« つぶれかけモード | トップページ | ふつうですよね?(笑)モード »

2006年6月 3日 (土)

心配事解消、軽く回復モード

 昨日ようやくコミケの封筒が届きました。それだけで随分気持ちが楽に。でも某巨大匿名掲示板の到着未着スレではまだ届いていない方が結構いらっしゃって(同じ村内にも)、なんというか心中察するに余りあるという感じです;ほんとに駄目だ、この問題は冬の申込書のアンケートにちゃんと書くつもり。

 2日目、メカミリだけが客層から大幅に浮いてるので(何故女性向けジャンルの日にメカミリだけ入ってるの?)、多分来訪者数も少ないと見込んでます。なので数は少なめで焼いていこうかなぁと。もっとジャンル分け考えてできなかったかな、と思ったけど、今回あまりにハッキリと分かれてる感じがあって、私達はたまたま空いた隙間に入れられた感じ。しょうがない気も若干。メカミリと入れ替えで2日目に入れられそうなジャンルが1日目にも3日目にも無い。3日目は完全に野郎祭りって感じで。1日目もかっちり固まった印象。

 そんな不利な状況の中、ちょっとお遊びでコピー本を出そうかと友人ヲサネコと悪巧み。予てから話してたBJPMの設計図本を作ってみようかと。ランナーからパーツを逆検索するのが大変そうではありますが、特にヲサネコの機体の出来が素晴らしいので、BJPMが若干斜陽なんですが(^^;頑張ってみようかと。今月ドールズ2が出るので、そのランナーを使って既存機のブラッシュアップをしてみようかと思っています。100円以下ないしは無料配布でいけるように工夫する予定。

 で、昨夜はヲサネコ邸を訪ねてDoA4の対戦をしたり(360で直接対戦したのは初)、いろいろ積もる話をしておりました。やっぱり友人と直接会って話すのが一番メンタルケアにはいい感じで。遅くまですまんすよ>ヲサネコ おかげで大分復調しました。

 その中で出た話なんですが、XBOX時代の不幸に「TFLOのキャンセルはともかく、フィッシングライブオンラインはどうなった?」というのがありまして。たぶんモンハンドスやってる時にアッガイ先生あたりが仰ったんだと思いますが、そういえばそうだよ!と。
 折しもMMO車ゲーであるテストドライブアンリミテッドの話をしてる時に出た話題だったのですが、「チャットしながら釣りってのはそれだけで絶対面白い筈だよね」「やっぱり今からでもMMOな釣りゲーを作るべきじゃないか」という話に。半ばチャットツールで構わんのです、私らくらいの歳の人は仕事から帰ってきて疲れてる状態でゲームを立ち上げるのだから。
 テストドライブアンリミテッドのいいところは、とにかく「オアフ島において車で好き放題が可能なこと、その中でチャットも可能なこと」に尽きるわけですが、限定された環境をでっちあげて、そこにさまざまな種類の魚種とその生息域を設けて、あまり本気にならない程度に数や大物、特定の種類を狙って遊ぶというのをやってみたいなと。生き物なのでポイントの移動が当然あって、「狩り場争い」みたいな概念はなく(変わるので無意味)、通りすがりさんとの情報交換なんかもしつつ「今日は○○はここでは出ないねー」なんて話をしてみるもよし、特定の魚を求めて海岸線を移動し続けたり(で、外道釣りまくる)もよしと、いろんなアイディアが出ました。移動は道路がある範囲はマップ上で、山道など入り組んだ部分は徒歩、一度行った場所はマーカーでまた行ける、てな感じだと実際の釣りでもある「冒険風味」も出て楽しいのでは。
 ボイスチャットを最大前提に考えているので、プラットフォームは360以外考えていないわけですが、とりあえず小規模なものを作ってカジュアルなタイトルとしてLIVEアーケードで出してみてはどうかな、と思います。うまく行き、パッケージウェアにできるようなら、そこでさらなるブラッシュアップをかけて、車での移動や船釣りなどもサポートするとよさそう。魚の生息域や新たな魚種などは随時パッチで更新されるかたちで。魚釣りの場合、大事なのは潮汐や昼夜、天候を含めた時間軸ですが、少人数のサーバーをタイムラインや環境をずらして複数立てることで対処するといいのでは。
 国によって棲む魚が違うので、基本的に各国分作る手間があると思いますが、釣り人のモチベーションを考えるとこれは欠かせない部分かと。今にして思えば、フィッシングライブオンラインの難点は恐らくバス釣りに特化していたことかもしれません。
 ポイント等の情報は最小限しか提供しないのが面白そうです。釣りあまり詳しくない人が、水場…例えば小さな港でちょっとルアーを投げてみたら、思いもしなかった大物が来た、なんていう現実にある(あるのですよw)サプライズが欲しいです。思いもしなかったものが釣れたりとか。ヒトデやカニはセオリーとしてw、シャコとか。(ありました(^^;)

 どこかの会社で作ってくれませんかねー。繰り返しになりますが、最初はダウンロードウェアレベルで構わないので、とにかくただの釣りでなく、「ボイスチャットしながら皆で五目釣り」を楽しめるものを。日本の顧客が餓えているのは、案外こういう「まったり癒し系コミュニケーションツール兼ゲーム」なんじゃないかと。
 テストドライブアンリミテッドは非常に示唆のあるゲームです。あれが受けるようなら、こういうスタイルのあらゆるジャンルの(戦闘やレベル上げと無縁な)コミュニケーションを軸としたゲームが考えられると思います。自転車でもいいでしょうし、他にもいろいろあるでしょう。果てのないレベル上げにウンザリするより、常に新しい得物を狙ってまったり楽しむという需要が必ずある筈です。

|

« つぶれかけモード | トップページ | ふつうですよね?(笑)モード »

コメント

パッケージで売るとするなら継続性もたせる工夫が必要になってくるけど、何か行動するたびにちょっとづつPoint追加で釣りと関係ない部分でのアンロック解除とかいいかもしれんね。
グループで釣り行った先で釣りの小休憩にメンバーの一人が「実はUNO持ってきたんだけど、どう?」みたいにちょっとしたテーブルゲームなんかも入ってると嬉しいかも。

FF13やMHあたりでもそうですが、そのゲームがゲーム内で知り合った人とのチャットツール化してる人も結構います。チャットツールとして見たら最低の部類に入るMHですらそうです。MMO、MOの面白さの本質は人とのコミュニケーションにあると思うのですがどうだらうか?

投稿: ヲサネコ | 2006年6月 4日 (日) 20時11分

360は「ゲームに招待」の機能があって、UNOはもうLIVEアーケードで商品化されてるから、なんか釣り場の状況に関係あるものがいいかもね。泳いだり(笑)。

MHやってたときえんえんあの使いづらいチャットシステムで酒場でだべってたもんねぇ。飲んでクダ巻いて状態で(笑)。あれはゲームが疲れる分すさんだけど(^^;、釣りだとまったりした会話になるんじゃなかろうか。
やってることと会話の↑↓って結構関係ある気がするよ。

ふと関連して考えたんだけど、DOAXの漢版というかDoA漢祭り系番外編としてネット対応の釣りゲー作って、それにキャラメイク&MMO機能持たせてくれないかなぁとか。ゲンフー島で忍者が!レスラーが!幻の怪魚に挑戦!とか。フロッグマンスーツで磯に上陸し、ガンケースから竿を出すバイマンとか!w
たのむよ板垣さん。

投稿: ぬまにゃん | 2006年6月 5日 (月) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95939/10371295

この記事へのトラックバック一覧です: 心配事解消、軽く回復モード:

« つぶれかけモード | トップページ | ふつうですよね?(笑)モード »