« 予定狂うモード | トップページ | コミケの企業ブースはがら空きだったけどモード »

2006年8月26日 (土)

『屈辱を恐れるなら、道を空けなさい』モード

 タイトルの『』内は桑島法子さんの声で。

 というわけでイーハトーブトライアルのクラシッククラス(中~上級者向け二日間コース)の確かセクション19(超きつい登坂→ターンして下りでクリア)で行われたデモラン1日目を見に普代村まで行ってきました。片道たぶん130kmくらい。

 スケジュールだと14時からデモだったので、少し早めに出ようと思っていたのですが、もたついてしまって11時半に自宅発。普段あまり使わない道だったので慌てました。国道455号は高低差がやたらあるタイトなワインディングなので、どー考えても普通に走って2時間半は無理です。なのでちょっとだけ本気出してみました。ところが例によって黄色いナンバーの車に道を譲ってくれる親切な方は半分程度。仕方ないので自発的にパスるわけですが、ビートが一番得意なワインディングセクションではブラインドコーナーが多くパスりにくくて、直線ではミニバンも無駄な努力をするので大変です。オープンで走ってたので道を譲ってくれた皆さんには感謝の挨拶を忘れませんでしたが(はっきり見えるw)、強引にパスらせてもらった相手は無視してスルーしました;しかしまぁ、早坂高原から向こうの超タイトなダウンヒルで道譲ってもらえなかったのはけっこーストレスでした。アウトランダーはとてもいい車ですが、残念ながらあのステージでビート相手には分が悪すぎる。素直に道を譲ってほしかったんですが;。対向車がいないと知ってればインアウトどっちからでも刺せましたが、流石にそれは。そこまでアナーキーなドライバーじゃないです。結局岩泉町まで付き合う羽目になりました;やれやれ。帰りも同じ場所で営業車の旧ヴィッツにひっかかっちゃって。ブレーキ踏まれる度に接近するんでストレスでした。私はあなたの車の1/10の回数しかブレーキを踏まずに走れるよ、本来。帰りは急いでなかったから素直についてったけどね。途中まで。にしてもまぁ、自発的に譲れば屈辱感を味わうこともないのに(気づいてから増速する奴も数人いました、そのタイミングじゃ無理だけど。こっちは一番いい回転数が来るようにシフトダウンしてフラットアウトしてるから、中間加速とツキが半端じゃなくなってる)変な自尊心持つから嫌な気分になるんであって。経済速度はそれぞれの車で違うのだから、高速車が居たら素直に道譲ってほしいもんです。私だって、急いでない時の後続車や急いでても格上の車には道譲ってます。自発的に譲ればお互い気分いいですし。さておき、道中Geko201を使ってたので、あとでルート見るのが楽しみ。

 で、ちょっと道間違えたりしつつも15分前に会場入りして、デモの3人(プロ2人、ニュージーランドからの来賓の14才の天才ライダー君1人←ちなみに美少年)の走りを堪能。いや、まぢでシャレになってないっす;セクション19前でいろいろやってみせてくれたのですが、昨年の全日本国際B2位の高橋由君が特にとんでもなくて。彼のキメるトリックは本当に見事でした。老練のライダーも侮れないというトライアルという競技ですが、まだ19歳の彼のテクニックはもう抜群で、セクション19クリーンを2度やって3度以上やって全て成功という怖ろしいテクニックを見せつけていました。17歳の新人・沢上君も荒削りながら素晴らしかったし、若干14歳のピーター君…彼の家は8人家族で全員トライアルやってるそうです、3世代…も、二人に触発されて頑張っていました。失敗した部分を「One more!」と言って納得するまで笑顔でやってるあたり、将来が楽しみな感じ。3人とも最終的にセクション19クリーン取ったわけですが(競技参加ではないのでカウントされませんが)、その後に続いたクラシッククラスの参加者の皆さんがことごとくクリーン失敗していたあたりにプロの実力を見ました。ピーター君英語しか話せないので困っていたんですが(笑)、覚えた言葉で他の二人、そしてスタッフの高校生くんとツルんで色々試していたのが微笑ましかったです。セクション19が競技会場になってからは、消波ブロックの坂でトリックをやったり、なんと防潮堤(対津波用、高さ10m以上)の波受け側の斜面(45度以上;)でトリックをキメたりしていました。素晴らしい!見に行った甲斐がありました。高橋君の「ステップつかないギリギリまで車体寝かせてくるくるターン」も凄まじかったなぁ…トライアル車はステップの位置高いので、当然とんでもなく横になります。Gキャンセラーとかついてるんじゃないかと思ったほど(^^;。

 彼らの華麗なトリックは是非動画で…と思い、1GBのメモリカードをデジカメに入れて行ったんですがたった12分しか撮れず悲しかったです;やっぱりビデオカメラは欲しい!ハンディカムHDVのHDDモデルが欲しくてたまりません(/_;)。時間に余裕あれば流し撮りでいいとこ抜き出せますもんねー。デモは明日も田野畑と岩泉であるんですが、予定が入ってるので残念ながら行けません。来年もデモ見に行くぞ!折角セクション19の登坂からジャックナイフターンしてまっすぐ下りて私の目の前で停止、とかやってくれたのに(笑)。

 久々に海に行くということで釣具一式持っていったんですが、すっかりおなかいっぱいな感じだったので寄り道せずに帰ってきました。でもちょっと海水浴はしたかったなぁ。気温25℃くらいで過ごしやすかったです。初めて行きましたが普代浜公園って結構いいところで。帰り通った普代~岩泉の県道のワインディングはすいてて面白かったです。ビートで2~3速使うものすごいターンの連発。途中工事中で砂利道があったのが残念でしたが、いずれ工事も終わるでしょう。(早坂高原もいずれトンネルが通り、今の常軌を逸したワインディングは姿を消すもようです)

 往復でほぼフルタンクガソリン使ってしまった感じです。スタンド行くのが怖い;リッター140円になってるもんなぁ、お店の看板。でも天気めちゃくちゃ良くてオープン気持ちよかったので道中もまぁ満足でした。

 参加者の皆さんがよく使っていたトライアラーがGASGAS TXTPRO250というやつだったので、値段調べたら口から泡が。ぶくぶくぶく。でもあれすんごいかっこいいです。
 クラシッククラスの参加者さんには60歳のおじいさんもいました。流石にセクション19には腰が引けたようでしたが、結構綺麗に処理していました。お見事です。五体満足なうちに2輪の免許取って私も始めたいです、トライアル。

|

« 予定狂うモード | トップページ | コミケの企業ブースはがら空きだったけどモード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95939/11618510

この記事へのトラックバック一覧です: 『屈辱を恐れるなら、道を空けなさい』モード:

« 予定狂うモード | トップページ | コミケの企業ブースはがら空きだったけどモード »