボークス以外からも出ていてボークスのものより安いので(流石に質感で負けますが)最初はこれでもいいかもしれません。(60cm用 ドールスタンド←こんな感じ)
 1/6クラスドールの場合サドルスタンドはないので、脇支えないし足をクリップするタイプになります。足クリップは扱いがめんどいのであまりオススメしません。ボークスの店頭でだいたい560円くらいだったかな。脇支えは結構種類があって、ドールスタンドB(クロームメッキ)←こんなのとか27cm用汎用ドールスタンド クリア AMP029-CLR←こんなのがあります。前者は色が複数出てるのですが、と黒はAmazonでは品切れです(今現在)。後者はアゾンインターナショナルの純正品です。どんなタイプかは見たことないので不明。
 ディスプレイする場所には、手芸屋さんで布を買ってきて背景っぽくするといいです。ハズシ技ですが、100円ショップで売ってるタイル形状のカーペットを買ってくるとお部屋っぽくなります。

 ウィッグや衣装の管理も大変です。ディスプレイする環境が整ったらいよいよ衣装やウィッグを増やすことになりますが、ドールが1/3クラスともなると人間用の衣類ボックスを複数シェアする羽目になります(^^;。 衣装は畳んでおくと折り目がついてしまうので、ドール衣装用のハンガーを買ってみるのも手です。ヤフオクで出品しているAMISAさんのハンガーが、手頃で品も良くオススメです。10本買うとおまけで1本つけて下さるので、試しにレギュラーを10本買ってマルチタイプ(星型)をおまけにリクエストしてみると良いかと思います。マルチタイプは上下セットの服の管理にかなり便利です。
 ドール用ハンガーを人間用ハンガーにぶらさげれば衣装の整理ができます。一応防虫剤とか入れておくべきかも。ウィッグやブーツはケースのまま衣類箱に入れて管理するといいでしょう。あ、ウィッグ扱う場合は必需品があります。ブラシ(櫛)は無いとひどい目に。ドール用が使いやすいですが、人間用でも大丈夫です。100円ショップで静電気が出ないタイプを選んで買ってくると良いかも。あと、ウィッグスプレーは専用のものがありますが、人間用のミストでも薄いものなら実は大丈夫だとか。

 最後に絶対必要なもの。爪切りです。切れ味がよくてヤスリもついているものでしっかり自分の手の手入れをしてください。うっかりフェイスメイクやアイペイント・ドールアイに傷なんてこともありますし、衣装にひっかかった時のダメージは人間の服と比べ物になりません。ドールの子でも生身の女の子でも、おつきあいに大事なのは爪の管理です。気をつけましょう。(私のオススメはトップページ右下に出てるガーバーのDXユーティリティークリッパーですが、Amazonでは品切れっぱなしです;)

 衣装ですが、スケール問わずメーカー純正が無難ではあります。しかしヤフオクやドールイベントに出てくる一般ディーラーさんの一点物も非常に魅力的です。ただ、ヤフオクはしゃれにならない程値段上がるので(同じディーラーさんにいっつも同じ客なのでしらけることも。それこそ「いくらでも金を出す」買い方をされるので)ショップ委託品をこまめにチェックするか、ドールイベント(ボークス主催のドルパ、またはメーカー問わず総合イベントであるドールショウ)に足を運んでみるといいと思います。ドルパの場合は限定品はWebアフター・先行販売品はあとでお店でゆっくり買うことにして、一般列に最初から並んでディーラーさんものを狙ったほうが絶対いいですよ。ヤフオクの半分から1/3程度の値段で、豊富な在庫から好きな服を選べたりしますし。

 ウィッグですが、DDやSDならヤフオクで中古狙いがオススメです。質はまちまちですが、とりあえず安いので。数揃えるならいい手段です。ちょこっと相性厳しいものもありますが、基本的にSDのウィッグはDDでも大丈夫です。(逆にDDのウィッグの方が扱いづらい気がする;気のせいかな)あ、入札の時には必ずボークスのサイトで定価調べてから入札して下さい。中古なので、新品の7割超えちゃったらその入札は無意味だと思います。一部プレミアもののウィッグなら話は別ですが、そういうのが要り様になるのは希でしょうし。
 管理が悪かったウィッグは、一度洗って丁寧に乾かした後、スプレー使いながらブラッシングするとわりと回復するみたいです。長いウィッグほど荒れやすい(当たり前ですが)ので、購入時は覚悟を(^^;。

 アレンジをやる時は、細い布コートのゴムで結って留めるのがいいようですが、指が細くないと結べないという話も;ピンセットでゴムを結ぶ練習が必要かもです。ゴムを隠すために手芸店でリボンを買っておくとよいでしょう。直接リボンで結ぶとするっと抜けます、残念ながら。ちなみに髪の編み方ならこういう優れた参考書があります。1/6ドールの本ですが、当然それより上サイズでも同じことができます。

 1/6でも気合いを入れるとかなりいいものができるので、オリジナルを組みたい人は最初はボークスの22/27cmドルフィーから入るといいと思います。メイクの基礎とかほとんど一緒らしいので、応用がききます。

 と、おおまかにまとめましたが、なんでいきなりこんなこと書いたかというと…最近DDお迎えしたいという話を方々で聞きますが、ドール買うだけで済むと思ってる人があまりに多いからです(^^;。念願の音夢ヘッドと素体を手に入れても、ウィッグずり落ちちゃったら台無しだし、ショールームに飾ってある子は全てスタンドで立たせてあるのだということを忘れちゃ駄目です。覚悟をもって臨みましょう(笑)。

| | コメント (2)

2006年9月17日 (日)

病中ドールさん届くモード

 体調がすぐれなかったので結局今日の旧車イベントは行くのを諦めました。

 ほとんど寝てたわけですが、合間に昨日届いた先日のドルパアフターで購入した品のチェックをしたりとか。DDは色移りの可能性があるという特性上、パッケージング段階で服を着ていませんが、箱の顔のところに窓があるのはいいとして、どうして胸の横とかにも窓が開いてるんだろうと(^^;。想像以上にでかかったL胸に、箱開け前から頭を抱えています。着まわしができない…。とりあえず色移りしにくいL対応一着かなー;

 スタンドも1/3クラス1本と1/6クラス2本買わないといけないし、もー頭抱えてます。これらとアニメティックアイBの瑠璃色22mmを買うまでは手をつけないつもり。一度ボークスに行かないといけないなぁ…年末か。ウィッグ(SD用W-04カールのアイボリー)も欲しいし、まだまだ出費は続きます;うう。霧香さん用にW-85ボーイズショートIIのアッシュブラウンも合わせて欲しいし。W-110Dソフトウルフのダークブラウンでもいいかもしれませんが。(ここまで揃えると2万円ぽーんと飛んでいきます(ぉ)

 今回購入したボディはキョウコさんでしたが、上記のアイとウィッグの組み合わせだけでパーソナルネーム(ベース名と別にオーナーさんが個別に呼ぶ名前)が予測できた人は凄いです。

 決算期ということでTVの購入えらい迷ってます。分割でぽーんと買っちゃいたい気もするんですが;40型液晶ブラビアと42リアプロのブラビアが安いんですよねー;どっちも迷ってただけに悩んでます。モデルの大幅更新と決算期が重なってる現状って好機といえるからなぁ;ちなみにぬまにゃんは初期品質というか吊るしの見栄えを重視するので、亀山パネルはパスです。騒ぐほど突出した性能じゃないし、中間処理がよくないのでどんな素材入れても荒く見えるから。店頭で比べて亀山選ぶ人の気持ちがいまいちわかんないです;
 まあそれ以前に、60オーバーのフルスペックHDで筐体があのプラスティッキーな質感で操作性劣悪って時点でシャープ製品絶対買いませんけども。ええ。以前のVAIOに入っててさくっとお亡くなりになったSXGA+液晶がバラしたらシャープ製アッセンブリだったこともあり、「亀山」ブランドに凄く懐疑的です。
 ま、人間の目も耳も、一人一人違いますから、お好み買えばいいじゃんとも思いますけどねー。とりあえず私はトップブランドとやらはパス。

| | コメント (3)

2006年9月16日 (土)

だるい。モード

 左耳の下あたりが痛くて、ああもうこりゃ完璧風邪だなぁと。鼻もぐずってきてます。
 明日大通で旧車のイベントなので、今日も体調管理のために寝てました。
 でも明日の予報は雨なんだよね;中止になりそうな。

 ところでTVが壊れそう~と再三言ってるわけですが、今決算期で旧モデルの地デジ液晶TVが安いです。ブラビアの40インチが20万切ってて、分割購入だいぶ迷っています…が、今のAVラックに40インチのTVは入らないので(笑)、導入するなら部屋の模様替えをしないといけないようです。うう、困った。
(巻尺で大きさ調べたら、想像してたよりぜんぜんでかくてびっくりでした(笑)>40インチ)

 いやしかし出費が続いたので今期は諦める気がします;残念ですが。

| | コメント (0)

2006年9月15日 (金)

恋文2000に殺されそうになるモード

 太鼓の達人ネタです。かんたんモードを全曲フルコンボしようと思って頑張ったんですが、その前のでかい壁になったのが「○○2000」というタイトルの一連のナムコオリジナル曲でした。新曲の「きたさいたま2000」とか、もうリズムわめちゃくちゃだわ曲狂ってるわ音と整合しない譜面入力はあるわでもうやってて胃が痛くなる程でしたが、個人的にその上を行く曲があります。

 恋文2000。

 タイトルを聞くとなんじゃそりゃ?って感じですが、概要はこう。ハードロック系の曲がガンガンに流れてるとこで、何故か激しく萌えな声の女の子がせつせつとラブレターを(全く音楽の展開に関係なく)朗読しているというもの。
 ただ聴く分にはいいです。ムネキュンです(笑)。しかし。若干難易度の高い譜面に向き合ってる最中となると話は別。猛烈に気が散ります。なんというか…聴覚情報を分離するか、いっそ音を聴かないかという判断になるわけですが、音聴かずにあの譜面叩ける程上手くないので、仕方なく脳内にフィルター作ることになります。でも駄目。なんか萌えな呟きが入った瞬間にミス(^^;。何回やり直ししたか覚えてませんが、汗だくになった挙句フルコンボ終わった瞬間思わず「殺す気か!」と呟いてしまいました;。

 神経弱い自覚がある人には本気で勧めない曲です(^^;。いやまぢで。
 終わった後にクールダウンのために「ドラマチック」叩いたんですが、いやもう和む和む。あー疲れた;昨日はお休みしてましたが一昨日あたり「ふつう」の全曲クリア(フルコンボでなく)を達成して、それで速い切り替えに慣れていたので意外とさっくり行ったんですが、○○2000系は本当に勘弁って感じでした;できればきたさいたまと恋文もうやりたくないなー;

| | コメント (0)

2006年9月14日 (木)

素直に任天堂を褒めたいモード

 Wiiの価格・発売日決定。ほぼ想像通りの値段で、若干高いかなぁとも思ったのですが、提供されるサービスを見て「ああ、これならなぁ」と合点がいきました。イロモノゲーム機になるのかな、と思っていましたが、実の所スタンダードかつオープンなネットインフラの適宜利用という側面では最新3機種中最もビジョンができている印象です。(360はわざとクローズドに、かつプレミアムにネットインフラを利用しているので、コンセプト的には対極・言い換えれば相互補完が上手く行きそうな気配です。PS3だけが中途半端のどっちつかずで浮いた印象)

 ローンチにゼルダを持ってこれたのは(キューブユーザーの人には悪いけど)本当に頑張った感じで、前2機種とついでに携帯機でも「立ち上げは」出遅れた任天堂、今回は強い熱意を感じます。E3で感じ取った手応えが現場に追い風吹かせたのかも。今のところ私はゼルダだけ目当てなので、モーションセンサーの駄目出しが済んだ頃に買おうかなーと思っているのですが、買いたくても当初は手に入らないかもですね。

 PS3の発売予定日前によく発表してくれました。この手の発表はチキンレースみたいなもんなので、大勢の意思決定(これが読み難い)の直前あたりにサプライズ入れられたモン勝ちですが、PS3の半額以下の360コアよりもっと安いよ!という発表順になったわけで(笑)、日本での成功は決まりでしょう。

 ハードでのびっくりは画面のポインティングにセンサーバー使ってること。ガンシューに最適。この方式だと精度ダンチです。ディスプレイをほぼ選ばないしね。お金かかってるなぁ。逆に、割り切った部分にはお金を割いてない。光音声端子がつかないマシンは今時珍しいわけですが、「キューブの延長程度の画面スペックである」ことをハード屋さんがよくわかってて、あえて映像ケーブルもごく普通のものにしてる。ようはハイデフ機(360/PS3)とははなからケンカする気がないと。

 ストレージの内部フラッシュメモリもっと頑張れなかったかな、という気は若干しますが、あまり頑張られると360が困っちゃうかもなので(笑)こんなもんで。入出力端子まわり見てみると、このハードはキューブのアップグレード機であることがよくわかりますね。個人的にはWi-fiがスタンダードなのはちょっと困っちゃうんですが(^^;。LANはやっぱりケーブルでないとね。

 現状の心配は、一見多く見えるソフトラインナップが、やっぱり開発メーカーである任天堂にしかハードを使いこなせてない構成(=あの台数を誇るDSでさえ発生してる「任天堂以外のソフトが凡作すぎて売れ難い」が再現されつつある)になってるのを如実に反映していること。任天堂のソフトだけでも十分遊べるとは思うけど、それは「ゲーム機は1台あれば十分」な層には苦しい状況な気がします。他機種との並行発売ソフトがないのは、360/PS3に初期スペックで遠く及ばないことの象徴でもありますし。やはりこれ単機で楽しむのはちょっと苦しいかも。神経を使わないゲームで遊びたいなら、他機種の同時購入も視野に入れる必要がありそうです。

 しかしもう待ちに待った64ゼルダ後継ソフトが出るというだけで嬉しいので、私は買います(笑)。ちょっとくらい遅くなってもいいので。個人的にはその他のラインナップはガンシュー系に期待。折角のセンサーバーですしね。

| | コメント (0)

2006年9月13日 (水)

微妙に不調モード

 季節の変わり目なせいか、それとも気分的なものもあるのか、ちとここ数日体力落ち気味です。おなかとかも調子悪くて、アクティブに何かしたい気分になれない感じ。微妙に鬱々としてる気もするので、寝てます、ほとんど。

 なんか微妙に何かに怯えている気がするなぁと…杞憂だといいのですが。待つ身の不安に弱いのは相変わらずです。そろそろなんとかしたいものですが;

 てゆうか棚上げ事項をさっさと片付けなさい>私。待たせてる人何人もいるだろうに;

| | コメント (1)

2006年9月12日 (火)

モルスコイにさよならをモード

 久々にクロムハウンズ話。何シーズンか前からタラキアに在籍していて、「シャルカール側は相手にしないでとにかく真っ先にドゥナイを落とし、ペースダウンせずにタルタト、そしてモルスコイ首都をまず叩くべき、ドゥナイを落とせば相手はモートレイクに入れないし、オレニア・グパ~メルトンラインはそう簡単に落ちない。逆に、モートレイクを落とされたら、取り返す前に『落としやすくて取り返しにくい』セント・イベズを落とされる。それはすなわちいつも通り当方の首都陥落を意味する」と言い続けてきたわけですが、やっとでタラキアに集う「空気読めない子軍団」(ここ落ちたらヤバイという超山場にシャルカール攻めてる皆さん)を結束させることに何方かオピニオンリーダーの方が成功したようで、今朝久しぶりにモルスコイの首都オストロフが落ちました。最終出撃まで付き合いましたが、敵陣潰して戻った瞬間に一斉にドカンと煙に化けたモルスコイ領を見るのはなかなか痛快でした。

 現在既にオストロフは復興していますが、また落とされそうになっています。ただ、領地としては圧倒的優位なタラキアですが、うまくシャルカールに攻め入れないでいます。もしかしたら、腕のたつ野良プレイヤーさんたちの集まりが、モルスコイを落としたところでタラキアから抜けたかもしれません。シャルカールはここぞという時にいい踏ん張りを見せてくれる国なので、今後の戦況は面白いかも。定期的にモルスコイをもぐら叩きしておく必要があるのがなんですが。(オストロフ自体は案外攻めやすい場所なので、集中的にやれば意外とすぐ落ちます)

 しばらくの間、「このゲームは3国間戦争ではなく、モルスコイという超大国相手に何日間他国で生き残れるかを競うサバイバルゲームだ」と揶揄されるほど状況が酷かったのですが(なにせ、3国のうちモルスコイの兵員数≒他2国の兵員数の合算・という状態だったので、正直勝ち目がなかった)今回も当初絶望的なまでにモルスコイの兵員が多かったものの、何故か突然2万ほど減少し、それとタラキア側兵士の意思統一がタイミングよく重なって、うまく侵攻できたようです。オストロフ近辺は滅多に出られない地区なので、エリア制覇狙いをしている皆さんは今回おいしいのでは。

 これでタラキアにおけるセオリーが定着してくれれば、モルスコイ常勝の図式もいくぶんか崩れるのではないかと思うのですが。ただ、大統領選で開発推進派が選ばれないので、他2国と比べ技術力がいまだ低いです。そこはなんとかしてほしいところ。

 シャルカールも今回の図式が定着してくれば、モルスコイが落ちた後ガーズィー堅守しつつネーロイムス南ライン(タマラ→バーウィック→オールバリー→戦線切断のためバレアレス→ヘレス)という電撃戦が組めるかと思います。南サイドが主戦場になったのは希なので、結構楽しいのではと。

 そろそろメンテ明けでしょうか、ちょっとまた覗いてきます。
 いやはや、オーバーGに浮気して関東地方奪還作戦始めた頃にこんな情勢になるとは(笑)。

| | コメント (0)

2006年9月11日 (月)

美しい引き際モード

関連リンク: M・シューマッハー、今季限りの引退発表 : エトセトラ : スポーツ : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 低迷したフェラーリをトップチームに再び引っ張り上げ、その栄光を残したままF1での終の地とする…皇帝の名を得るまでに成長した彼に相応しい引き際だと思います。走れるうちはF1でという声も多く聞くけど、それはとても勿体ない。去年アロンソが勝った時点で私は引退に期待したのだけど、引けたまま抜けるのはプライドが許さなかったのかな。いいポジションにつけて今もフェラーリが一流であることをきっちり示してから抜けることを発表したその意気や好し。

 なんか、F1やめるとドライバー生命終わりみたいな報道を毎度してる印象があるけど、むしろ私は逆だと思います。これからが面白いはず。メインステージが何になるか気になるけど(DTM行くのはいじめなのでw、あれは5年程待ってほしい)、彼の名が来年のル・マン24時間にエントリーされると確信しています。チーム引っ張り合いだろうけど、ここはフェラーリが彼の功績に敬意を表して総合優勝狙えるLMP1マシンを「彼のために」作るべきだと思います。脇を固める二人が気になるけど、一人は「かつて皇帝と呼ばれた男を超えた男」クリステンセンで決まりかな。

 シューマッハが出るならマシンとスポンサーをやらせてくれって会社はいくらでもあるだろうなぁ。古巣メルセデスとかね。近年のアウディの磐石の体制に打ち勝つ野望を持つメーカーとしては、是非引っ張りたいドライバーだろうし。もしアウディから出ちゃったらあまりに簡単すぎてつまらないけど(笑)。

 まだシーズンは終わっていないけど、心からお疲れ様と言いたいです。かつてフジテレビが数字のダシとして神輿担ぎした虚構の英雄などのようにならず、彼はかのステージにおいてラストシーズンまで本物の天才としてサーキットに君臨していました。その事に最大級の賛辞を。

 イタリア長かったけど、やはりドイツ人だね、彼は。

| | コメント (0)

2006年9月10日 (日)

ドラムの達人モード

 ログ消えたorz

 気を取り直して。プレステどっとこむのポイント期限とソニーポイントの期限が迫ってたので、なんとなく太鼓の達人ぽーたぶる2を買ってみました。曲のアソート微妙でしたが(クラシック多すぎ)、ワンダーモモーイとKAGEKIYO叩いてみたかったんで。アーケードの8でオトメロディーが入ったので、最近わりとよく叩くんですが、ソフト更新してもハード更新しないんでアーケードもまともな太鼓減ってきてます;左は壊滅って感じ。なので、オトメロディーはないけどなんとなく。PSPなのはPS2もう繋いでないし(ぉ、タタコンうるさい壊れる邪魔だからいらない、という理由です。PSPならWi-fiかメモステで曲追加できるし。

 で、家庭用叩き音を変えられるんですが、イロモノだらけの中普通のドラムが良くて、むしろ収録曲とのマッチングは太鼓よりいいんじゃないかというみもふたもない状況になっちゃってますw。そんな感じでうちではドラ達。バスとスネアしか音出ませんが(^^;。

 グルーヴ感重視の譜面はとてもよくて、他社の同様のゲームと比べて抜きん出てる印象ですが、選曲がいまいちなんだよなぁ…。今更「残酷な天使のテーゼ」入れるくらいなら「オトメロディー」入れてほしかったし、アイマスも「魔法をかけて」より先にふつー「アイドルマスター」と「ポジティブ」入れるでしょ?と。(まあ、1曲のためにあのキャラパターン入れたとは思えないので、隠しか追加で出てくる気はしますが)ほんとは「ファーストステージ」が一番好きだけど置いておくw。

 でも楽しいのでハマってしまってます。ヘッドフォンかけた耳が痛くなってもやめられない!恐るべし!

 折角メモステやWi-fiで曲足せるのだから、アーケードで収録した曲をコンテンツ販売すればいいのに、とか思いました。そうすれば過去の曲も網羅できるし、SCEだってメモステの売れ行き上がるから歓迎しただろうに、と。(携帯電話用ではやってるんですけどねぇ)
 そしたら即「オトメロディー」買ったんですがw。

 とりあえずいろいろ不調でくすぶってますが、気晴らしにちょうどいい感じです。はなちゃんが微妙に萌えるのはナイショです。

| | コメント (0)

2006年9月 9日 (土)

ついカッとなるか一晩熟考したモード

 タイトルはツッコミどこですのでなんでやねん砲を精密かつ故意に誤射してOKです。

 当初もーやる気でお迎えしちゃうぞーと言っていたDDキョウコさんですが、えっくす☆きゅーとシリーズを揃えるかそれとも別な買い物をするかの兼ね合いで(予算構築はしていたものの)相当迷いました。迷ったら朝になってました。で、結局10時にボークスのサイトつないでさくっと予約しちゃいました。(ちなみに今回のDD不人気みたいで、これ書いてる現在ふっつーにカートに入れて買えます(^^;)
 理由はBBSにもちらっと書きましたが、前回、直前で描き目になっちゃったねむ音夢を購入せず(その後の開き目ヘッド交換サービスを予想せずに)大後悔したのと、白河ことり・さやか関係が余裕で買える状態だったのに買わずにいたら後から凄いことになってたことで「レディメイドのDDは買える時に買う!」の鉄則を思い出したからでした。DDH05(つりめ)が今後商品化されるかは不明ですしねー。
 あと、ウィッグ変えたところ想像してみたら、やっぱりお迎えすべきかもって思っちゃって。大人びて見えますが、たぶんウィッグで印象だいぶ変わると思います。そのへんもあって、思い切ってみました。ユミさんでなくキョウコさんなのは、ホワイト素体が欲しかったから。L胸はちょっとなんだけど;(M胸の白があったら一緒に注文するつもりでしたが、Webショップになかったです)

 なんとなーく冬ドルパで新作DD出たらまたお迎えしそうですが(ぉぃ)、それまでちょっとうちの子たちにお金をかけてあげられなさそうで、それがちょっと悲しいです。えうー全然お金がたまらない~。

 買わなきゃ!って思ってるものが3つあって、1つはTV(もうすぐ壊れる気配)、1つはビデオカメラ、残り1つはVistaプリインストールのモバイルノートです。私はPCはSONY以外買わない人なので、たぶんTXかSZPです。TVは分割で買ってもいいんですが、ノートは一括で買う理由があるのでちょっと貯金しないと。ビデオカメラは、たぶんモデルチェンジのタイミングを見計らって前モデル処分品を買いますが、できれば冬のうちに欲しいんですよねー。ビートのスノードライブをインカーで録りたいので。

 というわけで苦難の日々であります。とほ。
 いつになったら荷物詰める車買えるんだか;

| | コメント (0)

2006年9月 8日 (金)

そうきたかソニー!モード

 ええっと新カテゴリです。ぬまにゃん的に刺さったものを解説を交えて紹介していくという内容になっています。記念すべき一回目はコレ。

SONY GPSユニット GPS-CS1K
メーカーの詳細サイトはこちら。

 仕組みとしては至極簡単なもので、このユニットがしてくれるのは航跡とタイムラインのロギングだけ。電源(なんと単三電池1本で動いちゃう!スゴイ!)を入れておけばその間お仕事をしてくれますというもの。液晶表示などは一切ないので、ランプの点灯で状況確認をして、実際のデータ管理はPC上で添付ソフトウェアで行うことになります。デバイス単体としてはルート表示やポイント検索と方向指示などGARMIN系GPSが行える機能は豪快にオミットしてあるので、そういう用途は無理。しかし。

 いやー目からウロコだったわけですが、デジカメ(Exif2.1以降で記録されるもの)の時計をきちんと合わせておくと、PCの上で画像のタイムスタンプとこのGPSユニットのログ/タイムラインを整合して、その写真がどこで撮られたのかを地図上で表示してくれるようになっています。また、撮影した写真にGPSデータを付加してくれるので、GPSフォトデータに対応したソフトなら一度情報を与えた写真なら地図上に表示したり単純に経度緯度情報を写真から閲覧したりできるようになります。
 データの整合基準が「時計」なので、カメラとGPSユニットは非接触です。コード等は撮影時は一切使いません。データの取り込みでPCと繋ぐ時だけ有線接続。ここが最大のびっくりポイントでした。(表示機能がないデバイスで時計合わせ大変じゃない?という方はご心配なく。GPSの情報には正確な日時も含まれます。よって受信中は時計合わせ不要)

 そして、前述の通りExif2.1以降対応の記録を行えるならデジカメを選ばない(メーカーも)ので、今売ってるどころかわりと前から売ってるほとんどのデジカメに対応しているという点が素晴らしいのですよー。GARMINと直結させられるデジカメもありましたが高価でしたから、これは本当に素晴らしい発明だと思います。

 ソフト部分だけGARMINに対応したものをどこかが作ってくれればGARMINのトラッキングログでも同じ事ができる筈ですが、たぶん特許は申請してると思うので他所からは出てくれないかなぁ。さくっと誰かフリーソフトで作ってみません?(笑)>GARMIN系の方

 気になるのは衛星の捕捉能力です。Geko201はビル街てんでだめだったので、そのへんはちょっと気になるところですが…立ち上がりの時間とかも。(電源入れれば即座に衛星捕まるってもんでもないのは、カーナビ使ってる人ならご存知ですよね)

 付属のカラビナでぶらさげておくというスタイルが、何気におしゃれでいいかもと思いました。Geko201は折角小さいのにストラップホールすらないので、収納場所によってはウイークシグナル出してログ途切れちゃうんですが、これのように「外にぶら下げる」スタイルであれば、何の違和感もなく最適な受信状況を得られると思います。飛行機の機内で電話と間違われてCAさんに注意されそうになる(もちろん誤解なわけですが;)こともありません。とはいえ流石にプロペラ機以外の窓は電波通しませんけどね(笑)。

 後から航跡記録を見られるというのは、克明に記憶を呼び覚ますとてもいいきっかけになることが、先日Geko201+カシミール3Dで7月の国後渡航とその前後のログを見た時にわかりました。タイムラインに沿って航跡表示させると、「ああ、ここで船乗り換えたからちょっと時間かかったんだっけ」とか、「このへんで磯の方に出てみたんだよなぁ」とか、細かい事を結構思い出します。立ち止まった場所では立ち止まった理由がある筈で、それを思い出すのが面白かったりもしますし、地図で真上から見ることで後から把握できることもたくさんありました。

 道内を結ぶ空路で、景色が印象的だったので写真を撮った場所をマークしておいたのですが、そこは東大の富良野の演習林だったというのが後にわかりました。航跡とタイミングのロギングはこのデバイスでは無理かもしれませんが、写真を撮った場所が実はここだった、というのは乗り物で移動される方には結構楽しい娯楽になると思います。(余談ですがこの時の飛行機の巡航時のログ、あまりにも移動が速くてとても愉快ですw)

 ソニーは終売こそしてしまいましたがカーナビも非常に優秀でしたし、Navin'youというPC向けGPSユニットも一度終売しましたが、最近Bluetooth対応で「最小のWindowsXPマシン」VAIO TypeUX専用デバイスとしてGPSユニットを再生産しています。また、もうすぐPSP用のGPSユニットが発売になります。GPSと、そのデータの扱い方のノウハウに秀でた会社と言えると思います。

 値段も安いのでオススメのアイテムです。旅行にデジカメを持っていくのが好きな方は是非。

| | コメント (5)

2006年9月 7日 (木)

TaskSwitchDiaryのいろいろモード

 このブログないし日記は@niftyのココログというサービスで運営しています。貧乏なので会員なら無料のココログベーシックを使っていますが、元々ココログにはとても優秀なアクセス解析がついていて、最近それがベーシックでも閲覧できるようになりました。

 アクセス数に興味は全くない(ので、岩手県在住者で初めて「自分でお金を出してプロバイダのサーバ上にホームページを開設した個人」なのに、アクセスカウンターをつけた事は過去に一度もなし)のですが、閲覧している皆さんの環境に興味がありました。一応Webデザイナーのはしくれなので、画面サイズのスタンダードを知っておきたいとか、どのあたりの皆さんが見てくれているのかとかは特に興味深く見ています。

 例えば都道府県別。過去一ヶ月サンプリングですが、一応47都道府県全てからアクセス頂いていました。トップは圧倒的に東京、次が地元岩手、以下概ね関東関西中心に人口密集地が続きます。西日本の皆さんにはあまり縁がないようですが、福岡と何故か大分がちょっと多めです。なんか隣県の皆さんの反応もいまひとつで(^^;、秋田からのアクセス数は沖縄からより少ないです。(というか、九州の上記2県以外が軒並み低いので、沖縄が多いのは少々意外でした)最下位は鳥取でした。

 リモートホストの結果が結構面白かったです。一般プロバイダは考えず、企業・団体ドメインだけ見ていくと、「えぇ?ナニユエ?」と思うような会社・機関からアクセス頂いてます。しかも結構な回数(笑)。セガ以外の(ぉ大手ゲームメーカーさん(いやバ○○○○○ト入ってるのは別として(^^;)とか、大手PC/家電メーカーさんから結構いらして頂いてるようです。あとカメラメーカーさん。マスコミ・エンターテイメント系からも若干。で、大学の皆さんが日本全国津々浦々からアクセスして下さってますね。東西の最高学府や名のある私立をはじめ、本当にいろんなところから。何か調査だったのでしょうか。自治体からも少数ですが閲覧頂いています。全体で一番びっくりしたのはJAXAでした(笑)。

 画面解像度の結果が少々意外でした。やっぱりインプレスの定期調査に参加する人ってハイエンド環境の人が多いんですねー。もっと普通な結果が出ています。1位はダントツでXGA、2位がその半分くらいでSXGAです。(うちも1・3号機のモニタはSXGA)3位がぐっと減ってUXGA、以下ノートPCの固有の解像度がしばらく続き、9位でWUXGAがやっと出てきます。今このブログを書いている環境がまさにそれですが、意外と多いですね。どんなモニタ使ってるのか想像つかない人も若干。1680×1050って?(^^;意外に半端な数値のモニター環境の人が多く、どういう設定なのか気になるところです。SVGAやVGAの方もまだいますねー。管理サーバーから直接ブラウザ上げてとかそんな感じかな。マルチモニタ環境の方もわりと多いです。(2560×1024とか。これはSXGAマルチですね)縦長環境で使ってる方もいました。UXGA縦とか。他、一部「これは数字いじってるなぁ」というのも混ざる中、恐らく実使用されている環境で最大の方はQXGA(Quad-XGA)でした。

 余談ですが解像度表記をするとき、Qの扱いが2種類あるのはややこしいなぁと思いました。VGAにつくとQuater(1/4)になり、主に携帯電話の解像度表記で出てきますが、XGA以上につくとQuad(4x)になります。業務用の超高性能ディスプレイのうち、今のところQXGAとQUXGAがそれにあたります。商品化されたモニターの最大解像度はQUXGA-Wide(3840x2400)ですが、現在は販売されていないようです。22.2インチなのでだいぶ目にやさしくなかったのではと思われます(^^;。QUXGAは製品化されなかったようですが…。QXGAも今は単体売りは業販向けしかない様子です。去年NECがノートに積んで度肝を抜いたわけですが(笑)、現在は選択できないようです。歩留まりまだまだだったってことでしょうか。とりあえずQuadの方は使われない方向みたいですね。出てきたの4年も前なのに、流行りませんでしたから。(やっぱマルチモニタかなー)

 今後もいろんな方面の方にお越し頂けると幸いです。「我こそは!」という環境の方は是非そのマシンで足跡を(笑)。

| | コメント (7)

2006年9月 6日 (水)

一番タチ悪いクチは実はこの手合いかもモード

関連リンク: 20ミリ機関砲10発誤射、海自艇から陸へ…青森 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 なんというか。とりあえず誤射とは目標誤認しつつきちんと狙って撃つ事を言うのであって、これはとりあえず誤射ではない、人為的暴発であるというのは方々で書かれてる通り。

 で、最寄民家まで2kmだそうだけど、20mmなら余裕で届く筈。大湊高校の監督は生まれて初めて聞いた轟音と言ってるけど、それは流石に大袈裟。20mmの音なんて花火大会以下ですが、この人花火見に行った事ないんだろうか。

 他にも昨日のニュースではマテラッツィが一方的にジダンの頭突きの件についてコメントしたのを「真相」として、あれほどの騒ぎの根拠としてはまずありえない内容で報道しているし、どうなってんの読売って感じ。

 苦情を述べると大変丁寧な返信を内部事情の説明つきで送ってくるのは先日の件で確認済みだけど、結局のところニュースソースが「犯罪者の詭弁」であったことが確認できてしまっただけだったし、丁寧ならいいかというとそんなことは全くないわけで、もうなんというか;

 右だの左だの寄ってる新聞はまだいい。そのつもりで読めばいいのだから。しかし、このような「単純に悪意ある報道を繰り返すマスコミ」はどうしたもんなのかねぇと。正直記者の質が低すぎる気がするんですが。傾いたポリシーの新聞の記者だって、文章自体はもっとまともなものを書く。なんというか、最近の読売は非常に幼稚な内容に思える。

 なんというか匿名掲示板系でよく見る「釣り」の類に似た感覚を覚えるけど、この風潮に嫌悪感を覚えるのは私だけ?嫌なら読まなければいいってのはごもっともだけど、mixiのニュースが読売なんで無理矢理目に入るんだもの。

 関連リンクの件に話を戻すと、もし発射された実弾4発+曳光弾2発のどれかが人に当たった場合、遺体は回収が困難なレベルで木っ端微塵だったろうなぁと思いつつ、「たまたま今回当たらなかったけど今後先日のロシアの件どう報道すんのかね」とかも思ったり。つか曳光弾混ざってて着弾点把握できないってどんなザル仕事だ。流石にうっかりミスでも誰か見てるだろうに。どーもうさんくさいな、この報道「も」。

 根に持ってるなぁとかしつこいなぁとか思った方には、当たり前でしょ何を今更と言っておきましょう(苦笑)。

| | コメント (2)

2006年9月 5日 (火)

なゆりんGJのその後モード

 とりあえづ箱で吹いたのでした(笑)。
Nayugj
 むりやりアゾンw。

 開けたらこんな感じ。箱はとても小さかったです。
Aika001
 えー隣に何か写ってますが気にしてはいけません;(ヲサ情報ではピアニューモ素体でAZONEからも出るという話でしたが、それ葉月で出すよりちょこシスのちょこで出すほうがよくないかなぁと思った午前3時。

Mimiaika01「あたらしいかぞくのあいかちゃんでーっす!」
「藍華です、よろしく(ってみみこさん、人間なのかな;)」

 同じ25cmドールですが、等身がまるで違うのがおわかり頂けるかと。衣装も何気にV社の方がお金かかってます。とはいえこれはみみこが特例であるという噂もちらほら。

Kirika029

 そして今日の霧香さん。ウィッグを変えたら(W104D)少しラフな感じの印象に。またも写真下手で雰囲気伝わってませんが;もっとなんというか、自然な風に吹かれてるようなさわやかな雰囲気になっています。

 今欲しいもの:三脚。室内撮影用なので重くてもOK。(移動撮影用のフルカーボンなら言えば親父から借りられますが、部屋で自分がいつでも使えるのが欲しいです)

| | コメント (4)

2006年9月 4日 (月)

これがSEGAlink臭ってやつかねモード

関連リンク:PHANTASY STAR UNIVERSE オフィシャルサイト

 PSUの一ヶ月正式サービス見送り。コンシューマーとしては前代未聞の不都合。PS2はやめておけとあれほど言ったわけですが、今回はもう返品騒ぎまで起きているとのことで。

 結局のところ8月31日に完成版発売できないのわかってて、無理矢理押し通したと思われるので、セガとしてはこうなることはまるわかりだったと思います(苦笑)。商売としては最大限非難に値する行いだと思われますが、これがコンシューマーサイドのセガの実体だなぁというのはSEGAlinkの業態でなんとなくわかっちゃってたので、あまり驚きもしませんでした。だもんで正直、プレミアディスクの動きの話を聞いた時点で既に「ああ、360は後でいいし別サーバーで全然OKだわ」とも思ってて、実際正解だったんで個人的には「こんなもんかな」という印象です。

 ただ気になるのは、発売直前に方々に大見得切った末の体たらくがこれだったということで、もしも発売直前に関係者の株の売却があったとすればそれはインサイダー取引だし、プロデューサー説明会後に株価が上がった事実があったとすれば、それは制作サイドにそういう説明を強要した者がいる可能性があるという点です。不具合を把握していないわけがありませんから。

 とりあえず確かなことは、恐らく来年の取締役会でソニチは解体されるだろうなというあたりでしょうか。まあ、あの名作PSOを作ったのがたまたまソニチだっただけで、ファンタシースターをゲーム化する権利は変わらずセガが有するわけですから、キープコンセプトで外注してもらったほうが多分余程いいなというのが360ユーザーの私としてはあります。(特にロストプラネットを見た後である現時点においては)
 一応360のPSUはやるつもりですが、PSUが実体を現すまでにPSOプレイヤーとして思い描いていた理想像よりはるかにPSO側に手前の完成度だったので、来年の取締役会の時期までPSUがらみは頑張ってもらうことにして、PSOで入った顧客に「新味」を的確に提供できるサプライヤを探して、マイクロソフトのインフラを含めて総合的にアップデートされた続編を早期に企画・発表することが望ましいと思いました。このままにしておいてはいけないでしょうし。自社開発なだけにこの投げっぱなしっぷりはもう言い訳できない、恒久的に言われる汚点でしょうから。最近のセガはそういうの潰しにかかってますし。(だもんでSEGAlinkという名前は消えるようですな・苦笑)

 とりあえず今回の教訓として「商売っ気出して技術側面を無視した時点で、このソフトの失敗(初期的な段階の)は確定要素だった」というのが挙げられると思います。ライセンスの価格についても、ネットワーク環境のマッチングについても、「他社に」いくらでも前例あったのに、「自社のノウハウ」を信用しすぎたのがもう最悪。随分ネットワークに自信持ってたけど、PS2でネトゲ出してないでしょうに;。DCやGC、XBと比べ、PS2がはるかにネット対応機としては劣っているのだという事を認識しておく必要があったのに、それをしなかった。そこにあったのは「売り手の都合」だけ。

 今回の件は「客にβテストをやらせる」という、よく言われるメーカーの不手際のまさしくそのまんまなわけで、本当にどうしようもないです。やっぱり中さんが抜けたのはでかかったのかなぁと。開発にタッチしなくても統括責任者の存在というのは重要だと思います。少なくとも中さん残っていたら、8月31日に発売はしていなかった筈。

 SEGAlinkで一人一人に足跡返してブログに誘導している時間があったら、もっと現場を見ておくべきだったのでは>見吉氏 今更あとのまつりですが。

 というわけで、楽しみにして購入された皆さんには「本当にお気の毒です」とだけ言っておきます。PS2版が恐らく相当数余って早期に暴落するので、オフラインだけ遊んでみたいという変わった皆さんはそちらで遊んでみるのも手かと思います。つまらないゲームではないどころか、結構いいゲームだとは思いますから。

| | コメント (0)

2006年9月 3日 (日)

ドールスタンド探しモード

 というわけであいかさんは自立できない仕様なので、ドールスタンドが必須なので近所のアゾン取扱店に行ったのですが、残念ながら1サイズ上と2サイズ下のスタンド、ないし高級品しか扱いがなくて諦めて帰ってきちゃいました。とほほ。このサイズだとサドルタイプは無理だし、足クリップタイプだとストッキングに傷ついちゃうので、胴体支持タイプしか選べないんですが。困ったもんです。

 で、もしかしたら無いかなぁと思ってトイザラスに行ったらやっぱりありませんでした。着せ替え人形をディスプレイするってのは大人の人だけなのね(^^;。

 一応明日地元のもう1店のほうに電話で聞いてみようと思っています。
 現在えっくすきゅーともう1体お迎えかそれとも予定通りDD追加か迷い中です。
 アルプス亭かわいいから欲しいんですが、あいか2ndでは着せ替え無理そうなので。

 地元のお店でなんとりあん1st見つけてしまいましたが(^^;転売ヤーになる気はないので手を出さないでおきます。どこのお店かも内緒。

| | コメント (0)

2006年9月 2日 (土)

ひさびさにS2000に乗ってみた+ドール話モード

 今日はLAY師を誘ってJUの中古車市を見てきました。で、道すがらホンダクリオに珍しくS2000が置いてあるのを発見して、ちょっと運転させてもらってきました。(マイナー後のモデルなのでS2200に当たるモデルです)

 前回乗った時はタイプVで、何から何までダメで酷評してたのは試乗記読まれた方はご存知かと思います。で、今回乗ってみた大雑把な印象はこんな感じ。(ノーマルでした)

○よかったとこ○
・あくまでドライバーファーストなコックピットレイアウトがいい感じ
・剛性は凄い
・切り込んでいった奥の方の安定感と接地感は凄まじくいい。不安感皆無
・エンジンが以前のものと違いトルクだるまで乗りやすい
・以前よりギア比が適正で操作する楽しみはある
×だめなとこ×
・ステアリングのセンターが眠い(センターダルで外側が超リニア、カプチーノにそっくり)
・トルクで解消してなお車体の重さを感じる(性能的に不備はないけど感覚的にダメ)
・相変わらずエンジン音がガサツで震動がひどい
・ビートより運転席まわりにモノ置く隙間がない
・細部の配慮が値段相応に程遠い
・シフトレバーが長すぎる(短ければクイックでいいシフトになるのに)

 これより「運転して楽しい車」がセダンやワゴンの形で存在するのがホンダとしてひっじょーにまずいなぁと思いました。速いけど速いだけだしねー。でも、かっこはいいなぁと最近やっと思えるようになりました(^^;。
 確実に以前のモデルよりは進化していますが、私たちが求めているものとは根本的に違うように思います。ぶっちゃけ、ホンダ車っぽくなさすぎる。(強いて言えば、配慮の類のあまりの欠如がホンダっぽさ?とか思うほど)
 そろそろやり直しの時期じゃないですか?とメーカーには問いたいところ。

 

 話題変わってドールの話。
 来週のアフターでキョウコさんを買うつもりでしたが、ちょっと悩んでます。えっくすきゅーとの子をもう少し揃えようかな?と思い中。月曜にアゾンに電話して、思惑通りに事が進んだらキョウコさんは買わず、白ボディDDは素体から仕上げることにします。ないし冬ドルパに新作の子が出るならその子を。

 今日なゆりんから例の子が届きましたが、まだ未開封です。待て次回。

| | コメント (0)

2006年9月 1日 (金)

ホラ吹きは必ず馬脚を出すモード

関連:拿捕された吉進丸、船体に弾痕40発…乗組員が証言(YOMIURI ONLINE)

 おいおい、ちょっと情報操作にも程ないか;ちょっと考えれば明らかに嘘だとわかるだろこれ。こういうのを読売が報道していいの?
 明らかに今回の事をネタに北方領土関連で揺さぶりをかけようとしている日本政府の魂胆が見え見えで、しかもウヨっ子たちがこぞって例によって右倣えでぎゃあぎゃあ騒いでるもんだからいらない亀裂ができそうになってる。ロシアちゃんと謝ってるのに。主権侵害したのは日本だよ?同じ事竹島沖で韓国相手とか、尖閣まわりで中国台湾相手に起きたらどうなるよ?絶対正当性を曲げようとしないじゃん、日本が。謝りもしない筈。

 てなわけで以下のような文面をお問い合わせフォームからブン投げてきました。

『このニュースですが、非常に信憑性が低いです。二人の乗組員を国境警備隊及びロシアの捜査当局が捜査終了していないのに「証拠物件」である吉進丸に近づける事は普通に考えてありえませんし、そもそも「関係者」が誰なのかという点も不明瞭です。
インターファクスの報道の方が正しい根拠も存在します。私は7月に引揚者の2世として墓参団に参加してきましたが、その際上陸時に会った国境警備隊員の装備はAKS-74自動小銃でした。先の報道で威嚇射撃は自動小銃で行った旨が書かれていましたし、それ以上の銃で発砲した場合船の破損はもっと甚大だったのは明白なわけですが、係留されていた吉進丸がそれほど破損していなかったところを見ると自動小銃を使用したことは間違いないと思われます。で、本題ですが、AKS-74の装弾数はカートリッジあたり30発です。インターファクスの発表と合致します。
貫通により弾痕が増える可能性は否定できませんが、今回の書き方だとロシア側が嘘を言っているようにしか読めません。

今回の件を発端に非常に気になったのですが、一連の報道が反ロシアの空気を強調する意図に支配されているように思えてなりません。墓参で訪れた私たちを彼らは友好的に迎えてくれました。率直に言って、故意に日本人を射殺したかのような今回の報道の仕方は、実際に彼らと接した人間から言わせてもらえば「ありえない」の一言です。
せめてその関係者とやらだけでもはっきりさせられないでしょうか。裏づけのしっかりした、カドの立たない「中立」な報道を御社には求めます』

 追加事項があるとすれば「ブリッジも撃ったなんて!」とか騒いでるウヨいますが、国境警備隊の船(てゆうかボート)、小さいんです。ほんとに。誤射に関してもそうですが、海が荒れてると本当に揺れる。漁船が体当たりしたら転覆するレベル。そんな状態でスタンディングで撃って安定した射線を出せるかというと、マンガやアニメの登場人物じゃあるまいしそりゃありえないわけで。だからって撃たなかった場合どうなるかを想像すると、あの腹立たしい北の不審船ばりの行動を吉進丸が取ったであろうことは明白で。(都合悪い事報道しないのは日本も同じ、ちゃんと根室で聞いてきたけど、ああいうグレーないしブラックな漁は当たり前に行われてて、今回拿捕されたのは正直「相手の堪忍袋の緒をぶった切った」せいとしか思えない)

 賢明な皆さんは今回の一連の報道には騙されないでほしいです。明らかに別の意図介在してます。単に領海侵犯者が順当に裁かれてるだけなので、皆さんはスルーして構わない事件です。過去の事情がどうあれ、北方四島は国際的には現在日本の領土ではありませんから。(日本以外のどこの国の地図見てもロシア領です)だからこそ「返還運動」しているのですよ。言葉のトリックに騙されませんよう。「それはそれ、これはこれ」です。

| | コメント (0)

21世紀の超技術モード

 この日記が8月31日に既に見えている人へ:
 気のせいです。気のせいですったら気のせいです(笑)。

 読売新聞だったかな、最近の新聞記事で1960年に立てた21世紀の技術の予想は6割も外れたという話が載っていました。世紀末あたりに劇的な進歩があるだろうという予測はSF作家さんなんかの間にもあったみたいで、アニメーション作品なんかでもことごとく外れていますよね、設定考証(笑)。進んでほしいところで劇的に進まず、意外とツボなところで劇的に進んだという印象がありますがどうでしょう。昔のアニメでは記録媒体はことごとく回転体ですが、ソリッドディスクになる方向で世の中進んでたりとか、微妙に誤差ありますよね。

 そして、「あれ?今までなかったの?」というもので最近になってやっと出来たものも。
 黒赤鉛筆。「え?あったでしょ?」と思った方、あれは青赤鉛筆。実は黒芯と赤芯って硬度が違うので、必然的に芯の太さが違っていました。赤が太く、黒が細かったんですな。それぞれ逆を目指すと折れたり割れたりしてしまっていたそうで。それを今回トンボ鉛筆が粘土量と焼き具合のバランス取りというすんごいアナログな仕事で製造に成功したんだそうです。使ってる木は廃材の再生でエココンシャス、HB黒と赤の組み合わせで、長さの比率は7:3。使用頻度から考えて、これを欲する人にはベストバランスということでそうなったらしいですよ。

 1960年に未来を予想した人は、21世紀には鉛筆なくなってみんなシャーペンないしホルダーになると考えてたんじゃないかなと思うんですが、どっこい鉛筆はなくなるどころかさらなる進化までしていました(笑)。やっぱり、いいですもんね、鉛筆。漢字の字面のとおり、「これは筆なのだ、固体だが」と思わせる書き味を見せることがあって、そこが好きです、私の場合は。

 こういう「ありふれたものの中に潜む不可能の壁」って実は結構あるのかもですね。そういうのをこつこつ埋めていくのがいわゆるニッチマーケット開拓に繋がるのかも。儲け話は意外なところに転がってるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »