« 明日から、モード | トップページ | なんとなーく3期を匂わせるなぁモード »

2006年8月19日 (土)

初センコロ対戦モード

 昼頃に360を立ち上げたら、ちょうど大澤さんがセンコロをやっていたので、クロムハウンズやる時間帯じゃなかったので立ち上げたら、大澤さんからお誘いを受けました(笑)。かくして初ネット対戦。

 大澤さんはアーケードの最初のバージョンからやってたそうで、いろいろ教えてもらいながら遊びました。といっても私はガチャプレー(笑)。どうしてもガードとBOSSのボタン間違えるので(^^;、BOSS暴発で結構困っちゃいました。ちょこっとキーコンフィグでLRトリガー入れ替えよう…。で、表ストーリー全クリアしたら裏ストーリーがあるよと教えてもらったので、あとでやってみようと思います。対戦内容はもちろんこちらが負けまくりですが、CPU戦で抱いてた印象と違ってキャラ差はそんなに出ないかもと思いました。大澤さんまたよろしくですー(笑)。

 で、その後はクロムハウンズ。逆脚の実績ロックを解除したかったので、えんえん逆脚スナイパーをやってました。なんとなくスナイパーの楽しさがわかってきたかも。わかりやすくダメージを感じない攻撃が苦手なのでどの程度ダメージ入れることができてるかわかりにくいライフルやショットガンがいまいち苦手だったんですが、最近それらを使うようになって「まあようは相手が倒れるまでやればいいだけだよなぁ」と、半ば開き直り気味に(^^;。
 メルトンの中心部を落とす作戦に参加していましたが、あそこ敵の開始が拠点2だった場合、最初にCコンバス取りに行ったついでに拠点眺めて旗ついてたら、タイミング見て手前のガスタンク破壊するとそれだけで終わるんですよね(笑)。最短で30秒かかんなかった気がします。今もうそこ落としちゃったので次はどこやるか考え中。50出撃って結構かかりますにゃ~;

 ついでなので政治の話。
 ロシアが密漁船拿捕した報道と、政府の対応を見てウンザリしたのですが、彼らは日本人だけがこの地球上で特別な地位に居るとでもお考えなのでしょーか。まるで自らが天上人か何かであるかのような態度に眩暈がしました。あと、それに踊らされて知りもしない事情を口走りまくる自称ネチズンなネット右翼諸兄の書き込みにも吐き気がするほどうんざり。もーね。偏向報道とかどうこうする前にね。行って見て来いよと一言。今回の件、彼ら誤射したことを本当に悔やんでいて、超低姿勢なのに、それすらわかんないほど脳みそ溶けてる。話になんない。
 こうもここに国籍あるのが恥ずかしいことが続くとほんともうストレス大きすぎて死んじゃいそうですよ;

 まあとりあえず「威嚇射撃で人が死ぬわけない(誰だっけ、大臣の談話)」海上保安庁のでかくて安定した船と、国境警備隊の超揺れる浅瀬用の小船を一緒にするな。揺れる船からアサルトライフルで撃てば当然誤射はある。事後対応を見れば事故と認めてるのはすぐわかるだろうに。ちなみに海上保安庁の船の機関砲で誤射したら人1人死ぬ程度じゃ済みませんな。12.7mmか20mmの機銃だった筈なので、漁船なら間違って当たれば木っ端微塵です。ついでに言うと密漁してたのはほぼ間違いないし、そういうことが最近でもこちらから慢性的に行われているのはまぎれもない事実で、地元の人はよく知ってる事な筈。どうして事情を知ってる人間から話を聞かないかな?マスコミは。当然わざとでしょうけども。(相当前から予定してないとできないであろう海軍と警備隊の合同演習を「今回の件に対する強硬姿勢を示す行為」とか報道するしねぇ…北と一緒にすんなっつーの。極めて冷静に対処してもらってんじゃんか)
 死んだ人撃った人ご愁傷様だけど、正直今回の日本政府とマスコミの対応は「盗人猛々しい」の一言に尽きる気が。そういう諺があるってことはそういう国民性なのだという風に自覚しとけという感じ、いい機会だから。(近い言葉は英語にもあるけどね)

 墓参団第二陣の歯舞行きの皆さん付きの、共同通信の報道も全く相手の事情を汲まない一方的な論理展開だったし、どうも北方四島が絡むと突然日本は被害者面だけど、あそこ開拓に入ったのそんな前じゃないし、その前住んでた皆さんはロシア系とアイヌ系の皆さんだったわけで、ナショナリティという区切りで線引きなんかしなければ平和に皆生活できてた筈の場所でそういう「どっちが侵略者」みたいな論争をするのはひっじょーに馬鹿馬鹿しく思います。しかしまぁ、ソビエトが大戦末期にあそこを制圧した時は無血制圧でしたが、江戸末期に日本人が入植した時、原住民のアイヌの皆さんはどこにどうやっていなくなったんでしょうねぇ?と、考えることをしない皆さんに疑問は投げかけてみる。(また「未開人は処理した」とでも言うのかい?>右傾洗脳された朝廷の飼い犬ちゃんたち)
(ついでに、『ソビエトに4島制圧を依頼し、大量に物資供給したアメリカ』と安保組んだ状態で、ロシアとこの話でまともにテーブルつくことが可能であるという話の筋を私のような馬鹿にもわかるようにわかりやすく説明してほしいもんです)

|

« 明日から、モード | トップページ | なんとなーく3期を匂わせるなぁモード »

コメント

威嚇射撃と空包射撃の区別ついてないのがいるんじゃ・・・(´・ω・)

そもそも今回の船、船長がレポ船やった前歴有りの「札付き」じゃん・・・

投稿: いわ | 2006年8月19日 (土) 22時03分

行った先に誰も居ないなんてことはそうそう無いので、開拓や殖民の歴史が先住民との血みどろの戦いの歴史なのは世界中何処に行っても変わらんのですが、
いつまでのがうやむやのうちに正当化されてていつからアウトなんだかということになると、おそらく永遠に結論は出ないだろうと思ってます。

投稿: いわ | 2006年8月20日 (日) 22時14分

領海内対処については、正直竹島の弱腰を見るに「日本の腰が異常なほど引けすぎ」であって、むしろロシアの対処は通常より緩く思えるね。例えばスイス相手に越境で似たようなこと地続きでやったら絶対生きて帰れない気がするし。大陸系の国家はみんなそうだと思うけどなぁ。
結局のところ、海に区切られることでいろいろナショナリズムの面で他国の水準に達してないんだなぁとは往々にして思います。満州あった頃にもっといろいろ学ぶべきだったと思う。

先住民との戦の歴史ってのは、例えば日本だと教科書に載ってる坂上田村麻呂がらみの大ホラ話とかまるきし朝廷寄りな話で史実に反するのはもう歴史学者の間で通説だけど、正論が証明されてなお侮蔑を続けるのは恥だとは思います。

んで、占領の過去については結局どうどうめぐりにならざるを得ないのはわりと同感で(ただし、国民性の違いからアイヌと呼ばれる皆さんのDNAを引き継いだ方々の生存率はロシア圏ではるかに高いという確定的な事実は存在するけど)過去がどうこうより先がどうこうを考えてカードを切っていくべきではないか、というのは考えるところであったりとか。

そういう観点でも日本と北朝鮮の孤立主義が今や同レベルなのが気がかりっちゃ気がかりですが。客観的視点で見ると今回あたりもう殆ど違いがなくなってます。小泉は靖国の話を東アジアだけの揉め事と言ったけど、15日の世界の新聞は、欧米でも小泉大バッシングだったからね。
出る杭は打たれるってのは日本の諺じゃないのかねぇ?これの語源は知らんので、たぶん日本の言葉だと思うんだけど。

なんつーか、お勉強とお金と血縁(コネ)しか取り得ない奴を政治家や官僚にすんなとは言いたいとこだね(苦笑)

投稿: ぬまにゃん | 2006年8月21日 (月) 03時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95939/11511503

この記事へのトラックバック一覧です: 初センコロ対戦モード:

« 明日から、モード | トップページ | なんとなーく3期を匂わせるなぁモード »