« やっと本稼働モード | トップページ | 休日の電撃戦と旅の準備モード »

2006年7月15日 (土)

早朝決した戦と久々の発作モード

 クロムハウンズ。ある一人の老兵の郷土を愛する心(愛国心という名のそれとは異なる、ナショナリティとは別個のもの)に共感し、傭兵としてモルスコイに身を置いて約半月。大半の時間がサーバートラブルという困難な状況の後、常時接続性が確保されて48時間。「深夜~早朝に強いモルスコイ夜行旅団」と言うとかっこいいけど言い方を返ると語弊が生じたりカドが立ったりする部隊の力で、連日シャル・カール首都に少しずつ打ち込まれては押し返されていた楔は、ふとした瞬間に真北の拠点が落ちた瞬間を狙ってついに決定的な一撃となり、勢力を二分してきた宿敵はあっさりとその陣地全てを失った。残るは早々に壊滅したタラキア残党が復興したタラキア首都のみ。シャル・カール残党が首都復興を実現するであろう短時間の前にケリをつけられれば戦争は終わる。

 急いでタラキア首都に向かい、壊滅作戦に参加。その戦いが終わった時、サーバから「反応途絶」のコールが。しかしセーブはさせてもらえて、その後サーバーに接続した時、待っていたのは我々モルスコイの勝利を高らかに謳うメッセージだった。午前7時少し前、我々モルスコイのハウンドたちは資源をめぐる軋轢と、背後に蠢く組織の陰謀によって引き起こされた戦争を終結させた。

 かくして老兵の愛する土地を我々は守りきった。実は老兵のその後を知っているため(ストーリーモードのエンディングで明らかになる)、非常にせつない気持ちになったのだが、私は私の心を打ち、初期任務終了後に「いつか戻って来い」と言ってくれた老兵との約束を果たす事ができた。

 勝利した瞬間はもう興奮だけが先行したが、モルスコイを選ぶに至った理由を思い出して涙が出た。私の分の勲章は、叶うなら彼に捧げたい。
 スカッド「MISOJI-THREE」の最初の戦争は、こうして幕を閉じた。

 サーバーリセットの後、程なく新たな戦争が始まった。先の大戦末期から我らの所属国はその兵員を大幅に増やしたが、結構苦戦している。しかし既にタラキアはすれすれの状況で、全開はシャル・カールに落とされていたが今回は我々に明日中には落とされそうな雰囲気だ。そちらのケリがつけば、意外と早く終わるかもしれない。3回の戦争を同じ国家に所属して乗り切れば勲章が得られるそうだ。それを貰うまではこの地にとどまるつもりでいる。老兵への恩返しを済ませたら、次は地の利の悪さから真っ先に狙われるタラキアにでも移ろうか、と思っているが、早くてコミケの後だろう。

 一応7月27日発売のソフトを予約していたりもするが、当分はこの3国の行く末を決める戦いに身を置くつもりだ。

 

 歓びに湧いた数時間後、久しぶりに心臓が強発作を起こした。破裂しそうなほどばつんばつんと脈打つ心臓、痛みと苦しさで声も出ず、本気でまずいかなと思った。まだ若干胸が痛む。明後日から北海道~ロシアだが、果たして生きて帰れるだろうか;

|

« やっと本稼働モード | トップページ | 休日の電撃戦と旅の準備モード »

コメント

あ、もう出発日でしたか。
北海道はいい季節だけど、その北はどんな感じでしょうね。
風邪とか重ねて引かないよう気をつけて行ってらっしゃい。

投稿: なゆ | 2006年7月16日 (日) 13時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95939/10961467

この記事へのトラックバック一覧です: 早朝決した戦と久々の発作モード:

« やっと本稼働モード | トップページ | 休日の電撃戦と旅の準備モード »