« コミケの企業ブースはがら空きだったけどモード | トップページ | TDUデモの新版キター!モード »

2006年8月27日 (日)

作業車両は超エキサイティングモード

 農機の大規模な展示会があったので、LAY師匠を誘って見に行ってきました。いやぁ、とても面白かったです。普段近くで見る機械がないトラクターだのコンバインだのから、バックホーや小型特殊免許用のミニダンプカー、果ては農薬散布用のラジコンヘリまでいろいろ見てきました。詳しくは次号で記事にするつもりですが、とりあえずトラクターを運転できたのは大ラッキーでした。あとバックホーも生まれてはじめて操作しました。もぉ、はっきし言ってちょ~面白かったです。

 作業車って正確に行うのが前提な都合、めちゃくちゃ運転しやすいんだなーということがわかりました。私が運転したトラクターは前輪がタイヤ後輪が三角キャタピラという面白い仕様でしたが、とにかく運転しやすくてなんというか先入観ががらがらと崩れ落ちました。バックホーはちょい難しかったですが。小型ダンプも、そのチープな乗り味がなんとも言えず良かったです(小型特殊はその区分上、リヤにサス入れちゃいけないんだそうで)。

 他、農業に関係ないあたりでは110ccのカブ系バイクベースの後ろが荷台になってるトライクとか、10万円切ってる電動スクーターなんていう楽しいものもありました。トライクはもとよりヘルメットいらずですし、スクーターも公道じゃなかったのでノーヘルだったので気分爽快でした。いやもうほんといろんなもん乗ったなぁ(笑)。

 いろいろ欲しくなるものがありましたが、除雪ができるホイールローダーの機能がつけられるトラクターが微妙に欲しかったです。あと、先のトライクはもうぐっさり刺さりまして猛烈に欲しく(笑)。あとは牽引で引っ張れる汎用積載車がいい感じで欲しくなりました。電動スクーターも安かったので欲しかったなぁ。

 車輪ついてないあたりでは、農薬散布用の無人ヘリの性能が驚異的でした。GPSでライントレースやロギング航行、定点ホバリングなどを自在に行えて、操作は一般のヘリやラジコンヘリよりはるかに簡単とのことで。こりゃ軍事転用が問題になるわなと。立派に偵察任務は果たす印象でした。ただし農業用仕様で1300万円(笑)。デモしてたのはヤンマーの機体でした。ものすごくいいデザイン。

 で、思ったのは「とりあえず大型特殊免許」と(^^;。
 トラクターやホイールローダーの運転には必要だそうです。で、イセキのスタッフさんが教えてくれたんですが、大型特殊牽引という分野の免許もあるのだそうです。750kg以上の部品を装着したトラクターで必要になるそうですが、教習所では取れないとか。「一発取り以外聞いたことないですね~;」と仰ってました。世の中広い(^^;。しかしまぁ、そういうのはジョンディアとかの超巨大トラクターで干草積めた袋を作る機械とか牽引するんでない限り必要ではなさそうでしたが。「てゆうか公道は走らせないからね(笑)」という他社のインストラクターさんの意見もありましたしw。

 とにかく非常に楽しい1日でした。2日間ですっかり腕焼けてちょい痒いです。もう脱皮開始してます。「行商の新潟の刃物売りのおっさんに気をつけろ!売れなくて逆ギレして客にいちゃもんつけるぞ!」と危機管理情報も残しつつ(^^;、今日は楽しくおしまい。成果については写真や動画コミで冬の号で。

|

« コミケの企業ブースはがら空きだったけどモード | トップページ | TDUデモの新版キター!モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95939/11640197

この記事へのトラックバック一覧です: 作業車両は超エキサイティングモード:

« コミケの企業ブースはがら空きだったけどモード | トップページ | TDUデモの新版キター!モード »