« 素直に任天堂を褒めたいモード | トップページ | だるい。モード »

2006年9月15日 (金)

恋文2000に殺されそうになるモード

 太鼓の達人ネタです。かんたんモードを全曲フルコンボしようと思って頑張ったんですが、その前のでかい壁になったのが「○○2000」というタイトルの一連のナムコオリジナル曲でした。新曲の「きたさいたま2000」とか、もうリズムわめちゃくちゃだわ曲狂ってるわ音と整合しない譜面入力はあるわでもうやってて胃が痛くなる程でしたが、個人的にその上を行く曲があります。

 恋文2000。

 タイトルを聞くとなんじゃそりゃ?って感じですが、概要はこう。ハードロック系の曲がガンガンに流れてるとこで、何故か激しく萌えな声の女の子がせつせつとラブレターを(全く音楽の展開に関係なく)朗読しているというもの。
 ただ聴く分にはいいです。ムネキュンです(笑)。しかし。若干難易度の高い譜面に向き合ってる最中となると話は別。猛烈に気が散ります。なんというか…聴覚情報を分離するか、いっそ音を聴かないかという判断になるわけですが、音聴かずにあの譜面叩ける程上手くないので、仕方なく脳内にフィルター作ることになります。でも駄目。なんか萌えな呟きが入った瞬間にミス(^^;。何回やり直ししたか覚えてませんが、汗だくになった挙句フルコンボ終わった瞬間思わず「殺す気か!」と呟いてしまいました;。

 神経弱い自覚がある人には本気で勧めない曲です(^^;。いやまぢで。
 終わった後にクールダウンのために「ドラマチック」叩いたんですが、いやもう和む和む。あー疲れた;昨日はお休みしてましたが一昨日あたり「ふつう」の全曲クリア(フルコンボでなく)を達成して、それで速い切り替えに慣れていたので意外とさっくり行ったんですが、○○2000系は本当に勘弁って感じでした;できればきたさいたまと恋文もうやりたくないなー;

|

« 素直に任天堂を褒めたいモード | トップページ | だるい。モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 素直に任天堂を褒めたいモード | トップページ | だるい。モード »